• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

6月30日の塩分補給 「ぱしふぃっくびいなす」 今期小樽港発 最終便出港

6月30日の塩分補給 「ぱしふぃっくびいなす」 今期小樽港発 最終便出港
皆さんこんにちは。6月も最終日となりましたね。
今日はすっきりと晴れ渡り、気温も上昇し最高気温も
27℃に達し汗ばむ陽気となった我が街小樽です。
6月27日に「花と緑の利尻島・礼文島クルーズ」に出発
した日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」が
30日朝9時に小樽港へ帰港し、同日17時「北海道フライ
&ぱしふぃっくびいなすクルーズ利尻・礼文」3泊4日の
新たな乗客を乗せ出港しました。今回は出港の模様を
見てきましたよ。

※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。










この日、夜勤明け帰宅後、小樽港へ行きました。今日は入船での接岸でした。







なので、今日は建造プレートも見ることが出来ましたよ。



小樽駅前の中央通からはこの眺めです。







小樽駅裏手の三角山、旭展望台からはこんな感じで見えます。
山の上は 風が気持ちよかったですよ。






出港前30分前 千歳空港から乗客を乗せたバスが続々と到着し乗船していきましたよ。







タラップが揚収されギャングウェイの水密扉が閉止されました。



プロムナードデッキには、大勢の乗客が姿を現しました。





今日も 潮太鼓保存会の潮太鼓で見送りです。







恒例の紙テープ投げが始まりました。幾色の紙テープが滝のように降ってきます。





ホーサーがレッコーされ スラスターが起動され離岸開始です。















今日は入船で接岸だったので、アスターンで離岸です。 港央部で左に旋回して
船首を港口へ向けていきます。







定刻17時 次港 利尻島へ向け出港です。







出港後は、いつもの祝津パノラマ展望台へ。 今日も熱心な塩分濃い目の方々が
小樽港から追っかけてきていました。








恒例の 日和山灯台、鰊御殿を入れて撮影です。







本船の今回のクルーズ日程は、7月1日利尻島8時着、18時発、7月3日10:00敦賀港到着
3泊4日のクルーズです。

次回の小樽港クルーズ船寄港は7月13日8時 ダイヤモンド・プリンセスです。



今日は 小樽市内の夕日のスポット 忍路(おしょろ)湾の夕日を撮影しに行きましたよ。









夏至からの約一週間だけ湾内に沈みます。前から一度見てみたかった夕日でした。








今回のBGMは、アメリカのロックバンドVAN HALEN(ヴァン・ヘイレン )です。
1988年の 8作目のアルバムOU812より When It's Loveです。
ヴァンヘイレンの全米大ヒットバラードです。サミーの熱い熱唱が堪らない。
エディのタメの効いた泣きのギターソロがグッドです。
Posted at 2016/06/30 23:45:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月29日 イイね!

6月29日の塩分補給 ダイヤモンド・プリンセス今期2度目の寄港

6月29日の塩分補給 ダイヤモンド・プリンセス今期2度目の寄港
皆さんこんにちは。今日は週の初めから久々の晴れ間
続きとなり、昼間は北海道らしいカラッとした汗ばむ暑さ
となった我が街小樽です。
6月29日 イギリスP&Oプリンセスクルーズの大型豪華客
船「ダイヤモンド・プリンセス」115,875 トンが今期2度目の
寄港となりました。
入港時間が予定時刻の8時より早まるとの情報を得てい
たので、朝6時前から入港の模様を見てきましたよ。



※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。




今日も向かったのは いつもの祝津パノラマ展望台ですが、今朝は海面上には霞が
かかり、逆光の朝日が眩しかったです。



霞の中に 「ダイヤモンド・プリンセス」の船影が見えてましたよ。



今日も早朝から 熱心な塩分濃い目の常連さんが来ていましたよ。





パイロットを乗せたタグボート「たていわ」が「ダイヤモンドプリンセス」に向かっていきます。



日和山灯台と、鰊御殿沖を航行していきます。逆光で見えませんが、タグボートが接舷し
2名のパイロットを乗船させています。





パイロットが乗船したようです。 タグボートにエスコートされて小樽港へ向かいます。
これから小樽港接岸までは 航海士に代わり、パイロットの指示にて操船します。





小樽港港外までやってきました。タグボート「たていわ」が港口で待機しています。









いよいよ小樽港内へ、進入してきましたよ。やっと順光となりました。
港内へ入ると、ゆっくりと左回頭です。大きな船体が近づいてきます。



ブリッジ上のプロムナードデッキには 乗船客の姿が見えますね。
今回のクルーズは、6月24日からの横浜港大桟橋発着「ぐるり北海道と知床クルージング・
サハリンクルーズ10日間」の途中、前港ロシア、コルサコフからの寄港です。
本船は2014年に日本用に改装され、日本発着クルーズを展開中です。




岸壁には 接岸目標位置を示すマーカーフラッグ(N旗)が置かれています。 
この位置にブリッジのウイングをあわせるんですよ。




ムアリングステーションには ボースンでしょうか クルーの姿が見えました。



ブリッジウイングには 航海士、パイロットの姿も見えますね。 



キャプテンでしょうか?



ブリッジの左舷側の窓に、サンシェードが降ろされました。









係船作業が 始まりました。



やっぱり来ていました(笑) 今朝、祝津展望台でお会いできなかった塩分濃い目の
いつもの常連さん達。







係船完了です。





岸壁には 大勢の税関職員が待機していました。 これから船内で入国審査ですね。



こちらの下船口では、動物検疫所の職員が 家畜の伝染病の侵入を防止する為に
靴底消毒用のマットを敷いて 消毒液を散布していました。







観光バスや、人力車も待機していましたよ。



本船は今年から小樽港の滞在は、8:00~22:00となりました。乗船客たちは、
観光バスで小樽・札幌や近郊のオプショナルツアーに繰り出しすんでしょうね。



乗組員が船体の塗装補修を行っていました。









テンダーボートを使用して、アンカーレセス内、アンカーのパーム部の塗装補修を
行っていましたよ。









反対舷を撮影する為、南防波堤に行って見ました。



トップデッキの ムービーアンダー・ザ・スカイには 夕景が映し出されていました。



本船は 本日22時次の寄港地函館に向け出港します。自分は本日夜勤のため
残念ながら見に行く事が出来ません
次の本船小樽港寄港は、7月13日朝8時の予定です。




明日30日は 先日出港した「ぱしふぃっくびいなす」が9:00に帰港します。








今回のBGMは 日本で一番売れた、イギリスのハードロックバンド QUEENです。
1974年の3作目のアルバムSHEER HEART ATTACKよりNow I'm Hereです。
クイーンのR&Rの超名曲。ノリノリです。 ブライアン、ジョン、ロジャーのコーラスも
グッドです。
Posted at 2016/06/29 14:43:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月27日 イイね!

6月27日の塩分補給 「ぱしふぃっくびいなす」礼文島へ向け出港

6月27日の塩分補給 「ぱしふぃっくびいなす」礼文島へ向け出港
皆さんこんにちは。本日朝8時に寄港した日本クルーズ
客船の「ぱしふぃっくびいなす」26,594tが「花と緑の利尻
島・礼文島クルーズ」の次の寄港地、礼文島へ向け出帆
する為、夕方再度小樽港へ行ってお見送りしてきました。

今日は久しぶりにお天気に恵まれこの時期らしい爽やか
な陽気となり、暫く雨天続きでしたが、本日やっとマイ・
エクスも洗車する事が出来ました。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。






出港は夕方17時と言う事で、一時間前に小樽港へ向かい恒例のパチリ。





接岸場所まで行って見ましたよ。





既に、船客は乗船済みのようで キャプテン立会いにてタラップの揚収の準備に
かかるところでしたよ。



岸壁には 出港時恒例の 潮太鼓保存会の面々も駆けつけていましたよ。







今日は、今年は初となる ワンワンパトロール隊のワンちゃんも来ていましたよ。







出港20分前 タラップが揚収され、ギャングウェイの水密ハッチが閉止されましたよ。




乗船客もプロムナードに出て来ましたね。 出港15分前です。







恒例の 見送りの「小樽潮太鼓保存会」による潮太鼓が響き渡ります。 
さあ来月は、小樽の夏の最大ページェント潮まつりです。
潮まつりも今年で50周年。 50年を記念して 今年はたくさんの行事があるようですよ。 







岸壁では、、太鼓が響き渡る中 日本船恒例の 幾色の紙テープが宙を舞います。

 

ウイングには キャプテンの姿がありましたよ。









ホーサーがレッコーされ 小樽市民の見守る中、銅羅の音がひびき、エアーホーン
(汽笛)の音と共に、ゆっくり離岸していきます。











離岸後 スローで、港口に向け航行していきます。



港外では速力もハーフ程へ上がったようです。






先まわりして いつもの 小樽水族館上の パノラマ展望台へ。





今日も 熱心な塩分濃い目の方々が来ていましたよ。





本船は次の寄港地 礼文島に向け出港していきました。30日朝9:00小樽港へ帰港します。

北海道の天候不順により、目的地に上陸できず、急遽寄港先を変更するなどしている、
同船のクルーズですが、どうか天候が恵まれる様祈っています。



次回、6月29日には、ダイヤモンド・プリンセスが朝8時に寄港します。








今回のBGMは、泣きのギタリスト、ゲイリー・ムーアです。
1985年の7作目のアルバム「RUN FOR COVER」よりONCE IN A LIFETIMEです。
ゲイリーらしい穏やかなメロディが印象的な曲ですね。
Posted at 2016/06/27 21:29:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月27日 イイね!

6月27日の塩分補給 ぱしふぃっくびいなす寄港

6月27日の塩分補給 ぱしふぃっくびいなす寄港
皆さんこんにちは。今日は久しぶりに晴れて、気温が
上がり、やっと過ごしやすい体感になりました。
でも、朝晩はまだヒンヤリして一枚羽織る物などが
必要な天気の我が街小樽です。

6月27日 今シーズン小樽港へのクルーズ船寄港
(正規寄港)としては4隻目となるクルーズ船「ぱし
ふぃっく・びいなす」が寄港しました。
本船は26日青森港発小樽港着の「初夏の青森・
小樽ワンナイトクルーズ」での寄港です。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。




いつものように 朝6時 祝津のパノラマ展望台へ行ってみましたよ。



今朝は雲があったものの、遠くに「ウニ・ランド」積丹半島も見えましたよ。



現場には、既に今日も塩分の濃い目の常連さん達が既にカメラを持って待ち構えて
いましたよ。



沖に「ぱしふぃっく・びいなす」の白い船体が見えて来ましたよ。





いつものカット 日和山灯台と、鰊御殿沖を航行していきます。



皆さんこんな感じで 思い思いに撮影されていますよ。







その後本船は 小樽港沖へ航行していきます。







小樽港内へ入船してきましたよ。





プロムナードデッキには 乗船客が姿がぽつぽつと見えます。





船首バウチョックには チーフオフィサー 船尾にはセコンドオフィサーが張り付き
ワッチしています。













デッドスローで進んできます。 今日は出船での接岸のようですね。 
先日ドック明けで、お色直しをした、タグ「たていわ」にサポートされ港内で旋回します。



バウスラスターを起動させながら 接岸していきます。



接岸完了のようですね。













ぱしふぃっくびぃなす 
SHKライングループ、日本クルーズ客船 が運航する旅客船。
(新日本海フェリーの子会社で、船舶自体は新日本海フェリーが日本クルーズ客船用に
建造した船舶を用船する形となっています)
1998年に就航した日本籍では飛鳥Ⅱついで、2番目に大きなクルーズ客船です。

総トン数 - 26,518トン 全長 - 183.4m 全幅 - 25m 喫水 - 6.5m デッキ - 12層
巡航速力 - 20.8ノット 客室数 - 238室  乗客定員 - 696名 乗組員数 - 204名
主機関 - Diesel United 12PC2-6(9,270馬力)×2 
フィン・スタビライザー バウ・スターンスラスター装備
石川島播磨重工業の生まれ (東京第一工場にて進水 兵庫県相生工場にて艤装)
就航年 1998年9月 船籍港 大阪港



接岸岸壁では、給水作業が行われていました。





これから乗船客が下船されるようですね。ツアーバスも待機しています。
見送りされるのか、キャプテンも タラップの脇で待機していました。



道央観光に行かれるのでしょうね、次々と乗船客が下船して来ましたよ。







マストには、本日中に出港予定の意のP旗 Papaが揚がっていますね。



一度夕方の出港まで時間があるので帰宅することにしました。
小樽駅前のセピア通り(中央通)から。今日は出船なのでいまひとつピンときませんが、
入船ならば迫力があるんですがね。

                                             出港編へつづく







今回のBGMはイギリスのロックバンド、デヴィッド・カヴァーデール率いるホワイトスネイクです。
1987年の7枚目のアルバムサーペンス・アルバス ~白蛇の紋章~よりIs This Loveです。
全米2位の大ヒット、大人の雰囲気が漂うバラード。
デヴィッド・カヴァーデールがアメリカで初めて売れた作品のシングルカット曲。
ゆったりとしたツイン・ギターの奏でるハーモニーが絶妙です。
Posted at 2016/06/27 19:25:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年06月26日 イイね!

6月26日の塩分補給 巡視船PLえりも寄港

6月26日の塩分補給 巡視船PLえりも寄港
このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられました
方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害
を受けられました地域の皆様にお見舞いを申しあげます。
一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

6月26日 第一管区海上保安本部釧路海上保安部の
大型巡視船PL「えりも」が小樽港へ寄港しました。
本船が小樽港へ寄港するのは、3年ぶりになります。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。






この日の午後 小樽港色内埠頭巡視船岸壁へ行って見てきましたよ。
いつもは、巡視船「しれとこ」の専用バースに接岸していましたよ。











巡視船えりも PL-02 1000t型 おじか型(えりも型)巡視船シリーズ7隻の一番船。
第一管区海上保安部 釧路所属
総トン数 1,268トン
全長 91.5m 幅 11.0m 深さ 6.4m 吃水 4.23 m 
主機関 新潟8MG32CLXディーゼルエンジン×2基 出力 7.000馬力 速力 20ノット  
推進器 可変ピッチ・プロペラ、バウスラスター2基
平成3年10月31日竣工 三井造船玉野工場の生まれ
第二管区から、第一管区へ配置替えの際、「おじか」より「えりも」へ改名。

本型は救難業務に適した船型を追求したタイプで、救難強化型」と呼ばれる大型巡視船で、
PL-01 おき の発展改良型の量産タイプです
大型タンカーの油流出事故を受けて、外洋でも使用可能なフラモ・トランスレック250型
油回収装置の運用能力が付与されています。

この「おじか」型巡視船の配備は7隻で終了しています。これは度重なる不審船事件や
尖閣諸島領土問題の発生を受けて、高速高機能大型巡視船及び「はてるま」型
巡視船等の、いわゆる「警備型」巡視船の配備に移行したことによるものです。




「えりも」型は凌波性向上のため船首部はシア・ラインが大きく船首乾舷は8mあるそうです。





船首のウインドラスと 係船機







船橋構造物直前に機側操作のJM61-M 20mm多銃身機銃を備えています。
2番船以降は、20mm多銃身機銃に加え、35mm単装機銃も備えています。





「PL-01 おき」では1本だった煙突を2本とし、その間にROVの格納庫など潜水作業機材の
準備室を設け、後部は強度甲板と面一のヘリコプター甲板とするなど、より洗練された
船容になっています。



本クラスは救難能力を強化するためにヘリコプター運用能力が重視されており船体
中央部から後部にかけてヘリ甲板が設けられています。
「のじま」ではベル 212までとされていたが、本型では、より大型のシュペルピューマ・
ヘリコプターの運用にも対応しているそうです。





本船はヘリコプター甲板下に5.5メートル型高速警備救難艇のウェル・ドックを備えて
いますが、荒れた海面での使用に難があるため、2番船以降は救難資材倉庫に変更
されています。





同上の為、本船は舵取り機械室が両舷に分かれて配置されているようです。
舵機室のトランクハッチが見えますね。







三層からなる船橋構造物。ブリッジ前面は両舷の見通しを確保する為、凸型形状を
採用しています。ブリッジを半段高くする為、ブリッジ下は空所で、倉庫となっている
ようです。操舵室後部がOIC、後部の一段低い区画が通信区画と思われます。






煙突両舷のミランダ式ダビットに高速警備救難艇および潜水支援艇を搭載しています。





レーダーマスト、ホイップアンテナ。





インマルサット 衛星通信アンテナ。

 

恒例のパチリ







今回のBGMは今でもヨーロッパでは絶大なる人気を誇っているイギリスの
ヘヴィメタルバンド SAXONです。
1980年の3枚目のアルバム Strong Arm Of The LawよりHeavy Metal Thunderです。
初期の名作であり、ピークでもある3rdアルバムです。ヘッドバンカーのアンセムとなった
超名曲の疾走ナンバー。
Posted at 2016/06/26 22:42:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
初めて買ったクルマです。当時はトラッキンブームでしたからね。マークIの14インチに60で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.