• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

営業時間のお知らせ
9:00~12:00 12:45~17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)
詳しくはホームページ
https://www.nh-cover.jp/)を! お問合わせ・ご注文もホームページからお願い致します。

みん友になってお得に♪
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス!(詳しくはコチラ

このブログについて 
仲林工業にご来社くださったお車の採寸や型出しをメインに記録しております。
できるだけ写真を多めに掲載するよう心がけておりますので、どのようなボディカバーなのか、
見た目や形状、フィット感などをお確かめいただけましたら嬉しいです。
ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります。また、留め具の仕様によっては
フィット感の印象が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Google Play で手に入れよう

アプリにつきまして、現状、まだ工事中につき、サイトのページへ直接飛んだりするページもあります。
2019年中には、より見やすい、情報量もあるきっちりした内容の完成を目指します。

仲林工業株式会社のブログ一覧

2019年07月11日 イイね!

同じ形状・サイズのカバーが、「短い」と思われることについて


ごく稀ではありますが、ボディカバーの使用によって問題が発生したと、お客さまからご報告を受けることがあります。仲林工業では、そのような事態になった際、その原因を追究させていただくとともに、今後、その内容をネット上にて公開することに致しました。
公開することでさまざまなご意見や情報を頂戴できるかもしれませんし、また、仲林工業ボディカバーをご検討されている他のお客さまにとっての情報や判断材料にもなり得ると判断したためです。

※お客さまのお名前はもちろん、特定される場所柄やディーラー店さまの名称は伏せております。



カバーによる問題が起こった内容を記すのはおよそ2年ぶりとなります。
このカテゴリーの記事を掲載してから、同じ問題の発生は減っており、やはり問題の公開、掲載に効果があることを実感しております。

今回は、まったく同じ形状・サイズのカバーを再作成させていただいたのに、お客さまに「サイズが小さい」「丈が短い」と思われることについてです。
2014年6月6日注文のお客さまなのですが、2019年5月22日にまったく同じものを、と再注文くださいました。
2014年当時の指図書は弊社の方で管理しており、まったく同じ形状・サイズでお作りしてお届けさせていただきました。
ところが、翌月(6月17日)になって、お客さまから「丈が短い。特にリアのホイールが覗いているので、ウィングなしのサイズで作成していないか?」というご指摘を頂戴しました。
ちなみにお車はポルシェ 911(996)GT2です。

改めて指図書を確認してもまちがいはなかったこと、また、一番最初に購入いただいたカバーは既に使用年数が5年も経っているので(平均耐久年数の倍になります)、
全体的に車体になじみ、生地も伸びている可能性があることを説明させていただきました。
実は、このような症例は以前からなんども報告されており、実際にサイトでも「
再注文だからこそ起こる問題」として、このように掲載、案内もさせていただいております。

お客さまは納得されず、「古いカバーは最初からタイヤの下までかかっていた」「古いカバーを送るので確認してもらってもいい」とまで申されました。「フロントは4、5cm、リアは7、8cm短い」というのです。会話の途中では、「10cmくらい短い」と申されることもありました。

一応解説させていただきますと、弊社のボディカバーは異なった形状のいくつかのパーツの組み合わせでできております。
その組み合わせはジグソーパズルのようなものです。
どれかひとつでもパーツの形状・サイズが異なれば、そもそも1台のボディカバーとして整わず、縫い上げることができません。
そのため、形状・サイズをまちがえて仕上がることは、基本的にあり得ないのです。
もしちがいがあったとすれば、別車種等、そもそもの型をまちがえて仕上げた場合です。
それをお話させていただいても納得いただけませんでした。

商品の到着からは10日以上が過ぎており、「利用案内」から外れた対応になるのですが、弊社の方から無償にて作り直しをしますと提案させていただきました。
弊社の方は、裁断ミスはないという自信がありましたので、「では、あと何cm、丈が長いものがご希望ですか?」と尋ねると、
5cmか6cmかで悩まれました。
5cmか6cm、丈を長くしたものが、古いカバーと同じサイズになるというのです。

作り直しをさせていただく代わりに、古いカバーと、丈が短いという新しいカバーをお返しいただけないか相談させていただいたところ、
それはOKということで、弊社でも本当にサイズがちがうのか調査させていただくことになりました。

ひとまず作り直し作業へ移行したのですが、ここで問題が発生します。
お客さまが言われるように、5、6cmカバーの丈を伸ばすと、生地の原反幅をそもそも超えてしまうのです。
生地というのは、巻物です。わかりやすく言うと、ガムテープのような状態で納品されます。
原反幅というのは、そのテープで言うところの幅になります。
弊社で扱っております起毛生地の幅は、ずっと昔から約130cm。5、6cm伸ばすと、これを超える寸法になるのです。
あり得ません。お客さまに確認したところ、古いカバーのサイドの丈は継ぎがなく、
原反幅以内で作成されたことにまちがいないことがわかりました。
であれば、古いカバーのサイドの丈は130cm以内で作られていることになります。
しかし、今回、お客さまの申し出通りに作成するならば、130cm以内に収まらないのです。

この内容もお客さまにお伝えさせていただきました。
通常、ここまで申しますと、お客さまも「自分の印象ちがいかな」「何かのまちがいかな」と疑問を抱かれるのですが、
今回はちがいました。
思い込まれているのかどうかわかりませんが、「とにかくカバーの丈が短いことはまちがいない」という主張を変えられません。
物理的にお客さまのご希望の丈で仕上げることは不可能なので、「言われる通り、5、6cm延長すれば、継ぎが出ますが」と伝えましたところ、
「継ぎは作らないでほしい」「(古いカバーは)継ぎ目から裂けた」とのお返事。
どうすることもできません。
「4cmであれば、ギリギリ継ぎなしの原反幅いっぱいでいけますが」と伝えると、それでも渋々といった感じで、「じゃあ、仕方ないので4cmで」と、納得されていないようでしたが、了解を得ることができました。
既に古いカバーとちがうサイズになっているにも関わらず、作り直し作業は開始しておりましたので、そのまま作成のうえ、改めて発送させていただきました。
後日、交換という形で、古いカバーと丈が短いとされる新しいカバーがやってきました。

そして、そのふたつが本当にサイズがちがうのかという検証を行った結果が以下です。

alt

左が、丈が短いとされるカバー、右が、5年使用いただいた古いカバー。

alt

alt

カバー内側には該当車種のメモを鉛筆書きで行っております。
最近は、弊社にしかわからない暗号の数字と車種名だけで、簡易化されています。

それぞれ糸を解いて、パーツを展開していきます。

alt

まずは古いカバーです。
そこに、新しいカバーを重ねてみました。

alt

伸びも縮みもしていませんでした。

細かなパーツを見てみます。

alt

細長いパーツがありますが、上がうしろマチ、下が前マチになります。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。

こちらも、サイズは同じです。

alt

alt

フロント部分。

alt

ちょうど、長さ5cmの「リラックマ付箋」があったので、わかりやすく添えて掲載していきます。

alt

alt

alt

リア部分の丈。まったく一緒です。

alt

alt

alt

alt

中央(胴部分)の丈も同じでした。

自ら言うのも何ですが、5年ぶりのすべて手作業による工程を経た再作成にしてはぴったりで、どの個所にも1cm以上の誤差は見当たりませんでした。

弊社のミスではなく、すべてお客さまによる勘違いであることがわかりました。

上記のリンク先でも解説しておりますが、人間の記憶というものは少なからず変化します。
5年使用して生地が車体に馴染み、くたびれ、結果的にカバーの丈が下りて新しいカバーの丈が短いと感じられるのは自然なことでありますが、「古いカバーも新しい時からタイヤの下までかかっていた」というのは、お客さまの記憶が改竄されたという証拠です。

「実際に、比較するように部分部分の寸法を測っていただけたら、同じであることがわかるはずですよ」とお伝えさせていただいたのですが、今回のお客さまは、それもしていただけなかったのでしょう。
繰り返させていただきますが、弊社のミスではなく、お客さまの記憶、印象がちがっていたということです。
「特にリアのホイールが覗いている」というのも、新しいカバーでまだ締まっており、馴染んでいないにもかかわらず、古いカバーの状態のようにフロントからしっかりかけたくて、全体的にカバーが前寄りになっていたのだと予想します。

まったく同じサイズ・形状でお作りさせていただいているにもかかわらず、「丈が短い」と連絡を頂戴することは、だいたい1年に1度くらいの頻度であります。
説明させていただくと、ほとんどのお客さまは納得していただけるのですが、今回のように納得されず、やがては当初の目的と異なった希望の寸法を要求される方もおられます。
その都度対応してきましたが、結果はいつも同じでした。カバー自体の寸法にまちがいはないのです。

今回のお客さまに対しましては、今後販売は行わないという方向になりますが、
問題は、変化するお客さまの記憶、印象をどう訂正するか、ということになりす。これは非常に難しい問題です。
放棄するつもりはありませんが、ひとつの課題として今後、引き続き検討してまいります。


2019年7月11日 12:25 追記 今回の内容、2台とも返してくださったお客さまに、メーカーとしてご連絡すべきと考えお電話もさせていただきました。
カバーの形状・サイズが同じであることを伝えると、「そうですか」というお返事でした。
弊社のミスではなく、5年使い込んだ結果によるちがいであることを説明すると、お客さまも「自分にも非はない」「クレーマーと思われている」というお返事でした。
クレーマーと思ってもおりませんでしたので(逆にクレーマーであれば、こちらもわざわざ忙しい中時間を割いて結果の報告もしておりません)、それを否定しても、「そうとしか聞こえない」と。肝心のなぜ今回のような展開になったのか、メーカーとしてはまったく同じものを作り、送らせていただいたにもかかわらず、作り直しに至ったのかを理解していただきたい部分もあったのですが、最後まで話が噛み合うことはありませんでした。
今回のお電話でも「2014年のときからタイヤの下までかかっていた」と申されました。また、「伸びたんでしょ」と繰り返し申されたのですが、「伸びた」と思うのであれば、2014年当初はカバーのすそがその「伸びた」分だけ地面から離れていたことになり、私にとっては矛盾したお答えで、どこから納得いただける道筋を見つければいいのか、探り探りのお話でした。
例え「伸びた」としても、再注文の際はメーカーはその「伸びた」分を考慮し、5年使用した状態を予測し、その状態と近い、もしくは近しいとお客さまの納得できるレベルに作成すべきというお考えだったのでしょうか。そうだとすれば、無理難題ですし、もし可能であったとしても、そのくたった状態を避けられたいお客さまもおられますので、できません。

2019年07月08日 イイね!

みんカラ『お友達』さま限定! 中古ボディカバーの無償提供サービス【第11回】


中古ボディカバーの無償提供サービス【第11回】のご案内です。

追記:7月11日 18:07をもちまして、今回の応募は締め切らせていただきました。

今回のカバーは、BMW M3(E92)クーペになります。
以前に採寸しました記事を引用しますと、下記のお車が対象のカバーになっております。





仕様は、TT-9000(裏起毛)生地膨らみ防止の通気筒1対2個装備、留め具はすそ紐絞り加工×腹下通しの2.8メートル留め具(右後ろで絞る)、
価格は、42,100円のものとなっております。

【中古になってしまった事情】
リピーターのお客さまで、お電話による再注文だったのですが、お名前を添えて「2年前に購入したM3ロードスターをもう一度」とお伝えくださったきり、
急がれているのか、通話をお切りになられました。
通常、弊社では再注文の場合、過去の資料を引っ張り出し、それを参照しながら再度お客さまと確認のお話をさせていただくのですが、
その手間を歓迎されない感じでしたので、
弊社の方で、2年前に注文いただいたM3クーペのカバーを再度、お作りさせていただきました。
その後、受領されたお客さまから、「車種がちがう」と連絡を受け、確認しましたところ、M3ではなく、Mロードスターを4年前にも注文くださっており、
今回必要だったのは、その4年前のMロードスターということが判明しました。

「M3ロードスター」と聞いた時点で、うちのスタッフも少し違和感を覚えたようなのですが、
改めてきちんと確認を行わなかった弊社のミスと受け取っております。
お客さまが多少、嫌に思われても、違和感を覚えた以上はきっちりと確認の時間を割いていただくべきでした。
すぐにMロードスターのカバーを作り直し、送らせていただいたのですが、
今回のカバーは、その際に交換で戻ってきたM3(E92)クーペ、ノーマルサイズのカバーになります。


★カバーの状態はかなり良好で、すそ部分や生地表面にほんの少し汚れが見受けられるものの、使用にはまったく問題のないレベルです。

資料写真を撮りましたので、掲載します。













こちらのカバーをきれいに梱包し、無償提供させていただきます。

応募方法ですが、この記事へのコメントをお願いします(「希望します」等の簡単なコメントでOKです)
そして、コチラ(←クリックしてください)の内容をご理解くださいましたみんカラ『お友達』さま限定とさせていただきます。

それでは、募集開始させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

追記:7月11日 18:07をもちまして、今回の応募は締め切らせていただきました。



★ご当選者さま:Excelのランダム関数による公正な抽選の結果、take-hiro さまがご当選となりました。

誠にありがとうございました!
Posted at 2019/07/08 18:35:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | お得情報・企画情報 | 日記
2019年07月05日 イイね!

トヨタ カローラルミオン、採寸&装着確認(完成)


昨日から本日にかけて、トヨタ カローラルミオンにご来社いただきました! お持込みくださいましたお客さま、誠にありがとうございます。
2007年~2015年いっぱいまで販売されておりますカローラシリーズの通称「ルミオン」、なかでも最終型のOn B Limitedになります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

ルミオン発売当初から採寸を行い、専用タイプとして販売をつづけてきたのですが、
当時の採寸技術によるフィット感の甘さが気になっており、機会があれば現在の採寸技術による型の改良を希望しておりました。
(この度、改良作業にお声がけくださいましたお客さま、誠にありがとうございます)

それまでの型には触れず、採寸から開始。
第1回サンプルカバーで全体的にフィット、フロントとリア部分を詰めた第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透にも影響します。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。

カバーのすそが短めになりましたので、

全体的に丈を 5cm延長

上記1点、修正して型にしております。実際の製品はこの写真よりももう少ししっかりと被るものになっておりますので、ご留意くださいませ。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt 

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、
お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(アンテナ袋装備代、+3000円です)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「アンテナ袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

お客さま、この度はご足労くださり、誠にありがとうございました! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には、改めてご連絡させていただきます。
またよろしければ、別車種のご相談もください!
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2019/07/05 22:28:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良報告 | 日記
2019年07月02日 イイね!

トヨタ RAV4、採寸&装着確認(完成)


本日からトヨタ RAV4にご来社いただいております! お持込みくださいましたお客さま、日頃より弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
1994年から発売されておりますトヨタのクロスオーバーSUV RAV4、なかでも2018年から発売されております(5代目)XA50型のRAV4になります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ
フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ
ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、
第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
フロントとリア部分のゆとりを削った第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ「あり」の型になりました。
マチとは?
車の横面に対する生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです
(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透にも影響します。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、
その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、
マチを入れたりしております。
うしろマチは「なし」となる車種が多いのですが、
今回は、フィット感の崩れによりマチ必須となりました。

こころもちカバーのすそが短めになりましたので、

全体的に丈を 2cm延長

上記1点、修正して型にしております。実際の製品はこの写真よりももう少ししっかりと被るものになっておりますので、ご留意くださいませ。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt 

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししております。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、
弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、
お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、
弊社で装備してからお渡しすることが可能です(アンテナ袋装備代、+3000円です)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、備考欄に「アンテナ袋(+3000円)希望」とお書きください。
3000円アップした料金に修正し、メールにてご連絡させていただきます。

alt

alt

しかし今回のRAV4に関しましては、両端のルーフレールで多少持ち上がることもあって、アンテナによる張りはそれほど感じられません。
弊社としましては、アンテナ袋「なし」を推奨致します。

お客さま、この度はご足労くださり、誠にありがとうございました! 明日、TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバーの仕様について改めてご説明させていただきます。
お忙しいなかお手数をお掛け致しますが、お待ちしておりますので、どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ボディカバーのご注文はコチラからお受けしております
■ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、45年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
採寸にご協力くださいましたお客さまの代車として活躍中です。 実車お持込くださった方どなた ...
ホンダ バモスホビオ ホンダ バモスホビオ
我々の仕事の足となってくれているホビオ君です。 仕事柄、たくさんの車種に合いに行っていま ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2010年09月16日。日頃よりお世話になっておりますディーラー店さまにお邪魔して、装着 ...
ホンダ エリシオン ホンダ エリシオン
2010年09月28日。日頃よりお世話になっておりますホンダの工場にお邪魔させていただき ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.