• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
創業昭和47年、50年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です!

お問合わせやご注文はサイト(nh-cover.jp)からお願いします。
営業時間:9:00-12:00 12:45-17:00 (土日祝はお休みです。お盆・正月休み、臨時休暇あります)


みん友になってお得に
フォローによりみん友になりましょう。お得なサービスが受けられるチャンス! 詳しくはコチラ
このブログについて
お車の採寸や型出しをメインに記録しています。写真を多めに掲載するよう心がけていますので、どのようなボディカバーか、見た目や形状、フィット感等をお確かめください。ただ実際の製品は、写真よりもカバーの丈が調整されている場合があります(結果的に横生地に継ぎ目が入ることもあります)。また留め具の仕様によってはフィット感の印象や縫製が多少、異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
採用情報
ちょっと変わった会社、仲林工業でともにお仕事しませんか? 詳しくはコチラ

仲林工業のフォロー・リムーブの指標

仲林工業株式会社のブログ一覧

2021年09月29日 イイね!

スバル BRZ(2代目)ZD8型、採寸&装着確認(完成)

スバル BRZ(2代目)ZD8型、採寸&装着確認(完成)今週前半はスバル BRZにご来社いただきました! お持込みくださいましたお客さま、日頃より弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
2012年から発売されていますスバル BRZは(2代目)ZD8型になります。STIパフォーマンスのアンダースポイラーとカーボンリヤスポイラーが装備されています。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
リヤスポイラー周辺を詰めた第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(レクサス LS460にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

もっとも今回はカーボンリヤスポイラーで持ち上がることもあり、アンテナによる負荷はほとんどありません。

alt

alt

いずれにしても、アンテナ袋は「なし」がオススメです。

また、リアウィングのこの部分。
サイドの縫い目ラインを凹ませることで雨水や埃等がこぼれ、ルーフ後方とリアウィングの間に溜まりにくいよう設計しています。

alt

alt

<オーダー時のアドバイス>
お持込みいただいたBRZは、STIパフォーマンスのアンダースポイラーとカーボンリヤスポイラーが装備されています。
STIアンダースポイラーにつきましては、ノーマルサイズへの調整も可能なのですが、リヤトランク、つまりカーボンリヤスポイラーの装備されていないノーマル形状への調節が、スポイラーのボリューム的に不可となります。
そのため、今回の型はあくまでカーボンリヤスポイラーの装備されたBRZが対象となります。
ちなみにSTIアンダースポイラーの装備されていない(STIカーボンリヤスポイラーのみ装備)場合は、この写真よりもカバー丈が全体的に2cm短くなります。

お客さま、この度も遠方からご足労くださり誠にありがとうございました! 日頃よりご愛顧いただき、本当にありがとうございます。改めて御礼申し上げます。
またご機会ございましたら、お声がけいただけましたらうれしいです。
TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には改めてご連絡させていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/09/29 17:16:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2021年09月27日 イイね!

台風16号に、皆さまご警戒くださいませ

台風16号に、皆さまご警戒くださいませ現在、強い勢力の台風16号(ミンドゥル)が強風域を拡大して大型となり、沖ノ鳥島近海を北北西に進んでいるようです。
この後も北上をつづけて、今週金曜には伊豆諸島近海を通過、大型かつ非常に強い勢力のため、中心から少し離れる関東や東海でも荒れた天気になることが予想されています。

皆さまにお怪我や事故がないこと、安全優先であることはもちろんのことなのですが、強風(嵐や台風)時のカバーの使用についてまとめたものを、いまいちどご案内させていただきます。
以前にも掲載しました内容と重複致しますが、ご対処いただくことで、お車の保護にひと役買いますので、ご存知の方もおさらいとして目を通していただけましたら幸いです。

<リアルタイムで皆さまにお伝えできるブログですので、今後は全国的な天候・天災の状況を注視しながら、その都度、カバーの使用についてこのような情報発信を行うつもりです。
ご不安の絶えない、大変な状況かと思いますが、仲林工業カバーをご使用くださっているお客さまへ、お車に対する心配事をひとつでも減らせることができましたら幸いです>



強風(嵐や台風)時、どうすべきか?

基本的にカバーの使用は避ける

台風や嵐などはもちろん、強風のときは基本的にカバーの使用はご遠慮ください。
留め具が風に耐え切れず千切れたり緩んだりした場合、カバーがめくれあがる等してバタつきを生じさせ、ボディへの擦れ、衝突を招いて傷の原因となるからです(これは「ボディカバー使用上の注意」にも記載しております)。
しかし、そのデメリットよりも、強風によって飛んでくる木の枝や障害物等から守るため、あえて強風時にも装着される方はおられます。
強風時のカバーの使用はあくまで自己責任のもと、充分なご注意、ご配慮のうえお願い致します。

強風時にも使用されるには、カバーの留め具がもっとも強い「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」であることが前提となりますので、その留め具のオススメ使用方法を紹介致します。

alt

上の写真は、普段の力で「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」を留めています。
ボディからめくれ上がっていないものの、サイド(ドア部分)が風をはらんで、大きく膨らんでいます。そのため、風が吹きつけるたびにバサバサと音をたててはためいています。

alt

外部からの障害物の衝突には備えられそうですが、カバー生地との摩擦が気になります。
特に、写真の赤い矢印で示したサイド部分。わかりにくいですが、実際は、カバーのすそが持ち上がり、「腹下通しの2.8メートル留め具」のベルトが直接ボディのサイドステップ部分に当たってしまっています。
この状態がつづけば、ベルトとボディサイドが擦れつづけ、結果的に傷が付くかもしれません。

ここからがポイントです。
すそ紐絞り加工」の紐を強く絞りきるのはもちろんですが、絞ってストッパーでロックした後、そのストッパーが後退しないよう、簡単に解ける「だんご結び」をストッパーのすぐ下に作ります。
カバーがバサバサとばたついていると、振動でストッパーが徐々に緩んでいってしまう可能性があるので、それを防止するためです。
そのうえで、「腹下通しの2.8メートル留め具」を、左右、片側ずつから完全に絞りあげます。
「腹下通しの2.8メートル留め具」のプラスチックのバックルは、リュックサックやポシェットによく付属している部品と同じですので、コツさえつかめば簡単に絞ることができます。

alt

カバーのすそがしっかりと固定され、サイドが強く抑え込まれました。
これでも多少の風はカバー内に吹き込みますが、強風時にカバーを使用する状態としてはベストです。

お客さまからお聞きした、事前対策

(台風時にどうしてもカバー装着したいというお客さまが実践されている、事前の対策です。仲林工業が推奨している方法ではありませんので、あくまで自己責任のうえご参考ください)

ストレッチフィルム(梱包用ラップ)を使う
普段と同じくカバーを装着、留め具も絞った後、車を覆ったカバーをそのうえからストレッチフィルム(梱包用ラップ)で全体的にぐるぐるとくるむように巻きつけます。ストレッチフィルムは伸縮性があり、これは弊社でも有効な手段と感じます。ただ、通気性が失われる可能性があるため、台風が過ぎた後はすぐに解く必要があります。ストレッチフィルムは大型ホームセンターでも購入可能です。


(エスエス産業株式会社さまの動画を掲載させていただいております)


ミラー袋部分をバンドにより固定
カバーの留め具をしっかり絞ったうえで、ミラー袋のうえからミラーの付け根をゴムバンドでぐるぐる巻いて固定する方法です。横面の生地の揺らぎが減る分、留め具にかかる負荷も分散されるとのこと。原理としては仲林工業も納得です。ミラー自体への傷や負担に注意すれば、充分アリな方法と考えます。

強力マグネットシートを貼る
普段時のようにカバーを装着、留め具も装備した後、カバー生地のうえから強力で大型のマグネットシートを貼って固定します。
こちらは生地越しであってもしっかりと力を発揮するだけの強力なマグネットであること、またサイズが必要と思われます。カバー自体の揺れによってはマグネットシートがだんだんとズレていき、やがては外れてしまう可能性もあるため、使いこなすにはコツを要するでしょう。保管環境、また車体形状にも効果は左右されるので、上級者向きの方法とも言えます。


以上のようなご案内となります。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。
2021年09月17日 イイね!

トヨタ アクア(2代目)、採寸&装着確認(完成)

トヨタ アクア(2代目)、採寸&装着確認(完成)今週はトヨタ アクアにご来社いただきました! お持込みくださいましたお客さま、以前より弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
2011年から発売されていますトヨタ アクアは2021年からの(2代目)MXPK1#型になります。

仲林工業では、フルモデルチェンジした国産の新型車(トラック・バス・バイク・福祉車両等以外)や、
メルセデス・ベンツ / AMG / BMW / BMWアルピナ / アウディ / フォルクスワーゲン / ポルシェ / ジャガー / MINI / ローバー / フェラーリ / アルファロメオ / ルノー / プジョー / ボルボ / シボレー / フォード / クライスラー
上記海外メーカーのフルモデルチェンジした新型車を常に求めております。
まだ仲林工業に型が無い場合、採寸にご協力いただけましたら、第1号ボディカバーを無料でプレゼントさせていただくキャンペーンを実施中です(詳しくはコチラ)。

alt

alt

第1回サンプルカバーで全体的にフィット。
リア周辺を重点的に詰めた第2回サンプルカバーで完成です。

装着シルエットを掲載します。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

alt

うしろマチ「なし」の型になっています。
マチとは?
横生地と天井を走る生地の間、コーナー四隅に入っている細長い三角の生地のことです(車種形状により、四隅に入っていないものもありますが、だいたい、四隅にこのマチがあります)。
もっとわかりやすく知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。
ページ後半から、灰色の生地にて縫いつけてある部分(パーツ)のことを「マチ」と呼びます。
出来るなら、このマチは無い方がボディカバーとしては良いです。
ミシンの縫い目が減ることで、その分、老朽化が遅れるからです(縫い目があると、糸が解けたり、切れたりして、どうしても老朽化の原因になってしまいます)。
また、雨水などの浸透も少なくなります。

ただ、お車の形状により、マチを無くすことでフィッティングが崩れる場合もあります。
フィッティングが劣ってしまってもいけないので、その場合はどちらがベストかよく検討したうえ、マチを入れたりしています。

また、アンテナに対しアンテナ袋を付けた場合、下記のようなイメージとなります(マツダ CX-3にアンテナ袋を装備した際の写真です)。

alt

alt

仲林工業では、アンテナに対しては最初、加工せず(アンテナ袋を付けず)にお作りし、お客さまへお渡ししています。
アンテナ袋の装備をご希望の場合は、お客さまのお手元へ到着してから、印を付けていただき、弊社まで返していただくことが必要となります(詳しくはコチラ)。

ただ、今回のようにアンテナ位置を計測している車種に限りましては、お持込みいただいた外観形状と同じ場合、位置がずれることがありませんので、弊社で装備してからお渡しすることが可能です(別途料金がかかります)。
しかし、アンテナ袋の「あり」「なし」には、それぞれメリット、デメリットがありますので、装備の際は、コチラをよくご確認のうえ、お決めくださいね。
装備ご希望の場合は、ご注文時の「備考」欄に「アンテナ袋希望」とお書き添えください。
確認後、料金を訂正し、メールにてご連絡させていただきます。

アクアのアンテナですが、小型ではないものの、そこまでの鋭さはありません。

alt

alt

多少張りはするものの、例え屋外保管であったとしても、アンテナ袋「なし」の方が良いかな、、、という印象です。

お客さま、いつもご足労くださり、誠にありがとうございます! TT-9000(裏起毛)生地による第1号ボディカバー発送の際には、改めてご連絡させていただきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い致します!


ご注文はサイトからお受けしております。
ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業
https://www.nh-cover.jp/
Posted at 2021/09/17 17:48:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新作完成シルエット | 日記
2021年09月14日 イイね!

台風14号に、皆さまご警戒くださいませ

台風14号に、皆さまご警戒くださいませ現在東シナ海で停滞している台風14号(チャンスー)が、16日(木)午後には気圧の谷と一体化するかたちで東へ進路を変え、日本海方面へ向かうと予想されています。
結果、西日本から北日本の各地で大荒れとなる恐れがあるようです。

皆さまにお怪我や事故がないこと、安全優先であることはもちろんのことなのですが、強風(嵐や台風)時のカバーの使用についてまとめたものを、いまいちどご案内させていただきます。
以前にも掲載しました内容と重複致しますが、ご対処いただくことで、お車の保護にひと役買いますので、ご存知の方もおさらいとして目を通していただけましたら幸いです。

<リアルタイムで皆さまにお伝えできるブログですので、今後は全国的な天候・天災の状況を注視しながら、その都度、カバーの使用についてこのような情報発信を行うつもりです。
ご不安の絶えない、大変な状況かと思いますが、仲林工業カバーをご使用くださっているお客さまへ、お車に対する心配事をひとつでも減らせることができましたら幸いです>



強風(嵐や台風)時、どうすべきか?

基本的にカバーの使用は避ける

台風や嵐などはもちろん、強風のときは基本的にカバーの使用はご遠慮ください。
留め具が風に耐え切れず千切れたり緩んだりした場合、カバーがめくれあがる等してバタつきを生じさせ、ボディへの擦れ、衝突を招いて傷の原因となるからです(これは「ボディカバー使用上の注意」にも記載しております)。
しかし、そのデメリットよりも、強風によって飛んでくる木の枝や障害物等から守るため、あえて強風時にも装着される方はおられます。
強風時のカバーの使用はあくまで自己責任のもと、充分なご注意、ご配慮のうえお願い致します。

強風時にも使用されるには、カバーの留め具がもっとも強い「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」であることが前提となりますので、その留め具のオススメ使用方法を紹介致します。

alt

上の写真は、普段の力で「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」を留めています。
ボディからめくれ上がっていないものの、サイド(ドア部分)が風をはらんで、大きく膨らんでいます。そのため、風が吹きつけるたびにバサバサと音をたててはためいています。

alt

外部からの障害物の衝突には備えられそうですが、カバー生地との摩擦が気になります。
特に、写真の赤い矢印で示したサイド部分。わかりにくいですが、実際は、カバーのすそが持ち上がり、「腹下通しの2.8メートル留め具」のベルトが直接ボディのサイドステップ部分に当たってしまっています。
この状態がつづけば、ベルトとボディサイドが擦れつづけ、結果的に傷が付くかもしれません。

ここからがポイントです。
すそ紐絞り加工」の紐を強く絞りきるのはもちろんですが、絞ってストッパーでロックした後、そのストッパーが後退しないよう、簡単に解ける「だんご結び」をストッパーのすぐ下に作ります。
カバーがバサバサとばたついていると、振動でストッパーが徐々に緩んでいってしまう可能性があるので、それを防止するためです。
そのうえで、「腹下通しの2.8メートル留め具」を、左右、片側ずつから完全に絞りあげます。
「腹下通しの2.8メートル留め具」のプラスチックのバックルは、リュックサックやポシェットによく付属している部品と同じですので、コツさえつかめば簡単に絞ることができます。

alt

カバーのすそがしっかりと固定され、サイドが強く抑え込まれました。
これでも多少の風はカバー内に吹き込みますが、強風時にカバーを使用する状態としてはベストです。

お客さまからお聞きした、事前対策

(台風時にどうしてもカバー装着したいというお客さまが実践されている、事前の対策です。仲林工業が推奨している方法ではありませんので、あくまで自己責任のうえご参考ください)

ストレッチフィルム(梱包用ラップ)を使う
普段と同じくカバーを装着、留め具も絞った後、車を覆ったカバーをそのうえからストレッチフィルム(梱包用ラップ)で全体的にぐるぐるとくるむように巻きつけます。ストレッチフィルムは伸縮性があり、これは弊社でも有効な手段と感じます。ただ、通気性が失われる可能性があるため、台風が過ぎた後はすぐに解く必要があります。ストレッチフィルムは大型ホームセンターでも購入可能です。


(エスエス産業株式会社さまの動画を掲載させていただいております)


ミラー袋部分をバンドにより固定
カバーの留め具をしっかり絞ったうえで、ミラー袋のうえからミラーの付け根をゴムバンドでぐるぐる巻いて固定する方法です。横面の生地の揺らぎが減る分、留め具にかかる負荷も分散されるとのこと。原理としては仲林工業も納得です。ミラー自体への傷や負担に注意すれば、充分アリな方法と考えます。

強力マグネットシートを貼る
普段時のようにカバーを装着、留め具も装備した後、カバー生地のうえから強力で大型のマグネットシートを貼って固定します。
こちらは生地越しであってもしっかりと力を発揮するだけの強力なマグネットであること、またサイズが必要と思われます。カバー自体の揺れによってはマグネットシートがだんだんとズレていき、やがては外れてしまう可能性もあるため、使いこなすにはコツを要するでしょう。保管環境、また車体形状にも効果は左右されるので、上級者向きの方法とも言えます。


以上のようなご案内となります。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。
2021年09月10日 イイね!

Youtubeにて、ユーザーさまに仲林工業カバーの動画をアップいただきました

Youtubeにて、ユーザーさまに仲林工業カバーの動画をアップいただきましたYoutubeにて、仲林工業カバーについて動画をアップくださっておりましたので、こちらでもご紹介させていただきます。
けいちゃんねる【NDロードスター】 さま、誠にありがとうございます!

こちら、仲林工業サイトでは既にご紹介させていただいているのですが、装着したボディカバーの外し方を、留め具を緩める段階から実演くださっています。

ボディカバーは装着はもちろん、実は外す時のポイントが重要です。最後に、同梱されている収納袋に収めていただくところまでレポートしてくださっているので、仲林工業カバーを検討されている方へもとても参考になる内容と感じています。


けいちゃんねる【NDロードスター】
https://www.youtube.com/channel/UCbjY6ekDzMQYhJdvPKXutDg

けいちゃんねる【NDロードスター】 さま、誠にありがとうございました!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


  • 今回のようにYoutube等で、仲林工業カバーについてご紹介くださっており、共有リンクが解放されている場合はこちらでもご紹介させていただきます
  • もし運営の方で、不都合がございましたらご報告ください。すぐに削除等の対応をさせていただきます

Posted at 2021/09/10 18:02:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | ご紹介いただきました | 日記
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

創業昭和47年、50年以上の実績を誇るボディカバー専門の老舗、仲林工業です。

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   12 34
56 789 1011
1213 141516 1718
19202122232425
26 2728 2930  

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー300 トヨタ ランドクルーザー300
トヨタ ランドクルーザー(300系)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご ...
メルセデス・ベンツ GLSクラス メルセデス・ベンツ GLSクラス
メルセデス・ベンツ GLS(2代目)の採寸・型出し作業を行いました。URLのリンク先をご ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダ アクセラスポーツ(2代目)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLのリ ...
フォード エクスプローラー フォード エクスプローラー
フォード エクスプローラー(4代目)の採寸・型出し作業を行ったときのようすです。URLの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.