• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、50年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ
このブログについて
お車の採寸や型出しをメインに記録しています。写真を多めに掲載するよう心がけていますので、どのようなボディカバーか、見た目や形状、フィット感等をお確かめください。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります(結果的に横生地に継ぎ目が入ることもあります)。また留め具の仕様によってはフィット感の印象や縫製が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業のフォロー・リムーブの指標

仲林工業株式会社のブログ一覧

2021年01月29日 イイね!

トヨタ GRヤリス、完成品の装着確認(完成)

トヨタ GRヤリス、完成品の装着確認(完成)今週はトヨタ GRヤリスにご来社いただきました! お客さま、いつも遠方からご足労いただき、誠にありがとうございます。
2020年9月から発売されております、ハッチバッククーペ型のスポーツカー、トヨタ GRヤリス。GR PERFORMANCE PARTSのスポイラーが装着されています。

今月初めに型出しを完了しているのですが(その時の製作日誌はコチラ、今回は完成品の装着確認のためにご来社くださいました。
サンプル時とカバー形状は同じなのですが、生地の厚みやカラーが異なることから、全体的な雰囲気がちがって見えるかと思います。
参考にシルエットをアップ致します。

また今回、GR PERFORMANCE PARTSのスポイラーに対してエアロ〔すそ周り〕もサイズアップしていますので、合わせてご確認ください。





完成品は、「膨らみ防止の通気筒」2対4個装備、また留め具「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」仕様で仕上げました。
すそ紐絞り加工の留め具の位置は、既定の「右後ろ」になっています。コチラの図を参照に、留め具の位置を変更できますので、ご注文される際はご参考くださいね。
そして、「引っかけハンドル」と「バックルポケット」も装備。

使用には万全のボディカバーとして仕上がっています。装着シルエットを掲載します。









サンプルの時はやや余っていたルーフスポイラー両端のゆとりも、見越した通り、張りが分散され気にならないかたちになりました。





腹下通しの2.8メートル留め具」を締めた状態のものも掲載します。











右下の方で、すそ紐絞り加工の紐が、「引っかけハンドル」に絡まっています。
簡易ではありますが、これなら地面に垂れ落ちず、すぐに汚れてしまうこともありません。
このような感じで留めてくださいね!

アンテナによる張りも、それほど大きくはありません。







真後ろから確認しても、やはりアンテナ袋は「なし」の方が良いですね。

お客さま、かねてよりご愛顧いただき誠にありがとうございます! お持込みに関しましても、またご機会ございましたら、お声がけいただけましたらうれしいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/01/29 19:02:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 現場からの作業レポート | 日記
2021年01月22日 イイね!

スバル レヴォーグ(2代目)、採寸&装着確認(完成)

スバル レヴォーグ(2代目)、採寸&装着確認(完成)今週はスバル レヴォーグにご来社いただきました! お持込みくださいましたお客さま、以前よりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度もご足労いただき、御礼申し上げます。
2014年から発売されていますスバル レヴォーグは2020年からの(2代目)STI Performance Packageの装着されたSTIスポーツです。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
リア部分を重点的に詰めた第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

レヴォーグのアンテナですが、小型ではないものの、そこまでの鋭さはありません。

alt

alt

多少張りはするものの、例え屋外保管であったとしても、アンテナ袋「なし」の方が良いかな、、、という印象です。

<オーダー時のアドバイス>
今回のレヴォーグは、STI Performanceのアクセサリーが装着されています。
Traditional Sporty、またDynamic & Stylishのアクセサリーが装着されていても、今回の形状・サイズで適合可能です。
これらのアクセサリーを削ったものをノーマルサイズとして設定致しますので、アクセサリーが装着されている場合は、サイズアップ(加工)をお忘れなくお願い致します。
ただ、Traditional Sportyのウエストスポイラーは付いていてもいなくてもそのままフォロー可能です。

お客さま、この度も誠にありがとうございました! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には、改めてご連絡させていただきます。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/01/22 18:09:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2021年01月18日 イイね!

ダッジ チャレンジャー '19・'20モデル SRTヘルキャット、採寸&装着確認(完成)

ダッジ チャレンジャー '19・'20モデル SRTヘルキャット、採寸&装着確認(完成)先週末はダッジ チャレンジャーにご来社いただきましたので、その時のようすをレポート致します。お持込みくださいましたお客さま、いつも弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます!
2019年頃から発表されています'19・'20モデルのダッジ チャレンジャー、グレード:SRTヘルキャットです。
1日仕上げコース」で型の完成を目指します。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

alt

以前に採寸しました(3代目)ダッジ チャレンジャー(その時の製作日誌はコチラ)のサンプルが残っていましたので、試着してみたところ、全体的にフォローできたものの違和感が。
部分的に微調整を行い、改めて作成したサンプルカバーできれいにフィット。
さらにリア部分を詰めて完成です。

装着シルエットを掲載します。













うしろマチ「あり」の型になりました。
マチとは?
車の横面に対する生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。
うしろマチは「なし」となる車種が多いのですが、今回は、フィット感の崩れによりマチ必須となりました。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(レクサス LS460にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

ただ、今回お持込みいただきましたSRTヘルキャットのアンテナは平たく、盛り上がりはするものの負荷はそれほどありません。





このアンテナに対しましては、どのような保管環境であってもアンテナ袋は「なし」が良いでしょう。

お客さま、この度もご足労くださり誠にありがとうございました! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には、改めてご連絡させていただきます。
今後ともご愛顧いただけましたらうれしいです。
どうぞよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/01/18 15:39:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2021年01月15日 イイね!

仲林工業オリジナルBOX(段ボール箱)における付属品(ベルトパック)の状態について、ご意見いただけましたら幸いです

仲林工業オリジナルBOX(段ボール箱)における付属品(ベルトパック)の状態について、ご意見いただけましたら幸いですご注文いただきましたボディカバーは、コチラで詳細を掲載しています仲林工業オリジナルBOX(段ボール箱)で梱包してお届けしています。
それまでごく普通の段ボール箱だったのを、2018年2月に「腹下通しの2.8メートル留め具」のベルトパックを上蓋のコの字に曲がった部分に嵌め、開封時にわかりやすいよう改良致しました。

改良前は、箱の底に落ち込んでしまい、BOXを受け取られたお客さまが「ベルトが見当たらない」と慌てられないよう改良したつもりだったのですが、この頃、疑念が、、、

この写真のように嵌まった状態で、お客さまのお手元にきちんと届いておりますでしょうか?

alt

と言いますのも、商品到着した際の御礼のメールやお電話をほぼ毎日頂戴するのですが、たまに、やりとりさせていただくなかで、上蓋の四角い穴は何か意味があるのか質問される方がおられます。
「四角い穴」ということは、、、嵌まった状態ではなく、穴から落ちてしまっていますよね。。。

配送トラックの振動等により、落ちてしまうこともあるかと思いますが、嵌まった状態できちんとお客さまの元に届いているのは、いったいどれくらいの割合なのだろうと、疑問に感じています。
そこでこの2年間にカバーを受け取ってくださったお客さまにお尋ねしたいのですが、いかがでしたでしょうか。
付属のベルトパックは写真のように嵌まった状態でありましたでしょうか、それともやはり、箱の底へ落ち込んでしまっていたでしょうか?

ご意見、頂戴できましたらうれしいです。
場合によっては、改めてBOXの改良を検討しています。どうぞ、よろしくお願い致します!

2021年01月27日 10:04 追記 この度はコメントくださり、誠にありがとうございました!
改めて検討しているのですが、専用ボディカバーということでそれぞれ商品となるカバー容量が毎度異なり、段ボール箱の蓋となる部分にうまく細工をするのにも限界があります。
また現在の構造+ベルトパックを挟み込んだ際にテープで留めるという案が社内で出たのですが、配送の際にまれに発生する過酷な状況から考えるに、それでもテープが外れ、するとその粘着物質が台紙や取扱説明書、またビニールやカバー本体に付着する可能性も否めず、私個人的にはどうしても避けたいものでした。

現在の構造により、特に問題が発生したわけでもありませんので、しばらくはこの構造のままのお届けをつづけようかという結論で、一旦、落ち着きました。
お声、ご意見くださいました皆さま、誠にありがとうございました。
オリジナルBOXのより良い改良につきましては、もちろん今後も常に検討していきますので、その際の参考として頂戴させていただきます。
改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
2021年01月13日 イイね!

トヨタ アルファード(3代目)後期型、装着確認(完成)

トヨタ アルファード(3代目)後期型、装着確認(完成)先週末はトヨタ アルファード(3代目)にご来社いただきましたので、その時のようすをレポート致します。お持込みくださいましたお客さま、誠にありがとうございます!
2015年から発売されております(3代目)トヨタ アルファード、なかでも2017年末にマイナーチェンジされた、後期型になります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

アルファード(3代目)は、ヴェルファイア(2代目)から採寸した型で共通の専用タイプとして製作してまいりました。
形状的に等しく、また前期、後期ともにおおきな違いがなかったことから、特に問題が起こることはなかったのですが、ノーマルのアルファードに装着した資料がなかったことから、今回、改めて装着確認をさせていただくことになりました(機会をくださいましたお客さま、ありがとうございます)。

サンプルカバーは、ヴェルファイア(2代目)から採寸(その時の製作日誌はコチラ)した型で、エアロ分を削ったノーマルサイズで作成したもの。
もちろん、問題なくフィットです。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

ルーフスポイラー部分はもっと詰めることも可能なのですが、着脱の余裕を見越して、あえてゆとりを持たせています。

alt

alt

うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

alt

alt

ただ、この補助ミラー含め、ドアミラーのほうも若干のズレが見られましたので、それぞれのミラー袋の位置だけ、修正させていただきました。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

アルファードのアンテナですが、小型ではないものの、そこまでの鋭さはありません。

alt

alt

多少張りはするものの、例え屋外保管であったとしても、アンテナ袋「なし」の方が良いかな、、、という印象です。

<オーダー時のアドバイス>
冒頭で「問題が起こることはなかった」と記しているのですが、唯一アルファードに使用されたお客さまから、このような報告を頂戴したことがあります。
(カバーの形状的な問題というよりは、「すそ紐絞り加工」の問題になります)

アルファードのマフラー的に「すそ紐絞り加工」の紐がほつれてしまったのではないかということにつきまして、今回、改めて調べさせていただきました。

alt

alt

確かに、「すそ紐絞り加工」のストッパーが位置する付近にマフラーがあります。
マフラーの切り口によって紐がダメージを受け、結果的にほつれてしまった可能性は否めませんが、ただそうなるには紐が重力とは逆の方向(天)に向かって持ち上がらなければ、そもそも干渉致しません。
また、これに似た状態は他の車種でも多くあることで、、、
言えることはやはり、問題となってしまったアルファードのお客さまの場合は、保管環境的にかなり風の吹きつけが強かったのではないかと感じます。
アルファード、ヴェルファイアともに、これ以外で、紐について何かあったという報告を受けたことはありません。

もっとも、車両の左後ろにはマフラーはありませんので、お車の後方、左右どちらにも立ち入れる場合でしたら、アルファード、ヴェルファイアの場合は、「C:左後ろ」へ絞り位置を変更される方が無難であると感じます。
ご注文の際の参考になりましたら幸いです。

お客さま、この度はご足労くださり、誠にありがとうございました! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には、改めてご連絡させていただきます。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/01/13 19:01:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、50年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2021/1 >>

     12
34 56 789
101112 1314 1516
17 18192021 2223
2425262728 2930
31      

愛車一覧

BMW X5 BMW X5
BMW X5(3代目)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご参照ください。
ジャガー XF ジャガー XF
ジャガー XF(2代目)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご参照ください。
アウディ RS Q3 アウディ RS Q3
アウディ RS Q3(2代目)F3型の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご ...
マツダ MPV マツダ MPV
マツダ MPV(3代目)後期型の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリンク ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.