• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

営業時間のお知らせ
9:00~12:00 12:45~17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)
詳しくはホームページ
https://www.nh-cover.jp/)を! お問合わせ・ご注文もホームページからお願い致します。

みん友になってお得に♪
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス!(詳しくはコチラ

このブログについて 
仲林工業にご来社くださったお車の採寸や型出しをメインに記録しております。
できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、
見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。
ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によっては
フィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Google Play で手に入れよう

アプリにつきまして、現状、まだ工事中につき、サイトのページへ直接飛んだりするページもあります。
2019年中には、より見やすい、情報量もあるきっちりした内容の完成を目指します。

仲林工業株式会社のブログ一覧

2016年09月30日 イイね!

みんカラ2016年上半期のカーケア「ボディカバー部門」で、仲林工業が1位から転落した理由

みんカラ2016年上半期のカーケア「ボディカバー部門」で、仲林工業が1位から転落した理由
約3,200メーカー、52,000商品の中から決定されるみんカラ「PARTS OF THE YEAR」2016年上半期のカーケア「ボディカバー部門」で、
仲林工業のTT-9000(裏起毛)生地ボディカバーが今回も1位を獲得、、、とお伝えしたかったのですが、
誠に申し訳ございません、すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、今回は2位へと転落してしまいました。
2014年上半期から3年連続の1位獲得であったのですが、ここにきて2位。

みんカラ「PARTS OF THE YEAR」は実際に商品を使用されたみんカラユーザーさまからの支持が元になっており、その信頼性に疑う余地はありません。
そのなかでどうしてこのような結果に陥ったのか、その理由についてお伝えさせていただきたいと思います。

根本的な理由は、弊社とは別のボディカバーメーカーさまの「みんカラ+」ご参入により、そちらのメーカーさまの商品レビュー数が多く上がったことが挙げられます。
このみんカラ「PARTS OF THE YEAR」は、レビュー数と商品評価の両方によってランキングされる仕組みになっています。

レビュー数が多いというのは、もちろん人気商品である証です。
それについて口を挟むつもりはないのですが、商品1台の単価が弊社とは比較にならないほど、お安い。お客さまにとって安さは商品的魅力のひとつであり、購入検討時には外せない項目です。
そして手の伸びやすさが影響します。
また、弊社はオーダーメイドという商品的コンセプトを掲げており、おなじボディカバーと言っても、その構造、仕様はまったくちがいます。
1台1台手作業による裁断、縫製により、量産もできません。ご提供する数に限りもあります。
そのため、お安く、量産可能な商品とでは、そもそもの提供できる「数」として弊社は不利となります。
今回の2位転落に及んだのは、まずこの売れ数のちがいが関与しています。

★あくまで私個人の分析であり、他ボディカバーメーカーさま、お客さまの立場からすれば、またちがった分析にもなり得るだろうということも重々承知のうえでお伝えさせていただきます。


そこで、ここからが本当にお伝えしたい事柄なのですが、あえて2位転落になったことをなぜ告知するのか。
これはお客さまからの、「今回2位になってますけど、品質か何か落とされましたか?」というお尋ねを受けてお伝えしなければ、と思ったこともあるのですが、
まず断言致します。
品質等、落としたことはありません。落とすどころか、機会がある度に型の改良も行い、クオリティアップを目指していることは、このブログを読んでくださっているみんカラメンバーさまであればわかっていただけると思います。

「仲林工業のカバーは2位なんだ、じゃあ1位のいいところのカバーを買おう」
みんカラ「PARTS OF THE YEAR」を見て、お客さまがそう思われることは至極当然のことです。

ここで、もうひとつお伝えさせていただきたいのが、みんカラ「PARTS OF THE YEAR」そのもののランキングでは2位でありますが、
実際に商品を使用くださったお客さまの評価、その平均点数は弊社のカバーが上位であるということ(実際のお客さまの評価、平均点数につきましてはコチラをご参照ください)。
ボディカバーとしての効果はもちろん、使い勝手・フィット感・安心感等、オーダーメイドとしての利点を存分に活かした商品で、その代わり値段は下げられませんが、
いちどお使いいただけましたら、このユーザーさまの高評価は納得していただけるものと自負しています。

また、高いと言われている値段について。
ボディカバーは、うまく使用すればその分、それ以上のコストが返ってくるアイテムでもあります。
反対に、それくらいの効果が見込めるアイテムでなければ、ボディカバーとしていけないとも考えています。
TT-9000(裏起毛)生地のカバーを使用されたお客さまは、車の外装はもちろん、内装も新品時と大差ない状態のため、
買い替えの時にとても高値で車が売れたと喜んでくださるリピーターの方が多いです。
カバー代金以上の分が返ってきたというわけです。
売らなくとも、愛車が常に新品時のようなきらめきを保っていることに、得られる精神的コストがとても大きい、と言ってくださる方もおられます。
弊社の場合、これだけの効果を見込めるカバーを作り出すには、やはり現状のコスト(価格)、また手間ひまは発生します。

売れ数が多ければ、その分、商品レビューを上げられるユーザーさまも増えますので、このレビュー数が関係してくる仕組みである以上、
お客さまひとりひとりから頂戴した評価の平均点でがトップであっても、
仲林工業は今後、みんカラ「PARTS OF THE YEAR」で1位を獲得することは厳しいです。

長々と申しましたが、しかしどんな仕組みであっても、今回2位に転落した事実に変わりはありません。
この事実は真摯に受け止めています。
価格の件も含め、また、使用されるお客さまの立場を忘れない、今後のカバー開発に活きればという願いも兼ねて、記させていただきました。


今回の内容につきましては、他のボディカバーメーカーさまの商品を批判するものでも、みんカラ「PARTS OF THE YEAR」のランキングの仕組みに言及するものでも、
2位に転落した事実をごまかす意志も決してありませんことを、最後に付け加えさせていただきます。
Posted at 2016/09/30 13:54:18 | コメント(11) | トラックバック(0) | お知らせ | 日記
2016年09月29日 イイね!

ポルシェ 911(996)911 ターボ、採寸&装着確認(完成)

先日、ポルシェ (996)911 ターボにご来社いただきましたので、その時の様子をレポート致します。お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます!
1997年~2002年にかけて発売されましたポルシェ 911の5代目モデル(996)、その中でもグレード:ターボになります。

久しぶりのブログ更新となりますが、実は先週、先々週とお持込の予定があったものの、台風の影響等により次々とキャンセルがつづいてしまいました。
近年最大とも言われた台風で、甚大な被害を受けられた地域もあり、心配の絶えない週間となってしまいました。皆様の地域は、ご無事でしたでしょうか。
ご来社いただく予定だったお客さま方々、よろしければ別日程でのご検討をいただけましたら幸いです。

さて、ポルシェ 911(996)ターボです。
ポルシェ 911(996)ターボは、発売当初に採寸、型出しを行い、専用タイプとして販売をつづけてまいりました。
問題もなく、リピート注文も頂戴していたのですが、いまなおご注文をいただく車種として、現在の技術で改めて採寸ができればと望んでおりました。
この度、弊社カバーのユーザーさまからお声掛けいただき、型の改良の機会を頂戴致しました(お客さま、誠にありがとうございます)。

ちなみに仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





従来の型には触れず、採寸から開始です。
Cピラーまでは、前回の採寸しました(996)GT3の形状を流用したため、
第1回サンプルカバーでほぼ決まってくれました。
装着シルエットを掲載致します。











うしろマチ無しの型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。

オーダー時のアドバイス
お持込いただきました911(996)ターボですが、今回、採寸した型でカブリオレにも適合可能となっております。

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーを仕上げさせていただきますので、
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/09/29 15:46:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
2016年09月09日 イイね!

フォード マスタング 50 years edition(50周年記念限定車)、採寸&装着確認(完成)

本日は、フォード マスタング 50 years edition(50周年記念限定車)にご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
マスタング初代登場50周年を記念して、2014年11月から発売されておりますフォード マスタング 50 years edition(50周年記念限定車)、2015年から発売されております(7代目)の顔です。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





採寸から開始し、第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
フロントとリアのわずかなゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。











今回は、マチ必須となりました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。
今回は、形状的にもマチ必須です。

オーダー時のアドバイス
今回、お持込いただきましたマスタングは50 years edition(50周年記念限定車)ですが、
(7代目)のマスタングにも適合可能となります。

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーが仕上がりましたら、改めてご連絡させていただきます。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
2016年09月08日 イイね!

スバル フォレスター(4代目)SJ型 後期型、装着確認(完成)

昨日は、スバル フォレスター(4代目)SJ型にご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2012年11月から発売されております(4代目)はSJ型、その中でも2015年11月から発売開始となりました、マイナーチェンジ後、後期型のスバル フォレスターになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車で、
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。





以前に、マイナーチェンジ前、前期型の(4代目)SJ型スバル フォレスターの採寸、型出しを行っており(その時の製作日誌はコチラ)、
あらかじめその型で作成したサンプルカバーを用意していたのですが、
フロントの表情が変わっていること、またボディサイズも若干、大きくなっていることから、違和感の発生により修正があることも考慮し、
1日仕上げコース」でお車を預からせていただきました。

結果的には、前期型の(4代目)SJ型スバル フォレスターの型できれいにフィット。適合してくれました。
装着シルエットを掲載します。











なお、アンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。



仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測しました車種に限りましては、
ノーマル形状の場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(アンテナ袋装備代、+3000円です)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「アンテナ袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

お客さま、この度は実車をお持込くださり、誠にありがとうございました!
今後ともご愛顧いただけましたらうれしいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
2016年09月06日 イイね!

RX-8(SE3P)後期型 改造車、採寸&装着確認(完成)

本日はRX-8(SE3P)後期型にご来社いただきました! お持込くださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2003年5月から発売され、2012年6月にて生産が終了したRX-8(SE3P)は後期型なのですが、エアロとリアスポに大き目の社外品が装備されています。
ノーマルサイズのカバーでは適合が不可となるボリュームのため、お持込いただくこととなりました。







ガッチリと装備されております。

お持込がなくとも、外観形状のわかるお写真等を頂戴しまして、部分的にサイズアップしてお作りすることは可能です。
しかし、あくまで実車からの採寸ではないサイズアップになりますので、お車に装着した際、それがきっちりときれいにフィットするかというと、その保証はありません。採寸も、私・仲川が行わない限り(お客さまのほうで行っていただいても)、
全体のバランス等もあり、うまくいくことはありません。
そこで、社外品が付いているお車や改造車に対しましては、コチラのように定めさせていただいております。
フィットしたカバーをお求めの場合は、その車両のお持込がどうしても必要となってきます。

ただ、社外品が付いているお車、改造車の場合、そのお車1台だけのカバーになりうることが多いため、
カバーの本体代金のほかに、採寸代(15,000円~30,000円(上限))を頂戴しております(詳しくはコチラ)。

採寸です。
ベースはRX-8(SE3P)の型を流用し、部分的に拡大した第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
フロントバンパーとリア部分のゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成しました。
装着シルエットを掲載します。











フロントスポイラーの角、またリアスポイラーの角が突出しているために突っ張りが予想されましたので、
あえてその部分にミシンの縫い目がかからないよう設計しております。

また、リアウィングのこの部分。
サイドの縫い目ラインを凹ませることで、ルーフ後方とリアウィングの間に 雨水等がこぼれて溜まりにくいよう設計しております。



お客さま、この度は実車をお持込くださいまして、誠にありがとうございました。
来週末には完成品の方、ご用意しておきますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2016/09/06 18:01:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 特注製作やってます | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
ホンダ バモスホビオ ホンダ バモスホビオ
我々の仕事の足となってくれているホビオ君です。 仕事柄、たくさんの車種に合いに行っていま ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2010年09月16日。日頃よりお世話になっておりますディーラー店さまにお邪魔して、装着 ...
ホンダ エリシオン ホンダ エリシオン
2010年09月28日。日頃よりお世話になっておりますホンダの工場にお邪魔させていただき ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.