• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月14日

F1 2018 バーレーンGP ここの女神は跳ね馬好き?ベッテル好き? 感想文

F1 2018 バーレーンGP ここの女神は跳ね馬好き?ベッテル好き? 感想文 中国GPがすでに始まっていますが、
ようやくバーレーンの感想文に着手です

なにか、会社の製品の不具合調査を任されているのですが
上長指示で、開発さまのデータの検証しています

個人的には、不具合の発生しているもののメーカーさまと、それの使い方?の
レクチャーを受けたいのですが・・・
だって、メーカーに聞けば聞くほど、独学で使えるものではないのですが
上長さまは、地味な作業を要求してきます

まぁ開発さまがサボって検証しなかった部分なので、基礎固めには必要なのですが
時間ばかり浪費しているような気がしています

まぁ大丈夫だろう・・・っていうのはなぁ

で、同じようなことがバーレーンでもありました

別ブログでも書いてますが、早いぞ、僕らのマクラーレンの大失速ですね
しかも大株主さまたちのお膝元でのバーレーンで、にっくきホンダの後塵を拝しました

しかし、われらがアロンソは、公言した祝福の拍手は送らないのでした

まぁ去年得ていた、ベストシャーシはどこへ行ってしまったんでしょうね


まぁデータ見る限り、去年と全く変わってないのですが・・・
いや、ルノーPUに車体を合わせたので、空力が悪くなったかもしれませんね
それで、ホンダPUからルノーPUに代わって得られる1秒を損失したのでしょう

でも、エキゾーストから排気管までは、チームが用意するのがルノーPUの条件なので、
影響はないはずなのですが・・・
ターボとコンプレッサーの位置?
それは織り込み済で1秒アップと言ってたはずですが・・・

さて、

バーレーンGPですが、
トワイライトレースなのですが、気温36℃から始まり、32℃ぐらいまで下がるのですが

ルノーPUにはつらかったかもしれませんね

リカルドさまが、速攻で舞台を降りられました
原因はエナジーストアー、要はバッテリーの不具合による、PUのシャットダウンです
発生原因については、明確化されておりませんが
相変わらずのルノーPUのウィークポイントですね
バッテリーは年間二基までの使用を認められておりますので
リカルドは残り一基で19戦戦うことになりました
ご愁傷さまです

既に、ルノーによる、RBRいじめが始まっているのかもしれませんね((´∀`))ケラケラ




ラップチャートを見ると、
幸運があったとしても
トロロッソホンダの4位が輝いて見えます

これは、トロロッソの車体特性(メカニカルグリップの強み、レスドラック)がサーキット特性に
マッチした結果と言われております
それに加えて、RBRも含めてトロロッソからのPU特性要望であるドライバリティの強化された
ホンダPUが効果を発揮したようです
まぁもともと初期コンセプトから、RBRを目指して、車の設計、PU特性の開発を行ったのが
マクラーレンホンダなのですから、この部分の開発は、過去三年間行われてきたので
特に不思議はないのです

チームも言っているように、オーストラリアが実力を発揮出来ていなかっただけなのでしょう

個人的に思ってる、経験値が必要なドライバーと、不運なドライバーの組み合わせですので
こういう浮き沈みは仕方ないのですが、

GAPデータを見る限り、銀矢に対しては、1周2秒GAPを簡単に作られても
中団グループに対しては、特性の有利なところでは、GAPを開けることができると
証明できたのは、大きな成果です

本来、7位か8位の結果なのですが、幸運から4位をGETできました
でも、こういうサーキットごとの浮き沈みがあって、初めて次に進めるのです

どのサーキットでも、セッティング外すと早くなり、チーム推奨セッティングにすると
失速するというのは、基礎開発の分析、検証が出来ていない証拠です

この辺、去年と同じ言い訳ができないので、コメントが面白いです

まぁ良いデータを出してくれたトロロッソホンダに祝福を



レース結果はご存知のとおり
ベッテルの優勝に成ったのですが

結構薄氷を踏むような勝利だったようです

先に上げたように、タイヤ周回数を見ると
ベッテルはソフトタイヤを39周も使っております
他のドライバーを見ると
マグヌッセン、サインツが30周を走っていますが
ガスリーは19周、ヒュルケンベルグは25周です
本来ソフトタイヤは、25周程度が普通なのだと思われます

それを14周も伸ばせたのは、ベッテルの力と跳ね馬のタイヤに優しい特性だからと思います
最後タイヤが限界に来ていたのはそのためですね

しかし、本来チームは2STOPを考えていたと思えますが
オーバーカットに対するGAP拡張の失敗、
ライコネンのPIT問題のために
博打をする結果になりました

そして幸運だったのが、銀矢の今年の車体特性
柔らかいタイヤへの攻撃性の高さです

銀矢はタイヤへの攻撃性が去年から顕著に高く表れておりました
それの極端な現象がティーバと呼ばれる現象なのですが
今年は、そこまで極端ではないにしろ、その傾向があります

それは予選での結果に表れます
予選で使用する一番柔らかいタイヤにおいて、最終セクタまでタイヤが持たせられないのです
そのため、最初のセクターの入りを若干遅くするのですが、僅差の戦いにおいて
これが結果に表れます
特に高温化でのサーキットでは

そのため、タイヤ間のタイムGAPが少ない現象が発生し
硬いタイヤの方が安定して早いタイムを出すことができます

その条件から、銀矢も本来、2STOPではないかと推測されるのすが、
二回目のタイヤにミディアムタイヤを選択しました
ミディアムタイヤは、週末を通して、十分にチェックしていたので
ある程度、長いスティントを使い、最後はソフトタイヤではなかったのかと思われます

しかし、ここで不運が起きます
跳ね馬の戦略が、銀矢にとっては悪い方に判断されました
ハミルトンは、1STOPの可能性がありましたが、
ボッタスは、タイヤの摩耗を考えると2STOPが妥当です

ですが、GAPからと、PIT問題において、跳ね馬は博打を打つ選択をしました
失敗しても、ガスリーまでは40秒以上のGAPですので、
三位は確保できます
よっていけるとこまで行く選択をしました

そのため、銀矢は逆に予定していた2STOPを行えず、スティントを延ばさなくてはいけなくなりました

まぁベッテルの方が2周先に入っているうえに、ソフトタイヤですので
先にタイヤが崖に入ると思われましたが、GAPは縮まりますが
失速しない状況に銀矢は焦りだします

そこで、ボッタスにベッテル攻撃を指示しますが
時すでに遅しでした
この辺のが残り20周でしたが、玄人さまの戦いに
ど素人の愚痴野郎には、とっても眠たい戦いでした

最終出来には、トロロッソホンダに話題は持っていかれた感がありますが

銀矢の高温、柔らかいタイヤに対する攻撃性は、
意外に苦労するかもしれません
先んじてみている中国GPにおける、低温下での、タイヤの持ちは
去年よりも悪いような気もするのです

これを、欧州開幕までに改善できるのか、
さらなる幸運が跳ね馬に訪れるのか
意外に波乱あるシーズンかもしれません
でも、RBRの失速はそれ以上ですね

果たしてルノーは目の上のたんこぶRBRを排除にまい進するのでしょうかね
新生ルノーワークスは、クレバーですからね
既に格下扱いの焼きパパイヤなどは、無視しているでしょう

繰り返しますが、激戦の中団勢で、とりあえず
優位にトップを取った、トロロッソホンダを祝福します
バーレーンGPにおいては、実力の結果だと
称賛します

おめでとう、トロロッソホンダ


ブログ一覧 | F1 2018 | 日記
Posted at 2018/04/14 16:25:06

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

F1 2018 中国GP タイヤ選 ...
milky_takeさん

F1 2017 スペインGP ここ ...
milky_takeさん

F1 2018 フランスGP スー ...
milky_takeさん

F1 2017 イギリスGP ハミ ...
milky_takeさん

F1 2017 ハンガリーGP ナ ...
milky_takeさん

F1 2017 カナダGP 夏に向 ...
milky_takeさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「祝ライコネン勝利
まぁLIVEで見てないので、ニュースで知った
帰って見る楽しみが増えたワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ」
何シテル?   10/22 09:13
milky_takeです。よろしくお願いします。 大阪に戻って三年目に入りました このまま大阪に永住したいです~(^_^ゞ でも来年度は不景気らしいので、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

お友達

人見知りなので、
声をかけてもらえないと
動けません((((~~▽~~ ;)))ブルブルブル
でもいいね!!もつけれてない人には人見知り発動して逃げます
12 人のお友達がいます
仲林工業株式会社仲林工業株式会社 *みんカラ公認 999hiro999hiro
うーご☆うーご☆ いきいきいきいき
とざっきーとざっきー tsubtsub

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
グルメなメイン車です。 サブとは比べられない楽しさがあるけど、 グルメはお財布が痛い( ...
スバル ステラ スバル ステラ
大阪復帰転勤に伴い売却しました 1年半でしたが、いい相棒でした
日産 セフィーロ 日産 セフィーロ
最初に買った愛車です くう、ねる、あそぶ のCMのひかれて買いました ドノーマル車でした ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
二代目の愛車?でしたが・・・ トヨタの考えが自分に合わないてのを、実感した車です 不自由 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.