• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ

このブログについて 
お持込みいただいたお車の採寸や型出しをメインに記録しております。できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によってはフィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業株式会社のブログ一覧

2016年05月31日 イイね!

フォルクスワーゲン ゴルフGTE、採寸&装着確認(完成)

本日はフォルクスワーゲン ゴルフGTEにご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2015年9月から発売されております「ゴルフ」をベースにしたフォルクスワーゲンはゴルフGTE。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

「ゴルフ」をベースにしているということで、ゴルフVIIと共通の型で適合可能かと踏んでいたのですが、
実際にVIIのサンプルカバーを装着してみると、全体的に覆えるものの、違和感が。
エクステリアの微妙なちがいが、精密にはラインに沿っていないのかもしれません。

改めて採寸から始めさせていただきました。第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
リア部分を詰めた第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ無しの型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

なお、今回もアンテナ位置を記録しております。アンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測しました車種に限りましては、
ノーマル形状の場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(アンテナ袋装備代、+3000円です)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「アンテナ袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました。TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが仕上がりましたら、
改めてご連絡させていただきますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/05/31 16:16:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2016年05月27日 イイね!

オデッセイハイブリッド、装着確認(完成)

本日はオデッセイハイブリッドにご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2016年2月から発売されておりますオデッセイハイブリッドになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





以前にオデッセイ(5代目)のアブソルートにご来社いただいており(その時の製作日誌はコチラ)、
外観形状的には等しいので、その時のサンプルカバーを装着してみました。
結果、ぴったりフィット。
装着シルエットを掲載します。











うしろマチ無しの型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

ただ、以前はそう感じなかったのですが、今回は全体的な丈の短さを実感しました。

全体的にすそを +2cm延長

上記1点、修正して型にしています。
ほんの気持ち程度ですが、製品はこの写真よりも深く被りますので、ご留意ください。

また、今回、修正しました型を(5代目)オデッセイ、通常グレードとアブソルートにも適応致します。
通常グレードの場合、エアロ〔すそ周り〕のボリュームがアブソルートに比べスマートになります。
こちら、通常グレードに合わせてエアロ〔すそ周り〕部分を
(わずかですが)削ったものを、基本の型で設定しております。

ですので、通常グレードでオーダーいただいた場合は、上記写真よりもカバーの丈が少し短めになっています。
(留め具がすそ紐絞り加工の場合、絞り込みを考慮して丈が少し長めになりますので、
見た目としては、この写真と同等くらいになります)

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました!
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー完成品発送の際には、改めてご連絡させていただきますので、
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/05/27 17:28:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2016年05月24日 イイね!

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント(8代目)、採寸&装着確認(完成)

本日は、フォルクスワーゲン パサートヴァリアント(8代目)にご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2015年7月より発売されておりますフォルクスワーゲンは(8代目)パサートヴァリアントになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





前回、セダンにご来社いただき(その時の製作日誌はコチラ)、Bピラーまでをその型で流用しました。

リア部分だけを採寸した第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
細かなゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。











うしろマチ無しの型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

なお、今回もアンテナ位置を記録しております。アンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。



仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測しました車種に限りましては、
ノーマル形状の場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(アンテナ袋装備代、+3000円です)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「アンテナ袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが仕上がりましたら、
改めてご連絡させていただきます。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/05/24 16:54:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2016年05月19日 イイね!

メルセデス・ベンツ Sクラス(W140)ロング、採寸&装着確認(完成)

ベンツ Sクラス(W126)300SEに引き続き、ベンツ Sクラス(W140)ロングにお持込いただきました! お客さま、誠にありがとうございます。
1991年~1998年までにかけて発売されましたメルセデス・ベンツはSクラス(W140)1998年式のS500ロングになります。

こちらも、ロングも含めて発売当初から専用ボディカバーとして販売を行っており、
問題やクレームが発生したこともないのですが、採寸技術は比較すると、現在の方がかなり優れたものになっておりますので、改良という意味での作業になります。

ちなみに仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





従来の型には触れず、採寸から開始。第1号ボディカバーでほぼ決まってくれました。
フロントとリア部分のゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。











今回は形状的にうしろマチも必須となりました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

また、写真をご覧になられて気づかれたかもしれないですが、



この赤線で示しました縫い目、今回はサンプルのため継いで作成しましたが、完成品はこの部分にこのような縫い目は発生せず、
見た目ももっときれいなものになっておりますので、ご安心ください。

気になりますのが、ボンネットマスコット。
仲林工業ボディカバーは、ボンネットマスコットに対しまして特に加工はなく
(そのため、テントのように突っ張り、皺がおおきく発生しているのがうかがえます)、
袋を付けるとなるとミシン目が走って雨水が入りやすくなったりと、アンテナ袋と同様にデメリットが多くあります(詳しくはコチラ)。
ただ、袋を付けましたらボンネットマスコットへの負担はもちろん減りますが、
どちらを取りましても一長一短です。
もっとも、弊社では、マスコット袋はなしの方がカバーとしては効果が見込め、良いと判断しております。





ためしに、ボンネットマスコット用の袋を装備してみました。



アンテナ袋と同様、カバー装着時には前後に引っ張られるため、 引っかかりを減らすようこのようなサイズ、形状になっております。
ボンネットマスコットがきちんと入っておりますので、 当然のごとくその周囲はボディにフィットし、 何よりテントのように突っ張ることがないため、皺も減っております。

全体的な装着シルエットを掲載します。







ボンネットマスコットに対しましても、アンテナに対しましても、仲林工業では基本的には最初は加工せず(袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
ボンネットマスコット袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにマスコット位置を計測しました車種に限りましては、
ノーマル形状の場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(袋装備代、+3000円です)。
しかし、袋の「あり」「なし」でメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「マスコット袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

お客さま、この度は連続3台のお持込み、誠にありがとうございました!
次回、お会いしました際にTT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーの仕様についてご相談させていただきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/05/19 18:26:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
2016年05月17日 イイね!

メルセデス・ベンツ Sクラス(W126)300SE、採寸&装着確認(完成)

先週、お持込いただきましたベンツ Sクラス(W221)ロングに引き続き、ベンツ Sクラス(W126)300SEにお持込いただきました! お客さま、誠にありがとうございます。
1979年~1991年にかけて発売されましたメルセデス・ベンツはSクラス(W126)300SE。

こちらも、発売当初から専用ボディカバーとして販売を行っており、問題やクレームが発生したこともないのですが、
現在の採寸技術でもって、改めて採寸、型出しをさせていただきました。
作業的には、前回と同じ改良という意味になります。

また、仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





従来の型には触れずに、採寸から開始。
第1号ボディカバーで全体的にフィット。フロントとリア部分のゆとりを削った第2号ボディカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。











今回は形状的にうしろマチも必須となりました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
うしろマチを入れたりしております。

また、当初、気になりましたボンネットマスコットですが、
今回のベンツ Sクラスのボンネットマスコットは、かなりの可倒性があり、サンプルカバーをいつもの通り装着しようとしたところで、カチッと倒れてくれました。
結果的に、それほど突出した外観にならず、
サンプルカバーを装着しても、多少、突っ張りはするものの、それほどの負荷は感じません。
加工としては、「ボンネットマスコット袋」として対応も可能なのですが、
(+3000円)の料金アップにもなりますし、袋の装備によってメリットがある反面、デメリットもあります(詳しくはコチラ)。





雨が降りかかりやすく、また砂塵の積もりやすいルーフ上やバンパー上部は、
極力、ミシン目を通さないことが必要以上の劣化を防ぎ、製品の耐久性にもつながります(ミシン目やそこを通る糸から雨や砂塵が徐々に染み入ってしまい、腐食を進行させるためです)。
また、着脱の際の引っ掛かりもなくなります。
袋があればそこに収まり、カバーはボディにフィットしますが、このフィット感が反対に仇となり、
着脱の際に袋にまだ収まっていることに気づかず暗に引っ張ったりしたとき、
立ったままのマスコットに与える負荷はかなりのものです。

ためしに、ボンネットマスコット袋を装備してみました。



装備しての利点は、マスコットへの負荷がなくなること、見た目としてより専用的に感じられること、
カバーを外した際にマスコットが立ったままになっているので、
いちいち起こさなくてすむことくらいでしょうか。

ボンネットマスコットが固定されていないのでありましたら、
このSクラス(W126)に関しましては、マスコット袋「なし」の方が、総合的に見て優れているかと思われます。

お客さま、この度も実車をお持込くださり、誠にありがとうございました!
3代目のベンツ Sクラス(W140)ロングの方も、全体的な型出しは完了しております。改めてレポートさせていただきますので、
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/05/17 18:55:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
レクサス UXの採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク先をご参照くださ ...
ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
ミニ MINI ミニ MINI
MINI クーパー 5ドア(F55)ハッチバックの採寸・型出し作業を行ったときのようすで ...
スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
スズキ ジムニーシエラ(4代目)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.