• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちょこば(旧chocovanilla)のブログ一覧

2012年07月21日 イイね!

日本の官民協力と、技術の流出の問題点

この記事は、(新→)燃料(=水から、出しても、あまり問題ない) と、雑感。について書いています。

■政治的な話になっちゃうので、言いづらいんですけど
最近は民主けなしているのでいいでしょうか(笑)

■日本の官民協力は官がイニシアチブ(補助金)を握り
技術は民(メーカー)が行います。

■ところが政は今民主党、
常に仙谷さんのように、或いはルーピーのように
頭の中は売国で一杯です、


■産業の未来と補助金をぶった切れば
技術者はヘッドハンティングされやすくなります、
その情報やキーマンを流して、後はその意を受けた
中韓メーカーが札束で攻撃を掛ければ
数%の技術者は引き抜けます。

そういう繰り返しが液晶戦争のときにはありました。
原子力も民意を背景に恐らく民主はそういった動きに出るでしょう
まあ自民もそういうこともするんですけど
民主ほど露骨じゃありません。

■民間の社員は辞めれますからね。
日本の強みも弱点もその官民による
産業創出システムにあり、
相手がその弱点をつくのは当たり前の事だと思います、

だからこそ政官の癒着を指摘し
中韓の意に沿った政権を立てることに
マスコミ共々努力して出来上がったのが民主党政権です。

民意の名の元に売国をする、
でも国民が意外に怒り狂ったのが尖閣でした。


その他にも民主党の成果として
工場ごと中国に譲渡した、ニッケル水素電池もあるわけで
革新的技術の情報流出には罰則なり、
国籍剥奪とかそれなりの規制を掛けないと、
技術流出はなかなか止められないと思います。

■それでも漏らす人は漏らすだろうし、
漏らさない人はもらさないとは思います。
しかし、スパイ促進みたいなマスコミがいるのは
やっぱりむかつく話です。

特に原発の場合漏れる以上に
流出して失われる技術が
命取りになりかねません。

反対派の皆さんが原発を何とかしてくれるのなら助かるのですが
多分2言目はあの人たち謝罪と賠償ですからね^^;
Posted at 2012/07/21 22:37:53 | コメント(0) | トラックバック(2) | 技術流出 | 日記
2012年07月21日 イイね!

NHKスペシャルが面白いけど^^;何じゃこのずれた番組(笑)


1)2号機の推論は結構当たっているとは思う。
2)SR弁は窒素が怪しいと思うのだが・・・格納容器の圧力ねえ・・・
構造欠陥といわれても無茶だわ。

現場スタッフは偉いというか凄い。
1号、3号はベント出来ていたのか・・・ウェットかドライかは分からないけど。

というか停電時エア作動弁は危険だろ・・・
コンプレッサーはありえん(苦笑)

ベビコンですか。まじっすか。
格納容器内はこのときは29シーベルト・・・
まあエア配管は細物が多いし、そんな性能を求められないから
50AのSGPか、まあもれるわな。

地震での損傷もありえるわけで、まあエア配管とはそんなもの。
というかCクラスなのは当たり前。
むしろ打つ手があったほうが凄いと思う。

■でもNHKが馬鹿なこと言ってますけど
RCICが止まることが問題なんだけどなあ。
エア配管を欠かせないとか言うのは卑怯だわ。
損傷あるかどうかなんか一番分からないだろ。

さすが犬HK。
韓国の原発でも検証しろよアホ。

■最後の砦の駄々漏れが出来なかったからと
言って自身で損傷があったというのはいいすぎ。
まあ、格納容器ボカンなら撤退だったと思うし仕方ない。
うまいこと格納容器に損傷が起きたのは
奇跡に近いのかもしれない。

■東電社員は良くやったと思うし。
築40年のGE設計のポンコツ炉で
あったことを考えれば、むしろほめてもいいと思う。

■2号機でサプレッションチェンバーが損傷したのは
幸いだったと思う。

■そういえば・・・圧力ゼロを怖がったとき
デマ扱いされたのを思い出しました(笑)
データ知ったのが3月15だったら卒倒してたと思う。

良かった良かった・・・
長期戦は続きますけど、ね

■3月15日と2号機に注目できたのは、
限られた情報の中で我ながらよくやったと思います。

今言えるのは
HNKにだまされるなということ

食い止められなかったとかほざいてますけど
RCIC停止時は、一気に水がなくなり圧力が増す。
SR弁が開いたとしても、恐らく危機は回避できなかったでしょう。

■弁が開けば水量は減ります。
水を入れるチャンスはほぼ一瞬だけ、
失敗すれば炉心損傷促進状態。

あ、でもSR弁は格納容器の減圧なんだよね。
只の格納容器の損傷を防ぐだけか。

■NHKはあの震災直後の必要物状況
全然考えてないねえ。

■この番組を見て避けえたなんて思う人は
反原発とかは口にしないほうがいいと思う。
やっぱりシステム的には電源喪失時の自動冷却か・・・

■この番組の意図は・・・結局もう放射性物質の漏れは
覚悟した上で格納容器の損傷を防ごうとした、
ってだけの話なんですよね。

SR弁を開けてメルトダウンが防げるなら誰も苦労しないって(苦笑)
とりあえず投稿しよう
2012年07月21日 イイね!

【たまに行く好きな食べ物】美味しいもの万歳

■こういう贅沢はやめられないんですよね。
戦前以下はありえないです(笑)

こういうものを食べる移動費の為に、
食費を切り詰めるのは、
きっと・・・エコですよね(エセエコだと思いますが)

美味しいのって正義ですよね。
そして食の趣味の一致というのはとても大事だと思います。


北志賀の某そばや(先週半年振りに)


青森の某料理屋のコースでの中オチ(来月一年ぶりに)


■ちなみに
いずれも、反原発原理派には毒物認定されているはずです
特にそばは猛走峠さんの小話によると、
元からガイガー鳴るとか(笑)
Posted at 2012/07/21 12:36:23 | コメント(0) | トラックバック(1) | みんから初心者 | 日記
2012年07月21日 イイね!

【黒幕は誰?】ルーピー様の反原発への力強い加勢【エージェント戦】

2012年07月19日
【車こそがエコである】エセエコではなくもっとエコを考えよう【エセエコを滅ぼせ】


でもご登場頂いたルーピー様


**************
■さすが売国の雄が参戦です。




***********
彼に、誰かからお願いがあったのか
自発的なのか?



**********
ルーピーの功績と言えば
普天間ぐちゃぐちゃ、
ルーピーの最近の活動は
オスプレイ反対




そしてオスプレイといえば尖閣防衛の要
2012年07月14日
【弱点と運用の話】オスプレイの話【ヘリ&STOL】






***************
■いい加減、反原発の裏に気付こうよ。
デモは選挙権の要らない示威行為。
国籍も関係ない。

原発に反対するのは個人の自由
でも、今の売国めいた反原発運動に
本当にその価値はあるの?


**********
正義の皮をかぶった売国、
原発反対の皮をかぶった売国

右寄りと思われようと、
そこに協力はできません。
論議にすら値しない低レベル。
嘘と欺瞞と人数盛


*******************
■立場は違っても、
真面目に原発を論議することは必要かと思いますが
今の現状は売国や
政情不安定に力を貸すだけ

■原子力の話だけをしていればいい
そういうふざけたコメントもありました。
でも、原子力を隠れ蓑に
日本を潰そうとする輩が蠢く以上
原子力問題≒安全保障
これはゆるぎない訳で
原子力問題は紛れもなく外交問題で
国境なき危険性
なんですよね




**************
■早く、奴らが自滅して

真面目にエネルギー議論が出来る日が
来て欲しいと思います。

*************
ルーピーがホイホイに引っかかったのは
実に力強い援軍かもしれませんね


***********
■正直、今の反原発は、どうも
中韓の対日政情不安定工作に
見えますね・・・
Posted at 2012/07/21 01:32:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | オスプレイ | 日記

プロフィール

「@Mikkola さんこんにちは。「防犯カメラの目線が嫌らしい」って万引き犯が言うような風景を想像。」
何シテル?   01/27 09:45
chocovanilla改め「ちょこば」です。(短くしただけ) チョコラ+バニラの二匹が発祥だが彼らは登場しません。ドライブブログかなと思っていたのですが、原...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ちょっと、お墓参りにいってくる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/19 20:33:09
レッカー・・・orz 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/13 20:55:46
中東に悩む 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/02 08:15:15

愛車一覧

日産 ADバン 日産 ADバン
日産 ADエキスパートに乗っています。(単身往復マシン) 足回りカッチカチで楽しいです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.