• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

9月30日の塩分補給 ダイヤモンド・プリンセス 今期最終便出港

9月30日の塩分補給 ダイヤモンド・プリンセス 今期最終便出港
皆さん、こんにちは。9月30日この日は朝からお天気に
恵まれて、青空も広がり気持ちの良いす体感となった
我が街小樽です。

この日、イギリス、プリンセスクルーズの「ダイヤモンド・
プリンセス」の今期小樽港最終便が、朝7時に小樽港
へ寄港しました。
勤務明け、接岸場所の勝納埠頭へ見に行って来ましたよ。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてくださいね。







まずは、いつもの様に、南防波堤の上から見に行きました。



トップデッキの大型スクリーン「ムービー・アンダー・ザ・スカイ」には、秋の牧草地の映像
でしょうか?映し出されていましたよ。





いつもの様に、新潟行きのフェリー、「ゆうかり」が出港して行きました。



次にこれまた、いつものように、平磯公園に登って、岸壁の様子を伺って。



今日はちょっと 違う場所から。 







で、いつもの接岸場所へ行ってみました。









今回の本船のクルーズは「ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン」で、
9月25日横浜港大桟橋を出帆し、27日釧路、知床半島クルージング、29日コルサコフ
30日小樽、1日青森、3日函館、4日横浜港大桟橋着の 9泊10日のクルージングです。

今回の乗客は2,670名です。
お値段は お一人様177,000円~899,000円ですが、10日で割ったら、高級ホテルへ
泊まるより安いかも。





船尾には、イギリスの商船旗(レッドエンサイン)が掲げられています。
因みに、英国海軍旗はホワイト・エンサインと呼ばれ、白地を赤十字で四分しカントンに
国旗(ユニオンジャック)を配しています。イギリス君主を案内する王室船にも使用されて
います。



船尾にもSバンド、レーダースキャナーが装備されています。





窓清掃用の移動ステージ。





旭展望台と、厩岸壁から。22時の出港まで、一時帰宅しました。















出港時間に合わせ、岸壁へ行ってみました。













タラップの撤去揚収が 始まりましたよ。








こちらも、小樽潮太鼓でお見送りです。







今日は、最近にしては、珍しく定刻どおりの離岸です(笑)







22時過ぎ 小樽港を出帆し、一路次の寄港地 青森港へ向け針路を取りました。

来シーズンも本船は7回、小樽寄港が決定しています。
今シーズンのクルーズ客船の寄港は、残すところ10月3日(月)と13日(木)の2回の予定です。





10月3日 フランスのクルーズ客船「ロストラル」10,700トンが、朝6時半小樽港
第三埠頭に接岸します。出帆は18時30分です。








今回のBGMは、イギリスのヘヴィメタルバンド サクソン(SAXON)です。
1984年の6枚目のスタジオアルバム「CRUSADER」よりアルバムトラック「CRUSADER」です。
彼らの威厳を感じさせてくれるドラマティックなミドルナンバー。サクソンの中ではいつも
批判されてしまうアルバムですが、アメリカンナイズされた今作の中では走ってないけど
すごく説得力のあるキラーチューンだと思います。
Posted at 2016/10/01 20:48:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月30日 イイね!

9月30日の塩分補給 探検クルーズ船「ハンセアティック」出港

9月30日の塩分補給 探検クルーズ船「ハンセアティック」出港
皆さん、こんにちは。 今シーズンの小樽港へのクルーズ
船寄港も終盤へと近づいてきました。
9月30日、この日は、ドイツ、ハパグロイド・クルーズの客船
「ハンセアティック」、お馴染みイギリス、プリンセスクールズ
「ダイヤモンド・プリンセス」が朝7時に小樽港へ2隻揃って
寄港しました。
自分は仕事の都合で、入港時は見にいけませんでしたが、
日中接岸しているところから、出港までを見てきましたよ。
まずは、「ハンセアティック」から。

※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてくださいね。






向かったのは、小樽港第三埠頭。白の船体に赤と紺のラインの「ハンセアティック」が
接岸していましたよ。







日中は、SOLASの関係で、船に近づけるのは、ここまでなんだとか。これより先に入ると
密入国になるとか、ならないとか(笑)





「ハンセアティック」
総トン数 8,378トン 全長 122.80m 全幅 18m 速力 16ノット  
客室数 92室 乗客定員 184名 乗組員定員 125名 
就航 1993年 船籍 バハマ国 ナッソー
フィンランド ラウマ・レポラ造船所の生まれ。
船級 ドイツロイド船級協会(Germanischer Lloyd)

本船はドイツの船会社 150年の歴史を持つハパグロイド・クルーズが運行する
極地探検クルーズ客船です。

本船は南極や北極でのクルーズにも対応できるように、耐氷構造を持った客船として
建造されました。92ある客室は平均で22㎡以上、パブリックスペースもゆったりとしており、
食事やサービスの質もトップクラスのサービスで5つ星のラグジュアリー・クラスの客船です。
船体は極地での機動性と船内の居住性を追求した適度な大きさで、入り江やフィヨルドの
奥地、氷のせり出した狭い海峡へも容易に進入できます。

本船が小樽へ寄港するのは2013年以来3年ぶりとなります。
今回の寄港は、アメリカ・アラスカ州ノーム発から小樽着の20日間のクルーズで、前寄港地
ロシア・サハリン州コルサコフから、来航しました。
この日、18時には、小樽発フィリピンマニラ着の便となり、7日間のクルーズに出帆します。



フリーボードマークの船級はドイツロイド船級協会(Germanischer Lloyd)GLが描かれて
います。
  




2010年頃から、船体のラインが赤紺に変更され、ファンネルマークもオレンジの
ハパグ・ロイドカラーに変更になっています。



本船には14台のゾディアックボート(エンジン付きゴムボート)が搭載されており、船で
近づけない、浅海域や上陸などに使用されます。





衛星通信用 レ・ドームアンテナ 今では必要不可欠の装備品ですね。



救命艇兼用テンダーボートは 両舷に2杯づつ搭載されています。



救難用複合ボートも 搭載されていますね。



乗客も、日向ぼっこのようですね。



屋形船貸切クルーズで、船の近くまで見に来ていましたよ。



小樽駅下の中央通からの眺めです。ダイヤモンドクラスが停泊したら、ものすごい迫力かも。



旭展望台からは こんな感じです。




夕方、陽も暮れてきて、出帆の時間が近づいて来ました。













船には船飾燈が点灯されました。 乗船客が皆乗船したので、船に近づく事が許されましたよ。







今日も ワンワンパトロールのワンちゃんが 見送りに来ましたよ。







第二埠頭からも撮影してみました。



税関の検査も終わったようです。 いよいよ出帆です。



タラップも揚収され、ギャングウェイも閉止されました。





乗船客も パッセージに出て来ました。











恒例の小樽潮太鼓で お見送りです。









18時過ぎ、エアホーンの音とともに、静かに船体が離岸しはじめ、ゆっくり アスターン
して行きます。











港口へ向け回頭し、スローで出帆していきました。





本船は、フィリピン・マニラへ向け 針路を取りましたよ。






今回のBGMは、ドイツを代表するバンド、スコーピオンズです。
1982年の8枚目のスタジオアルバム「BLACK OUT」より「DYNAMITE」です。
ルドルフのカミソリギターといい、泣叫ぶマティアスのソロといい、彼らのロック
チューンの中でも随一の出来です。 スコーピオンズを語る上ではずせない超名曲。


Posted at 2016/10/01 18:12:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月29日 イイね!

9月29日の塩分補給 多用途支援艦「すおう」出港

9月29日の塩分補給 多用途支援艦「すおう」出港
皆さん、こんにちは。気がつけばもう10月となりましたね。
北海道の屋根大雪山では初雪が観測された様ですよ。

9月29日、前日に小樽港へ寄港した、海上自衛隊大湊
地方隊所属の、多用途支援艦「すおう」を見てきました。
本艦は、2013年5月に寄港し一般公開をして以来3年振り
の小樽寄港となります。
今回は 出港の模様を見てきましたよ。



※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてくださいね。





この日はアレが見たくて、朝8時前に接岸場所の、小樽港第二埠頭へ行ってみました。



先に、恒例のパチリ。





「自衛艦旗揚げ方5分前」の艦内号令の後、乗員達が後部甲板に整列しました。
そう 見たかったのは、自衛艦旗掲揚でした。



今日の担当士官は女性ですね。







10秒前、じか~ん! ラッパ君が代にあわせ 自衛艦旗が掲揚されました。



自衛艦旗掲揚終了です。これぞ、海自。なんか凄くいいですよね。









多用途支援艦「すおう」AMS-4302 ひうち型多用途支援艦シリーズ艦5隻の2番艦
艦名は灘の名前に由来しており、「すおう」は周防灘に由来します。

基準排水量 960t 満載排水量1,400t
全長 65.0 m 全幅 12.0 m 深さ 5.8 m 吃水 3.5 m
機関方式 ダイハツ6DKM28 ディーゼルエンジン×2基 出力5,000PS
推進器 推進器×2軸 速力 15 ノット
乗員 40名
2004年(平成16年)3月16日就役 ユニバーサル造船京浜事業所(現JMU)の生まれ

本艦は、訓練支援、輸送、救難などを任務とする多目的な支援艦です。
主たる任務は、艦艇の水上射撃、魚雷発射訓練、航空機の魚雷投下訓練のサポートで、
水上標的の曳航をはじめ、自走式水上標的(巨大なラジコンボート)の搭載、操縦があり
ます。
本艦は、就役後、横須賀地方隊に編入。その後新造の同型5番艦えんしゅうが編入
されることに伴い、2008年2月20日大湊地方隊に編成替え。定係港は大湊です。








本艦は、武装を有しておらず、放水銃が艦橋上にあるのみでしたが、後日 艦橋上両舷に
12.7mm機関銃用銃架が設置されました。
なお、12.7mm機関銃は搭載火器扱いであり、常時銃架に設置されているわけではなく、
必要に応じて設置されます。







船体は後部甲板が一段低いものとなっており、構造物もなくスペースがとられています。
船型は全長の割りに幅広で艦体の後部は広い甲板になっており、射撃訓練支援の場合は、
ここに自走式水上標的(通称バラクーダ)や曳航式水上標的を搭載し作業を行うほか、
各種物資を積載することもでき、物資の輸送用3/4トントラックや40f・20fコンテナを搭載し
災害時の拠点に使われます。
艦尾デッキの構造は、アンカーハンドリングサプライボートそのものです。



艦尾はスリップウェイと呼ばれる丸みがつけられていますが、これは本級の主任務である
艦艇や標的の曳航時において、ワイヤー・索が左右に振れたり垂れ下がった時に索類が
傷つかない様にする為の措置です。このため自衛艦旗を掲げる旗竿も右へ寄せて設置さ
れていますね。



デッキに据え付けられたMax300KNの強力な曳航装置。
曳航能力は強力で、AOEましゅう型補給艦も曳航可能です。





艦橋後部中央には電動油圧式のデッキクレーン(最大荷重5t)を備え、標的の投下・揚収、
物資の積み降ろしを行ないます。 





ブリッジ後部には標的管制室があります。バラクーダという全長7.23mの自走水上標的の
管制をしています。ここで、標的を目視、あるいはレーダーで管制しながら相手艦の砲弾が
当たらないように操縦します。
今回は バラクーダは、搭載してきていませんでした。





艦載艇は、7.9m内火艇が1隻、6.3メートル級複合型作業艇が1隻。





艦の中央に大型の煙突を1本備えており、艦橋構造物とは独立しています。



本艦は、前期建造艦であるため、外洋行動時の運用性・居住性向上の為の減揺タンクは
装備されていません。後期型の4番艦以降は、艦橋後部に減揺タンクを有しています。









レーダーマスト。張りヤード両サイドのダブレット空中線、GPS空中線、モールス信号灯、
風信儀等、お馴染みの装備ですね。
中段はエアーホーン。レーダーはOPS-20航海用のようです。







出港時間が迫って来ました。今日も余市防備隊の方々が、出港支援に駆けつけていました。



前部1番、後部3、4番舫いロープがレッコーされました。







舵角ハードで、艦尾を離岸させていきます。



2番舫いがレッコーされ、艦首旗が降ろされました。「出港用意」の号令とラッパが響きます。





ゆっくり アスターンして行きます。





「帽ふれー」です。 また来てくださいね~。









港央部までアスターンし、左に回頭し 港口に向けました。





「すおう」ゆっくりと 出港していきました。





小樽港沖を航行して行く「すおう」





祝津パノラマ展望台まで 追っかけてみました。 やっぱ小さいですね。





本艦は、初秋の日本海を南下して行きました。



そういえば、こんなの持っていたっけ。







今回のBGMはです。1974年にアメリカで結成された老舗ハードロックバンド Y&Tです。
1985年の5作目のアルバム「DOWN FOR THE COUNT」より 「IN THE NAME OF ROCK」です。
全体にポップな曲が並ぶ本アルバム中、ひときわ光る正統ロック・アンセムです。聴いてるとパワーが湧いてくるようなイイ曲ですよ。
Posted at 2016/10/01 12:52:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月29日 イイね!

9月29日の塩分補給 砕氷型巡視船「そうや」寄港

9月29日の塩分補給 砕氷型巡視船「そうや」寄港
みなさん、こんにちは。9月29日 この日は朝から雲が
多く、ヒンヤリとした秋の空気に覆われ、昼間でも日差
しはあるものの、羽織る物が欲しくなる体感となった、
我が街小樽です。
9月28日に小樽港へ寄港した、海上保安庁第一管区
釧路海上保安部の砕氷型巡視船PLH-01「そうや」を
朝から、見てきました。
本船が雪のないシーズンに寄港するのは、久しぶりの
事ですね。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてくださいね。




気がつけば、ここんところ海保の話題が多いなと、思いながら小樽港第二埠頭へ。









砕氷型巡視船「そうや」 PLH-01 同型船なし
基準排水量 3,562t 総トン数 3,139t
全長 98.60 m 全幅 15.60 m 深さ 8.00 m 吃水 5.20 m
主機 SEMT 12PC2-5 V400ディーゼルエンジン×2基
推進 スクリュープロペラ×2軸
出力 定格16,000 bhp  速力 21.0ノット
兵装 ・ボフォースL/60 40mm機関砲×1門
母港 釧路港

竣工 1978年11月22日 日本鋼管鶴見工場の生まれ
今年で船齢38年の超ベテラン巡視船





巡視船「そうや」は、南極観測船としても使用された初代の巡視船「宗谷」の代替に伴い
昭和50年代の新海洋秩序に対応するための体制整備の一環として、就役しました。
また、海上保安庁初めてのヘリコプター運用能力を有する巡視船(PLH)であり、
PLHとしては唯一砕氷船としての能力(3ノットで1mの連続砕氷能力、最大で約1.5mの
砕氷能力を有する)を備えています。







平成22年4月から同年10月末までの間、ジャパンマリンユナイテッド㈱因島事業所において
海上保安庁初となる延命工事がおこなわれ、船体老朽箇所の修繕を行ったほか、
船橋、居住区画のリニューアル(OICを拡大して通信室と統合、船テレ・システム(船陸間の
データ転送システム)搭載、、ヘリコプターテレビ伝送受信装置・衛星映像伝送送信装置や
各種監視装置などを新たに装備し、情報処理・指揮能力が改善されたほか、同年12月には、
ヘリコプター画像伝送機上装置搭載可能なMH575が配属換えとなり、ヘリコプターとの連携
が格段に向上されました。



船橋後部にOIC室を増設した為に 増加する総トン数を減らす為、嵩上げしたデッキの下を
空所として、減トン対策としていると思われますよ。



高速化が難しいと言われる砕氷型船型を補う為の、ラウンドの船尾形状
(クルーザー・スターン形状)が特徴的です。



後部には、ヘリコプター飛行甲板、ハンガー(格納庫)があります。



ハンガー天蓋の航空用灯台。



レーダーマストトップには、航海用レーダー(Xバンド、Sバンド)の他に、
航空用レーダー(右舷)を装備しています。(送受波部に俯角が付けられています)





船橋構造物後部の減揺タンク。 従来の巡視船では、減揺装置はこの減揺タンクのみ
でしたが、本船からのヘリコプター搭載型巡視船は格納式のフィンスタビライザーを
装備しました。



ボフォースL/60 40mm機関砲 
背後にはエリコンSS 20mm機銃が装備されていましたが、現在は撤去され台座だけが
残っています。







船橋天蓋には、キセノン探照灯、 赤外線捜索監視装置 ヘリコプターデータリンク装置
等 多数装備されています。





最近は角型のファンネルが主流となり、このオーバルのファンネルは希少かも。





警備救難艇のほか 全天候型救命艇も搭載しています。







船首部のステムのファッションプレートから、水線部の接氷部(アイスベルト)は厚板(高張力
鋼)が使用され 海氷から船体を保護しているものと思われます。
この頃の砕氷船は異種金属での電位差で発生する電気腐食を抑える為、同種の金属を
使用していると思います。(アンダーカバーですね。(笑))
(海自の「しらせ」はステンレスクラッド鋼で、船体に電気を流す、電気防食装置を有している
と思いますよ) 以上、20年前の知識、間違っていたらごめんなさい。



恒例の パチリ



昭和29年以降、オホーツク海での流氷による海難の防止等を目的に、第一管区海上
保安本部は海氷観測を実施しています。
巡視船「そうや」は、毎年、海氷の分布と動向を把握するため、昭和56年から参加し、
搭載しているヘリコプターの機動力を活用して観測を行うと共に、平成8年からは、
海氷観測に併せて北海道大学低温科学研究所等の研究者が行うオホーツク海の
海氷域の特徴を明らかにする為の調査研究にも協力しています。








今回のBGMは、唯一 リッチー・ブラックモアに逆らった男、グラハム・ボネットが率いた
ALCATRAZZ (アルカトラス)です。
1986年の3枚目のアルバム「DANGEROUS GAMES」より「UNDERCOVER」です。
このアルバムでギターを弾いているのはダニー・ジョンソンというほとんど無名の人。
でもこの曲はけっこう好きです。刻むリフもHR的ではなく、歌の出だしのコードとか
キーボードの感じが80s満載。サビメロは薄味ですが、それがまた80年代の空気。
Posted at 2016/09/29 14:02:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月26日 イイね!

9月26日の塩分補給 巡視船「えさん」解役式を見てきましたよ。

9月26日の塩分補給 巡視船「えさん」解役式を見てきましたよ。
皆さんこんにちは。9月26日 この日は晴れて秋らしい
陽気となり、気温も少し高めでも、空気はカラッとして
爽やかな体感となった我が街小樽です。

そんな 秋晴れの中、34年間の長きにわたり海難救助
等の第一線で、活躍してきた海上保安庁小樽海上保安
部の巡視船「えさん」PL-128が老朽化の為 この日任務
を終え、母港である、小樽港 色内埠頭で解役式が行わ
れました。
その模様を見てまいりましたよ。


※毎回の事ですが、PC閲覧ではBGMが流れますのでVOLには充分注意して下さい。
プロファイル画面のブログのアイコンから入られた場合は音が重なりますので、重なった
場合はタイトル文をクリックしてくださいね。








巡視船えさん  PL-128 しれとこ型巡視船 1,000トン型
本型は1978年から1982年にかけての4年間に28隻が建造された、しれとこ型巡視船の
シリーズ28番船の最終船です。

総トン数 980トン 全長 77.8 m 全幅 9.6 m 深さ  5.3 m 吃水 3.4 m
主機関 ディーゼルエンジン×2基
出力 7,000PS  速力 20ノット 1982年3月 四国ドックの生まれ。

就役時は、「ましゅう」として、第1管区 釧路海上保安部に配属。
1997年3月 「あまぎ」へ改名 第3管区 横浜海上保安部へ配属替え
2005年2月 「よなくに」へ改名 第11管区 石垣海上保安部へ配属替え
2008年12月 先代「えさん」解役に伴い 第1管区小樽海上保安部へ
        配属替え「えさん」へ改名
2016年9月26日 解役

総航続距離 519,965浬 (地球約24周) 総救助出動件数 293件
総救助隻数 48隻 総救助人数 348人

これまで地球24周分にあたる93万km余りを航海し、耐用年数の25年を上回る
34年間運用され老朽化した為任務を終える事になりました。





既に JM61-M 20mm多銃身機銃は撤去されていました。



今日も 某国営放送の取材陣が来ていました。



解役式が厳かに始まりました。









第一管区海上保安部長よりの祝辞です。













つづいて、「えさん」船長による 献酒です。
船首に日本酒を撒いて、本船の労をねぎらいました。






















国旗、庁旗の降納です。 











続いて 船名抹消です。 白ペンキにて船名が消されていきます。







続いて 国旗と庁旗が返納されました。







船長へ花束とリースの贈呈です。



式は滞りなく終わりました。



本日、本船「えさん」は、34年の長きに渡っての任に終止符を打ちました。
これによって、この”しれとこ型”も 残すところ第3管区 銚子海上保安部「かとり」
第7管区 門司海上保安部「くにさき」の2隻を残すところになりました。

当日の某国営放送のニュースです。


今後は、現在 三菱重工下関において、建造、海上公試中の くにがみ型 PL-12「えさん」に
その任務を引き継ぎます。

新「えさん」PL-12 1000t くにがみ型 14番船
総トン数 1,700t 全長 96.6メートル 全幅11.5メートル
主機関 SEMT ピルスティク社製12PC2-6V型ディーゼルエンジン×2基
推進器]クリュープロペラ×2軸 速力 25ノット以上
乗員 定員42名
兵装 20mm多銃身機銃×1基 30mm単装機銃×1基



第一回目の海上公試中の新「えさん」です。  binmei.jpさんの動画です。






今回のBGMはアメリカ・ニュー・ジャージーで1986年に結成されたヘヴィメタルバンド
スキッド・ロウ(SKID ROW)です。
1989年のファーストアルバム「SKID ROW」 より「 I REMEMBER YOU」です。
アメリカ的な乾いた空気が結構する曲。やさしい曲だけど、結構ハードに仕上がっている
ハードロック・バラードでは欠かせない1曲。













Posted at 2016/09/26 22:28:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「今週の和風総本家楽しみです。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/
何シテル?   02/17 13:09
gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
初めて買ったクルマです。当時はトラッキンブームでしたからね。マークIの14インチに60で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.