• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年04月07日

【選ぶならどっち?・第63号】 日米異色ハンドリング?対決!

VS

 フォード フォーカス 直4・2.0 スポーツ 6速DCT FF (293.0) 8.12(1380kg/170馬力)


 日本での正規輸入車リストにフォード・フォーカスが加わったのは実に久しぶりのことで、2008年に行われた2代目のフェイスリフトされたモデルは一切導入されていないことから、ほぼ5年ぶりの復活となります。

 これまでは欧州工場で組み立ててたのを輸入していたのですが、ユーロ高の影響で生産拠点をタイに移しての、今回の3代目導入となっているのです。

 ここで掻い摘んで説明していくと、何故今時直4・2LのNAのみなのか?ですが、タイで生産されている仕様にはこのエンジンしかラインナップがないため、そのまま日本への導入となった、とのことです。

 また、タイでは3ペダルのMTも設定されておりますが、日本に導入されるのは2ペダルのDCTのみとなります。

 このDCTの特徴としては、VWアウディのように素早く変速することよりもトルコンAT車から乗り換えても違和感がないように配慮することを優先し、極力クリープ現象を作って発進しやすくし、トルコン車並に滑らかに変速させるように制御されているので、DCTであることを知らずに乗ると普通のトルコンATでは?と勘違いするほどです。

 その意味においては、フォード初のDCT採用としては比較的完成度が高い方である、と言えます。

 ただ、当方が試乗して思ったのが、激戦区となるCセグメントカークラスにおいて、果たしてフォーカスがベンチマークとなり得るか?と言われると甚だ疑問である、と言わざるを得ないことです。

 確かに、ボディの剛性感や電動PSにフィーリングにおいては、スカイアクティブのマツダ勢と比べると相応に質感の高さ・自然さは感じるのですが、それがドライバーの安心感に繋がるものか?という部分で、現行ゴルフⅥやボルボV40と比べると、そうとも言い難いのです。

 と言うのが、ステアリング特性が初期応答性重視なところがあって、ドライバーがしっかりとステアリングを操作しやすい特性であるとは言い難いから、なのです。

 運転環境は、まず問題なし!

 後席も、着座位置を高くして劇場型に・・・という部分で実用車の掟を守り抜いているのは良し!

 ただ、シフトノブに付いたマニュアルモードスイッチは使いにくし。

 シボレー・ソニックでも感じたことだけど、ここは普通にティプトロ方式にするか、パドルシフトにして欲しい・・・。


 また、タイ生産とのことで、かつて好評だったSTシリーズの投入が予定されていない、のが残念なところではあるのです・・・。



 トヨタ ヴェルファイア V6・3.5 Z・Gエディション HDDナビ&トヨタプレミアムサウンドシステム 本革シート&快適温熱シート 6速AT FF (516.6) 7.21(2020kg/280馬力)


 そもそも、何故に車重2tオーバーでハンドリング語るの?という突っ込みはあるにせよ、アルファード・ヴェルファイアの外観はそれなりに癖はあるけれど、ハンドリング特性に関しては、これでもかというくらい癖がないのです。^^

 とは言え、改めてエアロ付きヴェルの外観を見ると個人的に購入意欲が減退するところではあるのですが・・・。

 少なくとも、フォーカスのことを思うとステアリングはしっかりと切れて操作しやすいし、V6・3.5L・280馬力のパワーも、同排気量のクラウン以上に発進時はスムーズに加速して、2tオーバーの車重を物ともせずに引っ張るのです。

 良く観察すると、ボディ・サスペンションの剛性感はそれほどでもなく、高い速度域で路面の凹凸を拾うと吸収しきれない部分はあるのですが、ひょっとするとエアロ付きでもオプション可の17インチにインチダウンするのも一つではないか?とすら思ったのでした。(18インチでも破綻はしていないですが・・・。

 となると、280馬力の3.5Lで安いのを・・・と思ったら自動的にエアロ付きでも布シートでオール革のステアリングが付いてくるわけで、どうしてもエアロが苦手・・・となったら豪華仕様で・・・となるのですが・・・。


 では、フォーカスとの対決は?となると、比べる相手がアルファードでエアロなしのV6だったら、断然アルファード支持にするところですが、さすがにコテコテのヴェルエアロはなし、ということでフォーカス支持とします!
ブログ一覧 | フォード | クルマ
Posted at 2013/04/07 22:50:49

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

スタッドレスに交換しようとしたら
cccpさん

秩父地方のカツ丼も凄いらしい!!
アーモンドカステラさん

ついに見ました新型センチュリー!
CA18さん

ルーフアンテナカバー
VS-ONEさん

今さらですが・・・♪
REIZ TRADINGさん

【チャリンコ通信】メスティンでオム ...
シュアラスターさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「駆け抜ける歓びを追求したBMW 740iの特別仕様車「Driver’s Edition」登場
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180930-10346413-carview/
ドライビングに関係ない装備簡略化でお買得価格で良い」
何シテル?   09/30 13:58
モータージャーナリスト 町山絢香です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

「俺のカー・オブ・ザ・イヤー2015」 はどのクルマ!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/09 06:32:24
【 ムフロンの五選 ・ 厳選6号車 ・ 2合目 】積んで積んで走って走れ!  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/21 21:45:37
五選の途中経過 ~ ドライビングプレジャーを求めて、MTロードスターvsAGSアルト♪ ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/12 00:28:36

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ミニカ MINIカー♪リターンズ (三菱 ミニカ)
 燃料代が掛かるセフィーロワゴンのフォローとして、近場の脚の低燃費スペシャルとして、新た ...
三菱 ミニキャブトラック 土屋軽市@41T (三菱 ミニキャブトラック)
 2017年6月末の、クラコンシリーズ生産終了に伴い、小型FR絶滅の危機が迫る。  そ ...
三菱 ミニカ 三菱 ミニカ
 昭和48年式初期型。タコメーター付きでシングルキャブであることから、グレードはES(ス ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
 2010年12月30日に、オークションにて無事落札されました。  引渡しは2011年 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.