• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

営業時間のお知らせ
9:00~12:00 12:45~17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)
詳しくはホームページ
https://www.nh-cover.jp/)を! お問合わせ・ご注文もホームページからお願い致します。

みん友になってお得に♪
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス!(詳しくはコチラ

このブログについて 
仲林工業にご来社くださったお車の採寸や型出しをメインに記録しております。
できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、
見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。
ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によっては
フィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Google Play で手に入れよう

アプリにつきまして、現状、まだ工事中につき、サイトのページへ直接飛んだりするページもあります。
2019年中には、より見やすい、情報量もあるきっちりした内容の完成を目指します。

仲林工業株式会社のブログ一覧

2013年02月26日 イイね!

フォード マスタング(6代目)、採寸&装着確認(完成)

本日はフォード マスタング(6代目)にご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
ひと晩お預けコース」にてお作りさせていただきました。

仲林工業では、メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記メーカーのフルモデルチェンジした新型車は常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

仲林工業に既に型があるのかどうかにつきましては、
サイトの各メーカーの製作可能車種一覧をご覧ください。
掲載されていない車種が、まだ型の無い希望車種となります。

さて、フォード マスタング、採寸から開始です。





うしろマチの無い第1回サンプルカバーにて全体的なシルエットはOKだったのですが、
リア部分のフィットがいまいちとなり、
うしろマチを入れて再度、作成してみました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、ボディ形状によっては、フィッティングが悪くなってしまう場合があります。
今回がまさにそのタイプで、そのためうしろマチありとしたわけです。
うしろマチありの第2回サンプルカバーにて完成です。
装着シルエットを掲載します。







後輪のホイールが前輪のそれより多く覗いていることから、
リアのカバー丈がやや短めになっているのがわかりますでしょうか。
このリアの丈、こころもち延長しております。
ただ、ボディ形状が尻上がりとなっておりますので、
装着時、カバーのすそもこのようにあがりがちにはなってしまいます。
精密に微調整して掛ければ、きれいになりますが、
時間をかけ過ぎても「簡単にお車を保護する」意味のあるボディカバーとして
本末転倒です。
掛け方により、写真くらいカバーの丈があがっても、
カバー効果につきましてはまったく問題ありませんので、ご安心くださいね。

オーダー時のアドバイス
リアスポイラー(リアウィング)が付いているタイプと付いていないタイプがあります。
ご注文時の選択肢で「あり(料金アップ)」を選んでいただけましたら厳密にサイズアップ致しますが、
今回のお写真を見ていただいてもわかるように、とても小さなウィングのため、
加工も小さく、縫製してしまえばノーマルとほとんど変わりありません。
密にこだわる方は料金アップで「あり」を選択していただいてOKですが、
写真のような小さいサイズでしたら付いていても「なし」を選んでいただいて大丈夫です(フィット感、装着に関しては問題ありません)。

なお、お届け先を入力いただくページにて
型式をお尋ねする項目が必須で用意されております。
マスタングの場合、型式がありませんので、
こちらは「なし」や「---」と記入いただいてスルーしてください。


お客さま、この度は遠方からご来社くださり、誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが完成しましたら、
お送りさせていただきますね。
どうぞ、よろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
2013年02月21日 イイね!

フォルクスワーゲン イオス、採寸&装着確認(完成)

フォルクスワーゲン イオスにご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
電動格納式ハードトップが採用された乗用車です。
本日1日での型の完成を目指します。





第1回サンプルカバーにて問題なくフィット。
リア部分に少しゆとりが出たので、それを削って完成です。
装着シルエットを掲載します。







リア部分、ボディ形状により少し皺が発生しておりますが、
マチ無しで作成してみました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

うしろマチを入れるともっとフィッティングは向上しますが、
このレベルの皺でしたらボディカバーとして問題ありませんので、
縫製の少ないうしろマチ無しで型を仕上げております。

お客さま、この度はお持込くださり、誠にありがとうございました!
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが完成しましたら、
お送りさせていただきますね。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
2013年02月19日 イイね!

ダイハツ ムーヴ(5代目)、採寸&装着確認(完成)

日頃よりお世話になっておりますダイハツのディーラー店さまにお邪魔させていただき、
2012年12月にマイナーチェンジの行われたムーヴの装着確認を行ってまいりました。
ディーラー店さま、毎度ありがとうございます。
ダイハツのスモールカーを代表する軽ミニバンとして、すっかりお馴染みのムーヴ(MOVE)。
フルモデルチェンジではなく5代目、型式も引き続きLA100・110Sです。





装着したのは、ムーヴ「カスタム」になります。
サンプルカバーを用意していたのですが、やや緩みがあったため、
今回を機に、よりフィッティングを向上させようと改良させていただきました。

第2回サンプルカバーにてきれいにきまってくれました。
装着シルエットを掲載します。









改良を機に、うしろマチを無くしております。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、うしろマチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

真横からの写真をご覧ください、
ボディのサイドが少し覗いているのがわかりますでしょうか。
丈が短いため、

丈を全体的に7cm延長

上記1点、修正しております。
ただ、これは「カスタム」の場合です。
ノーマルの場合は、この写真より

丈を全体的に4cm延長

また、ルーフスポイラーも無くなりますので、

ルーフ後方部分を削り

上記2点、修正しております。
ノーマルの場合も、この写真より4cmカバー丈が長くなり、
「カスタム」の場合であっても、それよりさらに3cm(計7cm)カバー丈が長くなっており、ゆったりと掛けられるようになっておりますので、
ご安心くださいね。

オーダー時のアドバイス
カスタムにオリジナルアクセサリー「フロントロアスカート」を装着することが可能です。
カスタムの標準装備のエアロよりもフロントコーナー部分がちょっと迫り出すため、
「フロントロアスカート」を装着されていると、カバーの装着時、そこがやや突っ張った感じになることが予想されます。
気になる、細かく設定されたいお客さまは、備考欄にて、
「フロントロアスカートあり」とご記入ください。ほんの少しですが、サイズアップさせていただきます。
それでも、形状上、皺が走ってしまいますが(あまりサイズアップし過ぎても、
それはそれでたるみの原因となりますので。。。あらかじめご了承ください)。

ディーラー店さま、毎度お邪魔させていただきまして、誠にありがとうございます。
どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2013/02/19 17:53:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
2013年02月19日 イイね!

日産 ノート(2代目)フルエアロ、採寸&装着確認(完成)

日産のコンパクトカー、ノート(NOTE)にご来社いただきました!
お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2代目となる新型 ノート、型式は(E12)。ご来社いただいたのはフルエアロです。
1日での型の完成を目指します。





第1回サンプルカバーで全体的に問題なくフィット。
余分な肉を削り、完成です。装着シルエットを掲載します。







うしろマチ無しとさせていただきました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、うしろマチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

今回は、オプションのルーフスポイラーが、形状上 角張っているため、どうしても皺が立ちがちです。
こちら、(写真よりも)カバーのルーフの長さを後ろに向かって2cm程、延長して型にしております。
(ルーフスポイラーを庇と見れば、その庇を2cm長くするように、カバーサイズを拡大しております)
2cmですので、ほとんどちがいはありませんが、
ルーフスポイラーの角にかかる負担は減ります。

また、今回はフルエアロのノートですが、
ノーマルの場合は、もちろんこのルーフスポイラー部分のゆとりと、
エアロ(カバー丈)を全体的に縮小させております。

ご注文時の付属品の選択肢は、おまちがいのないようお願い致します。

お持込くださいましたお客さま、この度は誠にありがとうございました!
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが仕上がりましたら、
お送りさせていただきますね。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
2013年02月15日 イイね!

フェアレディZ(Z32)2シーター、採寸&装着確認(完成)

フェアレディZ(Z32)のコンバーチブルにご来社いただきました。誠にありがとうございます!
コンバーチブルですが、フェアレディZ(Z32)2シーターもOKと捉えていただいて大丈夫です。





フェアレディZ(Z32)2シーターは平成1年に採寸をしてから専用タイプとして販売を行っており、
今なおたくさんのご注文をいただいておりましたので、
(Z32)2by2と同様、現在の技術で改良ができれば、と望んでおりました(お持込くださいましたお客さま、ありがとうございます!)。
ちなみに2by2の方は、2012年12月に型の改良が実現できております。そのときの製作日誌はコチラ

遠方からお持込いただいておりますので、1日での型の完成を目指します。

今回は採寸を行わずに、前回、改良しました(Z32)2by2の型を流用し、
実車の全長のサイズの差である22cm分をカバーのちょうど胴体部分を短くする形で仕上げてみました。
それを装着してみた結果、きれいにフィット。ただ、リア部分に妙なたるみが発生しました。





(Z32)2by2、2シーターは、どちらとも、リア部分の形状は同じはずなのですが、、、

(Z32)2by2の改良時に、うしろマチを「無し」にしたのですが、
ボディの形状上、これにやや問題があったようです。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

今回、問題と言いましても、多少、たるみが出る程度だったのですが、
マチを入れれば、よりフィットする感じです。
しかし、マチを入れるということは、その分、ミシン目が多く走ってしまい、
問題のないたるみ程度でしたらミシン目無しの方がカバーにとっては良いのですが、
フィット感だけを見ればマチを入れるに越したことはなく、、、
どちらにしても一長一短で、
試しにうしろマチを入れて作成してみました。

ちなみに、うしろマチがない(Z32)2by2の装着具合が、これです↓
多少ですが、たるんで窪んでいるのがわかりますでしょうか。



それがマチを入れた(Z32)2シーターの装着具合は、これです↓


ここまでフィット感が向上します。並べてみて、わかっていただけると思います。
真後ろからも見てみましょう↓



ぴったりです。

ただ、うしろマチがない(Z32)2by2のたるみと言ってもカバーとして問題ない程度のわずかなたるみですので、
フィット感は少し無視して、カバー的にも良いマチ無しにするか、
やはりフィット感の優れたマチ有りにするか、悩みましたが、
きれいなフィット感の方が使用の際にもお客さまの気持ちが良い、と考え、
マチ有りにさせていただくことで決めました。
ですので、(Z32)2by2の方も、今回、採りなおしましたこのリア部分のように、
マチ有りとして、さらに改良しております。

オーダー時のアドバイス
フェアレディZ(Z32)2シーターで、リアウィンが装備されているお客さま。
(Z32)2シーターは、年代によってそのリアウィングのサイズや形状が異なります。
薄くバンパーに張りついたタイプ、ステーのある少し大型のタイプ、こちら、加工サイズが異なりますので、
ご注文時の選択にはご留意くださいませ。

純正のエアロが付いていてもエアロ〔すそ周り〕の選択肢は「なし」をチョイスしていただいて問題ありません。
※実際に、今回、お持込いただきました(Z32)2シーターは、
写真を見てわかる通り、社外のエアロが付いているのですが、
サンプル品はエアロ「なし」のノーマルサイズを装着して、ここまで掛かっています。
もちろん、エアロ〔すそ周り〕「あり(料金アップ)」をご選択いただきましたら
その分、サイズアップしてお作りしますが(具体的には、フロント下部への回り込みをやや延長)、
ほんのわずかなサイズアップです。縫ってしまいましたら「なし」と変わりありませんので、厳密なこだわりのないお客さまは、
加工(サイズアップ)「なし」でも大丈夫です。

お持込くださいましたお客さま、この度はありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが完成しましたら、
お送りさせていただきますね!
どうぞ引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2013/02/15 16:33:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
ホンダ バモスホビオ ホンダ バモスホビオ
我々の仕事の足となってくれているホビオ君です。 仕事柄、たくさんの車種に合いに行っていま ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2010年09月16日。日頃よりお世話になっておりますディーラー店さまにお邪魔して、装着 ...
ホンダ エリシオン ホンダ エリシオン
2010年09月28日。日頃よりお世話になっておりますホンダの工場にお邪魔させていただき ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.