• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金子浩久のブログ一覧

2013年12月31日 イイね!

2013年で最も印象に残った旅。東北のシトロエンCX



 2013年も国内外のさまざまなところに出掛けた。いずれも収穫が大きかったが、中でも、8月下旬に出掛けた東北が忘れられない。岩手と宮城の知人を再訪するのが目的で、宮城のSさんに会うのは13年ぶりになる。Sさんとお父さんは、13年前にNAVI誌での連載『10年10万kmストーリー』のために取材させてもらった。
 当時、Sさんはまだ医科大学生。お爺さんが新車で購入したBMW 2002を三世代で乗り継ぎ、21年12万kmを走っていた。父と息子が2002を大切に乗り続けているのには理由があった。その理由を語るには神妙な顔付きになって然るべきものだったが、Sさんはハキハキと明るく語ってくれた。
 東日本大震災の一報を聞いた時に真っ先に思い浮かべたのは、そんなSさんのことだった。海に近いところに自宅も医院もあったから心配だった。その地域の被害が甚大なことは、連日メディアが大きく取り上げていた。インターネットを検索し、安否を確認できるサイトの中にSさんの名前を見付けることができた。ひと安心できたが、コメントからはSさん本人が無事であることはわかったが、家族や仲間たちの様子はわからなかった。
 しばらくしてからSさんとメールでやり取りすることができるようになり、お父さんをはじめとする家族全員が無事だったこともわかって胸を撫で下ろした。しかし、メールだけでは伝え切れないもどかしさのようなものもSさんは抱え込んでいる様子もうかがえた。それ以来、Sさんのことがずっと気になっていて、ようやく訪れることができた。



 13年ぶりに会うSさんは変わっていなかった。明るく元気よく、着ている白衣が板についていた。お父さんの医院を引き継ぎ、結婚されて娘の父親になっていた。13年前に取材させてもらったご自宅とガレージはそのままだったが、被害は大きかった。「これが津波の跡ですよ」と壁にできたシミの線を示してくれたが、2メートル近い高さだった。あの時、Sさんと家族は山の方に逃げて、難を逃れた。2002は津波に押し上げられて天井にブツかり、その次の波でスーパーセブンとともにガレージの壁を突き破って、どこかに押し流されてしまった。だいぶ経ってから2台は、離れたところで変わり果ててたカタチとなって見付かった。
 元気なお父さんと再会を喜び合い、奥さんとお嬢さんに挨拶もできた。
「そろそろ行きましょうか」
 SさんのシトロエンCXのハンドルを握って、夜の山へ向かい、グルッと回って降りてきて、そのまま海沿いを巡った。海沿いでは震災の被害が大きかったところが多く、CXを停めてSさんは丁寧に説明してくれた。海沿いに建つ団地は4階までは表の窓から裏の窓まで津波に突き破られていたが、5階はまったく無傷だ。ということは、4階の高さにまで達する津波が押し寄せてきたというわけだ。その先のガソリンスタンドの看板は、20メートル以上の高さの位置に大きな穴が開いていた。それも同じことを体現していた。そんな高いところまで達した津波のエネルギーの巨大さを想像しただけで身震いがしてきた。





「ウチなんて水に浸かったとはいえ、まだ被害が小さかった方なんです。この通り、もっと悲惨な目にあった人がたくさんいるのですから。カネコさん、よく見ていって下さい」
 シトロエン談義とクルマ談義の合間に、震災について話し合った。とはいっても僕は質問を差し挟むだけで、もっぱらSさんの話を聞かせてもらう一方だった。
「家や家族、仕事に加えて、地域を震災前の状態に戻すことでこの2年間は精一杯でした。本格的な復興はこれからですよ」
 Sさんの医院は代々、地元警察署の協力医を務めてきており、今回の震災でも多忙を極めている。行方不明者の身元特定作業には歯形が有力な決め手になるからだ。休日どころか眠る時間も削って奮闘してきて、それは今も続いている。
「体験したことのない体験をたくさんしました。ボクひとりではどうしようもできないことにも直面し、絶望させられることも何度もありました」
 肉体的な疲労と精神的なストレスに参りそうになると、SさんはCXを走らせて気を紛らわせた。
「それが今走っているコースなんですよ。CXやエグザンティアブレークで暗闇の中を走っていると、不思議と気持ちが落ち着いてくるんです。クルマっていいですね」
 Sさんの口調が少しだけ神妙になった。愚痴や不平のひとつも口を付いてもおかしくはないのに、Sさんは淡々と話してくれる。淡々としているだけに、余計にSさんの受けた身心両面でのダメージの大きさが察せられた。
 CXのハンドルを握るのは20年以上ぶりだった。自分が所有していたCXを手放してからは運転したことがない。ユラーリユラリとと大きな周期で左右にロールするハイドロニューマチック独特の乗り心地は、エグザンティアブレークよりもCXの方がより濃厚だ。ほぼ同じルートをCXとエグザンティアブレークで2周した。SさんのCXはコンディションも良好で、魅力的だった。ブルーとグレーのヘリンボーン柄のシートの掛け心地と相まって、優しく包んでくれた。疲労困憊したSさんが癒されるというのも、とてもよくわかった。
 翌日の診療があるのにかかわらず、Sさんは真夜中まで僕と付き合ってくれた。再会を約束して別れ、僕は乗ってきたメルセデス・ベンツE250ステーションワゴンで東北自動車のインターチェンジに向かった。しかし、Sさんの「よく見ていって下さい」という言葉が耳から離れず、さっきCXで走ったルートを明るい時間に走ってみたくなった。クルマを停め、iPadでホテル予約サイトを検索したら、近くはないビジネスホテルに一泊できることがわかった。







 翌朝、同じコースを巡って撮ったものがここにアップした画像だ。来て良かった。Sさんの言っていた通り、復興は遅々としてしか進んでいないことが白日の下に晒されていた。何兆円もの復興予算が計上されているのだから、もっと早く進捗していても良さそうなものだ。でも、現実は違う。これもSさんから教わったことだが、復興といってもさまざまな思惑が交錯しているので、すぐには進まないのだ。
 Sさんとともに過ごせたのは半日にも満たなかったが、それはCXの乗り心地のように濃密な時間だった。短い時間だったが、あらゆるディテイルが強く記憶に残っている。Sさんはその後CXを手放したが、2014年もまた東北を訪れたい。
Posted at 2013/12/31 20:59:26 | コメント(10) | トラックバック(0) | 被災したクルマたち | クルマ
2012年09月07日 イイね!

新北上大橋の仮橋で本格的復興を願う





 北上川に架かる新北上大橋の仮橋を渡ってきました。
 この橋は、河口から約4kmも離れているにもかかわらず、東日本大震災の津波によって鋼鉄製の橋の半分が流失してしまいました。昨年4月の画像が以下のものです。





 仮橋はすでに昨年10月17日には開通しています。流された橋の横にL字をふたつつなげた形で、流されなかったもう半分につながっています。開通するまでは上流の橋まで迂回せねばならず、そのために約40分を要していました。仮橋が開通したことはとても喜ばしいことですが、その一方で橋の反対側を振り返ってみれば、広大な田んぼは雑草が生えたままです。一日も早い本格的な復興を願っています。



Posted at 2012/09/07 10:09:53 | コメント(11) | トラックバック(0) | 被災したクルマたち | クルマ
2012年03月10日 イイね!

東日本大震災で被災した美容師・理容師の記録集



 もう15年以上も髪を切ってもらっている美容師とその仲間たちが、東日本大震災で被災した美容師・理容師を支援する活動「HELP FROM BEAUTY」を続けている。
 その記録集『3.11 未来へつなげるメッセージ 東日本大震災 美容師・理容師20人の「記憶」と「記録」』が出版された。
 被災した時の状況とその後について丁寧にインタビューを行い、丹念にディテイルを積み上げいくスタイルの文章に引き込まれる。

「私たちも水の中に放り出されて。たまたま瓦礫に挟まったり、引っ掛かったりして流されていかずに済んだ。だから、壊れた家の中で九死に一生を得た感じなんです。でも、母親はダメでした。(水の中に)一回沈んで、ちょっと上がってきた瞬間の顔を見たんですけど、それが最後でした」
 経験したものでなければ語れない言葉の連続だ。

 自分も避難所暮らしを強いられている中、被災した翌日から散髪のボランティアを始めた理容師親子がいる。
「息子が泥棒に遭ってね。全財産を避難所に置いて、外でシャンプーをしている隙に盗まれて……」
 人間の醜悪な面も見た。
「水を巡って奪い合いやケンカをする人たち……。人って、こんなに変わるものなのかと、いろいろな想いが頭を駆け巡りました」
 マスメディアでは報じられない厳しい現状が、彼ら彼女らの言葉として綴られている。

「みんなが被災者なんだから、みんなで嘆いてばかりではどうしようもないんですよね。震災のことを忘れるわけじゃないけど、私は私らしく、自分を信じて前に進んでいくしかないなって思いました」
 唄の歌詞のように“ひとつになること”も大切だけれども、20人いれば20通りの現実と想いがあるわけだから、簡単にひとくくりにしてはならない。20人のストーリーを読んで、そんな想いを抱きました。
Posted at 2012/03/10 18:45:31 | コメント(7) | トラックバック(0) | 被災したクルマたち | 日記
2011年05月17日 イイね!

被災したクルマたち その2、被災者ならではの卓見







 東日本大震災で被災されたジャーマンボーイさんのところを訪れて一ヶ月が経過した。その後の様子などは、彼のみんカラブログに詳しく報告されているので、ぜひ一読されることをお勧めします。
 買ったばかりのBMW120iが津波に流され、レストアを試みたが、紆余曲折あってスクラップにせざるを得なかったのはさぞや無念だったでしょう。
 でも、彼は挫けなかった。ネットで探した同じグレードの120iを即座に買い求め、乗り始めている。心意気のあるクルマ好きなのである。

 彼の体験談の中で、どうしても書き留めておきたかったものがあった。
 被災した直後、どのガソリンスタンドに行けば給油できるのか、どの給水場に行けば水を分けてもらえるのか、まったく情報がなくてみんな困った。携帯電話はつながらないし、インターネットにも出ていない。クチコミだけが頼りだ。
「そういう状況だと、コミュニケーション能力が問われるんですね。“自分が何者で、何を求めていて、どういう状況にあるのか”を、わかりやすく、誠意を持って、言葉によって知らない人に伝えなければいけない」
 感情の機微を伝えにくいパソコンや携帯メールでばかり他人とやりとりしていたら、なかなか身に付かない能力だ。
「どこに行けばガソリンや水が手に入るかなんて、あの状況下では誰も知らないんです。さっきはあったけど、もう品切れになっているかもしれない。勘を働かせて探すことになるのですが、それは、それまでバーチャルなコミュニケーションばかりしていた人には、なかなか見付からなかったでしょうね」
 パソコンや携帯メールなどは非常に便利なものだが、その前提条件が崩れてしまった東日本大震災のような状況下では役に立たない。人間の素の状態、原始の状態に戻ってみなければならなかったと、ジャーマンボーイさんは強調していた。
 もうひとつ彼が語っていたことで印象的だったのは、地域やコミュニティの有り難味だ。
「震災まで、我が家では大型スーパーで買い物をしていました。一円でも安いものを求めて、クルマで郊外の大型店に出掛け、まとめて一週間分の食料品を買っていました。でも、震災ではそうした大型店が頼りにならないことがよくわかりました」
 大型店では、震災前に仕入れられた野菜や肉、魚などのたくさん食材が残っていたにもかかわらず、売ってくれなかった。“まだ停電していて、バーコードリーダーが読み取りできないから”というのが、その理由だった。あまりにも、杓子定規だ。そのままにしておいたら腐ってしまうだけなのだから、困っている被災者に分けるべきではないかと、誰でも思うだろう。
「僕も最初は呆れましたけど、大型店の従業員もサラリーマンなので、仕方がないですよね。会社の許可がなければ、勝手なことはできませんからね」
 「腐りかけた食品を売るのか」とゴネるクレーマーの出現を、極限下にあっても大型店は怖れるのだろうか。あまりにも杓子定規な上に、“自分だけは面倒には巻き込まれたくない”という発想ではないか。
「まったく対照的だったのが、もう、ウチは買い物に行かなくなってしまっていた、近くの商店街の肉屋さん、八百屋さん。彼らも被災者なのに、“50円でいいから、悪くなっちゃう前に持っていって”とか、“タダで構わないから”とウチに分けてくれました。頭が下がる思いでした。地域、コミュニティの有り難味、個人商店の底力に感謝ですよ。いかに大手が頼りにならないかがよくわかりました」
 大型店の存在意義を否定するものではないが、地元での消費というものも大切なのだと、ジャーマンボーイさんに教えられた。




 


Posted at 2011/05/17 23:43:48 | コメント(15) | トラックバック(0) | 被災したクルマたち | クルマ
2011年04月13日 イイね!

被災したクルマたち


 2006年に、同業の小沢コージ君(みんカラスペシャルブログメンバー)と『力説自動車』という単行本を出版しました。
 日本で買えるすべてのクルマを独自の機軸で評価し、日本の自動車社会を批評した二部で構成し、全ページを対談形式でまとめたものでした。
 その復活版を発信しようと年明けから準備を重ねてきたところに、東日本大震災が発生。
それぞれが被災地を訪れた後に、被災地の様子とクルマについて語りました。






●アルバムや写真は、“思い出そのもの”

金子 コージ君と行き違うタイミングで、僕も岩手と宮城に行ってきたよ。
小沢 どこで何してきたのですか?
金子 以前に取材させてもらったことのある岩手の人が、宮城の南三陸町で被災したんだ。道路がガレキで埋まってしまったから、泣く泣くクルマを置いて歩いて岩手まで帰ってきた。その人と電話で話したら、「被災地のガレキの中には、アルバムや写真がたくさん泥だらけになって落ちていた。みんな、まだアルバムや写真なんかを顧みる余裕がないから、代わりに誰かが拾って上げられないか」と嘆いていた。それで、僕もそこへ行ったんだ。
小沢 でも、アルバムの復刻は地元カメラ屋の復帰仕事にもいいかもしれないですねぇ。
金子 クルマが通れるくらいの幅を確保するために、すでにガレキは重機で少しずつまとめられ始めてはいた。その間を歩いてみると、言われた通りに、すぐに落ちているアルバムが見付かった。
小沢 どんなアルバムでした?
金子 文房具屋とかで売っている、ごく普通のアルバムで、泥まみれになっていた。開けてみると、泥水が全ページに染み付いてしまっていた。中年の女性のものらしく、家族旅行や職場の同僚たちと撮ったもの、趣味なのかコーラスの発表会の様子なんかが撮られていた。
小沢 人のアルバムは…いろんな意味で重いですよね。
金子 うん。無事でいてくれて、このアルバムを再び手にすることができるといいなと願うばかりだった。
小沢 金に換えられない財産ですからね。俺も良く、「クルマバカ」を取材して写真の取り扱いには気を使いましたよ。無くしたらとんでもないことになる(苦笑)。
金子 普通の人の普通の写真が貼られたアルバムが、本当にたくさん泥まみれでそのままになっていた。僕が預かるわけにはいかないから、泥を拭って、何冊かまとめて、カゴや箱に収めて、雨に濡れないよう、倒れていない建物の中に置いてきたよ。






●被災したユーザーには、資金援助を!

金子 クルマについては、宮城県で買ったばかりの新車を津波で流され、手放さざるを得なくなった人に会った。
小沢 本人は大丈夫だったんですか?
金子 幸い、ご家族ともども無事だった。流されたBMW 120iは、300メートル先の知らない人の家に突っ込んでいたんだって。
小沢 結構近くにあるんですね。で、状態は?
金子 いろいろ調べたけど、ダメだった。エンジンやトランスミッション、電気系統などが海水を被って、電磁ロックのドアさえ開けることができなかった。
小沢 最新カーはそこがツライですよね。最新の高層ITビルと同じで。
金子 ハンドルロックも解除されず、トランクも開かないんだから。
小沢 すべてが電気仕掛けですからねぇ。海水を被ったら、一巻の終わり。
金子 その人は、レッカー業者を呼んでクルマを引き出したんだけど、その業者は新潟から来ていた。付近のレッカー車やクレーン車も一緒に津波で流されちゃったから、いま、東北には全国からレッカー業者が集まってきている。被災したのはユーザーやレッカー業者だけでなくて、ディーラーもそう。だから、ユーザーのクルマを修理したり、牽引したりしたいところなんでけれど、“申し訳ないけど、まだそれどころではない”というところが少なくないのが現状だった。メーカーやディーラーによって、対応にずいぶんと違いが出てきてしまっているらしいけれど、それも現時点では仕方がないかもね。
小沢 今後、被災“車”の保険問題はデカいですよ。買ったばっかで被災したひととかいるみたいだし…。
金子 彼に限った話ではないけど、津波は天災だから、車両保険が適用されないのが気の毒。廃車せざるを得なくても、生活と仕事のために、次のクルマを買わなければならない。
小沢 やっぱ中古の軽とか買う人が多いんですよね?
金子 僕もそう思ったんだ。そうしたら、彼は正反対のことを口にした。
「年式は少し落ちるかもしれないけど、同じ色の同じモデルを買って乗ろうと思うんですよ。乗りたくもない“足グルマ”で済ませて、萎縮なんてしたくない。同じクルマをもう一回買って乗ることで、気合いを入れたい。昨日、ちょうどネットで頃合いの一台を見付けたんですよ」
 普通だったら、被災して家計が苦しくなるはずだし、道路だってまだ陥没したり、ヒビ割れたりしている。守りに入るはずでしょ。
小沢 かなりカッコいいですね、その人。
金子 だよね。でも、心の中では涙を流しても、それは見せないで涼しい顔して、あえて同じクルマを買い直して乗る。なかなかできることじゃない。クルマ好きの心意気に触れた気がして、ちょっと感激したよ。
小沢 泣けてくる話ですね。BMWジャパンの社長に聞かせてやりたい。
金子 その人も望んでいたけど、被災したユーザーがもう一台そのメーカーのクルマを購入する場合は、何らかの資金的な援助をすればいいと思うんだ。助け合いだし、ブランドロイヤリティは上がるし。
小沢 いいじゃないですか。同じクルマを買った人は1割引き! いや2割引き!! とか。
金子 行政は、被災者の被災したクルマの、3月11日以降の従量税と自賠責保険の還付を早く行うべきだね。
小沢 あ、俺も先日急遽引っ越したんで、火災保険戻ってくるんだった。忘れてた(苦笑)
(次回に続く)
Posted at 2011/04/13 21:11:12 | コメント(12) | トラックバック(1) | 被災したクルマたち | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「10年10万kmストーリー 第47回 ポルシェ356B(1963年型)24年48万km http://cvw.jp/b/877318/44232296/
何シテル?   07/31 18:39
金子浩久です。よろしくお願いします。 クルマとその周辺のことを書いています。 詳しい自己紹介は、ホームページをご覧下さい。 http://ww...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

flacニヨル楽曲管理ノススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/25 01:06:29
ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て 
カテゴリ:著書
2012/03/23 17:17:34
 
力説自動車 
カテゴリ:著書
2010/10/31 18:21:31
 

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有してみて初めてわかるポルシェのスゴさがありました。
シトロエン CX シトロエン CX
中古で入手して、よく壊れましたが、考えさせられることが多く、面白かった。“個性的”の極北 ...
プジョー 505 プジョー 505
4気筒のGTi。ハンドリングと乗り心地がとても高いレベルでバランスしていた。山道では、ヘ ...
TVR グリフィス TVR グリフィス
グリフィス500を手に入れた直後に、偶然にもブラックプールの工場を取材する機会を得て、当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.