• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

名ぬしの愛車 [トヨタ ブレイド]

整備手帳

作業日:2017年10月14日

サブコン(MINICON)取り付け

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 チューニング・カスタム
作業 DIY
難易度
作業時間 30分以内
1
低速時のトルクを改善するために、サブコンの取り付けを行いました。取り付けたのはsiecle(by J-ROAD)の「MINICON」です。

 型番: MINICON-T4A

MINICONは3つのモードをスイッチで選択できます。マニュアルで細かく設定可能なMINICON-PROもありますが、車検対応マフラーと純正交換タイプのエアクリでは、MINICONがお勧めとのことです。

吸排気系のセッティングは以下の通りです。

 マフラー: TOM's トムスバレル
 エアクリ: TOM's スーパーラムⅡ
 インテークパイプ: スルガスピード AIR CONTROL CHAMBER
2
本体のスイッチでモードを選択できます。

 R: レスポンス向上に重点をおいたセッティング
 N: ノーマル(取り付け前)セッティング
 E: 燃費向上をねらったセッティング
3
エアフローセンサのカプラーにハーネスを割り込ませて取り付けます。

写真は取り付け前の様子です。
4
取り付けは写真のように、元のカプラーを取り外して、MINICON付属のハーネスを割り込ませるだけです。

本体と接続するハーネスのコネクタが非防水のためテーピングしておきます。
5
本体はエアクリBOXの側面に両面テープで貼り付けました。写真には防水キャップが写っていませんが、本体上部に取り付けます。
6
MINICONはエアフローセンサの出力信号を誤魔化して、エンジンECUのマップをずらせてチューニングする仕組みだと思います。

効果を確認するために、MINICON取り付け前のエアフローをOBDテスタで記録しておきました。

 RPM: エンジン回転数
 IAT: 吸気温度
 MAF: エアフロー
 TP: スロットル開度

数値はアイドリング時ものです。
7
MINICON取り付け後のエアフローです。

 取り付け前: 3.93g/s
 取り付け後: 3.57g/s

エンジン回転数が微妙に異なりますが、それを加味して-6.5%ほどエアフローが低めに補正されました。

マージンを見込んで少し濃い目になっている空燃比を薄くして、パワー空燃比に近づけるということでしょうか。
8
実際に走行してのインプレですが、確かにトルクフルになっています。取り付け前よりも少ない踏み込み量でぐんぐん速度が上がります。いささか排気音が大きくなったような気がします。

低速時のトルクが上がって、発進時のスムーズさに欠けたり、クリープが少し強すぎるのが気になります。スロットルコントローラーを併用しているため、過剰すぎるのかも知れません。慣れるまでもう少し様子を見たいと思います。

今後、燃費とマフラー出口のススの状態を監視したいと思います。

 燃費: 6.7km/l(通勤時)
 スス: ほぼゼロ

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

バッテリーを交換しました

難易度:

オイル変更!Sveltへ!!

難易度:

ブレーキキャリパーのスライドピンブーツとパッドシムの交換

難易度:

後期型ドアベルトモールへの変更

難易度:

リヤバンパーガード?塗装

難易度:

ホイール塗装手直し他

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

初めての車として昨年ブレイドマスターGを購入しました。小さくて速い車を探していてブレマスにたどり着きました。ノーマルの良さを損なわない程度にいじって行きたいと思...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

トヨタ ブレイド トヨタ ブレイド
ノーマルの良さを損なわない程度にいじって行きたいと思います。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.