• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

ドンドコザブンだ、第50回 おたる潮まつり 最終日

ドンドコザブンだ、第50回 おたる潮まつり 最終日皆さんこんにちは。7月31日 第50回おたる潮まつり
最終日も見に行って来ましたよ。
この日は、朝から蒸し暑い天気となった我が街小樽
でしたが、会場はそれ以上の熱気になっていましたよ
今年、潮まつりでの初の試み、後志地区の四大太鼓の
競演があり余市町のソーラン太鼓保存会、岩内町の
雷電太鼓保存会、倶知安町の羊蹄太鼓保存会鼓流、
小樽潮太鼓保存会の競演が行われるという事で、
夕方からの仕事前に見に行って来ました。


※今回も動画にあわせ、画像修正等はしていませんので ご了承願います。
  音が重なった場合はタイトル文をクリックしてください。







会場近くの某場所へクルマを停めて、会場まで徒歩で向かいましたよ。
タグボート「たていわ丸」も、今日行われる「潮わたり」に参加するため、のぼりを
揚げていますね。




会場に着くと 戦隊ヒーローショーが行われていました。暑い中大変ですよね。










まずは、おたる潮太鼓保存会(木村文彦会長)の若潮隊による打演です。
若潮隊は3歳から12歳98名で構成しています。
愛くるしい姿で一生懸命に太鼓を叩く姿がなんとも、ほのぼのしますね。
自分の老後を支えてくれるであろう、面々です、しっかり声援しましたよ(爆)










つづいては、小樽のお隣町 ソーラン節発祥の地 余市町から、北海ソーラン太鼓保存会です。
ソーラン太鼓は、往時の鰊漁労に歌われたソーラン節と同じく、一連の鰊漁労を後世に伝える
べく、勇壮な漁場作業を情景豊かにリズム化したものです。
かつてのニシン漁場の活気を思わせる力強い音色で、盛り上げてくれましたよ。









次は、岩内町から、いわない雷電太鼓保存会 和太鼓 鼓香-kokou-です。
鈴香(スズカ)、有香(ユカ)からなる和太鼓バンドです。
北海道岩内高等学校の太鼓局出身。互いに和太鼓の世界に魅了され、
高校卒業後も岩内町内で行われる復活北海盆踊りにて櫓太鼓の演奏を
する。その繋がりで、2010年7月に鼓香の結成となったそうです。










次は 羊蹄山のふもと、倶知安町から羊蹄太鼓保存会鼓流の面々です。
創始者、高田緑郎氏(通称ロクさん)が作曲した太鼓を伝授・継承・指導し、地域文化
・地域振興の発展を目的とし、鼓流としての技術向上を図り、羊蹄太鼓を流布(るふ)
する中で、多くの人に感動や共感をもって頂く為、日々活動をしている団体です。












おおとりは、お馴染み小樽潮太鼓保存会です。
北海道内で最大級、直径4尺のスーパー大太鼓での打演もありました。

明治から大正にかけて、ニシン漁全盛期に東北や北陸などの日本海沿岸から北前船に
乗って小樽の忍路、高島のニシン場に来たヤン衆たちが叩いていたものが潮太鼓の発祥と
伝えられています。その後、昭和42年に第1回おたる潮まつり開催を契機に小樽で生まれ
育った若者達が故郷の太鼓として集大成し、日本海の荒波に小樽っ子の心意気を叩き
あげたものが「おたる潮太鼓」です。










潮太鼓保存会の方々による 道指定無形民俗文化財である江差餅つき囃子が披露され
餅まきが行われましたよ。






太鼓の競演を見たあとは、御輿パレードを見に行きましたよ。



















全道各地の神輿団体の担ぎ手が集結し、市内中心部で神輿パレードが行われました。
松前神楽や、新たに「はしご乗り」を披露し観客を楽しませていましたよ。









自分は、ここでタイム・アップとなり、無い後ろ髪を引かれる思いで、仕事に向かいましたよ。


この後は、おたる潮まつりの開催テーマ「海への感謝と、郷土小樽の発展を全市民
あげて祈念する」を踏まえ、ミス潮(ミス小樽)や市民、観光客が高島・祝津の漁船団
と一緒に小樽港内で海上パレードを行う 「潮わたり」、石原良純、ゆうたろう、刈谷俊介
が 西部警察車両(レプリカ)に乗って登場する、「第6回おたる潮まつりで裕次郎を歌う
グランドチャンピオン大会」、4千発を打ち上げる道新納涼花火大会などがありました。













主催者発表では、7月28日(金)から30日(日)3日間の日程で開催された、第50回おたる
潮まつりの来場者数は、過去10年間で最高の128万人を達成したそうです。

さあ!来年の潮まつりまで360日、カウントダウンスタートです!(笑)
Posted at 2016/08/02 13:32:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2016年07月30日 イイね!

ドンドコザブンだ、2日目「潮ねりこみ」を見てきましたよ。

ドンドコザブンだ、2日目「潮ねりこみ」を見てきましたよ。皆さんこんにちは。我が街小樽の一番熱い一日潮まつ
り2日目の最大のハイライト『潮ねりこみ』を見に行って
きました。
今年は、50周年の記念大会でもあり、参加者は、目標
であった10,000人を数え参加97悌団が、晴れ間がのぞ
く中、役員悌団を先頭に、「おたる潮音頭」「潮おどり唄」
にあわせ市内中心部をねりこみ、小樽港第3ふ頭基部
の中央ステージを目指します。
この日は日中仕事だった為、夕方から見に行く事に
しましたよ。

※今回も動画にあわせ、画像修正等はしていませんので ご了承願います。
  音が重なった場合はタイトル文をクリックしてください。




















































1万人を超える、学校、企業、町内会の96悌団が参加しましたよ。 
沿道からの熱い声援を受けながら、中央ステージまで練り歩き、小樽の町は、
「どんどこざぶーん」が鳴り響きました。
沿道で踊りを見るのも楽しいですが、参加して一緒に踊れば楽しさは何倍に
もなるんですが(笑)、「海保友の会」で、来年は踊ろうかな?











潮太鼓のステージがあるので、ねりこみラストの 潮太鼓について 会場へ向かいましたよ。
 




ゴスペルのステージも行われていましたよ。


















昭和42年に第1回おたる潮まつり開催を契機に小樽で生まれ育った若者達が故郷の
太鼓として集大成し、日本海の荒波に小樽っ子の心意気を叩きあげたものが「おたる
潮太鼓」です。クルーズ船の見送りの時とは迫力が違いますよ。




潮まつりの熱気が伝わったでしょうか? 小樽っ子はこれを見ないとね。
札幌等からの見物客の方は意外と会場周辺のみを見物される方が多いので、
ねりこみを見たことがない方が多いのでは?また 来年が楽しみです。

2日目はここまで、最終日につづきます。

Posted at 2016/08/02 10:59:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2016年07月29日 イイね!

ドンドコザブンだ、「第50回おたる潮まつり」に行ってきましたよ。初日編

ドンドコザブンだ、「第50回おたる潮まつり」に行ってきましたよ。初日編皆さんこんにちは。今年も全国各地で夏祭り開催が
たけなわのようですね。我が街小樽の真夏の一大
ページェントの「第50回おたる潮まつり」が、7月29日
から3日間の日程で開催されました。
このお祭も、昭和42年から始まり、50回目を迎える
節目の開催となり、今では北海道・小樽の真夏を彩
る祭典『おたる潮まつり』は、三日間で100万人もの
来場者を数える、今や道内有数の夏まつりとして成長
しました。


※今回は動画にあわせ、画像修正等はしていませんので ご了承願います。
 音が重なった場合はタイトル文をクリックしてください。


このお祭は「小樽繁栄の歴史は海からの恩恵…その海への感謝と、かつての栄華を
全市民あげて祈願する。『潮まつり』開催の目的の根幹はこんなところにあります。

朝からのどしゃぶりの雨も午後には上がり、午後6時、祭りの始まりを市内に知らせる
“潮ふれこみ”が、潮太鼓を先頭に実行委員長とミス潮、役員等の各悌団が、三波春夫
さんが歌う「潮音頭」、 美幌健さんが歌う「潮おどり唄」をバックに第3号ふ頭の中央ステ
ージまでのコースを踊り歩きました。











































開祭式が始まるメイン会場へ行きました。

 







開祭式には、高橋はるみ北海道知事をはじめとする来賓も多数参加し、盛大に式が
行われました。
松明の炎の中、小樽潮太鼓保存会と小樽若潮太鼓の揃い打ちが鳴り響き、石狩湾
から汲み上げられた御神水が、まつりの安全を祈願して奉納されました。

その後の点灯式では、カウントダウンの掛け声で、一斉に提灯の灯りが点灯。
まつりの開祭を祝い、小樽の熱い夏まつりが開幕した。再び、メインステージまで
踊りの輪が続きました。















20:20から花火大会を開催。色内埠頭からスターマインや打ち上げ花火、7号玉など1,000発の
花火が打ち上げられ、会場は見物客で溢れました。













STVラジオの公開録音があり、熊谷アケ子さん、ブギウギ専務でお馴染みの、上杉周太さん
等のステージがありましたよ。



潮まつり初日から 小樽は熱かったですよ。 2日目につづく
Posted at 2016/08/01 15:35:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2016年07月22日 イイね!

7月22日の塩分補給 飛鳥Ⅱ寄港

7月22日の塩分補給 飛鳥Ⅱ寄港
皆さんこんにちは。7月22日この日は朝から良い天気に
恵まれ日中は強い日差しとなった割りに、最高気温は
23℃とまだ例年よりも低く、夏らしい気温に何時なるの
かと思ってしまう我が街小樽です。

今年も我が国最大の、日本郵船のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」
が「飛鳥クルーズ就航25周年記念 夏の北海道クルーズ」
の途中小樽港へ寄港しました。
この日も入出港の模様を見てきましたよ。今回も長いブログ
ですが、お付合いよろしくお願いします。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。




この日もクルーズ船「飛鳥Ⅱ」の入港を追っかける為、いつもの祝津パノラマ展望台へ
エクスを走らせましたよ。
小樽沖に「飛鳥Ⅱ」の白い船体が見えて来ましたよ。13時入港予定ですが、11時前に
この位置なので、早めの到着のようですよ。





ちょうど小樽港10時30分発の新潟行き新日本海フェリーの「らいらっく」が目の前を
航行していきました。 







「飛鳥Ⅱ」とスライドします。 滅多に見ない光景かも。







「たていわ丸」がパイロットを乗せて「飛鳥Ⅱ」へ向かっていきましたよ。
朝一番に石狩新港でのLNG船入港作業を終え、直接向かってきたようです。 











「飛鳥Ⅱ」が速力を6kt程に落としました。「たていわ丸」が、2名のパイロットを乗船させる為、
右舷側に接舷していきます。



並走しながら、パイロットが乗船したようですね。乗員のW君が完了の合図をしていますよ。
おつかれさまです~!



そうそう、今日も塩分濃い目の常連さん達が来ていましたよ。







パイロットを無事乗船させた「たていわ丸」は 一度「飛鳥Ⅱ」の後方に逃げ、その後
「飛鳥Ⅱ」の前方へ出て 小樽港まで先導していきます。





いつものカット 日和山灯台と、鰊御殿沖を航行していきます。



速力を12ktへ上げ、小樽港へ向け航行して行きます。
自分も 小樽港へ向かいます。







小樽港入港です。 





お昼時なのだからでしょうか、プロムナードには乗船客の姿がいつもより少ないようですね。





スラスターを起動させながら、接岸岸壁へ近づいてきます。





船首にはチーフ・オフィサーの姿がありました。岸壁までの距離をブリッジへ連絡しています。







接岸岸壁、第三埠頭14番岸壁へ。岸壁にはブリッジ・ウイングの接岸目標となる
N旗が置かれていますね。







「たていわ丸」に船尾をサポートされながら、接岸開始です。



ウイングには、パイロットと接岸用操舵コンソール盤の前に立つキャプテン、サードオフィサーの
姿が見えましたよ。





定刻13時より30分早くの接岸完了です。 







飛鳥Ⅱ 
総トン数 50,142トン 全長 240.96m 全幅 29.6  喫水 7.5 m
機関 ディーゼル電気推進 37,800kW×4基 2軸 速力 23ノット
1990年 三菱重工㈱長崎造船所の生まれ 
船籍 横浜

日本郵船の子会社 郵船クルーズが運行している客船です。
かつて同じ日本郵船グループだったクリスタルクルーズ社が運航していた
「クリスタル・ハーモニー」を日本向けに改装して、「飛鳥II」として2006年3月から
就航しています。国内では最大級のクルーズ客船です。














本船は20日横浜港を出港し本日13時小樽港へ寄港しました。
今回のクルーズは、横浜発、小樽、利尻、網走、函館、横浜着の8泊9日のコースです。
乗船代金は、一人104,000円~2,106,000円だそうですよ。




小樽駅正面の中央通からは、この眺めです。







小樽駅裏手の旭展望台からは、こんな感じです。
観光客にはまだまだ知られていない、景観ポイントです。
本線の出港は21時なのでここで一時引き上げる事としました。









夜、出港前に小樽港へ再度出撃。船飾燈も点いて綺麗です。













既に乗船客は帰船し、ディナータイムでしたよ。













タラップの揚収が始まりした。また来年ね~!と言ってギャングウェイが閉止されました。













この日も、潮太鼓で見送りです。この日は「親隊」ではなく、中高生からなる「はまなす隊」
中心の若さあふれる(笑)太鼓でした。















ホーサーがレッコーされ、スラスター起動で離岸開始です。エアホーンが吹鳴され
ゆっくりアスターンで進みます。













港央部で頭回し、出港していきました。 自分も港外へ追っかけることにしましたよ。









このあと「飛鳥Ⅱ」は利尻島に向け航行していきました。



小樽ジャーナルさんの動画です。





次のクルーズ船小樽港寄港は7月30日 第50回うしお祭り開催の真っ只中。
ダイヤモンドプリンセス 勝納埠頭 8時寄港、17時出港です。








今回のBGMは、アメリカのハードロックバンドY&Tです。
1987年の8作目のアルバム「CONTAGIOUS」より Eyes Of A Strangerです。
結構激しいギターのイントロで始まる、スローですがヘヴィーな曲です。
デイヴ・メニケッティ(vo.&g.)の少しハスキーがかった声が 好きです。
Posted at 2016/07/23 11:09:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2016年07月21日 イイね!

7月21日の塩分補給 北海道漁業取締船「北王丸」寄港

7月21日の塩分補給 北海道漁業取締船「北王丸」寄港
皆さんこんにちは。7月21日練習船「青雲丸」を見に行くと
北海道の漁業取締船「北王丸」が久々に寄港していました。

本船は北海道最大の漁業取締船で、全道の海域で漁業
取締を行っている船で、普段は稚内を母港にしている為
小樽港でもなかなか見る機会がなく、自分も昨年の5月に
見て以来の事でした。



※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてください。













北海道水産林務部水産局漁業管理課
漁業取締船「北王丸」
定係港 稚内港  船籍 小樽

総トン数:499トン 
長さ:59.52m x 幅:9.20m x深さ: 4.00m
速力:最大17.78knots 航海16.00knots
主機関 ダイハツ6DKM-28(L)ディーゼル2500PS×2
1999年竣工 函館どつく 室蘭製作所(旧楢崎造船)の生まれ

本船は北方領土の元島民の方々を乗せて北方領土へビザなし墓参へ行ったり、
日露洋上会談にも使用されてきました。
その為、下甲板後部には墓参の方々用の居室があるそうです。

漁業取締船は都道府県知事が許可する知事許可漁業の漁業取締りは
都道府県漁業取締船が、農林水産大臣が許可する大臣許可漁業の漁業
取締りは水産庁漁業取締船が行っています。
どちらも違法操業に対して司法警察権を行使することができます。



バウスラスターも装備されていますよ。







3基のレーダーに加えて赤外線暗視カメラ・大型の探照灯で、昼夜を問わず密漁取締を
行うことが出来るそうです。





取締船とは言っても、法的には漁船法に定める漁船の一種(第3種漁船)の為
漁艙や漁労設備を備えています。




船首側にあるお馴染み放水銃です。密漁船を停船させる時などに使用します。
もちろん船舶火災等にも使用しますよ。





揚錨機のブレーキドラムには 防波箱が装備されていますよ。





本船も北海道の公船の為 ファンネルマークは 北海道章が描かれています。
本道開拓使時代の旗章のイメージを七光星として現代的に表現したものです。





船尾側には取締艇が搭載されています。



恒例のパチリ 



本道では、毛ガニ等の密漁や、レジャーシーズンを中心とした非漁業者による
ウニ・アワビ等の密漁が続いており、近年は、特に価格の高いナマコを狙って
潜水器を使用し、暴力団関係者が関与した組織的な密漁が発生しているそう
です。本船を含めた取締船は取締機関と連携を密にし、漁業秩序の確立に
向けて取り組んでいます。








今回のBGMは Deep Purple の第二期の代表曲 Speed King です。
1970年の4作目のアルバム「DEEP PURPLE IN ROCK」に収録された曲ですね。
ディープパープルといえばまず、この曲。30年以上、時を経た今でも、色褪せる事の
ない、超名曲。この時代にしてはとてもハードな曲です。 イアン・ギランのシャウトが
すごいです。

Posted at 2016/07/21 20:54:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@ゆうくま さん そうです同じイベントです。毎年GW お盆休み 秋の三回行っていますよ。是非乗りに来てください❗」
何シテル?   10/28 19:58
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
今から30年前、横浜にいたころ乗っていたクルマです。S60年式です。720ロングからの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.