• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じゃがいの愛車 [ポルシェ 911]

整備手帳

作業日:2016年2月6日

ヒータブロワ修理

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 6時間以内
1
ここ数週間、ヒータブロワと格闘している私ですが、
いろいろいじっていると助手席側デフロスタの出が悪いことを発見。

ヒータの赤いレバーが右端まで行かず、助手席側は足元とフロントガラスの両方から温風が半々で出ていました。
2
助手席側の温風の上下の風向き調整用ボーデンケーブルの端が固定されていませんでした。
※「ボーデンケーブル」って自転車のブレーキなどに使われているアウターパイプの中にワイヤーを入れたものです。

ボーデンケーブルの端は「スプリング クリップ」で止まっていたはずですが、クリップがありません。
トランク内のあちこち捜索してみましたが見つからず。
3
どうしようか色々考えましたが、針金でアウターパイプをグルグル巻きにしてから、固定用金具に縛り付ければ良さそう、と。

我が家にちょうど良さそうな固さの針金がなかったので、964に乗ってホームセンターまで買出しに(笑)
ステンレスの0.9mmで14kgfまで耐えられるのもを購入。
4
これで治ったか?とテストしますが、レバーが右端まで行かない。。。

どうやら不具合の原因は、昨年のゴールデンウィークにやった、ライター交換の作業時の私のミス
http://minkara.carview.co.jp/userid/871724/car/731789/3211648/note.aspx

ボーデンケーブルの引き回しを間違えていて、曲がりが急激になっていたためでした。
だから無理な力がかかって「スプリング クリップ」が外れたようです。
(だとしたら、車内のどこかに転がっていても良さそうなのに)
5
ここまで分解して、やっと正しい位置で引き回せました。
前回の作業時に間違えて、ドレンパイプの前を這わせていました。
それじゃ、とっても曲がり過ぎで、ちゃんと動く訳がない~

さて、この段階でテストすると、
6
左端から右端までスムーズに動きます。

ホントは運転席側のフラップから「クゥ~」って変な音がするので、掃除したかったのですが、
7
ブレーキマスターシリンダに邪魔されていて、手が入らないので諦めました。
8
全部組みなおして作業完了です。
赤いガムテープは、組み直し時に、誤ってダクトを破いてしまったからです。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

スムージング、塗装落とし

難易度:

ドアアッパートリムの浮き上りの補修

難易度: ★★

ドアヒンジレストア

難易度:

スマホホルダー取り付け

難易度:

点灯チェック

難易度:

ドア内装少しオシャレに

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@ブラックバードさん、耐久、頑張って〜
つよさんが18日を決めたのね、、、」
何シテル?   12/17 11:48
みんカラは永きにわたりRead Onlyでしたが、ユーザ登録してみました。 ポルシェ歴 '05 997 カレラS '97 986ボクスター '89 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ポルシェ 911 ポルシェ 911
人生初のターボ車
ポルシェ 911 オットセイちゃん (ポルシェ 911)
人生初のオートマ車! 30年ぶりの右ハンドル車! 右ハンドルのオートマという軟派な車を ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
人生初のオープンカー! 足車には最高! 軽くてひらひら~
ポルシェ 911 ポルシェ 911
1973年 911S 一番欲しかった年式&モデルです! 2011/12/04注文、201 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.