• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
alt
alt
alt
alt
alt
イイね!
2018年02月23日

【新商品】ハイラックス用リフトアップパーツ第一弾

【新商品】ハイラックス用リフトアップパーツ第一弾

こんにちは。

本日はみなさんお待ちかねの(!?)ハイラックス用パーツを紹介させていただきます。


プライベートで使用するマイカーとしては日本では少し大きいハイラックス。

全幅は1855mmとイマドキの4WDとしては普通ですが、全長はなんと5335mm!

とにかく長~いという印象なのです。

とはいえ見切りが良いのでサイズの割りには意外と運転しやすく、

慣れてしまえばそこまで苦労することはなさそう。

そこが売れている理由の1つかもしれませんね。

alt


とはいえ、長いことには変わりなく。

ノーマルのままでも十分に車高は高くオフロードでの走破性も良さそうなのですが、

スタイル的にはもうすこし車高を上げたいなぁ と思う方も多いのではないでしょうか。

(上の写真はリフトアップ後です)

特に、ノーマル状態ではやや前かがみな姿勢で

「フロントだけでもちょっとリフトアップしたい・・・」

「いやいや、フロントをリフトアップしつつリヤはもう少し・・・」

「車高はそのままでもイイけど、乗り心地だけ少しソフトにならないかな」 

などなど・・・
色々な要望が出てくるのではないかと私たちは考えました。



alt



また、ハイラックスはランドクルーザー70と同じように
リヤのスプリングがリーフスプリングだということ。

リーフスプリングを交換した場合は構造変更が必要になり、

手間やコスト的な面での負担も多くなってきます。

「そこまでは必要ないんだけど車高だけアップしたいんだよなぁ」という方もいらっしゃることでしょう。


でもジャオスとしては「コダワリ派のお客様に向けた、リーフスプリングも用意したい」


そこで、ハイラックスに関してはなんと9パターンものサスペンション関連パーツを

リリースすることにしました。

ジャオスにとって1車種にこれだけのパターンを用意するのはとても異例なことですが、

「ハイラックスを自由に楽しんでもらいたい」という想いを込めてのことです。


今回は第一弾としてもっとも気軽にリフトアップできるパーツを2商品発売します。
BATTLEZ コイル Ti-W フロント
http://www.jaos.co.jp/product/C732063F/2489.html

alt




フロントのコイルスプリングのみです。
リフトアップ量は35~40mm。やや前かがみな姿勢を補正することができます。
こちらに関しては構造変更は不要です。


※リフトアップにより直前側方視界基準(保安基準第44条第5項)が不適合になるため、フロントビューカメラなどの前方視界確認機構増設が必要。各自動車メーカーの運転支援システムや衝突回避システムなどの安全装備は、車高が変わることによってレーダー、カメラ、センサーなどが誤認識、誤作動を起こす可能性があります。弊社リフトアップ(またはローダウン)サスペンション装着による車高変化にともなうそれらシステムの誤作動、および誤作動による事故につきましては弊社は一切の責任を負いかねます

そして、リヤのお手軽車高アップキットとしてリリースするのが

BATTLEZ リフトアップブロック リヤ
http://www.jaos.co.jp/product/B786096/2478.html

alt




リフトアップブロックとロングUボルトのセットです。
リヤリーフスプリングとホーシングの間に装着することによって、
リヤの車高を約30mmアップすることが可能です。
こちらも構造変更が不要です。

※リフトアップにより直前側方視界基準(保安基準第44条第5項)が不適合になるため、フロントビューカメラなどの前方視界確認機構増設が必要。各自動車メーカーの運転支援システムや衝突回避システムなどの安全装備は、車高が変わることによってレーダー、カメラ、センサーなどが誤認識、誤作動を起こす可能性があります。弊社リフトアップ(またはローダウン)サスペンション装着による車高変化にともなうそれらシステムの誤作動、および誤作動による事故につきましては弊社は一切の責任を負いかねます

※他の商品と同時装着して車両全高が40mm以上変化した場合、構造変更手続きが必要になることがあります(構造装置の軽微な変更時の取扱いとなり高さの変化が40mm以内の場合は車検基準に適合します)


今後はダンパーのみ、ダンパーとのセット、フロントが車高調整式のセット、リヤをブロックではなくリーフスプリングでリフトアップするキットなどを展開していきます。
http://jaos.co.jp/news/product_000244.html

説明が長くなって申し訳ないのですが、

もうひとつお伝えしたいことがあります・・・

ジャオスではリヤの車高があがるセットに関しては以下のような注釈を入れさせていただいています。

「その場合はリアバンパー位置の再調整、もしくは『JAOS リアバンパーダウンブラケット』によりリヤバンパーの高さを550mm以下にする必要があります」


ちょっとわかりにくいですかね。
どういうことかと言いますと・・

alt




ハイラックスの場合、後部突入防止装置がリヤバンパーに該当し、これの高さが550mm以下である必要があります。
リヤバンパーの高さがノーマル状態ですでに結構ギリギリな高さであり、

リフトアップするとわずかに550mmを超える可能性があります。

車両個体差によって超えるか超えないかギリギリのラインなのですが、
もし超えた場合はリヤバンパーの高さを調整する必要が出てくるのです。

そこで、簡単にリヤバンパーの高さを調整できるパーツを一緒に発売します。

JAOS バンパーダウンブラケット リヤ
http://jaos.co.jp/news/product_000243.html

alt

リヤのバンパーを固定しているブラケットをこれに交換することによって
位置を下げることができます。
リヤバンパーを固定する穴が2つあるので、10mmダウンと30mmダウンの2段階で調整可能。

alt





alt

リフトアップ時にリヤバンパーの高さを簡単に調整したい方はぜひご利用ください。

とても長くなってしまいましたが、
今後もハイラックス用パーツを続々とリリースしていきますのでご期待ください。



現在オンラインショップ限定、期間・数量限定のモニター価格での販売も行っておりますので、
ぜひご利用ください。

モニター商品一覧
http://www.jaos.co.jp/product/monitor.html


関連情報URL : http://www.jaos.co.jp/
ブログ一覧 | ハイラックス | イベント・キャンペーン
Posted at 2018/02/23 18:03:23

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。


 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

新製品開発状況からイベントのお知らせまで JAOSの「今」をスタッフの「生」の言葉でお伝えします。

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

ファン

509 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハイラックス トヨタ ハイラックス
約13年ぶりに日本復活を遂げたハイラックス。日本ではこのクラスのピックアップトラックは唯 ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
初代の30系からJAOSには欠かせない存在となっているエクストレイル。3代目となる32系 ...
トヨタ ランドクルーザープラド トヨタ ランドクルーザープラド
2009年9月に発売された「ランドクルーザープラド(150系)」は、2013年10月にマ ...
トヨタ C-HR トヨタ C-HR
発売前から世界中で話題となったトヨタの次世代世界戦略クロスオーバー C-HRはプリウスを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.