• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レッズレノンのブログ一覧

2018年05月26日 イイね!

「栗橋」の元だから、「元栗橋」。

「栗橋」の元だから、「元栗橋」。

先日「栗橋宿」(江戸時代初期に設置)に行ったので

それ以前まで

奥州街道の宿場町だった

「元栗橋」に行ってきました。




めざすは

「栗橋城」!!



まずは「実相院」。




隣には「三嶋神社」。




「浅間神社」。








旧宿場入り口の

カーブのところにある

「隆岩寺」。








ご朱印をいただこうとしたら

ご住職がもうすぐ戻ってくるので

中でお待ちくださいと言われ

庫裏へ。


奥さまから

お茶やら

おまんじゅう、おせんべいまでいただきまして

ありがとうございました。



ご住職が戻られ、

約1時間、

元栗橋や栗橋宿の話、

松平信康(徳川家康の長男)の話、

(こちらのお寺は信康さんの菩提所です)、

古河の隆岩寺の話、

これから向かう栗橋城の話、などなどを

させていただきました‼


すると、帰り際。


「あそこはうちの総代さんの敷地だから

今から電話してあげるよ」と、ご住職。


栗橋城は

お堀の一部が外から見られればいいや、と

思っていたので、

何度かご遠慮しましたが

結局、ご連絡していただきました。

本当にありがとうございました。





「栗橋城」着!








「2」の右側の堀跡。


浅い所で3~4m、

深い所では10mの空堀も現存しています!


敷地の奥までご案内していただきました。


「9」右側、コの字部分。


昔はウサギなんかも出てきたようです。
(今でもキジなどがいるようです...)

「2」から「9」方向を望む。

城跡は削られて田んぼに。


「2」から「7」方向を望む。


同じ場所から撮った

昔の写真を見せていただきましたが

2~3mの高さの土手が一部残っていました。

(昔は土手で滑って遊んでいたとのこと)









いろいろ敷地をご説明いただいたあと、

「お茶でもいかがですか」という流れになり、

気がついてみれば、

なんと、3時間も

お邪魔していました。


本当にいろいろとお世話になり

ありがとうございました。



「栗橋城」隣の

「法宣寺」。


裏の栗橋城お堀跡。


「神明社」。




旧宿場、北端にある

「香取神社」。






「栗橋城」の守護神であったと言われる

「若宮八幡宮」。




最後は

栗橋宿の「八坂神社」とも関係のある

元栗橋の「八坂神社」へ。



元栗橋の方々は

温かい方が多いっ!!




Posted at 2018/05/26 23:17:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2018年05月24日 イイね!

「栗橋宿」お散歩(静御前 編)

「栗橋宿」お散歩(静御前 編)

「栗橋宿」から少し離れて

栗橋駅前へ。





(これは「旧国鉄栗橋駅舎」)







やっと来ました、「静御前のお墓」。


『ドラえもん』に登場する

「しずかちゃん」の

名前は「源 静香」でしたね。


静御前は、

義経を追って奥州に向かう途中、

義経の死を知り、

文治5年(1189)9月15日に

当地で亡くなったと言われています。


当地には高柳寺(こうりょうじ)と呼ばれる寺があったので、

静御前は寺の境内に埋葬され、

墓上には杉の木が植えられました。


高柳寺はその後、

中田(現在の茨城県古河市)に移転し、

光了寺と名を改めています。


当地には静御前の墓が残されましたが、

墓に墓標がなかったため

享和3年(1803)に

勘定奉行・関東郡代であった

中川飛騨守忠英により建立されました。


墓上の杉の木は弘化3年(1846)の洪水により枯れてしまい、

その後銀杏が植えられています。





「静女之墳」。




「義経招魂碑」と

生後すぐに源頼朝によって殺された

男児の供養塔、

「静女所生御曹司供養塔」。



頼朝に鶴岡八幡宮社前で

白拍子の舞を命じられた、静御前。


義経を慕う歌を唄い、頼朝を激怒させます。


しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな

【倭文(しず)の布を織る麻糸を
まるく巻いた苧(お)だまきから糸が繰り出されるように、
たえず繰り返しつつ、どうか昔を今にする方法があったなら】



吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

【吉野山の峰の白雪を踏み分けて
姿を隠していったあの人(義経)のあとが恋しい】









ななんと、

お墓のある敷地には

こんなものが...。






「三笠屋」さんで

「静まんじゅう」と

「栗橋みなみ どら焼き」をお土産に購入。




Posted at 2018/05/24 21:34:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 歴史 | 日記
2018年05月22日 イイね!

「栗橋宿」お散歩(ぶらぶら本編)

「栗橋宿」お散歩(ぶらぶら本編) 「栗橋宿」お散歩は

北側からスタート。


「八坂神社」で

1時間あまり過ごした後は...。



静御前ゆかりの

「経蔵院」。

ここで病気の療養をしたとか。




お隣の「香取神社」。


「関所番士屋敷跡」もこの辺ですが

見逃したので、次回にじっくりと。



本通りを歩いても

裏通りを歩いても

本当に宿場町はワクワクします。


宿場ごとに

江戸時代のいろいろなエピソードがありますので

事前に知っておいてから行くと

楽しさ倍増です♪



「福寿院」。








「深廣(じんこう)寺」。


壮観な「六角名号塔」‼




お隣の「浄信寺」。




お向かいの「顕正寺」。














「炮烙(ほうろく)地蔵」。






「炮烙」。


栗橋から、

きれいに山が見えるんだ~。


ずーーっと気になっていた

「会津見送り稲荷」さんに

やっと会えます。










さてさて、南の端っこまで来ましたので

ポルテくんをとめてある

「八坂神社」まで戻りますか。


「一里塚」らしきもの、発見。


希少なコンビニ、発見。



















この日の最後は

栗橋駅そばにある

静御前のお墓で

締めますよ。


(続く...)


Posted at 2018/05/22 22:01:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2018年05月20日 イイね!

「栗橋宿」お散歩(さよなら、八坂神社編)

「栗橋宿」お散歩(さよなら、八坂神社編)
「栗橋宿」をずっと見守ってきた

「八坂神社」が本年9月頃から

スーパー堤防築堤のため

壊されていきます。


その前に、

ぜひぜひご朱印をいただきたい。


もっともっと

境内や

周辺の景色を目に焼き付けておきたい。




右側が

工事中のスーパー堤防。




緑で囲ってある場所は

以前2回、

発掘現場を見学させていただいたところ。

堤防の下で

永遠に眠ります。

さようなら。










1616年から

人々の喜怒哀楽を包み込んできた

場所。




この「栗橋関所跡」の碑も

またまた場所が変わっちゃった...。


なんだか「わたし、ここにいていいの」と

寂しげ、困惑気味...な石碑。




栗橋総鎮守「八坂神社」。










「関東三大神輿」の一つ、

があります。










「狛“鯉”」。

「あ」。


「うん」。

この2匹も

移転先では

新しくなっちゃうらしい...。


ご神木も

切られてしまいます。

さようなら。

(宮司さんとお話しした時に

ぜひ、お守りにするとか

何かに生かしてください、と

お伝えしました。

でも、実際に行うのは

すごく大変そうですね...)












「ご本殿」。




かつての「ご神木」でしょう。

すんごく太いです!


社務所はご不在。

ということで、

お電話しちゃいました。


(地鎮祭後に駆け付けていただいた

宮司さん。

ありがとうございました。

そして、移転に関して

いろいろなお話をお聞かせいただき

ありがとうございました。)


宮司さんが

2年前(確か)に

今の女性の宮司さんに代わられて

社務所も久々に開けるように

なったようです。

(以前はHPにも

ご朱印OKの記述はなかったように思います)


「神社のご由緒にある

亀と鯉のスタンプも押してありますよぉ~」

と言われ、ご朱印拝受。

**************************************************************

慶長年間(1596〜1615)、利根川の大洪水の折、

当地の村人が総出で堤防の補強工事を行っていたところ、

川の波間に鯉と泥亀(どろがめ)に囲まれた神輿が流れて来たので、

これを引き上げると、

元栗橋に祀られている八坂神社の神輿でした。


村人は、この激しい流れに神輿が転覆することもなく

当地まで流れ着いたことは、

まことに神慮によるものであると感じ、

元栗橋からこの地に八坂神社を勧請し、

毎年6月に祭りを行うようになりました。

**************************************************************







新「ご社殿」。




こちらのお社が、






こちらに移ります。


そしてまた、

新しい歴史が

刻まれていきます。


ずっと、ずっと

見守っていきたいと思います。


(栗橋宿お散歩、

まだまだ続く.........。)



Posted at 2018/05/20 18:36:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2018年05月13日 イイね!

「廣幡八幡宮」。

「廣幡八幡宮」。プリンター(PIXUS MG3630)の修理が

完了したとのことなので、

受け取りがてらに、足を延ばして

柏まで。


(タイミングフィルム部汚れ付着による印字不具合:
保証期間中のため無償にて修理。

純正インクを入れている時でよかった~~...)







小鳥のさえずりが常に聞こえる、

空気の澄んだ

すばらしい境内です。

















Posted at 2018/05/13 14:47:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記

プロフィール

「地図・スマホなしで、奥浅草にハマる。(2/2) http://cvw.jp/b/861852/41983177/
何シテル?   09/24 10:58
サッカー、フットサル、浦和レッズ、ジョン・レノン、キャンプ、ドライブをこよなく愛する50代です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

AUTOBACS Maxrun Maxrun Excela EZ 175/70R14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 16:22:58

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
フレンディ + ライフ から乗り換え!!
マツダ ボンゴフレンディ マツダ ボンゴフレンディ
レッズ戦参戦、キャンプ、カフェめぐり、公園めぐりに大活躍のフレンディー、でした!
フォード プローブ フォード プローブ
今となっては懐かしの パッシブシートベルト標準装備。 これで北海道や京都まで ドライブ ...
フォード テルスター (セダン) フォード テルスター (セダン)
5MT車! 当時の私の憧れ、DOHC。 リアビューが今見ても カッコいいです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.