• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レッズレノンのブログ一覧

2014年06月29日 イイね!

つくばみらい市をドライブ。 「間宮林蔵」の秘密を知る!

つくばみらい市をドライブ。 「間宮林蔵」の秘密を知る!

「低く垂れこめた雲」って

まさしくこんな雲だよなー、という天気の中

つくばみらい市をドライブしてきました。



まずは「間宮林蔵生家・間宮林蔵記念館 」へ。



「間宮林蔵記念館」に着いたときの空。
遠くには、筑波山。


見学が終わり、1時間後の空!!




間宮林蔵といえば、

江戸時代の大探検家・測量家という部分が有名ですが、

実は、晩年には「隠密」として活躍したそうですね。




「間宮林蔵記念館」の隣には

1971年移築・復元された生家が。







「間宮林蔵記念館 」パンフレット。









近くの専称寺には林蔵のお墓と記念碑があります。

子どもの頃は、ここら辺でよく遊んでいたそうです。




高さ53cm、幅23cmほどの小さく質素な墓石。
彼の偉業とは遠く離れた、意外なほどの小ささです。

左側の墓石正面には
「間宮林蔵墓」の五文字が刻まれています。
(林蔵の自筆とされています)

このお墓には、法名も没年月日も刻まれていないようです。

林蔵がカラフト探検に決死の覚悟で旅立つに当たり、
自らが建てたと伝えられています。

林蔵の墓石の右隣には、両親の墓石が。






お次に訪ねたのが「結城三百石記念館」。




結城家は鎌倉時代初期の朝光公を始祖とする名族で、

江戸時代初期に当地に帰農して以来

「結城三百石」と称され新田開発の中心的役割を担ってきたそうです。


敷地内には母屋・長屋門・蔵などがあり、

全体を自然観察路として整備し、

四季折々の草花、野鳥、虫たちを見ることができます。
(蚊もおーいです)


館内では当時の生活をうかがい知ることができるように、

生活具をもとの場所にそのまま展示してあります。


また史料収蔵庫には

結城家に伝わった江戸時代初期からの文書類が

5,000点以上保管されており、その一部が展示公開されています。




お嫁入りのときの鞍。
華やかですね。邪気を払う鈴も付いてます。


土間の上を見ると.....。
どうです。この立派な梁。
自然木のままですね。


五右衛門風呂を見せていただきました。
昭和の初めまで使っていたそうです。

下の方の壁が、上下にスライドするようになっています。


薙刀かけ。
武家の名門の名残ですね。






敷地には、縄文時代の丸木船も
な、ナ、ナント。屋外、ほぼほったらかし展示です。
(濁った水の中に沈めてあります)

貴重な、縄文時代の木製品なのに.....。

たぶん、この展示方法では、腐ってしまうのでは???






最後は、何度も来ている「板橋不動尊」ですが、
ご朱印がまだでしたので、ご朱印をいただきに。

その前に、お隣の「板橋・八坂神社」を参拝。
昔は、板橋不動尊と一緒の敷地だったでしょうね。





「板橋不動尊」は
大同3年(808年)、弘法大師が創建したと伝えられます。

現在の建物は江戸時代中期の代表的なもので
本堂、楼門、三重塔はすべて県指定文化財に指定。

御本尊の『不動明王・二童子立像』は
弘法大師が自ら彫刻したと伝えられており、国重要文化財です。










Posted at 2014/06/29 21:14:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 博物館 | 日記
2014年06月22日 イイね!

『We are REDS! THE MOVIE 開幕までの7日間』観ました。

『We are REDS! THE MOVIE 開幕までの7日間』観ました。

昨晩は

Jリーグクラブ初の

ドキュメンタリー映画となる

『We are REDS! THE MOVIE 開幕までの7日間』を

観てきました。











冒頭、

選手が浦和の街を歩いている姿が映っただけで

にんまり。



子どものころ、よく行っていた本屋さん

「須原屋」が映るだけで

にんまり。



そこに、笑顔が素敵な西川選手が

訪れて

にんまり。







「浦和レッズ」がある喜び。

(そのときはまったく感じなかったけど)
「浦和で育ってきた」喜び。



しみじみと感じられる映画でした。



エンドロール最後の

柏木選手の“力強い言葉”。



今でも、耳に残っています。












Posted at 2014/06/22 11:57:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー | 日記
2014年06月20日 イイね!

「かないくん (作:谷川俊太郎)」と「サッカー日本代表」と。雑感。

「かないくん (作:谷川俊太郎)」と「サッカー日本代表」と。雑感。

昨日届いた、絵本「かないくん」。


読んだ直後は、頭の中が一瞬

「??」となったのですが

そのあと浮かんできたのが

「命を紡ぐ」という言葉。



<HPより内容紹介>

ある日、ともだちのかないくんが学校を休んだ。

かないくんは親友じゃない。ふつうのともだち。

日常に訪れた、はじめての“死”。


死ぬって、ただここにいなくなるだけのこと?


詩人、谷川俊太郎が、一夜で綴り、

漫画家、松本大洋が、二年かけて描いた絵本。


年齢を問わず、時代を問わず、場所を問わず、

長く読み続けられてほしい一冊です。


企画監修は糸井重里。

ブックデザインは祖父江慎。

松本大洋の原画の「白」を再現するために

凸版印刷とタッグを組んで試みた

本邦初となる「特殊6色印刷」にも注目。








この本を読んだ感想の欠片を

残しておこうかな、と思ったときに

ふっと

「かないくん」と

私の好きな詩のひとつ「朝のリレー」には

何か通じるものがあるな、と思い

改めて詩を味わってみました。









そして、今朝の「日本 vs ギリシャ」。

日本代表のふがいない結果に直面して

思いました。



選手(監督・スタッフ)たちは

結果が伴わなくとも

確実に「日本サッカー」を紡いでいる。



「次を担うものたち」は

確実にこの悔しさを

体に刻みこんでいるはず。

(それは、草サッカーをしているちびっ子かもしれないし

Jの無名の選手かもしれません......)



まだまだ日本代表のW杯は

終わったわけではありませんが、

つれづれなるままに...................。




Posted at 2014/06/20 21:47:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー | 日記
2014年06月14日 イイね!

がんばれ! サッカー日本代表! @キリンビール取手工場

がんばれ! サッカー日本代表! @キリンビール取手工場

いよいよ明日は

ザックジャパンの初陣。



期待と不安が入り混じります。



初戦を前に、

長いスパンでサッカー日本代表をサポートしていただいている

「KIRIN」さんも応援しよう! ということで

「キリンビール取手工場」に

工場見学に行ってきました。

(それで本当に応援になるのかっっ!?.....)








受付横の売店にて。

アサヒビールの最新工場見学もいいですが、
やはりサッカー絡みのモノがあるだけで
頬が緩んで、気持ちが高揚します。



ん。こんなものも.....。




これは、一体何でしょう!?



2013年コンフェデレーションズカップ・
日本対ブラジル戦で使われた
「ベンチ」の実物です。

世界初の「ガラスルーフ付きベンチ」で
グッドデザイン賞受賞だそうです。


私は悲しき運転手。
試飲のビールは飲めないので
このベンチに座っただけで、ほぼ満足(カナ?)。


でも、
せっかく来た工場見学です。


キリンビールの「うまさの秘密」を探ってみましょう。


工場見学の前に
ここで様々な映像を見て、待ちます。

お、キャプテン...。



工場見学のスタートは
工場長が出演する映像から。

***********************************************************
以下、HPの説明より。

キリンビアパーク取手の工場見学では、
1970年の工場操業開始以来
2007年9月まで37年間使用していた
国内最大級の銅製仕込釜や
最新設備のステンレス製仕込釜が併設された仕込室へ入り、
ビールづくりの歴史を感じていただくとともに、
仕込の熱気や香りを実感していただけます。

パッケージング工場では、
実際の製造設備見学の他、
映像をつかってビールづくりの工程をわかりやすくご紹介いたします。
***********************************************************


新旧両方の「麦汁煮沸釜」を見学。
熱気と匂いで、ムンムンしてます。

まずは、旧。




役所広司さんがCMでロケに来た
最新ステンレス釜。


この煮沸釜の見学の前には、

実際に麦を食べて
その甘みを感じ、

ホップの実を割って
ホップの爽快感を味わいました。

そして、
これはアサヒビールの工場見学では体験できない
「麦汁」の試飲もできました。

コレは貴重な体験。

お味、はと言うと...。

砂糖が入っていないのに
シロップのように甘い!!

「みたらし団子」の味、
「サツマイモ」の味と表現する見学者が多いと
ガイドのお姉さんがおっしゃってました。




このあとは、バスに乗り
構内を移動。

バスで移動する工場見学は初めてなので
楽しかったーー。


回収したガラスビンを保管する巨大な倉庫、
「麦汁タンク」などを車窓から見ながら
「パッケージング工場」へ。

ちなみに1本のビンは、
「平均8年」は使用するそう。

あと、倉庫には「アサヒビール」など
他社のビンも大量にあり
他社との間で、定期的に間違えて搬入されたビンを
交換し合っているそうです。

ちなみに、いまは、商品のパッケージングは
「缶が7割、ビンが3割」らしいです。

「パッケージング工場」は、土日はラインがお休みなので、
映像で
「ビンケースからの回収~
洗浄、消毒、ビールの充てん~王冠で栓をする工程」などを見学。

従来のビンと軽量化されたビンを実際に持って
「重さ比べ」なんかもさせていただきました。


このあと、再びバスで
最初にいた「ゲストホール」に戻り
いよいよ「試飲」タ~イム!!

入り口では、堺さんがお出迎え!?






指定の席へ。


私は、アルコールは飲みません!




試飲会場にも、「サッカーのかほり」♪。

いい感じです。






いただいた「ブルーリボン」。

早速装着!










約70分 (見学:約50分 試飲:約20分) の工場見学を終え、

おみやげを見たり、展示物を見学。














工場敷地内にある「麒麟稲荷大明神」。

これからも、工場の皆さんの安全と
おいしいビールを末永く
お願いいたします。







「生茶パンダ スティックバルーン」ほしさに
2本購入。










う~~ん、

明日の日本戦が待ち切れない!

(イングランド vs イタリア も早く見た~い!!)






Posted at 2014/06/14 20:29:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 工場見学 | 日記
2014年06月13日 イイね!

「官兵衛 辞世の句」、解読してみた。

「官兵衛 辞世の句」、解読してみた。


サッカー大好き人間としては

W杯開幕で、気分は大盛り上がりなのですが、

最近、「くずし字」の魅力にもハマっておりまして...。








早速、古文書講座でもらった

「くずし字(ひらがな)」の見本をもとに

これまた、今ハマっているドラマの主人公

「黒田官兵衛」の辞世の句を

読み解いてみました。

(あくまでも、素人の自習ですよ、自習)





ん~~、
文字は流れるようにきれいだけれど
ニョロニョロしてて、何が何だか??







見本をもとに、一文字一文字

パズルを解くように

じっくーりと、じっくーりと...。



んんっ、こんなん出ました!!



お(於)もひをく 言の(能)葉なくて つ(徒)ひ(井)に(尓)行く


は(盤)ま(満)よわじ なる(類)に(尓)か(可)せて
 
                                          如 水

(文意:この世に思い残すことはもう何もない
     今は迷うことなく心静かに旅立つだけだ)











ちびっと読めてきた♪



「お(於)」とか「に(尓)」とか「か(可)」は、他の文書を見ても

だいぶ気づくようになってきました。



こんなのも
元の漢字を理解して読めるようになりましたヨ。

き(幾) そ(楚) ば(者)


御 手 も と(登)


最後の「登」のくずし字の「と」は、
印象的な字形なので
江戸っ子たちに好まれたようです。


江戸の人たちは、同じひらがなでも
同じ形の文字がそばにあるのを嫌ったらしいので

「なんで同じ読み方なのに
何種類も違う書き方があるんだよ~っ」という

私の素朴な疑問は
なんとなく解決されつつあります。



また、自分の学習を兼ねて
くずし字ネタをアップさせていただきます!



Posted at 2014/06/13 21:48:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 体験学習 | 日記

プロフィール

「樹齢約1300年! 東日本一の大杉!! http://cvw.jp/b/861852/41728208/
何シテル?   07/16 11:10
サッカー、フットサル、浦和レッズ、ジョン・レノン、キャンプ、ドライブをこよなく愛する50代です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/6 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

AUTOBACS Maxrun Maxrun Excela EZ 175/70R14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 16:22:58

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
フレンディ + ライフ から乗り換え!!
マツダ ボンゴフレンディ マツダ ボンゴフレンディ
レッズ戦参戦、キャンプ、カフェめぐり、公園めぐりに大活躍のフレンディー、でした!
フォード プローブ フォード プローブ
今となっては懐かしの パッシブシートベルト標準装備。 これで北海道や京都まで ドライブ ...
フォード テルスター (セダン) フォード テルスター (セダン)
5MT車! 当時の私の憧れ、DOHC。 リアビューが今見ても カッコいいです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.