• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年11月02日

R230前期にR230後期ステアリングは装着可能?



9月末頃、大阪のAMG SHOさんからメッセージをいただきました。


R230後期SL63AMGを後期65仕様にされておられ、内外装は65になっているがメーターが320km/h、タコのロゴが6.3V8なのが気になります・・・何とかならないでしょうか。

というご相談でした。

私が230のメーターを弄り捲くっていた頃は怪しげなドイツ人が後期メーターのパネルや前期65メーターのパネルを手配してくれていたのですが、去年あたりから音信普通になりましたTT


恐らくもう在庫がないのでしょうね^^;


後期65メーターの中古品などまず出てくることはありませんので、やるなら新品をバックオーダーするしかありません。


で、新品メーターをオーダーすることになりました。
このところ230パーツの新品在庫が続々と生産終了&在庫切れしている中、セントピアK社長に探していただき奇跡的に65新品メーターを入手することができました♪




新品メーターを拝めたのは以前運送中に宅配業者が落下事故を起こして以来です(爆





おお!

新品だけあって素晴らしく綺麗です。

こんな高価な65メーターを購入したのは日本でも1人いるかいないか・・・(笑

AMG SHOさんの気合いが伺えます^^





63メーターとの違いは、
MAX360km/h
240km/h以降が不等ピッチになっていること、






タコのMAXが8000rpm→7000rpmになっていること、

あとV12 BITURBOのロゴですね。

ニードルスウィープは8時スタート、16時リターンで63、65ともに同じです。





新品メーターですのでもちろん未改造で装着し、コーディングを入れてODO表示も可能ですが・・・

それだけならメーターのセットアップ経験が豊富な工場で施工可能です。

後日談ですが私に依頼されたのは理由があったそうで、私が作製した6時スタートニードルスウィープ仕様のメーターを装着していただいているみん友さんのブログを拝見されて「これはどこのショップが施工しているのか?!」とかなり調べられたそうです。


結果、ただのド素人の施工だったことが判明(自爆


あるものをいただけるということで引き受けました。


○○年式以降の230メーターはセキュリティロックがかかっていて内部データを弄れないようになってます。
これを解除するのは非常にリスクが高い作業です。
正直、新品65メーターのセキュリティロックを解除する作業だけで5年は寿命が縮まりますTT






無事に解除成功。

内部データの吸出しも成功し、お好みの仕様(完全に私好みにしましたが・爆)に書き換えていきます。
6時スタートのニードルスウィープはどうやら最優先にして欲しいとのことで^^;

今回の作業は65不等ピッチ、メーターも最新最終基板のAj10という未知の領域でしたのでめちゃくちゃ苦労しました。

作製したデータは200個以上、実走行テストは68回・・・。

完璧とまではいきませんでしたが、いくつか妥協点をお伝えし、完成させました。






そして大阪から遥々と来ていただきました。

ん?

これは・・・?!

どこかで見たことがあるような・・・





なんと!

Veil sideのデモカーだそうです(驚







交換前の動画を取り忘れてしまいました^^;

ニードルスウィープ動作はこちらと全く同じです。





そして、新65メーター改装着!

コーディング&セッティング後です。

元々は8時スタート、16時リターンですが、

6時スタート → 16時リターン → 8時停止 → キーOFFで6時に落下 という仕様に変更、

さらに、ノーマル63&65メーターのAMG表示は油温、スポーツモード、ラップタイム表示の3種類ですが、
油温、ATF温度、ラップタイム、簡易油温警告、スポーツモード、バッテリー電圧表示の6種類表示に変更しました。
これはDAS/Xentryでのコーディングでは表示できません。

まだ改良したいところはありましたが今の私の技術ではこれが限界です。
とりあえずご満足いただいたようで良かったです^^/






では本題です。

以前、記事でR230にW204のステアリングが装着可能?という記事を書きました。
オフセットの問題で諦めましたが、ラブミートさんが後期63で現在挑戦中です。

ウチの230は前期ですのでW204のステアリング以前に後期3本スポークステアリングのマルチファンクションボタンが機能するのか??という問題があります。

昔2008yCLS550の4本スポークステアリングと230の4本スポークステアリングをスワップしたことがありましたがマルチファンクション、エアバッグともに完全互換でした。
パドルシフトの互換性はもちろん×です。


適合するかどうかは全く分かりませんが、「適合しなければ力技で適合させる」という(爆、いつも通りの

「先のことは考えずにまず購入、そのあと悩む・・・」
 


ということでちゃちゃっと230後期ステアリングをポチりました。





AMGステアリングは滅多に出ませんのでパドル付きのスポパケステアリングです。

清掃のためパドルは外してます。





これ、一応ナッパレザーなんです。

清掃すると新品のように綺麗になりました。


このステアリングをベースに後期63AMG形状のカーボンコンビステアリング加工を行います。



そして、今回は埼玉県越谷市のウッドファクトリーさんにて加工をお願いしました




個人的な趣味ですが、あまりにもDシェイプ過ぎず太過ぎず、
純正より若干太めのさりげないDシェイプと純正AMG63形状のグリップ。

eBayに出ているステアリングとウッドファクトリーさんのステアリングを二個イチにした感じで赤のユーロステッチを入れて貰いました。

色々と細かいことをお願いしましたがサービス施工してくださり、ウッドファクトリーのN社長には感謝です♪




そして3週間ほどで完成しました♪♪

エアバッグはナッパレザーです。これを付けたかった・・・^^





非常にクオリティが高く、私の要望を完璧に再現していただきました。

取り付けるのがもったいないくらいです(爆





この形状、最高にカッコいいです♪





本革パンチングレザーに赤のユーロステッチもさりげなく入っており、テンション上がり捲くりです。






右のステアリングは以前、前期AMGステアリングをベースにしたブラックウッド加工済みのもの購入したものです。

比べてみるとやはり全然違いますね^^







パドルは以前私が前期4本スポークステアリングのチップシフトからAMGパドルに加工取り付け&スイッチを改造したものです。

スポークの面とパドルの台座がピッタリでしたのでほぼ完璧なフィッティングで取り付け出来ました。





ところが後期スポパケステアリングは上の画像と比較していただければ分かりますが、パドルの部分が逆反りしてるんです。

ただこのパドル、非常に押しやすいんです。

なんとかこのパドルを使えないかと思い、あれこれ挑戦してみました。





前期MRMを





後期MRMに交換。





こちらはR230前期のマルチファンクション、MRMの配線図です。





そしてこちらはR230後期のマルチファンクション、MRMの配線図です。



配線図を見た感じではポン付けでもいけそうですが・・・

各ユニット同士の配線図は載ってますがユニット内の回路図や抵抗値までは載ってません。
ポン付け出来るかどうかは実車接続しないと分かりません。




まずはマルチファンクションの黒・赤・白カプラーを繋げてみます。

カプラー形状は全く同じです。


するとカプラーを挿した瞬間、クラクションが鳴りっぱなしに(撃沈


抜こうとしてもカプラーの受け側が新しく硬くて抜けません(爆

嫁がやってきて「ご近所さんがみんな出てきてるよ! 何してんの??」

で、急遽バッテリーのマイナス端子を外してクラクションの音を止めました^^;

門扉を開けると向かいのおっちゃんがこちらを見ながらホウキで歩道を掃いてます(爆

ウチの近所はこういうタイプの方が非常に多いです。






マルチファンクションがダメならせめてパドルでも・・・

と思い、試してみましたがこちらも×。

スパイラルケーブルをよくよく観察しますと、パドルの配線はMRMをスルーしてました(自爆






その前に後期MRMと前期EWMは適合しません。

ディストロニックも適合しないようです。


R230前期に関しましてはパドルスイッチのプッシュON、プッシュOFFは必須ですね^^;

マルチファンクションボタンに関しては後期MRMにかなり期待してましたが仮にEWMが適合していたとしてもマルチファンクションは機能しません。

前期・後期MRM共に全く同様にクラクションが鳴り響きます^^;





で、諦めがついて以前改造したAMGパドルを移植します。






逆反りスポークにAMGパドルを付けました。

意外にフィットしているのは、両サイドの内部ゴムを中空構造にしたからです。





パッと見では全然分からないくらいにフィットさせました。

骨格のメタルも一部削ってます。





このスイッチの構造は非常に単純で、103Ω、導通100%、遮断、この3つだけです。

自作でも簡単に作製できます。パドルシフトに収まるプッシュOFFスイッチの入手が難しいですが^^;




では仕方なくマルチファンクションボタンの改造を行います。

ボタンを押した際、3本カプラーにかかる抵抗値を事前に見てダメだとは思ってましたが・・・


もしかしたら車両側が自動的に識別してくれるかも?! 

ショートテスト後にエラー消去したら認識してくれるかも?!

翌日には動くようになっているかも?!


と淡い期待を寄せておりましたがどれも撃沈でした(爆



秋月電子でピンヘッダと予備のLED(メーター用)を購入しました。





左:R230後期スイッチ
右:W204前期スイッチ

R230後期のスイッチと比較しますとスイッチ自体は形状は全く同じです。

W204のスイッチはOK、リターン、消音、ボイスなんとか?があります。






R230スイッチ基板と変換ユニット






W204スイッチ基板と変換ユニット

試しにW204のスイッチAsseyを車両に接続してみましたが認識しませんでした。






こちらは前期のマルチファンクションボタンから取り出した基板です。

構造は微電流を流し、各スイッチに付いているチップ抵抗の値を車両側が読み取っているというものです。


当初は気合を入れて・・・



後期変換ユニットの基板を改造してチップ抵抗を入れ替えようと思ってましたが、根本的に仕組みが違いますのでパターンを作製して感光基板で自作したほうが早いです^^;

さらに・・・

同一Ω、適合サイズの全種類のチップ抵抗を揃えるとなると国内では見つかるかどうか(殆どなかったです)。
1個必要でもロット(最低10個)からしか入手できず、さらに海外から取り寄せると商品代金の1000倍ほどの送料がかかります(撃沈


というわけで、前期スイッチ基板を移植する方法に決定。


まず左右スイッチを結合して3本カプラーに変換しているこの物体のピンの割り当てと配線構造を解析しなければいけません。





裏面にはホーンスイッチが4つ付いてます。





テスターで測定しながらCANVAS8という15年前のドローソフトを使ってメモ書き替わりに配線図を描いてみました。





共通している配線を削除し単純化するとこのようになります。





スイッチとLEDを外します。





カプラーはニッパーで切り刻みながら基板のパターンが剥がれないように端子のハンダを温めて外します。

もう後には戻れないモードです(爆





テスターで測定&解析し、同じくメモ書きします。






スイッチからの配線は後期230用のものを使いますので基板から取り外します。





基板がうまく収まれば良いのですが・・・





おお!

ピッタリ収まりました♪



マルチファンクションスイッチは敢えてW204のものを使用します。
OKボタンと消音ボタンを光らせたいからです(笑 もちろん機能はしません。

前期204のスイッチ基板、左側。





前期204のスイッチ基板、右側。


これらは左右ともに6ピンカプラー仕様になってます。


↓テスターで解析すると割り当てはこのようになってました↓

↑ピンの割り当てをこのように改造します↑

○印は追加配線です。

なぜこのように改造する必要があるかどうかは・・・ この作業を実際にやろうと思う方には分かると思います。



では具体的な作業方法を・・・

左スイッチから。

赤矢印のチップ抵抗を6箇所外します。

それ以外のチップ抵抗はLED電圧調整用の抵抗ですので外さないように・・・。





そして赤矢印の3箇所をジャンパーします。

それと青矢印にリード線を追加します。



右スイッチ

赤矢印のチップ抵抗を6箇所外します。





そして赤矢印の3箇所をジャンパーします。

それと青矢印にリード線を追加します。





カプラーの番号と一致するように番号を書いておきます。





必要な配線はすべて裏から取れます。

両面基板ですが、ちゃんと裏にテスト用のパターンが来てます。





一部基板同士が重なり合う部分がありますので絶縁しておきます。





そして設計図(メモ書きですが・・・)通りにリード線をハンダ付けしていきます。





スイッチからの配線はとりあえず仮止め程度にハンダ付けしテスターで配線ミスがないかどうか確認した後、短いリード線の長さを延長します。






この3本はスパイラルケーブルに繋がる3本カプラーへ接続するため、





ピンヘッダを使って





放熱クリップで挟みながらハンダ付けします。





スパイラルケーブルの3本カプラーを挿し込み、位置決めした状態でレジン固定しました。

これでカプラーONにて接続できます。


あとはリード線の長さを調整して、



配線完了!





実車接続にて動作確認します。

すべて完璧に作動してます♪

ふう・・・・。







OKボタンと消音ボタンが追加されました。(この2つは機能しません)







内部にうまく収まりましたので見た目は全く分かりません。

スパイラルへの接続もカプラーONです。








やはり見た目はAMGパドルのほうがカッコいいですね。

ストロークが少なくもう少しソフトタッチでしたら最高なのですが・・・。






車両に取り付けました。

いつもステアリング下部を持って片手運転してますので4本スポークでえーわと思っていたのですが、このステアリング下部は片手でも非常に握りやすいです。

さりげないDシェイプがかなりイケてます。







イルミネーションもバッチリ、照度も他のスイッチと同じです。





エアバッグを取り外すと警告が出ますので消去し、再びショートテスト。

すべてOKです♪




という感じで、R230前期は基板のスワップをすれば取り付け可能だという結論が出ました。

極端な話、この作業をすればどんなステアリングでも取り付け可能、マルチファンクションも機能させることができます。

是非参考にしてください。
ブログ一覧 | ステアリング | 日記
Posted at 2016/11/02 23:00:09

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ミニ クロスオーバー(R60) 純 ...
RAIKOさん

ミニ ハッチバック(F56) パド ...
RAIKOさん

パドルシフト改?
メタモンさん

ミニ ハッチバック(F55) 純正 ...
RAIKOさん

東京都よりご来店!ミニ ハッチバッ ...
RAIKOさん

ミニ クロスオーバー(R60) パ ...
RAIKOさん

この記事へのコメント

2016/11/02 23:20:06
こんばんは!

いや~前置きのメーターネタだけでもお腹一杯だったのにステアリングネタはテンコ盛りで・・・すいません、一度に理解出来ないので後日復習します(汗

前回の新品メーターの落下事件・・・補償で店が潰れた件でしょうか?(爆

やっぱ本物65メーターは写真で見ても違いますね!

本題のステアリングも、見事にインテリア大変身な印象です♪
Dシェイプ部の3次元曲線・・・芸術品級ですね!必要以上にナデナデしたくなります(笑

例の癖あり同期・・・今日突然辞めました、辞める時まで大迷惑なヤツでした(苦笑
コメントへの返答
2016/11/03 03:25:15
どうもこんばんは!

今回も文字数制限で半分くらい写真と文章を削りました(爆
ですのでちょっと訳の分からない内容になっております^^;

新品メーター落下事件は例のアレです(爆
本当に潰れてしまい、今は別の運送業者が入ってます^^;

Dシェイプの曲線はかなりヤバイです♪
配線の解析で時間がかかった分、しばらくの間部屋で眺める時間があり幸せでした^^

おめでとうございます!!
例の奴、辞めたんですね♪ とりあえず一件落着ということで^^
実はスマホで文字を打つのが非常に遅く、未だにガラケー方式で連打してます(汗
しかも誤字だらけで何回も打ち直しという・・・
後ほど返信しますね!
2016/11/03 08:39:00
こんにちは。

こんな素晴らしいクオリティでステアリング加工できちゃうんですね。

それにしてもクラクションのワナひどいですね・・・笑
前期と後期でも互換性が全くないとは。

私の方はセントピアさん経由で、最後のパーツを本国オーダー中ですので、近々例の作業に着手できそうです!
コメントへの返答
2016/11/03 16:49:39
どうもこんにちは。

仕上がりがここまで美しいとは・・・ 期待以上でした♪
さりげないDシェイプがたまりません^^

W221が意外に簡単でしたので、もっと簡単に装着できると思っていたのですが・・・
結局元のスイッチを改造しましたのでもう元には戻せません(笑

例のパーツですね!
いよいよ開始されたのですね^^
コーディングで不明なところがありましたらカイエンターボ師匠と一緒にチームビュワーでやりましょう♪
2016/11/03 11:39:39
こんにちは〜
カッコいいですね〜
さすが、毎回やる事が半端ないですね。
自分も後期か、または現行型のハンドルに挑戦してみようかと思ってますので参考になります。
それと以前お話ししましたキーレスゴーの追加キー(現行)はもしかすると…可能かもしれないです
コメントへの返答
2016/11/03 16:56:16
こんにちは!

仕事中にテスターと格闘し、結構大変でした^^;
とりあえず無事に作動してホッとしてます^^

真新しさを求めるなら現行ハンドルですよね。
私はこのDシェイプでもう満足してしまいました♪
後期のスイッチはやはり押しやすいです。
キーレスゴーのスペア、可能ですか(驚
後ほどメッセ入れさせていただきます♪
2016/11/03 19:07:39
お疲れ様です!
いつも興味津々で拝見させて頂いてますm(__)m
ネタの内容にコメント出来る様なスキルや知識は持って無いのでただ感心と驚きばかりです。
その中でも奥様とのやり取りにめちゃくちゃウケて一人スマホ片手に笑ってる私が居ます(笑)
今回もそうですが
前回の動かさないSLと邪魔なSにはツボりました(爆)
Dシェイプ三本スポーク…シビレマス☆
また楽しみにしています(^^)/
コメントへの返答
2016/11/03 23:03:05
どうもこんばんは!

車に関しましては私がまだ子供のような状態でうので(自爆、嫁は呆れ返ってます^^;

まあ嫁のストップがなければとっくに破産してますので何とかやっていけてるだけ感謝しなければいけません(汗
しかし、いつまで経っても物欲はなくならないです(爆

2016/11/03 20:37:02
ステアリングの質感の良さ、ハンパないですね~

パンチングレザー&レッドステッチ!握るだけでニヤニヤしてしまいそう(笑)
コメントへの返答
2016/11/03 23:06:33
こんばんは!

まさに職人技!という感じです^^
DIY派でもステアリングは作れないです(笑

本来握って楽しむパンチングレザーですが、汚れないようにレザーでない部分を握ってます(自爆
2016/11/04 00:16:12
クリ殿
相変わらずやることがハンパないですね!
前半のメーターの記事に根性と度胸を感じていましたが、ステアリング記事では執念ですね!
後期ステアリング化には非常に興味がありますがこんなに大変とは!トーシローの私にはもはや手に負えません。。。
クリ殿の記事から察するにW219前期4本スポークとW219後期3本スポークは互換性が厳しそうですね。コネクター形状は同じく見えたのですが。。。基盤移植は手先が震える私では無理です 笑)
外装/内装がカスタマイズされたR230はもう手放せないですね!
いやーステアリングがカッコ良すぎです。
末永く動態保存を!
コメントへの返答
2016/11/04 00:36:48
はるかえパパ殿

今回はステアリングを先にオーダーしてしまいましたのでやらざるを得ない状況でした(自爆

元の純正スイッチ基板を破壊しますので、途中までやりますと元に戻せなくなります・・・。

前期スイッチの品番は230と219で全く同じですので後期化する場合は恐らく同じ作業が必要になってくると思います^^;

カプラーONでしたらお勧めなのですが・・・元に戻せないという点でちょっと微妙なところではあります。

装着が完了し、ボディカバーを被せて永久保管モードに入りました(爆
2016/11/04 16:11:17
こんにちは、
流石です‼️スイッチの加工 前期と後期でもぽん付け出来ないとは、自分のw204のステアリング
たまたま付いた感じです、左側のスイッチは何とか
モード変更出来る程度、右側は機能せず
セットアップする時は、スイッチだけ元に戻して
対応使用かなと思ってました。クリスチーネさんのブログで見た、シャーシ台モードにショップで、
出来ません、何とかしたいですが、何とかならない事に気づきました、ブログ見て回路ではなく、自分がショートしました。
コメントへの返答
2016/11/04 20:21:26
どうもこんばんは。
前期・後期で全く互換性がないのはちょっと驚きでした。
230後期と204前期のスイッチユニットも全く異なりましたので、230後期と204後期のスイッチが一部互換性があったのは奇跡的ですよ!
しかし、余分なボタン以外はすべて機能してくれないと困りますよね^^;
確かにシャシダイモードにするには右スイッチが必要ですよね・・・。
230後期のスイッチユニットを204ステアリングに移植すればいけるはずです!
↑と同じような作業になるとは思いますが・・・TT
2016/11/04 21:21:06
こんばんは、
スイッチユニットは、230の物移植しています、204のスイッチがたまたま左だけ
一部使えた感じです、ユニットはフレーム
から切り離して交換しました、204のフレームはホーンの配線が埋め込まれていて
切り離してしまうと元には戻せません
230はホーンスイッチが個別配線なので
元に戻せます、最悪ノーマルには戻せます
又お力をお借りして、スイッチ加工する気
になるかも、その時はよろしくお願いします。
コメントへの返答
2016/11/04 21:41:41
こんばんは。
なるほど、230のユニットに204の6ピンスイッチをカプラーONされたわけですね。
それでたまたま左側のみ同じだったと・・・。
右側のスイッチのイルミネーションは点灯しました?
点灯していれば6ピン中2ピンはイルミ電源ですので残り4ピンの差し替えでいけるかも??
ですが、乗っているチップ抵抗の値が違っていればNGです。
スイッチを分解してチップ抵抗の値を読んでみれば分かりますよ。
2016/11/04 22:34:08
こんばんは、
早い返信ありがとうございます。
イルミは点きます、抵抗値の測り方から
教えてもらわないと、作業出来ない 状態
です、出来ると思います?努力はしますが
面倒で無ければ、手取り足取りよろしくお願いします。
コメントへの返答
2016/11/04 22:59:14
こんばんは。
イルミは点くのですね。
前期204の右スイッチは1、2番ピンがイルミで各スイッチに共通しているピンが3番(↑の解析図でSwitch Baseと表記してます)でした。
アナログテスターはお持ちでしょうか?
すべてのスイッチとLEDは基板上にテスト用のパターンが出てますのでテスターを当ててピンの割り当てを解析します。
チップ抵抗の抵抗値読み取りは
http://truth2.blue.coocan.jp/freesoft/freeSOFT_main.html
このソフトが使いやすいです。
ただチップ抵抗の入手が恐らく困難だと思います・・・。
上のソフトで抵抗値を読み取ってパーツ屋さんで入手できるかどうか調べてみてください。
あとは・・・ チップ抵抗の移植でしょうか。
ハンダ2本使って外しますがそこそこ技術が必要です。
2017/01/10 20:35:51
こんばんは。

w117前期の車両に後期のステアリングを移植できるか試しています。

移植先:w117前期(レーンキーピングアシスト付き)
対象ステアリング:2016製(CLA Class C117 (2015-))
パーツno A 099 464 78 31
左のファンクションスイッチの左右が無いタイプ

結果:エアバックは問題なし。(同じカプラーアサイン)
パドルシフト動作せず。
ファンクションスイッチはほんの一部動作するが左右とも機能がバラバラ。(音声ボタンでホーンがなります。笑(同じカプラーアサイン)
レーンキーピングアシストエラー(これは現行では車両へのピン数が5つに対し、3ピンしかないためかと。2014年A180のステアリングで試すと3ピンで同じエラーがでました。)

対応として現行の変換ユニットの移植を考えています。
ファンクションスイッチのアサインを表示どおりにつなぎ換えて
動作しますでしょうか?
ご意見をお聞かせいただければ幸いです。
コメントへの返答
2017/01/10 21:50:11
こんばんは。

簡単にまとめますと、

新型ステアリングポン付け→NG

新型ステアリングの変換ユニットを旧型に交換

ということですよね?

正直なところ、やってみないと分かりません。
変換ユニットの交換で作動すればラッキーだと思ってください。
ちなみに形状は同じでもW117後期の台形スイッチ(黒)とW222の台形スイッチ(シルバー)は全く互換性がありません。
手元にあります。スイッチを分解して確認しました。
LEDの稼動電圧すら異なります・・・。
2017/01/10 23:36:02
こんばんは。

ご連絡ありがとうございます。

仕様の確認ですが、たとえば+ファンクションスイッチを押すと
変換モジュールの対応ピンまでアナログ→デジタル変換→+のパケットがマルチキャストされると思ってたのですが、ファンクションスイッチに依存するのでしょうか?

だとすると、左ファンクションスイッチが旧ステアリングとほぼ同じ
タイプだと動作しますでしょうか?

テストだと右ファンクションスイッチでもまったく違う動作をしたので変換ユニットだと思ったのですが...。
見た目は同じでも違うってことですよね。
コメントへの返答
2017/01/11 21:51:59
こんばんは。

まず上記の結果から推察しますと、新型ステアリングの変換ユニットは前期モデルに対応していないと思います。
エラーが出てる時点でアウトです。
パドルが作動しないのもダメですね・・・。

車両によってはMRM交換で行ける場合もありますがやってみないと分かりません。

旧変換ユニットの移植でスイッチを改造する方法が可能性としては高いと思います。
スイッチは片側6ピンになっているかと思いますが、そのうち2ピンはLEDの電源で、1ピンは各スイッチに繋がってます。
残り3ピンが6個のスイッチからの抵抗値を拾ってます。
1ピンにつき2個のスイッチが割り当てられてます。

新型スイッチの抵抗値を旧型スイッチと同じにしてあげれば理論上作動するはずです。

チップ抵抗の打ち替えとピンのアサインを変更すればいけると思いますよ。
2017/01/12 00:54:31
こんばんは。

w117のステアリングは前期、中期、後期とあるみたいですね。
リサーチの結果、ぽんずけできそうなので購入したのですが
ポチったあとで右スイッチが違う後期ステアリングであることに
気づきました。笑

中期のステアリング(2015)なら大丈夫そうですが、つけてみないと
わからないですね。後期はおっしゃるとおり別物です。

これも茶色のカプラーが5ピンでないとだめだと思います。
2ピンがレーンキーピングアシストで使用してるみたいで現在180のステアリングをつけてますが、レーンキーピングアシストのエラー以外は問題ありません。

>1ピンにつき2個のスイッチが割り当てられてます。
なるほど、理解しました!

現状対応としては、変換ユニットを交換して、スイッチ側の抵抗を変更する必要があるのですね。

大変そうなので、中期のステアリングを移植するほうが簡単そうですね。笑
2017/02/01 08:28:02
こんにちは。

結果のご報告です。
変換ユニットを交換する前に試しに中期のステアリングをぽんずけ
したところ問題なく動作しました。
ありがとうございました。

別件ですが、中古のAMGシフトモジュール(センターコンソール)の移植をしたいと思っています。
モジュールは4ピンですので、電源とCANだと思いますが、コーディングがやはり必要なのでしょうか。
コメントへの返答
2017/02/23 14:44:18
こんにちは。

ご報告ありがとうございます。
変換ユニット後は信号が統一されているのですね。

シフトモジュールはセキュリティパーツですのでコーディングしても動かないのではないでしょうか。
2017/02/23 20:44:37
中古メーターの換装のようにユニット内のデーターを消滅させて
現車のデーターを入れ込むと使えるかと思ったのですが。(笑)

調べたところ下記のようでした。

AMG
フロアシフトよりCAN_C(ドライブ)信号にてECUへ
ECUからCAN_C(ドライブ)信号にてTCUへ

・セレクターレバーポジションステータス
・パーキングロックボタンステータス
・走行プログラム、シグナル

CLA250
ステアリングシフトよりCAN_E1(シャーシ)信号にてECUへ
ECUからCAN_C(ドライブ)信号にてTCUへ

・ダイレクトセレクトのセレクターレバーステータス

新品でも無理でしょうか?
2017/03/22 16:02:54
クリ様お久しぶりです。久々にに覗くともぅ ベンツの神様? 世界のクリさんと呼べる様な内容に愕然としました。いつの日かこのブログが本となって出版されるのを楽しみにしてますw
内容が濃い そして笑わせるオチもあったりで
もう楽しくてしょうがない

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2016年 海外旅行記 ② http://cvw.jp/b/812916/38650818/
何シテル?   10/05 18:15
人に不可能はない、という勘違いからDIYを始めました。 壊れたパーツはすべて分解・修理してますが、時には新品を買ったほうが安くつくこともあります(自爆 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク メルセデス・ベンツ CLAクラス シューティングブレーク
家族用の車です。
BMW 6シリーズ クーペ BMW 6シリーズ クーペ
研究用車両として購入 450ps TwinTurbo
AMG SL AMG SL
SL55 AMG パフォーマンスパッケージをDIYにて後期仕様に仕上げました。 内装はフ ...
メルセデス・ベンツ Sクラス メルセデス・ベンツ Sクラス
フルノーマルS600ロング→S65AMG仕様に仕上げました。

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.