• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせ・ご注文はサイト(https://www.nh-cover.jp/)からお願いします。
営業時間:9:00~12:00 12:45~17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に♪
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ

このブログについて 
お持込みいただいたお車の採寸や型出しをメインに記録しております。できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。
ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によってはフィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Google Play で手に入れよう

アプリにつきまして、現状、まだ工事中につき、サイトのページへ直接飛んだりするページもあります。
2020年中には、より見やすい、情報量もあるきっちりした内容の完成を目指します。


採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ
イイね!
2019年09月02日

「フロントの黄色い三角が剥げる」、「すそ紐絞り加工のストッパーが解けなくなった」2019年、上半期に頂戴した問題事項です


ごく稀ではありますが、ボディカバーの使用によって問題が発生したと、お客さまからご報告を受けることがあります。仲林工業では、そのような事態になった際、その原因を追究させていただくとともに、今後、その内容をネット上にて公開することに致しました。
公開することでさまざまなご意見や情報を頂戴できるかもしれませんし、また、仲林工業ボディカバーをご検討されている他のお客さまにとっての情報や判断材料にもなり得ると判断したためです。

※お客さまのお名前はもちろん、特定される場所柄やディーラー店さまの名称は伏せております。


今回は、現物確認はできなかったものの、お客さまから尋ねられて、弊社でも気になっております2点の内容について報告させていただきます。

ひとつ目は、「フロントの黄色い三角が剥げる」というもの。
仲林工業カバーを使用くださったことのある方ならご存知かと思うのですが、弊社カバーはフロント側を示す目印として、フロントのすそ中央部分に黄色い三角生地を縫い付けております。
お電話で頂戴したのですが、この三角生地の黄色がどんどんと剥げて(色褪せて)いってしまって、やがて意味をなさなくなる、とのこと。
初めて耳にする症状でしたのでよくお聞かせいただくと、最初はもちろん黄色いのだが、日に日に薄くなっていき、最終的には真っ白になってしまうそうなのです。
お客さま曰く「陽射しで剥げるのでしょうか?」ということでしたが、恐れ入ります、弊社でも永年扱っている生地で、陽射しによるそこまでの色褪せは(もちろん経年劣化で多少はありますが)、認められていません。
お客さまが言うには「完全に真っ白になる」ということでしたので、何かの作用が働いていることはまちがいないと思うのですが、
この黄色の三角、仕入れの際は巻物として何十メーターで仕入れ、そこから何百、何千台分のカバーのパーツとして切り取っています。ですので、生地自体に問題があるならば、その生地から切り取った他のパーツ、言わばそのパーツの縫い付けられた何十、何百台ものボディカバーにも同じ症状が出てしまっておかしくないと思うのですが、
そのような報告は他に一件も頂戴しておりません。

現物確認も叶わなかったため、正確な原因はわからないのですが、
後々から感じたのは、陽射しではなく、何かとの「摩擦」による剥げではないかというものでした。
報告をくださったお客さまのカバーは「すそ紐絞り加工」で、話の最中に、「風が強い環境」と申されました。
「すそ紐絞り加工」があまり絞られていなかったり、また緩んでしまってカバーのすそが垂れ、風に煽られ、黄色の三角が地面のコンクリートやアスファルトと絶えず擦れれば、生地表面に塗装された黄色の(水性ではない)溶剤が剥げてしまっても不思議ではありません。

実際はどうなのかは不明なのですが、ひとつ気づいた内容として記させていただきます。


ふたつ目は、「すそ紐絞り加工のストッパーが解けなくなった」というものです。
以前よりご愛顧くださっているお客さまで、この度、3台目の仲林工業カバーを使われていたのですが、ある日、カバーを外すため「すそ紐絞り加工」のストッパーを緩めようとしたところ、固くて解けなかった、ということです。
お客さまが言うには、「風が強いために前日からかなりストッパーを強めに絞って留めた」とのことで、風の振動等により、ビニロンの白い紐が噛みついてしまったものかと思われます。ただこのお客さま、同じような強さで留めたことは過去に何度もあり、それまでは問題なかったのこと。噛みつき具合にもよりますが、緩めるためのわずかな遊びもないほど絞られてしまっていたのか、しかし留め具である以上は、しっかりと留めていただく必要もあり、非常に難しいところです。
お客さまはこの時、急ぎの用事があり、やむなく白の紐をハサミで切って、カバーを外されたようです。
余裕があれば、まだ切らずにストッパーを緩められたかもしれないと申されておりました。

「ストッパーが解けなくなった」という報告も今回は初めてで、もしかすると、紐を強く絞ったうえで、ストッパー内部に砂か砂利かが噛んでしまった可能性も考えられます。
現状、何千台と出荷しているうちの、1件の報告ですので、頻発する内容ではないと思われますが、もしこのような事態に陥り、紐を切る結果になったとしても、ご相談いただけましたら「すそ紐絞り加工」の紐だけをお送りすることも可能です(1本 1,500円、送料と手数料は別になります)。

お客さま本人、「かなり強く絞って留めていた」と申されているものの(この時は、カバーもある程度使用しているため、本体カバーごと買い替えてくださいました))、これまで何年も仲林工業カバーをを使用されているお客さまからのご指摘でしたので、合わせて記させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2019年9月6日 14:42 追記 黄色の三角につきまして、弊社の足ともなっているダイハツ ムーヴのカバーも参照致します。

alt

現状、このような感じです。汚れており、多少、薄くなっているかな、、、と感じますが、経年劣化の範囲内かと思われます。ちなみにコチラの記事でご紹介した際に作成したカバーですので、およそ5年、持っていることになります。
コチラに掲載の耐久年数の倍ほどの期間になりますが、半分屋根のある状況で、お客さまが車を利用されている際は装着していなかったこともあるからと思います。それだけたくさん、お持込みにご来社くださったのだなと感じております。

また「すそ紐絞り加工」のストッパーにつきまして、らみい7 さまにコメントよりご意見頂戴しました。
使用経過により紐がだんだんとヨレたり砂を拾ったりして硬くなることはあったとしても、ドライバー等を使えばロックは外せるのでは、ということです。確かにドライバーを噛ませて押せば、ストッパーのロックボタンは外れてくれそうな気もします。
情報として、合わせて記させていただきます。
他にもコメントくださった魚動さまも、誠にありがとうございました。
ブログ一覧 | 発生した問題事例 | 日記
Posted at 2019/09/02 15:35:52

イイね!0件



この記事へのコメント

2019/09/02 20:00:33
初コメ失礼します。

私は、土面駐車場で露天吹きっさらしの過酷条件ですが、黄色三角が色褪せるなんて、全く経験ありませんね!

裾絞りの留め具は、3年も使った頃には流石に動きも悪くなりますが、これは不具合ではなく寿命ですね!

露天駐車ですが、カバーのおかげで、洗車頻度もホント少なく、5年乗ってもピカピカです。
コメントへの返答
2019/09/03 19:17:24
魚動 さま、コメントありがとうございます!
黄色い三角の色褪せはないとのこと、安心致しました。留め具のストッパーも、本来の働きをしているようですね。
今回、掲載させていただいた2つの問題につきましては、やはり「通常」ではない何か他の要素が作用している可能性が高いと考えて、差し支えないかもしれません。

ご報告、誠にありがとうございます。
またカバーの効果を実感いただき、とてもうれしく感じております。
今後ともご愛顧いただけましたら、うれしいです。どうぞ、よろしくお願い致します!
2019/09/05 19:49:41
私が3台ほど使用した経験では、(2台分現在稼働中です)黄色のフロントフラッグは全く色褪せません。白くなるのは不可解です。一方紐のロックですが、紐がだんだんヨレれたりアスファルトから砂を拾ったりして硬くなることはあり得る気がします。ただそうなったとしても、ドライバー等を使えばロックは外せると思います。今回はレアケースと思われます。
コメントへの返答
2019/09/06 12:13:42
らみい7 さま、コメントありがとうございます!
やはり、色褪せないとのこと。今回のお客さまが言われるには、「本当に純白」になってしまうそうです。生地表面の「摩擦」の可能性を考えておりましたが、もっと別の要因があるかもしれませんね。
ストッパーの方も、確かに、砂を噛んだとしても、ドライバー等を使って解除は可能と考えます。
こちら、追記として後から記事内に記載させていただこうと思っております。
この度も誠にありがとうございます!
どうぞ、今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
テスラ モデル3 テスラ モデル3
テスラモーターズ Model 3(モデル3)の採寸・型出し作業を行いました。関連情報UR ...
ボルボ XC60 ボルボ XC60
ボルボ XC60(初代)後期型の採寸・型出し作業を行いました。関連情報URLのリンク先を ...
BMW M5 BMW M5
BMW M5(F90)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。関連情報URLのリンク ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.