• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レッズレノンのブログ一覧

2018年09月29日 イイね!

「散り椿」。い~い映画です。

「散り椿」。い~い映画です。こだわりの

オールロケーションによる

美しい時代劇。


事前情報を一切断って

観に行きましたが、

よかったなぁ~~。
















**********************************************

葉室るみ子さん(故・葉室麟 夫人) コメント


耐える新兵衛の背に、男の真情が見えました。


ひとのやさしさと美しさを描きたい。

夫のその想いを大切に結んだ映画の情景が哀しく胸に迫り、

心を奪われました。


天にも届く感動をありがとうございます。

大切に思う映画に出会えた。それだけで仕合わせです。

**********************************************






「大切に思えるものに出会えれば、

それだけで幸せだと思っております」


 ―― 主人公・瓜生新兵衛





関連情報URL : http://chiritsubaki.jp/
Posted at 2018/09/29 17:14:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2018年06月23日 イイね!

「万引き家族」、観ました。

「万引き家族」、観ました。


なんだろう、

この、




映画を観終わったあとの


ゾワゾワした気持ち、


モヤモヤした気持ち。



そんな中でも、


心のどこかには


ホンノリと温かいものが。



この映画は

あとから

いろいろと考えさせます。







「最後のシーン。

りんちゃんのあの動き。

その視線の先にあったものは?」



「祥太はなぜ自ら○○された?」



信代(安藤サクラ)のグッと来るセリフ。

「拾ったんです。

捨てた人は、ほかにいるんじゃないですか?」



帰りの車の中は

もちろんのこと、

今でも考えを巡らせています......。





ヒトは身を寄せ合う、

世間から外れても、

法に触れても、

いのちの自然に逆らわず、

GDPなどどこ吹く風で。


       ―― 谷川俊太郎(詩人)







Posted at 2018/06/23 23:59:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2017年12月31日 イイね!

年の瀬に、いい映画観ました。

年の瀬に、いい映画観ました。

昨日、家族で観に行った

『DESTINY 鎌倉ものがたり』。


2カ月以上前に

映画館の予告編で見た印象では

妖怪がいろいろ出てくる

コメディタッチの

おもしろそうな映画、という感じでしたが


まさか、ドバッッと泣いてしまうとは...。



泣く映画だと思わなかったので

だいぶ油断してました。





(はまると

『ALWAYS 三丁目の夕日』以上に

泣いてしまうかもですよ)








最初、タイトルにある『DESTINY』など

あまり目にはとまりませんでしたが、

観終わったあと、

ズシーンと響いてくるはずです。



そして、エンディング曲。


最初の三語 「♪あな~た~」 と聞いた途端、

ぞわぞわぞわーーーーっと

それまで観てきた話とリンクして

もぉー、大変でした。


歌も

とってもいい歌です。


***********************************************

映画の主題歌は、宇多田ヒカルが書き下ろした『あなた』。


山崎監督は「宇多田さんの歌には、

当たり前のように思っている日常の日々が、

実はかけがえのない宝物なんだと気付かせてくれる、

魔法のような力がある。


この作品もそんな力を持ったものにしたいと思って

お願いしました」と語っているが、

今回は監督が自分の想いをつづった手紙を宇多田ヒカルに送り、

楽曲提供が実現した。


その曲作りのために

彼女は原作コミックや脚本、撮影された映像素材すべてに目を通して、

曲をイメージしていったという。

映画へは5年ぶりの楽曲提供となる彼女の歌声とその詞が、

作品の最後にさらなる感動をもたらしてくれることだろう。

***********************************************





Posted at 2017/12/31 14:33:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2017年10月23日 イイね!

「ダンケルク」、観ました。

「ダンケルク」、観ました。







***********************************************

フランス北端ダンケルクに追い詰められた

英仏連合軍40万人の兵士。



背後は海。

陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、

生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)と

その仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。




一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、

民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。


民間の船長(マーク・ライランス)は

息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。


英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、

数において形勢不利ながら、出撃。



こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。



果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。



勇気ある人々の作戦の行方は!?


***********************************************







Posted at 2017/10/23 21:52:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2017年10月15日 イイね!

『僕のワンダフル・ライフ』。いい映画です!

『僕のワンダフル・ライフ』。いい映画です!

いまだに

あたたかーーいものが

心の中に残っています。


『僕のワンダフル・ライフ』。


犬を飼っていない人でも

涙してしまうこと

必至!!



もしもかつての愛犬が転生し、もう一度会いに来てくれたら...。








子犬ベイリーの“最愛の人”は、

自分の命を救ってくれた少年イーサン。


2人は固い絆で結ばれていくが、

犬の寿命は人間よりずっと短い。


ついにベイリーが旅立つ日がきてしまう。

が、

その愛は不死身だった。


イーサンに会いたい一心で3度生まれ変わり、

自らに与えられた使命に気付いていく......。




「犬目線」の人間観察、セリフも

とってもおもしろいですよ。


(私たちの前にいた

3人兄妹が、映画の最初の方から

しゃくりあげるように泣いていたのも

印象的でした...)





関連情報URL : http://boku-wonderful.jp/
Posted at 2017/10/15 16:27:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記

プロフィール

「「地図でたどる文京区の地形と地名」に参加。 http://cvw.jp/b/861852/42198631/
何シテル?   11/18 18:46
サッカー、フットサル、浦和レッズ、ジョン・レノン、キャンプ、ドライブをこよなく愛する50代です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

AUTOBACS Maxrun Maxrun Excela EZ 175/70R14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 16:22:58

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
フレンディ + ライフ から乗り換え!!
マツダ ボンゴフレンディ マツダ ボンゴフレンディ
レッズ戦参戦、キャンプ、カフェめぐり、公園めぐりに大活躍のフレンディー、でした!
フォード プローブ フォード プローブ
今となっては懐かしの パッシブシートベルト標準装備。 これで北海道や京都まで ドライブ ...
フォード テルスター (セダン) フォード テルスター (セダン)
5MT車! 当時の私の憧れ、DOHC。 リアビューが今見ても カッコいいです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.