• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ
このブログについて
お車の採寸や型出しをメインに記録しています。写真を多めに掲載するよう心がけていますので、どのようなボディカバーか、見た目や形状、フィット感等をお確かめください。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります(結果的に横生地に継ぎ目が入ることもあります)。また留め具の仕様によってはフィット感の印象や縫製が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業のフォロー・リムーブの指標

仲林工業株式会社のブログ一覧

2016年06月29日 イイね!

フェラーリ 512TR、採寸&装着確認(完成)

フェラーリ 512TR、採寸&装着確認(完成)本日はフェラーリ 512TRにご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、いつもご愛顧くださり誠にありがとうございます。
1991年-1994年に発売されましたフェラーリ 512TRになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

しかしその対象外のお車に関しましても、仲林工業に型がない場合、採寸代は発生してしまいますが、実車をお持込いただけましたら型出しを行い、お作りさせていただきます(詳しくはコチラ)。





採寸から開始しまして、第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
フロント部分のゆとりを詰めた第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。











うしろマチ「あり」の型になりました。
マチとは?
車の横面に対する生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。
うしろマチは「なし」となる車種が多いのですが、今回は、フィット感の崩れによりマチ必須となりました。

こころもち丈が短めとなりましたので、

カバーのすそを全体的に 3cm延長

上記1点、修正して型にしています。実際の製品はこの写真よりももう少ししっかりと被るものになっておりますので、ご留意くださいませ。

なお、フェラーリのようなタイヤハウスがドア部分よりもボリュームがあるお車の場合、「腹下通しの2.8メートル留め具」でフィット感を向上させることが可能です。
ポルシェ911(991)911後期型ですが、比較した写真がありますので掲載致します。
(皺のより方やたわみ具合は、車種形状によって異なります)



「腹下通しの2.8メートル留め具」装着には、まずメス型部品を付けなければならないのですが(カバーのサイドに付いている、黒い点のような部品です)、付けたうえで腹下通しを実際に装着すると、このようなシルエットになります。







盛り上がったタイヤハウスによって、ちょうどドア部分のカバーのすそがたるみ浮きがちになってしまうのですが、「腹下通しの2.8メートル留め具」で絞っていただけましたら、このようにサイド部分を抑え、よりボディにフィットした状態になります。

フェラーリ 512TRは、リア部分のボリュームによりフロントのタイヤハウスにかけて「浮き」があるのが写真から見てもわかります。この「浮き」を抑えたい場合は、「腹下通しの2.8メートル留め具」を是非ともご検討ください。
強めの風であってもはためきが少なくなり、ボディへの擦り傷も軽減されためカバーとしての効果もあがります。
屋外でありましたら、見た目としてもまた効果としても「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」がオススメです。

お客さま、毎度 実車をお持込くださいまして誠にありがとうございます。
TT-9000(裏起毛)生地による完成品の方、仕上げさせていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/06/29 18:30:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2016年06月24日 イイね!

腹下通しの2.8メートル留め具を後から追加しました

腹下通しの2.8メートル留め具を後から追加しましたご使用いただいてから2年半ほど経過した仲林工業ボディカバー。
留め具は「すそ紐絞り加工」仕様なのですが、お客さまから「腹下通しの2.8メートル留め具」の追加装備を希望されましたので、仲林工業へとお戻しいただきました。
ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます!

2年半ほど使用したのに、どうしていまさら留め具の追加を? と思われた方もおられるかもしれませんが、消耗品であるボディカバーは、使用につれてだんだんと生地自体が緩くなり、たわんできます。
特に屋外使用で2年半経過したものであれば、その傾向は顕著です。





お車の保管環境が変わり、風のよく吹き付ける場所になってしまったなど、後から留め具の増設を相談されるお客さまはおられます。
仲林工業カバーを愛用くださっているゆえのご相談ですので、そのようなお声にもできうる限りご対応させていただきます。

ゴムではなく「すそ紐絞り加工」仕様のため、耐久性によるすその留めが緩くなったことが原因ではありません(ゴムの場合はどうしても劣化により緩んできてしまいます)。
恐らく先述の通り保管環境が変わられたか、また風の吹き付ける条件が多くなってしまったものかと思われます。

作業に入ります。「腹下通しの2.8メートル留め具」を装着するには、カバーにメス型部品を縫い付けなければなりません。
メス型部品というのは、



この黒のプラスチック部品です。これが、



赤い○で示した通り、カバーのサイドに縫い付けられていないと、



このように「腹下通しの2.8メートル留め具」を装着することができません。

しかし2年半の使用のため、カバー的にはほぼ寿命を迎えています(ボディカバーの寿命につきましては、コチラをご参照ください)。もしかすると、留め具を増設したところで、工賃以上にカバーがもたない可能性もあります。
お客さまとご相談させていただいたのですが、結果カバーのお戻し、留め具増設の運びとなりました。

仲林工業製品を愛用くださっている結果、と気持ち的にはとてもうれしいのですが、誠に申し訳ございません、修理・補修には思いのほか費用がかかってしまいます。
特にカバーの使用年数が過ぎている場合。
利用案内」の「修理・補修について」にも記載しているのですが、ミシンを使用する補修の場合、カバーが汚れていればその汚れがミシンに転移し、このミシンの清掃が大変で時間もかかってしまいます。この間、他の作業がストップし、結果的にコストに影響が出てしまいます。つまり、カバーの汚れ具合によっては、費用が大幅にアップする可能性があるのです(状態によっては、買い替えするよりも高くなる場合があります)。
ただ、お客さまのご希望や条件、修理・補修の位置によっては可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

今回は「腹下通しの2.8メートル留め具」増設として、5,500円(税込み)とさせていただきました(2016年6月時点)。
この価格も、カバーの汚れ具合や補修条件によって異なりますので、あらかじめご留意のほどお願い致します。

今後とも仲林工業ボディカバーをどうぞよろしくお願いします!
Posted at 2016/06/24 19:01:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現場からの作業レポート | 日記
2016年06月21日 イイね!

アルファロメオ アルファスパイダー(2代目)、採寸&装着確認(完成)

アルファロメオ アルファスパイダー(2代目)、採寸&装着確認(完成)昨日はアルファロメオ アルファスパイダーにご来社いただきましたので、その時のようすをレポート致します。お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
1996年-2004年にかけて発売されましたアルファスパイダーは(2代目)になります。

(2代目)アルファスパイダーは発売当初から実車にて採寸、型出しを行い、専用タイプとして販売をつづけてまいりました。
この度、実車をお持込いただける機会を頂戴しましたので、現在の採寸技術で型の改良をさせていただきました。

ちなみに仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





従来の型には触れず、採寸から開始。
第1回サンプルカバーで全体的にフィットしたのですが、余分な部分を削った第2回サンプルカバーでルーフ部分のフィット感が崩れてしまいました。
改めて削った第3回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。











このような感じになりました。
フィット感は、これまでの型よりも十二分に改善されています。

お客さま、いつも弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます!
この度、採寸しました型で第1号ボディカバーを作成致しますので、いましばらくお待ちくださいませ。発送の際に改めてご連絡させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/06/21 12:01:45 | コメント(0) | トラックバック(1) | 改良報告 | 日記
2016年06月16日 イイね!

スバル R1、採寸&装着確認(完成)

スバル R1、採寸&装着確認(完成)昨日はスバル R1にご来社いただきましたので、その時のようすをレポート致します。お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2005年1月-2010年3月にかけて発売されましたスバル R1です。

以前、R1はR2とともに汎用タイプとしてご用意していました。
その後、R1と出会う機会があり、改めて採寸。汎用タイプから少しゆとりを削った専用タイプとして改良、設定したのですが、その専用タイプはR1専用ではなく、R2も共通のいわば半専用タイプという状態でした。
今回のお客さまは、R2と共通の型ではなく完全なR1専用としての型を希望され、R1の実車のお持込みをいただくことになりました。

ただ、半専用タイプとはいえR1に対応した型があるために、今回はカバーの本体代金のほかに、採寸代を頂戴しております(詳しくはコチラ>)。お客さまはもちろん、この点ご了承済みです。

ちなみに仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





従来の型には触れず、採寸から開始です。
第1回サンプルカバーで全体的にフィット。リア部分とフロントのマチを削った第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。











うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

お客さま、この度は改めての採寸、型出しによる製作のご依頼を誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による製品が仕上がりましたら、改めてご連絡させていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/06/16 11:16:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
2016年06月15日 イイね!

ランドローバー レンジローバースポーツ(2代目)、採寸&装着確認(完成)

ランドローバー レンジローバースポーツ(2代目)、採寸&装着確認(完成)週初めにランドローバー レンジローバースポーツにご来社いただきましたので、その時のようすをレポート致します。お持ちくださいましたお客さま、今回も誠にありがとうございます!
2013年秋頃から発売されておりますランドローバーのレンジローバースポーツは(2代目)L494型です。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





採寸から開始し、第1回サンプルカバーでほぼ決まってくれました。
リア部分を削った第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。











うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

<オーダー時のアドバイス>
今回お持込いただきましたレンジローバースポーツは、サイドにスポイラーが装備されています。
この分を削ったものをノーマルサイズとして型にしています。具体的に申しますと、写真よりも全体的に丈が5cm短くなったものがノーマルサイズです。こちらご留意くださいませ。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

しかしレンジローバースポーツのアンテナは低く、特に突起もありませんので、どのような保管環境であってもアンテナ袋は「なし」が良いと思われます。

お客さま、この度も実車をお持込くださり誠にありがとうございました! いつもご愛顧いただき、うれしく感じております。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが仕上がりましたら改めてご連絡させていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します。


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/06/15 18:39:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛車一覧

BMWアルピナ B5 BiTurbo ツーリング BMWアルピナ B5 BiTurbo ツーリング
BMWアルピナ B5ビターボ ツーリング オールラッドの採寸・型出し作業を行いました。U ...
三菱 アイ 三菱 アイ
三菱 i(アイ)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク先をご参照くだ ...
トヨタ FJクルーザー トヨタ FJクルーザー
トヨタ FJクルーザー(ルーフラック非装着)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。 ...
ホンダ Nボックススラッシュ ホンダ Nボックススラッシュ
N-BOX SLASH(スラッシュ)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.