• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ

このブログについて 
お持込みいただいたお車の採寸や型出しをメインに記録しております。できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によってはフィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業株式会社のブログ一覧

2012年09月28日 イイね!

東日本大震災以降、考案されるカバーのアイデアについて感じること

東日本大震災以降、考案されるカバーのアイデアについて感じることボディカバーを専門に永らく販売を行っております弊社、仲林工業ですが、会社ですので当然のことながらたくさんのお手紙・封書が届きます。
ほとんどが取引先の会社さまや商品を購入した先からの請求書、またダイレクトメール、チラシ、どういう経緯で届くようになったのか(?)アダルトDVDのパンフ、、、

うれしいのが、ボディカバーを購入くださったお客さまからの、使用感を含めた感謝のお手紙です(誠にありがとうございます!)。
写真付きなどでも、よく頂戴します。

そして定期的に届くのが、「商品化を検討いただけませんか」「一緒に開発しましょう」という新商品のお誘い。個人さまであったり、発明団体さまであったり、送ってくださるところはさまざまなのですが、
ボディカバーの新しい構造に関するアイデアや、新たなオプション機能についてのアイデアが、
細かな図解とともに文書で説明されており、
「一緒に商品化しましょう」「特許取得しておりますので、是非、商品化を」と申し出てくださるのです。

私も、到着した内容に対しましては必ず目を通しておりますが、
誠に失礼ながら、カバーとしては致命的なアイデアだったり(大変、申し訳ない表現ですが)、物理的に商品としてなり得ないものだったり(※1)、、、

(※1)カバーを装着したまま車を走らせる、水中でもそのまま泳げるようにする、等といった内容です。

実用化に向けて検討させていただいたものは今までひとつとしてないのですが、
東日本大震災があってから、その新アイデアの内容で、
極端に増えたものがありました。

それは、
大地震のときに、車を確実に守れるカバー」です。

お電話まで頂戴し、「これは、地震に不安を抱える今後の日本で絶対に売れますから!」と、熱く語ってくださった方もおられました。
「大地震のときに、車を確実に守れるカバー」。例えば以下のような構造です(※2)。

(※2)相手さまのアイデアゆえ、具体的な構造は表記できませんので、表現や付属アイテム等変えております。

-----------------------------------------------
地震を感知した瞬間に、車がカプセル状に包まれるカバー
-----------------------------------------------
空気を孕んでいるため、津波が来ても沈まずそのまま流され、衝突の衝撃からも守られる。
カバーに番号などを振り分けておき、地震が収まってから、車を探し出す。

-----------------------------------------------
浮き輪の装備されたカバー
-----------------------------------------------
大地震による津波に襲われても、水没から免れる。また、浮き輪がクッションとなり、
安全に車は水面上をたゆたい、カバーに保護されていることから傷がつきにくいまま流されることになる。

このような内容のカバーを提案されています。

共通しているのは、あくまで「大地震などの災害から愛車を守る」というコンセプトなのですが、
私が気になるのは、その発明される方が、被災地から遠いところにおられるようすであること。
もちろん、断定はできませんし、私もそこを突っ込むつもりはありませんが、
実際に地震の被害を体感された方によるアイデアなら、もっと耳を傾けますが、どの文書、どの説明からも、「これは今、売れますよ!」というのが先走った、荒い息遣いが感じられる内容・アイデアに思えてならないのです。

当然のことながら、私も商売人でありますので、
今、売れるアイデア、アイテム、商材に興味がないわけではありません。
品物を売っている以上、何がよく売れるのか、それに目を光らせています。誤解を恐れずに申し上げますが、お金、大好きです。
私が言いたいのは、お金「だけ」を求めるのは嫌なのです。
再度、誤解を恐れずに申し上げますが、自分が本当に納得した形で、お金を得たい。

それには、お客さまに求められる商品、お客さまがお金を払いたくなる商品、買い替えのときにまた仲林工業にしようと思われる商品、
それをつねに心がけています。
さらに言えば、自分がお金を支払う立場になったとき、納得してこれに指定の金額を出せるか? 何度も何度も、必要になったとき買いたいか? という自問自答を繰り返しながら、カバーの型を作り出しています。

お金は大好きです。
お金がなければ良い商品をお客さまへ提供し続けることもできません。
40年以上つづいた我が会社を維持することもできません。
お金は大好きですが、単純にお金だけがあってもこれらをつづけることはできません。

私も小学生の頃、阪神・淡路大震災を、ある意味で体感しました。
震源地から離れた大阪南部ではありますが、被災された方々は周囲で見かけます。
我が身は安全であったけれど、身内を失くしてしまったひと、
障害を負ってしまったひと、心を病んでしまったひと、住居を失い、移ってこられたひと、移る先さえ見失っているひと、
「被災の形」とはそのひとそのひと、さまざまなのだ、、とそのとき、実感しました。

何が言いたいかといいますと、災害発生時、車を保護する時間があるならば、まずはひとを守っていただきたい。
車がカプセル状に包まれるカバーが実現できれば、車ではなくひとを包んで守っていただきたい。
浮き輪の装備されたカバーなら、それにより、津波に流されないひとがひとりでも多く助かってほしい。
地震対策用の車体カバーの新アイデアが手元に届くたび、そんな気持ちになっております。

言わずもがなですが、新しいアイデアを考案されることを悪く考えているわけではありません。
しかし、せめて地震対策用の商品を発明するならば、地震に遭われた方々や状況を、もっとよく見るところから始めるべきじゃないでしょうか。
そう思えてなりません。

どんな状況でも、愛車を守りたいという気持ちも重々、承知しておりますし、
そのお気持ちを軽視しているわけではありませんこと、
最後に記させていただきます。
2012年09月21日 イイね!

シボレーカマロ(5代目)、採寸&装着確認(完成)

先週、シボレーカマロにご来社いただきました。そのときの製作日誌をアップ致します。
お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます!
5代目 シボレーカマロになります。インパクトのあるシルエットです。





フロントフェイスの形状が独特なので、型が採りにくいかもと危惧したのですが、
ポイントを押さえ丈を確保して作成してみたら、
第1回サンプルにてほぼきれいに決まってくれました。

装着シルエットを掲載します。









リア部分もすっきりフィットしております。

オーダー時のアドバイス
このシボレーカマロ、Web上で調べましても型式の表示が見当たらず、、、
ご注文時、お届け先を入力するページにて型式を必須で入力する欄がありますが、
そこは『不明』と書いてスルーしてくださいね。


お持込くださいましたお客さま、この度は誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1回ボディカバーが完成しましたので、
本日、弊社から発送させていただきました。

どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2012/09/21 18:13:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2012年09月21日 イイね!

ボルボ V60、採寸&装着確認(完成)

ボルボ V60にご来社いただきました! お持込くださったお客さま、誠にありがとうございます。
型式:DBA-FB4164T のグレード「T4 Rデザイン」になります。
遠方からご来社いただいておりますので、1日での型の完成を目指します。





以前、ボルボ のディーラー店さまにお邪魔して、当時現行であったお車を数台、
一挙に採寸、型出しをさせていただいたのですが(そのときの製作日誌はコチラ)、
今回はそれらの型を参考に採寸、型出しを行いました。
やはり同じメーカーの車種(特に外車)には、共通した形状の特徴がありますので、
この確認は必須です。

結果、第1回サンプルカバーにてほぼ決まってくれました。
余分な肉を削り、完成です、装着シルエットを掲載しますね。







ただ、丈がこころもち短めです。写真ではボディがちゃんと隠れているように見えるのですが、
サイドの丈がキワキワです(ボディの下端と同じくらいしかないのです)。
フィット感は問題ないので、

全体的にすそを2cm延長

上記1点だけ、修正して型にしております。
実際の製品は、この写真よりももう少しだけゆったりと深いカバーとなりますので、ご安心ください。

また、ちょっと注目していただきたいのが、リア部分の形状と、それによる皺です。





テールランプの独特な形状と、ワイパーにより吊られ、かなり張ったような皺が発生しておりますが、
この写真から見受けられるほどパツパツではありません。
この部分、マチを入れようかとも考えたのですが、
見た目と実用性を天秤にかけた結果、マチ無しとさせていただきました。

マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

なお、今回のV60、グレードは「Rデザイン」で、外観形状は若干異なりますが、
「T4」や「T6 AWD」等の他グレードでも問題なく適合OKとなっております。

お客さま、この度は実車お持込くださり、誠にありがとうございました!
第1号ボディカバーが完成しましたら、またご連絡させていただきますね。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2012/09/21 12:13:28 | コメント(0) | トラックバック(1) | 新作完成シルエット | 日記
2012年09月20日 イイね!

トヨタ 86、装着確認(完成) ~BRZ採寸からの経緯

毎度、お世話になっております。ボディカバー製造メーカーの仲林工業です!
今回はトヨタ 86の装着確認についてレポート致します。
スバル BRZは採寸・型出しを行い、現在すでに専用ボディカバーとして発売中なのですが、
トヨタ 86の実車と出会う機会がなかなかなく、装着確認が行えない状態でありました。





もともと、スバル BRZよりもトヨタ 86を先にお持込いただいており、
86にて採寸、第1回サンプルカバーを作成していたのですが、
その86のオーナーさまのご都合によりカバーの製作が頓挫しておりました。
そんななか、スバル BRZをお持ちのお客さまにお持込いただくこととなり、
改めてBRZにて採寸→型の完成となったのです(詳しい途中経緯についてはコチラ)。

その際、おかしな現象が発生しまして、、、
トヨタ 86とスバル BRZ、外観形状はほぼ等しいということで、同一の型で適合OKになると予想していたのですが、
先に採寸した86による第1号サンプルカバーが、多少きつめではありましたが
86にはなんとか被っていたのに、BRZにはまったく被らない!(BRZの方がボディサイズがおおきい!?)といった事態になったのです。

確かに、フロントバンパー形状が少し異なるため、
それによってカバーの適合性が崩れてしまったのかと考えていたのですが。

そんななか、トヨタ 86にご来社いただく機会に恵まれました(お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます)。
すでに完成しておりますBRZのサンプルカバーがありましたので、
それを86に掛けてみたところ、なんときれいにフィット。カバー装着した状態では、86かBRZかわからないくらいの同じ外観となりました。

おそらく、実際には86の方がフロントのボディサイズはBRZよりも若干小さく、
その86で採寸したサンプルカバーは、かろうじて86には被るものの、
BRZには被らない、ギリギリ足りないサイズだったのでしょう。
カバーは、たった1cmで、すそが短ければ、掛かるか掛からないか、に別れます。
1cmすそが長ければ、フロントバンパー下部に引っかかるものの、
1cm短ければ、掛からずにすべってめくれあがり、結果的に20cmボディが覗いてしまう、等という状況になってしまうのです。

結果、86とBRZはそんなにサイズがちがうの!? ということになったのですが、
形状(ボディサイズ)はやはり、ほとんど等しかったようです。
先にサイズの若干小さい86で採寸したことによる混乱でした。

経緯のご説明はここまでにして、肝心のトヨタ 86の装着シルエットを掲載致します。









BRZに掛けてからしばらく置いておりましたので、畳み皺ができてしまっておりますが、
これは次第に消えてなくなっていきますので、ご安心ください。

なお、コチラの記事で、スバル BRZの装着シルエットをご確認いただけます。
どうですか、カバーを掛けてしまえば、なかが86なのかBRZなのか判断がつかないと思います。

完成品の装着シルエットも合わせて掲載しますね。







 

完成品は、「膨らみ防止の通気筒2対4個」と、
腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」を装備させていただきました。

装着時のポイントは、すそが地面と平行になるように装着することです。
フロントバンパー下部への入り込みにより、
全体的に前寄りになってしまいがちなのですが、
そうすると、カバー形状が車体のリア部分にきれいに添わず、だぶついてしまいます。
上記の完成品の写真、なかのお車はBRZなのですが、86に装着してもこれと同等のフィット感となります。

お持込くださいましたお客さま、この度はありがとうございました!
これでやっとトヨタ 86とスバル BRZ、両方にカバーを販売することが可能となりました。
両車種とも、型は同一となっております。
スバル BRZをお持込くださったお客さまも、86とBRZのサンプルカバーの被る/被らないについて
不思議に思われていたのですが、結果はやはり車体サイズは(ほぼ)同じだった、というのが答えです。
※86のお持込もお呼びかけいただいていたようで、ありがとうございました。
あれから随分、遅れてしまいましたが、お陰さまで、解明致しました。

トヨタ 86専用ボディカバー、販売開始となっておりますので、
お客さま、どうぞご検討よろしくお願いします!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2012/09/20 18:16:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2012年09月20日 イイね!

アストンマーチン V8ヴァンテージ、採寸&装着確認(完成)

アストンマーチンに何度かご来社いただき、型が完成しましたのでレポート致します。
合計3回、ご来社いただき完成しました。お客さま、何度もご足労いただき、ありがとうございます。
現行型のアストンマーチン・V8ヴァンテージになります。3代目のアストンマーチンです。





全体的にかなりの丸みを帯びているので、これは採寸がむずかしい! と、
覚悟していたのですが、第1回サンプルカバーにておおよそのシルエットが決まり、
余分な肉の削りと突っ張り部分の拡張によって、
第2回サンプルカバーにて決まってくれました。

シルエットを掲載致します。







ただ、ミラー袋の位置がおおきくずれてしまいました。

ミラー袋、前へ10cm移動

上記1点、修正しております。

ミラー袋の位置が合うことにより、上記写真の、
ミラー袋の周囲から発生している皺は軽減されます。
しかしそれでも、コーナーの丸みやタイヤハウスの張り出し等の車体の形状によって、
どうしても皺は出がちになってしまいますね。
今回は、この皺について改めて考えさせられました。
もちろん、この程度の皺でしたら、カバーとしての効果に影響等はなく、
単純に見た目だけの問題になるのですが。

サンプルカバーはタフタと呼ばれる薄手の生地を使用しているため、
若干、皺は目立ちがちになります。
TT-9000(裏起毛)生地ですと、生地も厚みを増し、皺も目立たなくなります。
写真よりもすっきりとしたきれいな印象になりますので、ご安心くださいね。

お客さま、この度は何度も弊社へご足労くださり、誠にありがとうございました。
第1号ボディカバーはすでにお手元へ到着しているかと思いますが、
何か問題等ありませんでしょうか。
どうぞ、今後ともよろしくお願い致しますね。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2012/09/20 15:57:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
トヨタ スープラ(5代目)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご参照くださ ...
メルセデス・ベンツ GLCクラス メルセデス・ベンツ GLCクラス
メルセデスAMG GLC43の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク先 ...
フェラーリ 488GTB フェラーリ 488GTB
フェラーリ 488GTBの採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク先をご ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.