• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年01月28日

メークロン線の市場など タイ・乗り鉄⑤

メークロン線の市場など タイ・乗り鉄⑤


さて、タイ・乗り鉄行脚の4日目は市場の中を列車が走る「メークロン市場」へ向かいます。









その日は、午前中に市場の撮影をして、午後からはクルンテープ駅で列車の撮影をする予定で、朝の3時半にホテル下に集合でしたが、なんと堀さんが朝寝坊・・・


どうやら爆睡しておられるようで、堀さんを起こしていると、なんと隣の部屋の電気がついてしまいましたので、それ以上起こすのは断念しました。。


堀さんももう70歳ですので、昨日までの疲れが一気に噴出されたのでしょう。。


alt



仕方なく3時半のクルンテープ駅をホテルの前から撮影。。。


それでも5時には起きてこられたので、5km程離れた川向の駅前でトゥクトゥクを捕まえて、メークロン線のターミナル、ウォンウェイエン・ヤイ駅へ向かいます。



alt


alt



未だ夜が明けぬ街をカラフルな電飾のトゥクトゥクで6時25分発の列車に間に合う様飛ばします。。


alt



かなり飛ばしてくれたおかげで、発車20分前に駅に到着。。



alt


いやぁ、トゥクトゥクは実に楽しい乗り物です♪ (^^♪


alt



なんだか駅は街と同化していて、判りにくい位置にありました。。


alt


出札の尾根遺産、なんだかまた発券に時間がかかりそうな雰囲気・・・


alt



そして案の定、私たちの「タイランドレールパス」を出すと考え込んでしまいました。。


alt


そしてなんと、駅務室へ通され、数人の男性職員が出てきてどこやらへ電話してようやく発券してくれるという有様。。



20日間の乗り放題券は、各駅で無料のチケットに交換してから乗車する必要がありますので、かなり不便です。。



alt


発券が終わるころにはホームは人でいっぱいになっていて、列車はこの段階で20分遅れでした。。


alt


ホームには食品や飲み物を扱う売店が多数あり、食べ物には困りません。。


alt


やがて20分遅れで私達の乗る折り返し普気第4311列車が到着しました。


alt


シートは御覧のようにプラスチック製・・・


冷房はモチロン無しで、かなりくたびれています。。。



alt


折り返しは10分遅れの発車です。。


そういえば今日は日曜日なので、メークロン市場は果たして開店しているのか、心配になってきました。。

そこまで日程に気を遣っていませんでしたので、かなり不安です。。



alt


沿線には女子高校と女子大学が有りますので、日曜の早朝便でも乗客に学生らしき姿はありました。。


alt



対向列車も同じタイプの気動車です。。


alt



メークロン線は比較的街の中を走りますので、ご覧のような独特な形をした寺院も車窓から見ることが出来ます。。


alt


踏切にはベトナム同様、いちいち警手が居て、安全を確保しています。

昔の日本もこうだったのに、今はもう警手の居る踏切なんて、ほぼ無くなってしまいましたよね~。

alt


そして、終点のマハー・チャイ駅に到着。。


実はメークロンセンは、ター・チーン川という大きな川を挟んで東西に分断されていて、メークロンへ行くにはここマハー・チャイ駅で下車して少し歩き、渡し船に乗って対岸のバーン・レーム駅まで歩いて連絡する必要が有ります。。



そして列車がマハー・チャイ駅に進入して驚愕!


alt


なんとここにもメークロンの様な「駅市場」が展開していました。。

みんな列車とすれすれのところで店を出していますが、ここ、実は線路です。。


取り敢えず終点なので下車します。。


alt



alt



列車は遅れていますので直ぐに折り返し発車していきましたが、線路は直ぐに人、人、人で埋まってしまします。。


alt


今、列車が走っていったばかりの線路はあっという間に市場に変化します。。


堀さんが「ここは面白いので、直ぐ連絡船に乗らずに1時間後の列車を撮影しましょう」と仰るので、そうすることにしました。。


alt


alt


いやぁ、ここの市場は凄く活気が有って面白いです。。


昭和時代の日本の市場もこんな感じでしたよね~。



そして観光客向けではなく、本当に地元の方々の生活の源元となっていますので、生き生きとして活気が有ってなんだかこちらまで楽しい気分にさせてくれます。。



alt


メークロンに行かないとこんな場所は無いと思っていましたが、タイでは何処にでもある風景だったんですね~。



alt


市場の終端からは寂しい単線の線路が続いています。。


alt


河口の街だけあって、水揚されたばかりの新鮮な魚も並びます。。


alt


将来の歌手??

女子高校生がなんと日本の演歌・「北国の春」を歌っていました!


alt


買い物客でごった返す駅構内。。

さしづめ難波駅の「なんばCITY」や大阪駅の「ルクア」といったところなのでしょうか??


alt


行きかう人々もエネルギッシュで、元気をもらうことが出来ます。。


alt


そして遠方から列の汽笛が聞こえてきます。。


alt


踏切警手の手笛により、一時商店は引き上げられます。。


alt


そして、商店の軒をかすめるように、列車が到着します。。


いやぁ、メークロンまで行かなくても、ここで十分スリリングな風景が楽しめます。。


alt


そして列車が通り過ぎると、我先に商店が出されます。。


alt


さてさて、メークロンに行く列車は1日に4往復しかありませんので、前途を急ぐことにしました。。


alt


港へでるまでも市場は続きます。。。

おっとおベンツ様。。。


そういえばタイの車は圧倒的に日本車が多く、(9割以上)、残り1割未満が欧州の高級車です。。


alt


alt


イカやエビが大量に売られています。。

街全体が生鮮食料品市場って感じですよね~。


alt


そして渡船場へ・・・


alt


大阪市の「木津の渡し」同様、個々の渡し船は道路として扱われており、バイクもそのまま載せることが出来ます。。


料金は3バーツ ≒ 10円 です!


alt


大きな河口の港らしい風景です。。

タイの鉄道はこのように大河の手前で分断されているケースが多く、昔は橋梁技術がなく、建設が困難で、ようやく技術が追い付いてきた現在では、逆に鉄道が衰退してしまい、橋が架けれないといったところなのでしょうか??


alt


そんな事情をうかがい知る由もなく、渡し船はのんびりと大河を航行します。。



alt


列車あり、船ありで、乗り物好きにはたまらない展開です。。



alt


alt


alt


そして5分ほどで対岸に到着。。

タイの人々生活が垣間見れる楽しい旅でした。。


alt


そして私たちは、対岸の駅・バーン・レーム駅へと向かって歩きます。。。



alt


駅までは、ローカルな街中を歩きます。。


alt


こんな怪しいところもあります。。

昔、メークロン線で走っていたディーゼルカーの生首ですね~。


駅までの案内板も無く、少し道に迷ってしまいました。。


つづく

ブログ一覧 | 海外旅行・海外乗り鉄・海外出張 | 日記
Posted at 2020/01/28 23:59:14

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

タイのフリードなど
ズマールさん

トゥクトゥク電動化
Pogi大佐さん

タイ航空が経営破綻していたらしい
Pogi大佐さん

タイロッドを調整して、ステアリング ...
あゆ@さん

タイトヨタ カローラクロス
神田明神03さん

駐車場めんどくせぇ
轟トレイバーさん

この記事へのコメント

2020年1月29日 21:13
電飾満載のトゥクトゥクが爆走で実に愉快ですねえ\(^o^)/

マフラーが斜めカチ上げで爆音と想像できますね(笑)

活氣があって愉しそうな国ですね^^
コメントへの返答
2020年1月30日 20:57
本当に私が少年だった時代の日本の風景を見ているようなタイの街。。

固いことは抜きにしてトゥクトゥクの様な乗り物が日本にも有っていいんじゃないかと思います。。
2020年1月29日 22:20
メークロン線、私も乗りました!
で、次回はいよいよ、あのカオスな市場すか?
コメントへの返答
2020年1月30日 21:00
はい、世界的にも有名なメークロン市場へ行きます(^^♪

夜行寝台特急もいいですが、アジアでは近郊列車に乗るのも良いですよね~。

おすすめアイテム

プロフィール

「ようやく初詣&牡蠣ランチ http://cvw.jp/b/860472/45810829/
何シテル?   01/20 22:54
ラスト サンバーです。よろしくお願いします。 サイドに大きな六連星を施し、ヒサシ(国鉄・上越型EF58の氷柱切りとも言う)を取り付けたデザインのサンバーは、主...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

      1
23 456 78
910 111213 1415
1617 1819 202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

スバル サンバー 黒サイ (スバル サンバー)
サンバー絶版の噂を聞き、慌てて平成22年2月に13年落ち15万キロ走行のボンゴフレンディ ...
スズキ K50 お巡りさんのオートバイ (スズキ K50)
平成14年10月にヤフオクで落札し名古屋まで受け取りに行き、夜の国道をトラックに巻き込ま ...
スバル ヴィヴィオ ヴィヴィちゃん (スバル ヴィヴィオ)
珍しいヴィヴィオのオープンバージョン・・・ しかもスーパーチャージャー付の1000台限 ...
マツダ ボンゴフレンディ キハ58 (マツダ ボンゴフレンディ)
子供達の成長と共に、スプリンターカリブから乗り換えました。。 私がマツダファンになる ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.