• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gogo28@永遠の25歳のブログ一覧

2018年02月19日 イイね!

週末のイベント ② 第5回国際スポーツ雪かき選手権を見てきました。

週末のイベント ② 第5回国際スポーツ雪かき選手権を見てきました。 皆さん、こんにちは。2月17日 この日は、天気予報では
大荒れのお天気で猛吹雪になるという予報でしたが、朝方
雪が降りましたが、日中は晴れてお出かけ日和となった
我が街小樽でした。
 今年も恒例のイベント、冬の厄介者の雪をゲーム感覚で
楽しむ、「第5回国際スポーツ雪かき選手権in小樽2018」が、
おたるマリン広場(第3号埠頭多目的広場)で開催されまし
た。この日は、午前中に、自宅物置の屋根の雪おろしを
「一人雪かき選手権」で済ませた後、このイベントを見に行っ
てきましたよ。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが
流れますのでVOLには 充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。




 今回は、例年より少なめの、15チーム90名が参加し。午前中は、参加者全員で、
市内でのボランティア除雪を行いました。
 同選手権は、スポーツの力で高齢化に伴う除雪問題を解決し、地域の活力再興と
交流促進を実現しようと、2014(平成26)年に始まりました。
社会人、大学生などの有志によって構成された同実行委員会が、一般社団法人
日本スポーツ雪かき連盟主催・公認のもと毎年この時期に開かれています。






開会式では、昨年の覇者「えちごまさ雪」チームからの優勝旗返還、市内中学生チームの
選手宣誓が行われました。テレビ局も取材に来ていましたよ。


開会式後、参加者全員で、雪かき体操をして、ウォーミングアップです。


















メイン競技「スノーショベリング&ムーブトライアル」が始まりました。各チームに
スコップ2本、スノーダンプ2台が与えられ、1.8×0.9×0.9メートルの雪のブロックを
スコップで崩し、スノーダンプで10m離れた地点に運ぶタイムを競う種目です。




参加された皆さんは、氷点下の中、寒さを忘れ、汗をかきながら雪かき選手権を
楽しんでいました。今年は小樽消防や、海保チームが参加されなかったので、
ちょっと残念でした。










続いては、崩した雪や、会場内の雪で、雪だるまを作る、「スノーマン・コンテスト」です。
芸術的センスが問われる競技?


目鼻口は、必ず色が付いた固形物やスプレーなどで着色するルール。こちらの
外人さんチームは、お金を使っていましたよ。
















一時間の制限時間内で、整った形に、拘ったものや、雪を積み重ねて作ったり、
色をつけるなど各チーム工夫を凝らし、大小様々な雪だるまが会場に出現し、
大いに盛り上がりましたよ。

小樽ジャーナルさんの動画です。








 今年の雪あかりの路の来場者数は、前回より3万人減の48万8,000人に留まったそう
ですが、小樽港内に停泊する小樽海保の巡視船「えさん」では、「小樽雪あかりの路」の
会期中、小樽へ訪れた方たちへ向け、ライトメールや、船体ライトアップで、粋なおもて
なしを行ってくれていましたよ。小樽海保のHP





今回のBGM・この曲は、クリスチャン・メタルの先駆者「ストライパー」です。
1990年5thアルバム「AGAINST THE LAW」より「ALL FOR ONE」です。
マイケル・スウィートのハイトーンVoに、分厚いコーラスが加わり、メロディ
アスな曲調と合わさり、激しく化学反応を起こしていると思いますよ。
ミドルテンポの曲ながら、しっかりと"聴かせる"1曲ですね。
Posted at 2018/02/20 13:59:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2018年02月19日 イイね!

週末のイベント ① 地域の小学校の「雪まつり」のお手伝いへ。

週末のイベント ① 地域の小学校の「雪まつり」のお手伝いへ。 皆さん、こんにちは。2月16日この日は、曇り空で時折
強い風が吹いたり、雪がちらついたりの寒い朝を迎えま
した。日中は日差しも射して、最高気温も-2℃迄上がり
しばらく厳しい寒さが続き、肩に力が入る日々からは、少
し開放され楽になった感じがした週末の我が街小樽でした。
 一昨年、地域の4箇所の小学校が、1箇所に統廃合され、
新たに出来た小樽市立手宮中央小学校で、第一回目の
「雪まつり」が行われるという事でお手伝いに行ってきました。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが
流れますのでVOLには 充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。


自分が通っていた小樽市立北手宮小学校は、「札幌雪まつり」のルーツの一つとされ
1935年(昭和10年)から80年間、学校と地域が一体となる伝統行事として続けられて
いましたが、少子化の影響で、2016年3月で惜しくも閉校しましたが、なんとかこの伝
統的な行事を、統合された学校でも継承して欲しいと、昨年末、北手宮小学校OB他で、
学校支援ボランティア「雪まつり保存会」を立ち上げ、今年、児童の授業と、PTA行事と
を併せて、第一回目の「雪まつり」が開催されました。




事前に、12日 氷点下9度の中、「雪まつり保存会」メンバー十数名で、人気キャラクター
ミニオンを製作しました。やはり、北手OB クォリティー高いでしょ(笑)


「雪まつり」開会式が始まりました。


1年生が、ミニオンの廻りに、色をつけたアイスキューブを飾っていてくれました。








3、4年生は、雪だるまと、オブジェ作り。5、6年生は、かまくら作りをしました。




年甲斐も無く、チューブ滑りをするオッサン。








児童たちは、短い時間の中で、小さなミニオンの雪像を造ったり、スノーキャンドル
造りや、かまくらを掘ったり、チューブ滑りと、楽しみましたよ。児童のお手伝いして
たので、画像が無くてごめんなさい。










雪あかりの路に併せて、小樽青年会議所のメンバー10名も協力し製作した、スノー
キャンドルや、ハートのオブジェにろうそくの灯がともされました。











学校、PTA、支援ボランティアの協力の下、何とか第一回目を成功すること出来ました。
来年もこの伝統を継承できるよう支援していきます。


小樽ジャーナルさんの記事





今回のBGM・この曲は、初期「ホワイトスネイク」に多大なる貢献を果たした名ギタリスト、
バーニー・マースデンです。
1979年初ソロアルバム「AND ABOUT TIME TOO」 より「LOVE MADE A FOOL OF ME」です。
バーニー・マースデンと、ボビー・ダズラーことデイヴィッド・カヴァデール共作のポップ・
チューン。弾むようなキャッチーな曲調に、バーニーのVoと歌心溢れるGプレイが映えます。
バックを固めるのはコージー・パウエル&ニール・マーレイの鉄壁リズム隊に、Key奏者
のドン・エイリーという最強面子です。
Posted at 2018/02/19 10:36:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | 地域の話題 | 日記
2018年02月10日 イイね!

第20回小樽雪あかりの路が、始まりましたよ。

第20回小樽雪あかりの路が、始まりましたよ。 皆さん、こんにちは。2月10日、この日は、湿った雪の降る
朝を迎え、日中は雨が降り、気温もプラス3.7度迄上昇し、
3月下旬を思わせる陽気となった我が街小樽です。
 9日から始まった、小樽雪あかりの路 今年で第20回目
となる今回は、18日(日)まで10日間の開催です。
 人気スポットの小樽運河や、旧国鉄手宮線跡、今年から
準メイン会場となったニトリ芸術村等等は、観光客で一杯
なので、そちらは誰かがブログアップするでしょうから、観
光客が行かない、ツウの期間限定の定番の会場を見てき
ましたよ。


↑PC・スマホ・タブレットでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが
流れますのでVOLには 充分注意して下さい。再度クリックすると再生が停止します。


まず向かったのは、カトリック小樽教会富岡聖堂。有名な地獄坂の中間に位置する
昭和4年に建てられた ゴシック様式の教会です。ここも、毎年多くのカメラマンだけが
撮影に来るスポットです。














毎回、人気の写真スポットになっていますので、たくさんの人が撮影に来ていましたよ。
ここは、このイベントでは外せない場所ですね。



次に向かったのは、小樽市中心部から郊外へクルマで15分くらいの塩谷の海を
見下ろせる、伊藤整文学碑がある小高い「ゴロダの丘」。
「小樽雪あかりの路」の名前の由来は小樽出身の文豪、伊藤整の『雪明りの路』に
ちなんで命名されています。この会場は、10日、11日の期間限定です。




















木々に吊るされたアイスキャンドルの灯とスノウキャンドルの灯がゆらめき、なんとも
幻想的な世界が広がっていましたよ。



次に向かったのは、おたる港マリーナです。ここも訪れる人も少なく
ゆっくり見れるところです。






















メイン会場とは違い、誰もいないので、ゆっくり灯りを眺めていられる、穴場の会場です。


ついでなので、ウイングベイ会場も。










裕次郎記念館も、解体作業がほぼ終わったようです。

次回 平日に他の会場を見てこようと思っています。乞うご期待






今回のBGM・この曲は、ナイト・レンジャーのギタリスト ブラッド・ギルズです。
1993年初ソロアルバム「GILROCK RANCH」より「Slow Blow」です。
ナイト・レンジャー解散後の初ソロ。この曲のほかも、フロイド・ローズを駆使した
うねるアーミングプレイが随所で聴けるのが嬉しいです。
Posted at 2018/02/11 15:10:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | 小樽の話題 | 日記
2018年02月08日 イイね!

2月8日の塩分補給 巡視船PLH01「そうや」海氷調査へ出港

2月8日の塩分補給 巡視船PLH01「そうや」海氷調査へ出港 皆さん、こんにちは。2月8日 この日は、青空の広がる
気持ちのいい朝を迎えましたが、日中は晴れたり雪が降
ったりで、この日も真冬日となった我が街小樽です。
 ここ数日雪の降らない日が続き冷え込んだ為、道路は
あちらこちらで凍結してツルツルとなっています。車の運
転も、歩道を歩く際も充分に注意が必要ですね。
 6日に寄港した、釧路海上保安部の大型砕氷型巡視船
PLH01「そうや」が、オホーツク海の海氷調査に向け出港
するということで、見に行って来ましたよ。


↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。






出港の1時間前雪降る中、「そうや」が接岸する、小樽港第二埠頭へ行ってみましたよ。


途中、本船の出港支援を行う、タグボート「たていわ丸」が主機を起動したところが
見えましたよ。船尾の排気管から真っ白の排煙が上がっていましたよ。




船のそばまで行くと、わた雪が強く降って来ました。岸壁には1管本部職員が
綱取り要員で、作業を行っていました。


主機が起動されました。煙突から排煙があがりました。


揚錨の際、錨鎖を洗浄する為、ホースパイプ(錨鎖管)に雑用海水が通水
され始めました。






船尾では、タラップの揚収準備の為、乗員が配置についています。










ホーサーがレッコーされていきます。その間、綱とり要員として来ていた、海保名物
職員の愚痴を延々聴かされた事は内緒です(爆)








錨鎖を巻きながら、ゆっくりと、アスターンしていきます。




抜錨が完了しました。エアーホーンが鳴りました。「いってらっしゃーい」








たていわ丸にタグラインで曳航され、左回答していきます。






タグラインを外し、ロープ船内に回収です。


本日も たていわ船長以下、お疲れさまでした。






船首を港口に向け航行していきます。












巡視船「そうや」小樽港を後にして、オホーツク海へ向け航行していきましたよ。
氷海域到着後は、海水採取による海水温、塩分濃度、搭載機「せきれい」による
海氷観測などが行われます。例年通りの調査であれば、来週中頃の帰港予定
だと思います。









巡視船「そうや」出港後、沖に出ていた、小樽海保の巡視船PL-12「えさん」が
入れ替わりで、帰港してきました。


巡視船「えさん」PL-12
1000t くにがみ型巡視船 14番船(改くにがみ型)
総トン数 1,700t 全長 96.6メートル 全幅11.5メートル
船質 鋼、アルミ合金
主機関 JFE SEMT ピールスティク社製12PC2-6V型ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸 速力 23ノット以上
乗員 定員42名
兵装 30mm多銃身機銃×1基 遠隔放水銃×1門
2016年10月27日就役 三菱重工業 下関造船所の生まれ。








雪の降り方が強くなってきたので、今日はここで退散しました(笑)








2月9日17時より、第20回小樽雪あかりの路が開催されます。是非、小樽へ遊びに
来てくださいね。






今回のBGM・この曲は58歳という若さでこの世を去ってしまった、ギターヒーロー
ゲイリー・ムーアです。
1985年7thアルバム「RUN FOR COVER」より「Out in the fields」 です。
いかにもロックしてた頃のゲイリーらしいあまりにもかっこよすぎるナンバー。
イントロからしてかっこよすぎ。シン・リジィ脱退以来のフィル・ライノットとの競演
という意味では話題性もありましたね。
Posted at 2018/02/09 15:08:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 日記
2018年02月08日 イイね!

2月7日の塩分補給 アメちゃんDDG-89マスティン出港

2月7日の塩分補給 アメちゃんDDG-89マスティン出港 皆さん、こんにちは。2月7日 巡視船「そうや」を見た後は、
2日から寄港していた、米海軍のイージスミサイル駆逐艦
DDG89「マスティン」の出港を見に行きましたよ。
 予報では雪が降るようでしたが、8時現在の気温は-4℃
で、なんとか、雲の広がる空で、雪は降らなかったものの、
風が冷たかった我が街小樽でした。 
 本艦帰港中は、天気の崩れもなく、乗員たちは、小樽運河
清掃ボランティアや、高校生とのバスケットの親善試合や、
横須賀から家族を呼び、市内外のスキー場や、小樽市内、
雪まつり観光へ繰り出し、休暇を満喫したようですよ。

↑PCでの閲覧では、四角の箇所をクリックすると、BGMが流れますのでVOLには
 充分注意して下さい。 再度クリックすると再生が停止します。


出かける前に、我が家から出港前の「マスティン」を。


小樽港北側の厩岸壁から。ガントリークレーンと、コンテナがなかったら、良かったですね。








本艦の接岸する対面の港町埠頭へ行って見ました。まだ、9時前なので、乗員の
動きもないようですね。


ポートサービスの「北和丸」がオイルフェンスの撤収を行っていました。






接岸する中央埠頭へ行ってみましたよ。








本艦上では、ようやく出港の準備が始まっていましたよ。前甲板では、アンカー
チェーンの制鎖開放や、12.7mm機銃のオーニングの取り外しが行われていました。




その後、前甲板、艦橋の配置に乗員が、就きはじめましたよ。




「マスティン」が見下ろせる、神社の境内へ移動しました。








後部にも、乗員が各所配置についています。




今日も小樽警察署の警備艇「いしかり」、小樽海保の巡視艇「すずかぜ」が、
海上警備を行っていましたよ。




ちょうど先日小樽港へ来たばっかりの、網走海保の巡視船「ゆうばり」が、
お仕事に向かっていきましたよ。


出港作業を行う、新港サービスのタグボート「かむい」も石狩新港から到着しました。


第二機械室の推進用GE LM2500-30ガスタービンエンジンが起動しましたよ。


続いて、第一機械室の推進ガスタービンが起動しました。白い排煙が上がりました。
本艦は、二つの機械室に各々2台、計4台の同型のガスタービンがあり、低速用に
使用するほうを、先に起動します。高速航行までは、スタン・バイ機になります。


パイロットが乗艦したようですね。回答旗と、H旗が揚がりましたね。


タグボート「たていわ丸」もやってきました。






タグボートから、タグラインを本艦へ渡しています。




第二機械室、第一機械室の順で、残る推進用ガスタービンも起動しましたよ。
本艦はCOGAG推進です。やはり、ガスタービンは、起動後30分で、立ち上げが
完了するので、蒸気艦とは比べ物になりませんね。




二隻のタグは、タグラインを取って、スタンバイです。




艦尾甲板に乗員が続々と出てきましたよ。ハンガー上には、航海当番の士官の
姿が見えます。








ホーサーがレッコーされました。




離岸と開始と同時に、艦尾の星条旗が降ろされました。手すきの乗員が敬礼しています。


同時にマストヤードに、本艦のコールサインの、N・H・M・H旗が揚がりました。
今回は間違ってないみたいですね。








二隻のタグがスローで曳きます。「マスティン」がゆっくりと離岸していきます。








定刻10時、「マスティン」が小樽港を出港していきましたよ。乗員が整列しての
登舷礼で出港です。
(上三枚の画像はいただき物です)




小樽港沖を航行する「マスティン」


いつもの祝津パノラマ展望台で、お見送りです。








日和山灯台沖を航行していきます。やはり網が入っているので、入港時と同じように
沖寄りの航路ですね。




この後本艦は、日本海を南下して行きましたよ。U・W ご安航を祈ります。

今日のトド岩のトド君たちです。








こんなにいても、オスは1頭なんですよね。羨ましいというか、なんというか(笑)







今回のBGM・この曲は、ハード・ロック 界最高峰シンガー、グラハム・ボネットが
歴史の新しいページを開く“グラハム・ボネット・ バンド”です。
2016年1stアルバム「THE BOOK」より「STAND IN LINE」です。
インペリテリの楽曲のセルフカバー。古希なのに元気に歌うグラハムの声は驚異
的です。ひと頃は声量が落ちていましたが、最近はますますパワフルなボーカルが
復活していますね。個人的に大好きな楽曲です。
Posted at 2018/02/09 11:22:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

gogo28です。よろしくお願いします。地元の工業高校の造船科を卒業し造船マンの道へ、10代後半から30歳迄神奈川県川崎市の、某造船会社HZに勤務し電気艤装職を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
日産 エクストレイルT31 20S に乗っています。 ブレーキキャリパーは、前後32GT ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のエレキギター ヤマハSGV-800 ヤマハSGV-1200 トーカイTE70Y ...
その他 楽器 その他 楽器
現在使用のアコースティックギター いろいろ整理して この3本に落ち着きました。 オベー ...
日産 ダットサントラック 日産 ダットサントラック
初めて買ったクルマです。当時はトラッキンブームでしたからね。マークIの14インチに60で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.