• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ

このブログについて 
お持込みいただいたお車の採寸や型出しをメインに記録しております。できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によってはフィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業株式会社のブログ一覧

2017年12月26日 イイね!

年末年始のお知らせ


毎度ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2017年12月27日~2018年1月8日まで、冬期休暇とさせていただきます。
この間に頂戴しました『お友達』申請やメッセージにつきましては、休暇明けの2018年1月9日(火)以降から順次返答・対応とさせていただきます。

★ただ、混み合った場合は2018年1月4日(木)、5日(金)にご返答させていただくことがありますので、
どうぞ、よろしくお願い致します。

みんカラブログを開始して8年目。
専用ボディカバーをメインに扱う弊社にとって採寸・型出しは日常的な作業のため、
それをレポートする形で始めてみたのですが、いつしかそれがお客さまにとっての情報や判断材料となり、コミュニケーションのきっかけとなり、
今ではサイトを運営するうえで欠かせないコンテンツに至りました。

当初よりつながってくださっております『お友達』の方々、また、そのコンテンツによってつながりを求めてくださった『お友達』の方々、
誠にありがとうございます。


2018年も引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します。
良い年をお迎えくださいませ。
2017年12月21日 イイね!

ボディに出る可能性のある悪影響と、再注文だからこそ起こる問題について


仲林工業ボディカバーユーザーさま、また、ご検討中のお客さまへの情報・ご案内となります。

ボディカバーの使用による、ボディに悪影響が出た場合にご理解いただきたいことと、ボディに出る可能性のある悪影響についてまとめました。
サイトのページになりますが、コチラからご確認いただけます。
また、再注文だからこそ起こる問題も新たにまとめました。コチラになります。

今後、再注文くださる方は、目を通していただけましたら幸いです。

どちらにしましても、過去に実際にあった問題です。ご承知、把握いただき、

うまく対処、ご使用いただくことで、よりカバーの効果を高めていただければと思います。


今年もあと残すところわずか。どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。

2017年12月15日 イイね!

トヨタ カムリ(10代目)、採寸&装着確認(完成)

昨日から本日にかけて、トヨタ カムリにご来社いただきました! お持込みくださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2017年から発売されております、トヨタ カムリは(10代目)のXV70型になります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt


alt

採寸から開始し、第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
フロント、リアともにわずかなゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。

alt


alt


alt


alt


alt


うしろマチ無しの型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。

お客さま、この度は年末にお時間をつくってお持込みくださり、誠にありがとうございました。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー、仕上げさせていただきますので、しばらくお時間頂戴します。
発送の際には、改めてご連絡させていただきますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。



ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/

Posted at 2017/12/15 11:56:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2017年12月05日 イイね!

みんカラ『お友達』さま限定! 中古(ではない!)ボディカバーの無償提供サービス【第5回】


中古(ではない!)ボディカバーの無償提供サービス【第5回】のご案内です。

追記:12月07日 16:27をもちまして、今回の応募は締め切らせていただきました。

いつも弊社へ返ってきたカバーをご紹介しているのですが、今回は出荷もしておらず、中古ではないため、(ではない!)と題させていただきました。

今回のカバーの適合車は、RX-7(FD3S)の平成11年5型以降の大型リアウィング付き
以前に採寸しました記事を引用しますと、下記のお車が対象のカバーになっております。











仕様は、TT-9000(裏起毛)生地、オプションとして膨らみ防止の通気筒「1対2個」装備、留め具はすそ紐絞り加工(規定の右後ろにストッパー)、
価格は、36,300円のものとなります。

【今回は中古ではないのに、無償提供に至った事情】
仲林工業で扱っております生地、ひとつのロットととして何万メートルとまとめて仕入れているのですが、
そのロットが違いますと、若干ですが、生地の加工の色にちがいが出てきます。
(これは、生地表面の加工時の湿度や温度等によって染色に影響が出るだけで、はっ水性や紫外線を弾くコート等は常にいつも同じ処理が施されております)

よって、カバー1台分を縫い上げる際は、必ず同ロット内の生地から裁断、縫製を行っているのですが、
今回、誤って、別のロットの生地を混ぜて仕上げてしまったのです。
結果、よくよく見ると、生地のパーツごとにわずかですが色のちがいが見受けられました。
もっとも、これは普段から生地を目にしている弊社だからこそわかるちがいかもしれません。
しかし、目についてしまった以上、正規の製品としてお出しすることが出来ず、
そのまま仕上げて、お客さまへは新たに作り直しを行った次第です。

天井を走る生地色が、サイドの生地よりも少々淡いかな、といった程度です。
使用上や効果には、まったく問題ありません。弊社から出荷もしていないので、汚れもありません。
写真も撮ってみたのですが、色の差が出ず、掲載しても意味がないと判断し、今回は対象カバーのお写真は控えさせていただきます。
肉眼でよくよく観察すれば気づくくらいの色の差になります。

こちらのカバーを無償提供させていただきます。

応募方法ですが、この記事へのコメントをお願いします(「希望します」等の簡単なコメントでOKです)
そして、コチラ(←クリックしてください)の内容をご理解くださいましたみんカラ『お友達』さま限定とさせていただきます。

それでは、募集開始させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

追記:12月07日 16:27をもちまして、今回の応募は締め切らせていただきました。



★ご当選者さま:Excelのランダム関数による公正な抽選の結果、F10_OB4号←ガンバって@F10 さまがご当選となりました。
誠にありがとうございました!

12月08日 追記: F10_OB4号←ガンバって@F10 さまから、諸事情により辞退のご連絡を頂戴致しました(F10_OB4号←ガンバって@F10 さま、ご丁寧なご連絡、お気遣いいただきありがとうございました)。
繰り上げという形になり、2番手の風籟人 さまがご当選となりました。おめでとうございます。
Posted at 2017/12/05 17:49:02 | コメント(8) | トラックバック(0) | お得・企画情報 | 日記
2017年12月01日 イイね!

ロータス・カーズ スーパーセブン 1700SS、採寸&装着確認(完成)


昨日から本日にかけてスーパーセブンにご来社いただきました。お持込みくださいましたお客さま、この度も誠にありがとうございます!
1957年から1970年代にかけてイギリスのロータス・カーズによって生産・販売されましたロータス・セブン、なかでもチューンアップされたエンジンを積んだ高性能バージョン、スーパーセブン 1700SSになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

しかし、その対象外のお車に関しましても、仲林工業に型がない場合、
採寸代は発生してしまいますが、実車をお持込いただけましたら採寸のうえ型出しを行い、
お作りさせていただきます(詳しくはコチラ)。





採寸から開始です。

今回は、ボディ形状的にマチ必須となりました。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです
(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。

第1回サンプルカバーで全体的にフィット。全体の微妙なゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。
装着シルエットを掲載します。









ミラー袋を「なし」にしております。
この年代のスーパーセブンは、ドアミラーを外されている方や、自ら改造、変更されている方が多く、また、車体形状的にミラー袋を設置したとしても、タイヤハウスに取られて浮いてしまい、不安定になってしまうためです。

このような場合は、いっそのことミラー袋を「なし」にしてしまった方が、着脱も引っかかりがなくスムーズに行えますし、カバーの揺らぎを抑える役目にもなり、カバーの効果が増す場合があります。
実際、ミラーによって張りはするものの、ミラー自体にもカバー生地自体にも心配するほどの負荷ではなく、影響は出にくいと判断致しました。



リア部分もばっちりです。

そして幌を装着した場合の骨組みを立てて、カバーの突っ張りも検証してみました。
現状、幌を立てていない状態のカバーのフィット感は、このような感じです。左リアタイヤを正面にして、お車を真横から撮影した写真です。



カバーを外し、骨組みを立てます。このような感じになります。







改めてカバーを掛けてみました。



もちろん、多少吊られはしますが、ボディ自体はきれいにフォローされます。幌を装着した際も、カバーは使用可能と判断して大丈夫でしょう。

このスーパーセブン、背面にスペアタイヤを搭載することも可能です。
幌の骨組みを立て、なおかつ背面スペアタイヤを搭載した状態ではどうか、こちらもカバーの装着具合を確認してみました。
タイヤはありませんが、タイヤを搭載するフック型のバーをリア下部に設置。



カバーしてみましたが、リア下部への入り込みを充分に取っていたためか、こちらも問題なくフォロー可能となりました。
別ショットと合わせて掲載します。







幌を装着した場合、また背面スペアタイヤを搭載した場合でも装着可能なスーパーセブンの専用カバーが仕上がりました。
幌の骨組みを立てたり、背面スペアタイヤを搭載した場合は、当然のことながらカバーが全体的に後方へと取られます。
この際、ドアミラーの当たる位置もずれるため、この点も含めまして、ドアミラー袋「なし」で正解だったと感じました。

お客さま、この度も実車をお持込みくださいまして、誠にありがとうございました!
TT-9000(裏起毛)生地での第1号ボディカバーを仕上げさせていただきますので、また少しお時間を頂戴致します。
弊社からの発送の際には改めてご連絡させていただきますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
http://www.nh-cover.jp/
Posted at 2017/12/01 11:28:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
プジョー 3008 プジョー 3008
プジョー 3008(2代目)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご参照くだ ...
ベントレー アズール ベントレー アズール
ベントレーアズールの採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク先をご参照く ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
フォード フォーカス(3代目)RSの採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.