• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年07月08日

R230 SL55AMG スーパーチャージャーベアリング交換、テンションプーリー交換② ~完成


続きです。


先ほどの検証結果より、


・SCプーリーのベアリングは他のものに交換が必要

・コンプレッサー側テンショナーのプーリーのベアリングも他のものに交換が必要

・ダブルプーリーのコンプレッサー側プーリーもベアリング交換が必要


ということが分かりました。




まずは下準備です。

 
420Nm中華インパクトレンチのNi-CdバッテリーがヘタってきましたのでNi-Mhのバラセルを購入しました。



 
今は4200mAhのセルが普通に売ってますが、これを買った当時は1600mAhしか入手出来ませんでした。




セルをハンダで結合。24V仕様ですので20本ものセルを使用します。




テスターで確認。
電圧OKです。




満充電時のオートカットはデルタピーク検出式かと思ってましたが、温度センサー式でした。
怪しげな中華温度センサーを移植します。




セルの寸法が違いますので、リード線で延長します。





爆発したらどうしようかと思いましたが、無事充電完了。
オートカットもちゃんと作動しました。




これでSCのセンターボルト外しに挑みます。




WISによりますと、SCのセンターボルトはエンジンを引っ張り上げてインパクトレンチで外してくれ・・・と書いてあります。

このセンターボルトがクセモノで、ラジエターのファンに遮られてインパクトレンチのソケットを真っ直ぐ入れることが出来ないんです。




アンダーカバーを外し、こちらと、




こちらの左右エンジンマウント固定ボルトを外します。





ボンネットは通常60°くらいまでしか開きませんが、ボンネットの左側(運転席側)のヒンジにある矢印のレバーを押しながら開けると、ほぼ垂直まで開くことができます。




そして、カーポートの柱にベルトを巻きつけてパワーウィンチでエンジンを引っ張り上げます。



これをやっている最中に嫁が横切って、



「あんた、気は確かか??」



と言いながら通り過ぎて行きました。


全然気は確かではありません(爆


たった1つのボルトを外すために、目は殺気立って狂人のようになってます(爆

執念の作業です。




これくらいまで引き上げるとラジエターのファンに干渉せず、インパクトレンチでセンターボルトにアクセスできます。



万が一、エンジンがぶっ壊れても大丈夫です。

EPCで調べますと、エンジンAsseyが供給されてます。

お値段は804万2600円(税別)です(核爆





バッテリーも交換済みの420Nm中華インパクトレンチでガツガツ緩めましたが・・・

ビクともせず(撃沈





急遽、閉店間際のアストロプロダクツに向かい510Nmの超強力電動インパクトレンチを調達してきました。




ひたすらガツガツと緩め・・・



 
近所から苦情が出る寸前あたりでようやくボルトが外れました。。。

ふう・・・




ボルトさえ外せればあとは簡単です。

SCプーリーは引っ張ればスルッと外れます。



 
マグネットクラッチのクリアランスを調整するためのアジャスターシムが2枚挟まってますので、エンジンルームに落とさないように・・・




プーリー、ワッシャー、ボルト、シム、この4点が28万もするんですね^^;




とんでもなく固かったネジロックの正体は・・・




シールテープ??
2液性の樹脂接着剤?

WISでは瞬間接着剤で固定、と書いてありました。

リペアキットを見ますとシールテープ?でしょうか。





ではベアリングを外します。

Cリングを外し、




油圧プレスで押し出して行きます。

このために油圧プレスを導入しました(爆





こちらはアタッチメントです。





ベアリングは「NACHI」(株式会社 不二越)、日本製です。





型番はこちらです。

これ、特殊サイズで入手困難ですが、これと同じものを使ったら全く意味がありません。そのうちぶっ壊れます。

これに関しましては後述します。





ダブルプーリーのコンプレッサー側プーリーのベアリングを外します。





こないだ応急的に入れたメタルシールドのベアリングです。






最後にコンプレッサー側テンショナープーリーのベアリングを外します。





このベアリングのラバーシールがショボく、グリスがダダ漏れです。
(画像は拭き取った後です)




リベットを外します。

無理やり押し出すとプーリーが歪みますので、リベットの頭を削っていきます。




頭を削り落として、





ポンチで軽く押すと、




 
外れます。




 
5か所ありますので同じように。

結構大変です。




リベットが外れたらプーリーを分割します。

カッターの刃を両側から軽く叩きこんで、




このようなものを使い、かるーくハンマーで叩きこんでいきます。

少しずつ回転させながら、プーリーを変形させないように丁寧に分割します。
(変形したらアウトです)




外れました。

残ったほうのベアリングを外します。




ベアリングの外形よりも若干大きな筒を使い(偶然にもウチにありました)、




プレスでベアリングを押し出します。




 
無事外れました。





外したベアリングです。

左:SCプーリーのベアリング
右:コンプレッサー側テンショナープーリーのベアリング



 
ラバーシールを外して内部に充填したチキソグリスの量を確認してみます。




ほぼ漏出し、2割程度しか残ってません。




こちらも同様に2割程度しか残ってませんでした。





では、ベアリングを対策品? 高負荷に耐えられるもの、グリスの漏出が少ないものに組み替えていきます。
 
ベアリングは内部のグリスをチキソグリスに入れ替えますので、ラバーシール仕様で種類の豊富なNTN製を選択しました。
さらに、グリスの漏出防止・内部への塵の侵入が少ない「接触型」(LLU)を選択しました。





SCプーリーのベアリングの規格を調べます。

これ、調べてもどこにも載ってません。

外形75mm




内径45mm





幅32mm

これと同じサイズのものは入手困難ですが、幅が16mmのものでしたら簡単に入手可能です。


外形75mm、内径45mm、幅16mmのベアリングを二枚重ねて使用すればジャストフィットです。
規格でいいますと、6009が相当します。


まとめてみますと、


・SCプーリーのベアリング⇒外形75mm、内径45mm、幅16mm 形式6009LLU  2枚重ね

・コンプレッサー側テンショナーのプーリーのベアリング⇒外形47mm、内径17mm、幅14mm 形式6303LLU

・ダブルプーリーのコンプレッサー側プーリーのベアリング⇒外形40mm、内径17mm、幅12mm 形式6203LLU


となります。

ベアリングの規格表はこちらです。



 
ベアリングはモノタロウで購入しました。

すべて在庫ありです。



ではグリスをチキソグリスに詰め替えていきます。

このような針のようなものを隙間に突っ込み、ベアリング球とベアリング球の間のくぼみを探します。

ラバーシールを絶対に破らないように慎重に・・・

くぼみが分かったら外輪近くまで針を突っ込んで上に引き上げます。



 
するとこのようにラバーシールが外れます。

ラバーシールの内側はメタルの薄いプレートで補強されてますので、なるべく変形させないように丁寧に外します。
変形してしまったら、指で平らになるように曲げて戻します。




取れるグリスを掻き出して、




残りはブレーキクリーナーで除去します。




温度差による水滴がつきますので、エアブローして水分を完全除去し、乾燥させます。




グリスがすべて除去できました。





SCプーリーに使用する6009LLUベアリングですが、深溝玉軸受け・両側接触ゴムシール型・メタルリテーナーですので、余程のことがないかぎりゴムシールを突き破ってベアリング球が飛び散るということはないかと思います。

さらに、2枚重ねしますのでゴムシールが2倍! それだけグリスの漏出も抑えられるかと思います。




グリスは勘で8分充填がベストと判断しました。




SC側ベアリングも同様に。




左:旧ベアリング
右:新ベアリング




60092枚重ねで全く同じ寸法になります。




高速回転にてグリス漏出試験を行います。




 
驚くべきことにNTN製LLUではグリスの漏出が全く見られませんでした。

その分、回転時の抵抗があり少々硬いですが、ベアリングの消耗=グリス切れ のケースが殆どですのでE/Gルーム内での高温・高負荷時でのグリス漏出がどれくらいあるのか楽しみです。





こちら、SCテンショナープーリーのベアリングです。

左:純正トルコ製 6303
右:NTN製 6303LLU


ラバーシールの形状から見て純正トルコ製ベアリングも接触型ラバーシールのようですが、ラバーの厚み・強度が全く違います。

これではグリス漏れも仕方ないかな・・・という感じです。

 



 
SCテンショナープーリーにベアリングを圧入します。

例の筒を使用します。




サンドイッチ状に挟み込みますので、例の筒を2個使用して圧入します。





この際、ネジ穴がピッタリ合うようにしなければいけません。




 
ネジ穴の位置が合っていればM5のビスがすんなり入ります。

サイズはM5 首下10mmです。

固定の順番は、M5ビス⇒ステン ワッシャー⇒プーリー⇒ステン スプリングワッシャー⇒ステン ナット にしました。




裏側。

テンショナーにはギリギリ干渉しないようになってます。




ダブルプーリーのコンプレッサー側プーリーにベアリングを圧入します。





こちらの圧入にも例の筒を使ってます。




 
Cリングで固定して完成。



 
裏側。





最後にSCプーリーにベアリングを仕込みます。

ブレーキクリーナーやシンナー等で洗浄し、




油圧プレスでベアリングを圧入するのですが、注意点があります。





SCプーリー(ステン製)とクラッチ板(鉄製)は矢印の板バネ3枚で結合されてます。





横から見ると分かりやすいですね。



この板バネは、

こちらのゴムブッシュ(3ヵ所あります)によって、





クリアランスが確保されてます。

※このゴムブッシュによるクリアランスが、後ほど紹介しますが、アジャスターシムによるクラッチクリアランスの調整に影響してきます。




よって、SCプーリーにベアリングを圧入する際は、ゴムブッシュを潰さないようプーリーを若干引き上げて間にワッシャー等を挟みます。

写真には写ってませんが、後ろ側にもワッシャーを挟んであります。



 
1枚目のベアリングを圧入。




続いて2枚目も圧入。




 
Cリングで固定します。





ゴムブッシュにはラバープロテクタントを吹き付けて保護、延命します。





こんなところからも・・・





裏側からも・・・





ラバープロテクタントが浸透して乾くまでしばらく寝かせます。





クラッチ面を清掃して、





オーバーホール完了です!





各ボルトは中等度固定のネジロックを塗布し、ある程度乾燥させておきます。




 
電磁クラッチ側のクラッチ面も清掃し、ベアリングの内面を保持するシャフトには軽く5-56等を吹いておきます。




こちらがマグネットクラッチのクリアランスですが、WISでは0.35mm~0.45mmと指定されてます。

新品のガタのないベアリングに入れ替えた場合、板バネが常にゴムブッシュを押さえつけてますので、恐らく0.5mm程のクリアランスになっているかと思います。(使用状況によりますが)

私の場合、一番狭いところで0.45mm、一番広いところで0.5mmでした。

測る場所によってクリアランスのバラつきがあるのは、先ほどの各ゴムブッシュの誤差(寸法差)です。




このクリアランスが意外に重要で、

簡単に仕組みを説明しますと、負荷がかかるとマグネットクラッチリレーがONとなり電磁石に磁力が発生し、プーリー側のクラッチが引き寄せられます。
普段はアイドル状態のプーリーがクラッチミートとともに板バネを介してコンプレッサーのリショルムスクリューを回転させます。

仮にクラッチクリアランスが広すぎると、板バネの曲げ歪みが多くなり、最悪の場合破断する可能性があります。

クリアランスが原因かどうかは不明ですが、実際に板バネの破断例があります。
55エンジンを日本一酷使されている(笑、HMGさんの記事に破断例が掲載されてます。





こちら既出画像ですが、デフォの状態ではアジャスターシムが2枚入っており、奥が0.2mm、手前が0.1mmとなっています。





アジャスターシムのサイズは外径55mm、内径45mmです。

無くしてしまった場合はモノタロウで同じサイズのステンレス製のアジャスターシムが入手可能です。
0.15mmというマニアックな厚さもあります。




私の場合、0.1mmのアジャスターシムを1枚抜き、一番狭いところで0.35mm、広いところで0.4mmとなるように調整しました。




そしてトルクレンチで締付けます。締付けトルクは60Nmです。





これで、SCプーリーと、





コンプレッサー側テンションプーリー、





ダブルプーリー装着完了!




  
Vベルトを戻します。




 
完成!!

これから走行テストです。



2時間ほどぶん回してきました。



 


結果、


E/Gカバーへのグリスの飛散、全くなし!





E/Gルーム内に飛び散った形跡もありません。





各プーリーをチェックしましたが、





今のところ目に見えるグリスの漏出は、





全くなしです♪



この3点に関してですが、


Dで交換しますと

・SCプーリーリペアキット 284655円

・ダブルプーリー 77175円

・コンプレッサー側テンショナープーリー 52710円

計414510円 + 工賃





上記の方法(DIY)ですと


・SCプーリーのベアリング NTN6009LLU 1個 949円 × 2 = 1898円

・ダブルプーリー(コンプ側)のベアリング NTN6203LLU × 1 = 313円

・テンショナープーリー(コンプ側)のベアリング NTN6303LLU × 1 = 400円

計2611円 (爆



これで、純正以上のパフォーマンスと耐久性が得られれば中々の激安メンテではないでしょうか^^




ブログ一覧 | プーリー | 日記
Posted at 2013/07/08 22:51:54

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

オートサロン2019へ行ってきまし ...
REIZ TRADINGさん

今回の代車は…(2019.1.16 ...
hiro-kumaさん

今日は水曜日だけど(解らん😭💦 ...
u-pomさん

久方ぶりのトゥィンギーネタです(笑)
P.N.「32乗り」さん

スーパーカーとスーパーアイドル
どどまいやさん

ドラレコが完全に壊れました・・・
marveric740さん

この記事へのコメント

2013/07/09 00:04:46
こんばんは!

師匠・・・あんた凄すぎるよ・・・あたしゃ付いていけないよぉ~って濃厚内容ですね~
電動インパクトのセル交換までDIYとは・・・ラジコン世代が抜けてないですね(爆

まずは・・・AMG純正エアフィルターが安くゲット出来て良かったですね♪
SOLは全般に他より高め設定ですが、時々本当に大丈夫か?って思うような価格で出てたりしますね。

チキソグリスは色々と怪しげなケミカルを小分け販売しているショップで見つけて気にはなっていましたが、特性や効果がイマイチ想像がつかないので長期レポート期待しております♪

しかし・・・SCベアリングのリテ―ナーがよりによって樹脂とは・・・一番頑張ってもらわないと困るベアリングなのに・・・(汗
もしかしたら焼き付いた際のEG/SC破損の身代わり&急激な焼き付き防止でナイロン66とか使ってるのでしょうか?

いや~しかしながら・・・とうとうAMGまでもエンジン釣り出しましたかぁ(笑
エンジン釣ってるのを見たら奥さんも(別の意味も含め)「大丈夫か?」って心配になる気持ち分かる気がします(爆

超音波洗浄機も「いいなぁ~」って思いながら見てましたが、高圧プレスまで!
ブッシュ交換に欲しい工具だったりします。
コメントへの返答
2013/07/09 21:06:25
使徒さんこんばんは!

実はベアリング大好き人間でして・・・(爆
今回は気合いが入りました^^

SOLはたまに超掘り出しモノがありますよね(笑 恐らくミス出品かと思われますが、あのテキトーなところが狙い目で(爆

チキソグリスは数字的なスペックを見ますと凄いですよね。Amazonで3500円位で売ってましたので買いました。
一生分くらい入ってます(笑
他のグリスと特性が違うだけに耐久性等、今後の経過が楽しみです。これはまた長期レポートしますね!

SCのベアリングはちょっと??かなり??微妙な感じでした^^;
1個のベアリングに2列のリテーナーを入れるには樹脂じゃないと無理だったのかな?なんて考えてましたが・・・ メタルのリテーナーはベアリング球の間を小さなリベットで固定してますので。。
SC保護のための保険的な意味合いで樹脂リテーナーを使っているのなら納得ですが^^;
リペアキットが対策品になっているようですので、どんなベアリングが入っているのか見てみたいです。

1.5t対応のベルトやらウィンチも買いましたが、他に使うこともなくカーポートの柱に悲しげにぶら下がってます(爆

職場が倒産したら私をウィンチで釣り上げてもらおうかと・・・(核爆
2013/07/09 07:06:09
凄いですΣ(゚Д゚)

もう工具といい作業内容といいDIYレベルを超えてますね(^_^;)

DIYでエンジン持ち上げません!!!(>_<)笑
コメントへの返答
2013/07/09 21:13:36
最近、全く躊躇せずにとんでもないことをやってしまう自分が怖いです(爆

これだけの工具を揃えてもDでの工賃よりはるかに安いと思います^^
修理に出したことがほぼありませんので工賃には無知ですが(笑

これからも無謀な挑戦をし続けますよ~(笑
2013/07/09 07:24:00
油圧プレスがある自宅は見たことがないです。(笑)
ブッシュ系の交換も安心ですね!
いつも以上に内容の濃いメンテブログですね!
すぱらしい!


あと、前半のSBCのリミットの件ですが、ヤナセから正式に公表してませんが、新品無償交換でいけますよ!
有効期限は、その車が存在するまでです。
意外に知られていないですよ。

うちのは2006年式、W211ワゴンですが、ヤナセのメカに手配してもらったから間違いないですよ。
コメントへの返答
2013/07/09 21:20:39
オクで1円スタートの油圧プレスですが(爆、全然問題なく使えてます^^/
(いつも16000~18000円くらいで終了してます)
アタッチメントのほうが高かったです(笑
今まで使いたい機会がいっぱいありましたのでもっと早く買っておけばよかったなぁ、なんて思ってます。

SBCのリミット!!
そうなんですか(驚
全然知りませんでした^^; かなり嬉しい情報です(喜
極力ブレーキを踏まずにエンジンブレーキばかり使ってましたが、これからは使いまくります~(笑
2013/07/09 08:30:21
おはようございます。

相変わらず凄い内容で圧倒されます。^^;;

つい最近セントピアで買ったプーリー4点セット12.5万+工賃2万、合わせて14.5万が、たったの713円って・・・・・(驚)
しかもそのまま組んだのと、グリスをチキソグリスに入れ替えての違いもあるし、この差は大きいなんてもんじゃないですね!!

是非そちらに職替えを!!
岡山からでも飛んで行きます(笑)
コメントへの返答
2013/07/09 21:29:57
こんばんは^^

ちょうどmaruseiさんと交換タイミングが重なりましたね!

プロショップには技術も知識も含め足元にも及びませんが、コストパフォーマンスだけは負けてないと思います(爆

チキソ充填はエクゼさんが発祥のようですので、もしかして充填済みかもしれませんよ~^^/

今の仕事が倒産しましたら自宅ガレージでベアリング交換屋をやりますので(爆、是非お客さんになってくださいね~^^
2013/07/09 21:16:34
クリさんこんばんは!(^^)!

次回はマウント&ブッシュ類の交換ですね!!

あ、私のブレーキ廻りのリフレッシュも控えている事もお忘れなく(^^♪

最終的には解体E/G買って来て一緒にフルバランス取りO/Hしちゃいませんかぁ!?

半分マジですよ♫

クリさんなら出来る (^_-)-☆
コメントへの返答
2013/07/09 21:44:00
キミさんどうもです、お疲れ様です^^

マウント交換と同時にある計画を考えてまして・・・(笑
またLINEでネタを送ります^^

もちろん、ブレーキ覚えてますよぉ~
やっとブログUPが終わりましたので今週から小道具を揃えて・・・私の230で予備実験しておきますね(笑

解体E/Gのオーバーホール! ヨダレが出てしまいそうです^^ やりましょう!
廃車予定の10万~20万キロオーバーの55、どこかにありませんかねー(笑
かなりいい線まで復活できると思いますよ!
2013/07/14 16:49:50
こんにちわ!

どこぞの、整備工場ですか?(゚o゚;;
凄すぎです(笑)

純正品高いですねぇ…
コメントへの返答
2013/07/16 02:30:54
こんばんは!

最近はこんなことばかりやってます^^;
運転するよりもメンテしてるほうが楽しいです(笑

純正品は高すぎますよ・・・(汗
数があまり出ないものはしょうがないかと思いますが、それにしても高いです。

アッセン交換より2桁安く出来ちゃいました(爆
2016/02/17 08:16:39
こんにちは!

突然全く唐突ですが自分もacプーリのベアリングサイズが特殊で困ってたんです。

ベアリング2枚重ねとても参考になります!
丁度半分のサイズのはとてもありふれたものみたいなので、修理の目処が経ちました。

失礼ました!
コメントへの返答
2016/02/28 01:46:29
どうもこんばんは!

このメンテを行ってから2年半くらい経過しますが快調そのものです♪

ガタつき等も全くありません。
もしベアリングにガタが来ましても2000円弱で交換できますので今後も安心ですよね^^/
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2016年 海外旅行記 ② http://cvw.jp/b/812916/38650818/
何シテル?   10/05 18:15
人に不可能はない、という勘違いからDIYを始めました。 壊れたパーツはすべて分解・修理してますが、時には新品を買ったほうが安くつくこともあります(自爆 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク
家族用の車です。
BMW 6シリーズ クーペ BMW 6シリーズ クーペ
研究用車両として購入 450ps TwinTurbo
AMG SL AMG SL
SL55 AMG パフォーマンスパッケージをDIYにて後期仕様に仕上げました。 内装はフ ...
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
フルノーマルS600ロング→S65AMG仕様に仕上げました。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.