• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月04日

2016.9.17 Spa Six Hours 2016 決勝(前編)

さて、今日も天気は下り気味です。
予報では、暗くなってから雨になるということ。なんとか持ちこたえてくれと、祈っておりました。



ここまで持ったのが奇跡ですが、「スパウエザー」と言われるように、コロコロ変わる天気とコースの場所による部分的な雨など、ある意味ここでレースをする醍醐味の一つでもでもあります。
仕事や友達の手伝いの時は、レース中のタイヤ交換とか、他のチームよりどれだけ早くできるかとか、やりがいがあって楽しいんですけどね…(^^;;



いつも、自分のレースの時は、朝から車おろして、工具の段取り・タイヤのエヤやらプラグ交換など、何から何まで、自分の管理下で行なっています。
もしも何かあれば、それは手伝ってくれた人の責任ではなく、僕自身の責任なのです。
これ、肉体的にはつらいですけど、精神的にはすごく楽ですよ。
思惑の違いなんて存在しないしね…



今回は、その正反対です。
異常なことがない限り、車のことには一切口出しせず、乗るという仕事を全うするのみ。
そしてメカニックたちはおろか、チームの代表も、僕がこの車のメンテに関わってきたなんて、知る由もありません。
やりにくいでしょうからね、そんなこと知ると…(^^;;
オーナーには、「内緒にして」と言っておきました。



48号車の担当の二人とは、言葉は通じないけど、ちょっと通じ合ってきて、英語が苦手な僕にも温かく接してくれていたし、信頼関係もできてきたように思いました。



決勝前、前のレースで少し時間が押していますが、後方からのまぶしいライト対策のマスキングも済ませ、ピットは準備万端です。



程なくして、オフィシャルの合図で、車を出し、そのままピットロードに並んで待機します。



この時、12年前のことがフラッシュバックしてきます。
「あの時は、こんなに周りが見えていなかったなぁ…」そんな風に思いながら、1stドライバーのTさんが乗る48号車のところまで、人込みをかき分けて、長い下り坂を下っていきます。
なんかいいんですよね。この雰囲気。スプリントレースにはない独特の空気です。



前にいる#62はクラス最速のビッグ・ヒーレーです。
メカニックたちは、日本からやってきた#48を興味深げに見ていましたよ。



かなり待たされましたが、ピットアウトして、ダミーグリッドについていきます。
もうここからは、僕ら待機組からは見えない世界です。



というのも、ちっょと複雑な話しますよ(^^)
ダミーグリッドのポールポジションは、僕らの居るオールージュ手前の「エンデュランス・ピット」前、そこから順繰りに111台並べていきますから、後ろの方は「F1・ピット」までつながっていくのです。
そして、フォーメーションラップは、そのままスタートし、隊列が整ったところで、「F1・ピット」前にあるスタートラインを切って、ローリングスタートでレース開始なんです。





ダミーグリッドでは、全身タイツ隊の登場です。



毎年タイツの色が変わるようです(^^)



レース中のラップタイムは3分前後ですが、SC先導のフォーメーションラップは4分を超えます。

スタート直後の1コーナー(ラ・ソース?ラ・スルス?)はデンジャラスです。4速から2速にシフトダウンする、最も低速で鋭角なコーナーです。
何とか無事に立ち上がり、急こう配を下って、僕らの待つエンデュランス・ピット前を通過、オー・ルージュに4速で飛び込んでいきます。

ボトムから3から5コーナーを左右左と登っていくラディオンを抜け、最長のストレートであるケメル・ストレートで4速のODを使って最高速。
3速まで落として連続S字の7から9コーナー レ・コームを回り、ここから再び下りに転じてヘアピンのリバージュからインフィールドに入る。

下りの11コーナーはイメージ的には逆バンクだが、合間の短いストレート3速ODないし4速を使い、12コーナー プーオンからレ・ファーニュへとリズム良くつなぎ、少し回り込んだ右コーナーと短いストレートを台形状に走ってインフィールド最後の16コーナー ポールフレールコーナーをアウトから全開で立ち上がる。

超高速の17コーナー ブランシモンは4速OD、続く18コーナーは4速、緩いRを挟んで19から20コーナー バスストップ・シケインを2速で上り、F1ピット前のコントロールラインを4速で通過する…



アー長い(^^)
という感じ。が…
ちょっと古いF1視線だと↓
ヴルツの「スパ-フランコルシャン」ガイド
面白いね!

ドライバー交代はいろいろ協議の結果
1st(1Hr)→2nd(1hr)→1st(1Hr)→2nd(1Hr)→3rd(2hr)ということになった。
Tさんと僕は慣れてないからね、2時間一気乗りはきついだろうということになったのだ…



そして、6時間なので、給油を伴う。
100Lタンクを装備しているが、2時間に一回は必要とのこと。
交代後のドライバーが、ピットエンドから給油所に向かい、セルフで給油後にファイヤー・オフィシャルの手を借りてベルトを締めて、ピットアウトする。
なかなか大変な役割だが、2ndの僕は、大役を免れたうえ、一番燃料の軽い状態でドライビングで来た。(^^)

無駄口をたたいている間にも、1stドライバーTさんは、コンスタントに周回を重ねていく。
スタート直後を安全にいったので、一時的に20番手ほど後退したが、79番手まで順調に順位回復していた。
このまま無事に1時間弱走れるだろうと思っていた矢先、コース上でアクシデント発生。
セーフティーカーが投入される。

スタート前、チーム代表のジェラミーさんが、「セーフティーカーが入ったら、すぐピットに戻れ。再スタート時はベリー・デンジャラスだ」みたいなことを言っていた。
ピットからのサインも「IN」が掲示され、チーフが僕に合図をくれる。
まあ、せっかちな僕は、45分ころから走る準備をしていたので、すぐにヘルメットをかぶり、臨戦態勢となった。

しばらくすると、車が戻り、すぐドライバー交代。
ちょっと様子を見てから出るのかと思いきや、「オーケー ゴー!」だって(^^;;
ベリーデンジャラスじゃなかったのかよ…(TT)

ピットアウトするとすぐ、前方集団に追いつき…
???
追いつかねーぜ(^^;;
SCだからって、ちんたら走らねーの。
結局、バスストップシケインから裏ストレートのブランシモンにつながる渋滞でやっと集団に追いつく。
で、ここからが怖いわけ。後続も全開状態で来るわけですよ。あぶないよー(^^;;;;;
ブリーフィングでは、「再スタートに備えて、均等間隔で隊列を整えろ」みたいな説明をしていたけど、Ford GT40のタラタラ走行は僕らにとっては、ほぼ全開だものセーフティーカーのドライバーは分かってるのかね?(^^;;



そんなこんなで4ラップほど回り、グリーンフラッグが出る…
「再スタートはグリーンブラッグ掲示後、F1ピット前のフィニッシュラインを超えたら追い越し可能」って言ってたよね…
なんて思ってると、さっそく気の早い人はオーバーテイク開始してる。
あいつ、ペナルティーだな(^^)
その後、コントロールタワー脇のペナルティー用車番掲示板には、ひっきりなしに車番が掲示されていたのは、言うまでもありません。(^^)



セーフティーカーが入ったため、ルーティーンより早い交代でした。
このため、僕のドライブ時間は1時間みっちり乗ることになりますが、意外に疲れを感じず、集中してドライブできました。
ラップ数にして15Lap、ちょうどTS筑波の決勝と同じです。乗っている時間が長くとも、疲労や集中力は、ラップ数に比例することに気づきました。

順位の方はというと、交代時85番手でしたが、62番手まで上昇!やはりトラブルなく地道に走ることが重要ですね。


続きはまた明日~(^^)

※2016.10.7 SC時の車載動画と一回目のドライブ(ダイジェスト版)の車載動画を追加しました。
ブログ一覧 | レースイベント | クルマ
Posted at 2016/10/04 23:52:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

Eco Car Cup 2018 夏
ryuuzouさん

SuperGT鈴鹿決勝をテレビ観戦
hide@grf2vm4さん

チューニングフェスタ2016 午後編
j.honda2さん

2016スーパー耐久Round.5 ...
あたる。さん

第17回本庄サーキット 4st  ...
ふぇり@VAG&K12SRさん

TECH-M みんなで耐久レース‼ ...
TECH-Mさん

この記事へのコメント

2016/10/05 09:43:08
いよいよ決勝ですね〜スプリントレースと違うスタート前の雰囲気(ちょっと和やか?)が伝わって来ます。

〜疲労や集中力は、ラップ数に比例することに気づきました〜って興味深いです。

時間のある時に動画アップもお願いしますね!楽しみにしてます。
コメントへの返答
2016/10/06 07:31:24
ひひひ(^^)
穏やかなのは、今だけですよf^_^;)

僕はミニサーキット以外は、筑波サーキットと富士スピードウェイしか、まともに走った事がないですが、ある意味筑波サーキットはドライバーにも車にも厳しい「銘コース」なのかもしれませんね。

でも、スパをTSサニーで走ってみたいです。
コルチナやアルファを相手に、全開バトルしてみたくなりました(^^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

メカニックkanが、珍しい車、ワンオフパーツなど、車にまつわる話題を紹介します。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

スポーツマンシップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/30 21:39:08
JAF モータースポーツ 
カテゴリ:車
2011/02/16 02:14:48
 
ヒストリックカー・インタークラブ 
カテゴリ:車
2011/02/16 02:13:18
 

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
写真管理用
日産 サニー 44号車 (日産 サニー)
いたってノーマルなTS仕様
MG MG-B ボス・マシーン (MG MG-B)
デビューはいつか?

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.