• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金子浩久のブログ一覧

2011年05月17日 イイね!

被災したクルマたち その2、被災者ならではの卓見







 東日本大震災で被災されたジャーマンボーイさんのところを訪れて一ヶ月が経過した。その後の様子などは、彼のみんカラブログに詳しく報告されているので、ぜひ一読されることをお勧めします。
 買ったばかりのBMW120iが津波に流され、レストアを試みたが、紆余曲折あってスクラップにせざるを得なかったのはさぞや無念だったでしょう。
 でも、彼は挫けなかった。ネットで探した同じグレードの120iを即座に買い求め、乗り始めている。心意気のあるクルマ好きなのである。

 彼の体験談の中で、どうしても書き留めておきたかったものがあった。
 被災した直後、どのガソリンスタンドに行けば給油できるのか、どの給水場に行けば水を分けてもらえるのか、まったく情報がなくてみんな困った。携帯電話はつながらないし、インターネットにも出ていない。クチコミだけが頼りだ。
「そういう状況だと、コミュニケーション能力が問われるんですね。“自分が何者で、何を求めていて、どういう状況にあるのか”を、わかりやすく、誠意を持って、言葉によって知らない人に伝えなければいけない」
 感情の機微を伝えにくいパソコンや携帯メールでばかり他人とやりとりしていたら、なかなか身に付かない能力だ。
「どこに行けばガソリンや水が手に入るかなんて、あの状況下では誰も知らないんです。さっきはあったけど、もう品切れになっているかもしれない。勘を働かせて探すことになるのですが、それは、それまでバーチャルなコミュニケーションばかりしていた人には、なかなか見付からなかったでしょうね」
 パソコンや携帯メールなどは非常に便利なものだが、その前提条件が崩れてしまった東日本大震災のような状況下では役に立たない。人間の素の状態、原始の状態に戻ってみなければならなかったと、ジャーマンボーイさんは強調していた。
 もうひとつ彼が語っていたことで印象的だったのは、地域やコミュニティの有り難味だ。
「震災まで、我が家では大型スーパーで買い物をしていました。一円でも安いものを求めて、クルマで郊外の大型店に出掛け、まとめて一週間分の食料品を買っていました。でも、震災ではそうした大型店が頼りにならないことがよくわかりました」
 大型店では、震災前に仕入れられた野菜や肉、魚などのたくさん食材が残っていたにもかかわらず、売ってくれなかった。“まだ停電していて、バーコードリーダーが読み取りできないから”というのが、その理由だった。あまりにも、杓子定規だ。そのままにしておいたら腐ってしまうだけなのだから、困っている被災者に分けるべきではないかと、誰でも思うだろう。
「僕も最初は呆れましたけど、大型店の従業員もサラリーマンなので、仕方がないですよね。会社の許可がなければ、勝手なことはできませんからね」
 「腐りかけた食品を売るのか」とゴネるクレーマーの出現を、極限下にあっても大型店は怖れるのだろうか。あまりにも杓子定規な上に、“自分だけは面倒には巻き込まれたくない”という発想ではないか。
「まったく対照的だったのが、もう、ウチは買い物に行かなくなってしまっていた、近くの商店街の肉屋さん、八百屋さん。彼らも被災者なのに、“50円でいいから、悪くなっちゃう前に持っていって”とか、“タダで構わないから”とウチに分けてくれました。頭が下がる思いでした。地域、コミュニティの有り難味、個人商店の底力に感謝ですよ。いかに大手が頼りにならないかがよくわかりました」
 大型店の存在意義を否定するものではないが、地元での消費というものも大切なのだと、ジャーマンボーイさんに教えられた。




 


Posted at 2011/05/17 23:43:48 | コメント(15) | トラックバック(0) | 被災したクルマたち | クルマ
2011年05月07日 イイね!

取り締まり中のフォード・クラウンビクトリア







ピィ〜、ガガガッ(無線の音)。
「はい、次。1474489Cのシルバーのタウンカー、12マイルオーバー」
「了解、シルバーのタウンカーを停めます」

ーー運転免許証を見せていただけますか。
 お急ぎでしたか? 
 でも、このサウスストリート高架道路はインターステートハイウェイと違って、制限速度が50マイルなんですよ。
 向こうに見えるハイウェイパトロールカーがあなたが時速62マイルで走っていたことを計りました。時速12マイルのスピードオーバーです。違反切符を切ります。不服がある場合は、2週間以内に裁判所に申し立てて下さい。



ピィ〜、ガガガッ。
「今度は、黒のタウンカーのリモ。14マイルオーバー」
「オーケー、黒のリモっと」

 といった感じの取り締まりを、マンハッタン南東部の自動車専用道でハイウェイパトロールのパトカー2台で行っていました。
 白い側章付きのテーパードスリムのカッコいいパンツを履いた警官は、クルマの群れがビュンビュンと迫ってきているのにもかかわらず、車線の真ん中ぐらいまで悠々と進んでいって違反車を路側帯に導いて、威厳を見せ付けようとしていたのが面白かった。
 2,3分に1台は停められていて、そのうちの半分ぐらいが切符を切られていました。
Posted at 2011/05/07 20:59:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | フォード | クルマ
2011年05月04日 イイね!

NYCの次期イエローキャブに選定された日産NV200



 5月4日のロイター電によれば、日産自動車はアメリカ・ニューヨーク市のタクシー車両納入契約を受注した。契約期間は2013年から10年間で、受注金額は約10億ドル。日本でも販売されているミニバン「NV200」をタクシー仕様に改造して納入する。
 
 ニューヨークのタクシーと言えば、「イエローキャブ」の愛称で知られているように、宣伝効果を考えれば、世界中の自動車メーカーにとって、その受注契約はぜひとも勝ち取りたいところだろう。
 でもこれは単に宣伝効果だけを狙ったものではなく、日産は同社が推し進めている「リーフ」をはじめとする電気自動車化をNV200タクシーにも施すのではないだろうか。
 発進停止が繰り返され、平均速度が低く、さらに主たる利用範囲がマンハッタン島とその周辺に限られることになるイエローキャブでは、電気自動車が宿命とする航続距離の短さは大きな問題とはならない。
 NV200は「ミニバン」と呼ばれているけれども、日本と日産の乗用車的なミニバンとは一線を画し、むしろ商用車に近い。日本の乗用車的なミニバンを求めない人に、そのプロフェッショナル向けの内容が歓迎されていることと併せて考えてみると、イエローキャブに採用されたことは、人気に拍車を掛け、新たな支持層を拡げることは間違いない。
 現在、ニューヨーク市のタクシーは9社16車種が採用されているが、2013年から10年掛けて、順次、NV200版のイエローキャブに統一されていくというのだから、スゴい話だ。
 ロイターは16車種と報じたが、ニューヨーク市タクシー&リムジン委員会のホームページを確認してみたら、14車種しかなかった。
 14車種とは、以下の通り。

フォード・クラウンビクトリア ストレッチ
フォード・フュージョン ハイブリッド
フォード・エスケープ ハイブリッド2WD
マーキュリー・マリナー ハイブリッド4WD
マーキュリー・ミラン ハイブリッド
レクサス・RX450h
レクサス・HS250h
トヨタ・カムリ ハイブリッド
トヨタ・プリウス
トヨタ・ハイランダー ハイブリッド2WD
トヨタ・ハイランダー ハイブリッド4WD
トヨタ・シエナ アセンブル
日産・アルティマ ハイブリッド
フォルクスワーゲン・ジェッタ ディーゼル

 14車種すべては撮れませんでしたが、先週にスナップしたイエローキャブの写真を何点かアップしてみます。
 さて、何車種写っているでしょうか?




Posted at 2011/05/04 23:57:42 | コメント(9) | トラックバック(1) | 日産 | クルマ
2011年05月01日 イイね!

タイムズスクエアの日産アルティマのパトカー







 トヨタ・プリウスやカムリ、シエナ、ホンダ・オデッセイなどの日本車がマンハッタンのイエローキャブ・タクシーに採用されるようになってからずいぶん経つけれども、とうとうニューヨーク市警察のパトカーにも使われるようになったのを初めて見た。
 乗せてもらったことはないけれど、これまでニューヨーク市警察のパトカーには、もっぱら、シボレー・カプリースやフォード・クラウンビクトリアなどのフルサイズのアメリカンセダンばかりが使われていた。
 アルティマはテネシーの日産工場で生産されている“アメリカ車”だし、アメリカ人はいいものだったら積極的に取り入れていくからアルティマがパトカーに採用されても不思議はない。
 でも、ヨーロッパ車や韓国車などに打ち克って、採用されてタイムズスクエアでニラみを利かせているのは、日本人としてちょっと誇らしい気持ちがした。乗車していたクリスという警官に話し掛けてみた。
「もう1年ぐらい、このクルマで乗務しているかな。前は、クラウンビクトリアだった」
 較べると、どう違うのだろうか?
「アルティマがいいのは、回転半径が小さいことだ。狭い通りでUターンするのに一回で済むから助かる」
 Uターンしやすさや取り回しやすさは、最小回転半径とボディの大きさが主たる要因で決まる。巨大なクラウンビクトリアよりも、感覚的に1.5回りぐらい小さなアルティマの方がUターンしやすいのは間違いない。
 切り返している間に、悪漢に逃げられちゃうかもしれないし。
 ただ、乗務する者にとっては、取り回しよりも、車内空間の広さや快適性なども重要なはずだから、必ずしも大きなクルマが嫌われるというわけではないだろう。大きく重いクルマの方が余裕を生み出して疲れないという場合だってある。それは、タクシー運転手なども同じだろう。
 路上を見ていると、アルティマと同じくらいのサイズのフュージョンという最近の中型フォードのパトカーもけっこう走っていた。パトカー小型化あるいは、アメリカのセダン全体が小型化しようとしているのか?
 日本やヨーロッパからは想像できないほど、最近のアメリカのガソリン価格高騰のカーブが急だ(今までが安過ぎた)から、小型化して燃費を稼ごうとしているのかもしれない。
 ということは、追われるクルマも小型化していくのかな?
Posted at 2011/05/01 18:13:20 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日産 | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「10年10万kmストーリー 第47回 ポルシェ356B(1963年型)24年48万km http://cvw.jp/b/877318/44232296/
何シテル?   07/31 18:39
金子浩久です。よろしくお願いします。 クルマとその周辺のことを書いています。 詳しい自己紹介は、ホームページをご覧下さい。 http://ww...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

flacニヨル楽曲管理ノススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/25 01:06:29
ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て 
カテゴリ:著書
2012/03/23 17:17:34
 
力説自動車 
カテゴリ:著書
2010/10/31 18:21:31
 

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有してみて初めてわかるポルシェのスゴさがありました。
シトロエン CX シトロエン CX
中古で入手して、よく壊れましたが、考えさせられることが多く、面白かった。“個性的”の極北 ...
プジョー 505 プジョー 505
4気筒のGTi。ハンドリングと乗り心地がとても高いレベルでバランスしていた。山道では、ヘ ...
TVR グリフィス TVR グリフィス
グリフィス500を手に入れた直後に、偶然にもブラックプールの工場を取材する機会を得て、当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.