• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月02日

F1 2018 マクラーレン 「2018年の最大のチャレンジは“過度な期待”」愚痴です

F1 2018 マクラーレン 「2018年の最大のチャレンジは“過度な期待”」愚痴です バカか、こいつらは

自分たちで、ホンダバッシングを行って、2018年を上位で戦えて
優勝も狙える?って感じで世論を煽っておいて

今更、過渡な期待を押さえる?

意味が分からない

この時点で、このチームの上層部に戦略センスが無い事が分かる

中身を見てもバカだろこいつらと思う





---------------------------------------------------------------------------------
マクラーレン 「2018年の最大のチャレンジは“過度な期待”」

2018年のF1世界選手権マクラーレンの上層部は、
2018年F1シーズンの最大のチャレンジは“期待を抑える”ことだと語る。

2018年、マクラーレンはホンダとの不遇の3年間のパートナーシップにピリオドを打ち、
ルノーのF1パワーユニットに切り替える。

昨年、レッドブルが勝利を収めたエンジンを搭載することで、
マクラーレンは、表彰台、さらにはレース優勝に照準を合わせている。

しかし、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエ、
そして、エグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、
人々があまりに早くに多くの結果を期待するのではないかと懸念している。

「それもゲームの一部だが、我々はそれをコントロールする必要がある」
とエリック・ブーリエは Autosport にコメント。

「我々は強気な発言をするのではなく、ひとつのラインを保つ必要がある。
約束は控えめにして、結果は大きめにする。
それが鍵だ」

エリック・ブーリエは、
2018年にむけて活気づいているマクラーレンのチームメンバーに冷静さを保たせることが
重要だと語る。

「感情的には激しい。
そして、それを管理することが私の仕事の一部だ。
たとえ私が英国人の同僚よりも少しラテン気質であったとしてもね。
コントロールしなければならない」

「特に3年間も暗闇のなかにいて、光が見えれば、極度に興奮してしまいがちだ。
我々は今、プロジェッショナルでなければならない」

ザク・ブラウンは、期待感が我を忘れされるリスクもあるとし、
マクラーレンはルノーとのパートナーシップ初期に自分たちに
あまりプレッシャーをかける可能性があると語る。

「チームは世界選手権での戦いに慣れているし、誰もがそれを楽しみにしている。
より多くのプレッシャーを伴うが、全員がうまく対処してくれるだろう」とザク・ブラウンはコメント。

「我々がトップに立ってからしばらく経っているし、
オーストラリアにむけて過度に期待しすぎないようにする必要がある」

「オーストラリアでは、誰もが我々のポジションを見たがり、
我々は最も注目されるチームのひとつになると思う。
だから、自分たちにあまりにプレッシャーをかけすぎないようにする必要がある」

ホンダと比較してルノーのエンジンはすぐに改善が見込まれているが、
ザク・ブラウンはマクラーレン側にも改善する必要があることを認識していると語る。

「ピットストップを見れば、必要な領域にはいない。
そこはパワーユニットとは関係のない部分だ。
我々は完璧ではない」とザク・ブラウンはコメント。

「だが、プレッシャーは全員を強くする。
それはフェルナンド(アロンソ)も同様だ。
当然、彼はトップでレースをしているときはさらにコンマ1秒を見い出すだろう。
私はそれが全員に起こると思っている」

「我々全員がステップアップしていることを肌で感じ、無意識にさらに懸命に仕事をするだろう」

エリック・ブーリエも、シーズン開幕戦の結果をあまり深読みしないようにしたいと語る。

「私の夢はオーストラリアで勝つことだ。
だが、実際には3位になった方がいいかもしれないね」
とエリック・ブーリエは冗談を交えてコメント。

「オーストラリアで勝ってしまえば、まずスポンサーや株主などと座って
『やめよう、まだ1レースだけだ』と言わなければならないだろう」

「チャンピオンシップに勝つことはまた別のストーリーだ。
だが、そのような問題を抱えるのも嫌な気はしないがね!」

--------------------------------------------------------------------------------
まぁこの二人の過去実績から、F1でなにもなしていないことが頷ける発言内容でしかない

開幕戦で勝てる気満々なのだ

今頃、ピットストップをウィリアムズ並みにするために特訓でもしているのかなぁ

こいつらは、ホンダとの三年をコケ落とすが
最近こんな特集記事がある、その一部だが

-------------------------------------------------------------------------------
【特集:F1マシンの誕生】開発スケジューリング(2)
シェイクダウン後すぐに始まる翌年のマシン開発

F1マシンの誕生
第2章「開発のスケジューリング」その2

 シーズン開幕直前のウィンターテストで初めて新車を走らせる2月末には、
エンジニアたちは早くも翌年のマシンに思いを巡らせる。

「新車開発の1回目のミーティングは、このテストの際に開かれることが多いね」
と、ニック・チェスターは語る。

「つまり今年2018年のマシンで言えば、去年の2月に開発が始動していたわけだ。
いくつかのエレメントは、もっと以前から検討する。
パワーユニット周りが、まさにそれに当たる


「パワーユニット周辺の形状は、マシン後部にすごく大きな影響を与える。
なのでパワーユニットのパッケージングデザイナーに十分な時間を与えようと思ったら、
2018年マシンだったらその2年前、2016年の10月辺りには議論を始める必要がある」

「そして現行マシンから翌年型の開発へと大きく舵を切るのは、だいたいその年の7月だ。
2017年型マシン改良は一段落させ、2018年型マシンの開発に主な予算と人員、
設備を振り分けていくんだ」

■F1新車開発スケジュール

2016年10月:2018年マシンの最初のアイデア出し、パワーユニットとの統合が行われる。

2017年2月:2018年マシンの第1回開発ミーティング

同年6月:開発予算、人員、設備の主力を、2018年開発プロジェクトに移行する

同年8月:ギヤボックス製作開始

同年9月:モノコック製作開始

同年10月:サスペンション、ウィング製作開始

同年12月:ボディワーク製作開始

2018年1月:クラッシュテスト

同年2月:シェイクダウン、最初の実走テスト

■マシン開発は、反復プロセスだ

F1の新車開発は、絶えざる反復プロセスといえる。
開発期間中、エンジニアたちは何十回何百回と、コンセプトの微調整を繰り返すからである。

 空力性能を数値解析するには、まずCFD(コンピューター流体解析システム)が用いられる。
それに基づいてスケールモデルが製作され、風洞テストが行われる。

CFDによる形状や容積の見直しは絶え間なく行われるため、
このプロセスは何度も繰り返されることになる。

 足回り関連のパーツに関しても、同様である。
十分な剛性と耐久性が確保されるまで、
CFDによる設計→モデル製作→風洞実験のプロセスが何度も反復される。

 こうして車体の最終設計は通常、前年の夏の終わりには終了する。
その際には主要コンポーネントの仕様も、ほぼ決定している。

---------------------------------------------------------------------------------
この記事の内容を読んで、思ったのは成果の三年目って話ですね

特にエンジンに関しては三年間の結果になります

ホンダの場合、RBR化を目指したマクラーレン技術陣の要望によりサイズゼロを行いました
そして二年目にはある程度の結果を出しました

しかし、この年ぐらいから、チームからの要求はパワーへ移行したのではないでしょうか?

その為に、チームと協議し、合意の基で、コンセプトを変更したのです

要は一年目に逆戻りです

では何故か、サイズゼロは元々RBRの空力発想と同じく、リアエンド付近の空力開発の自由度を
持たせるために、行われたものです
しかし、二年経った段階でそれは効果を表わさない
2016年の終わりに、アロンソの心配は、マクラーレンのシャーシーだった

それは2015/16年共に約束された性能を出せずにいたからだ

そしてそれは2017年のプレテストでもリアのバランスに苦言を云っている

ただその時点で、ホンダのPUの出来が悪すぎて、批判がそちらに向かった上

マクラーレンはホンダに責任を負わせるべく、行動を開始し
通常では考えられない、レースに勝つのではなく、予選で上位をとるだけのセッティング
要は壁ウィングへ移行した

個人的にホンダよりも失望した三年間の代表は、こうしたマクラーレンの技術陣なのである

そして結局は、80年代と同じ手法の車しか作れず
リアのダウンフォース抜けを克服できないサスペンション設計も出来ないのである

それはダイナミックベンチなど他のTOPチームが導入している環境を持ってない可能性からもあり

それがホンダへの技術支援にもならず、結果を残せない状態だったと思ってる

なので、二年目に一定成果を出したホンダより、レースに勝つというチームとしての成果を
全く発揮できないマクラーレンに対する失望の方が大きいのである

その結果から、ホンダの責任にした上で、開幕戦をトップで走ると云っていた上で
過渡の期待を押さえる?てのは

更に失望を招くだけである

その辺は、フェラーリ会長は、やはり出来る人間なのだろう
初年度に比べると、物凄く静かだし、これが逆に怖い

これはメルセデスにも云えることであり
ルノーワークスも同じである

まぁ見渡すとマクラーレン以外は、沈黙は金なりをやってるのかもしれない

まぁ三位は余裕で狙える感じらしいので、開幕表彰台でなければ
バカにしましょう

まぁプレテストでは燃料少な目で最速ラップ連発してくるかもしれませんが

きっとスペイン人があげてくる動画をみて分析しましょう
( ^∀^)ゲラッゲラ

ブログ一覧 | F1 2018 | 日記
Posted at 2018/02/02 13:34:42

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

F1 2018 速いぞ僕らのマクラーレ ...」 From [ ( iдi ) ハウーな気分 ] 2018/03/13 15:28
過去の記事を引っ張ってきました まぁ今年の二月の記事なのですが 以前にもブログで使ったネタです そっちのブログにも、まるで予言のような フライングラップによるスポンサーアピールと有りましたが ...
関連記事

ドキュメンタリー「GRAND PR ...
ライチュウ@滋賀さん

F1 2017 マクラーレン、20 ...
milky_takeさん

パパイヤオレンジは、確定?
ライチュウ@滋賀さん

2018年 F1プレシーズンテスト ...
タケラッタさん

開幕までのモノなのか? それともシ ...
ライチュウ@滋賀さん

もしかして・・・
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「楽しかった~」
何シテル?   05/20 13:27
milky_takeです。よろしくお願いします。 大阪に戻って三年目に入りました このまま大阪に永住したいです~(^_^ゞ でも来年度は不景気らしいので、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

お友達

人見知りなので、
声をかけてもらえないと
動けません((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
でもいいね!!もつけれてない人には人見知り発動して逃げます
9 人のお友達がいます
いきいきいきいき * 仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認
999hiro999hiro ひろエルグランドひろエルグランド
うーご☆うーご☆ tsubtsub

ファン

43 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
グルメなメイン車です。 サブとは比べられない楽しさがあるけど、 グルメはお財布が痛い( ...
スバル ステラ スバル ステラ
大阪復帰転勤に伴い売却しました 1年半でしたが、いい相棒でした
日産 セフィーロ 日産 セフィーロ
最初に買った愛車です くう、ねる、あそぶ のCMのひかれて買いました ドノーマル車でした ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
二代目の愛車?でしたが・・・ トヨタの考えが自分に合わないてのを、実感した車です 不自由 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.