• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金子浩久のブログ一覧

2011年07月29日 イイね!

噂のアストンマーチン・シグネットは、ありか? 無しか?







 アストンマーチン・シグネットが、ロンドンのパークレーン沿いの中古車屋に並んでいました。
 トヨタIQをベースにして、内外装をアストンマーチン流に仕上げたという“高級”コンパクトカーです。中古車屋ですけど、新車で売っていました。
 ショールームのガラスが割れんばかりに眼を見開いて説明ボードを読み込んだところ、1.3リッター+CVT、シートと内装が革張りで、3万2115ポンド(約417万円)+納車&登録手数料。高いか安いかは、アナタ次第。

 エルメスの合成繊維製トートバッグやブルガリのアルミ製クォーツ時計みたい。
 あえて売り物としている革や貴金属製ではないところを「本筋じゃない」と否定もできるし、「カジュアルで親しみやすい」と肯定もできる。アストンマーチン専門のディーラーではなく、なんでも売ってる中古車屋で売られているところも、質流れショップみたいで面白かった。


Posted at 2011/07/29 00:54:30 | コメント(40) | トラックバック(0) | アストンマーチン | クルマ
2011年07月22日 イイね!

メイフェアで、誰もが立ち止まり振り返るディーノ246GTなのに……







 観光客と買い物客でゴッタ返すロンドンのマーブルアーチ駅前からピカデリーサーカスに向かうのに空いている脇道と抜け道を探りながらメイフェアを歩いていたら、100メートル以上向こうに銀色のディーノ246GTが停まっているのが見えました。
 アストンマーチン・ヴァンティッジ、ベントレー・ミュルザンヌ、フェラーリ599などの現代の高級車が道の両側にウジャウジャ停まっている界隈にあったって、もうオーラが違う。
 ロンドンタクシーを2,3台やり過ごして反対方向に渡り、方向転換。ディーノにまっしぐら。
 小振りで、引き締まっているんだけど、抑揚のあるカタチが艶っぽい。ボディの程度だって、極上だ。
 持ち主が出てくるのだったら、待ってみようか。
 僕と同じように246GTを見付けたBMW325iが停まって、デジカメを手にしたTシャツ短パン男が降りてきた。夢中で写真を撮っている。
 それと入れ替わるようにして停まったジャガーXKから降りてきた初老の紳士も、後ろ髪を引かれるようにしている。
 オトコ供とは対照的に、歩道を歩いてきた女性4人組の気持ちいいくらいの無関心さ。子供たちは風船とおしゃべりに一所懸命で、母親たちは携帯電話に夢中だ。ワイパーにはさまれていたのは、販売促進用のワックスの見本でした。

Posted at 2011/07/22 23:11:16 | コメント(33) | トラックバック(0) | フェラーリ | クルマ
2011年07月18日 イイね!

これであなたも刑事ブリットのスティーブ・マックィーンになれる!?





 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのもうひとつの楽しみは、マニアックな露店巡りです。
 ヒルクライムコースをはさんで、マーチ卿の屋敷と反対側にはたくさんのテントが並んでいる。Eタイプ50周年を祝ったジャガーの他にも、世界中の主だった自動車メーカーが新型車やヒストリックカーを展示してカタログを配っているのから始まって、豪華ヨット「サンシーカー」(“スピードの祭典”だからクルマに限らない)や、いまやイギリスの民族資本最大の自動車メーカーとなってしまったモーガン、各種コーチビルダー、ヒストリックカーショップなどから始まって、自動車専門書店、模型屋、ミニカーショップ、クルマ関連のアンティークショップなどが軒を連ねている。
 よくあるレーシングドライバーやチームのウェアやグッズを扱う店につり下げられているジャケットとシャツに眼が釘付けになってしまった。
 『ブリット』で主人公のスティーブ・マックィーンが着ていたツィードジャケットとその下のブルーのタートルネックじゃないか?
 撮影用ではなく、新品だ。ジャケットには200ポンド、タートルネックには25ポンドの値札がぶる下がっている。

 実は、僕も子供の頃からマックィーンファンで、『ブリット』は劇場公開には間に合わなかったけど、名画座で観た。テレビで放映された時に録画したVHSビデオは繰り返し観たし、メイキング映像がオマケに付いたDVDはすぐに買った。
 そして、ブリットのそのコスチュームを自分でもやってみたくなって、日常的に“コスプレ”していたことがあった。手持ちのライトブラウンのヘリンボーンツイードのジャケットに、ロイヤルブルーのタートルネックセーターを探してきて、グレイフラノのズボンにタバコブラウンのスゥエードのチャッカブーツを合わせていた。
 問題は、タートルネックの色調だった。ビデオで見ると明るく見えるけど、DVD版だと、ネイビーブルーに近く見える。ブラウン管と液晶パネルの違いもあって、どの青が正解なのか断定できなかった。
 明るい青の時、濃い青の時と、それぞれ東京中の洋服屋を探し回ったけど、選べるほど色調の違いを揃えている店がまったくなかったのが残念だった。小手先のデザインの違いはあるのだけれども、プレインなセーターの色やサイズが最低限しか揃っていない。ヘンな柄やロゴマークが折り込まれている。高級な店にも寄ってみたが、事情は変わらなかった。これが、ヨーロッパだと違っていて、基本的なデザインのものには、色とサイズが豊富に揃っているのだ。

 あー、『ブリット』のマックィーンのこの格好をコスプレしたかった時期があったなー。
 己を省みながら、遠い眼をしてしまった。
 ということは、です。
 こんなイベントで売っているくらいなのだから、僕と同じ思いを抱いている人も少なくないわけだ。さすがは、マックィーン。
 この格好で、サンフランシスコの町を上がったり、下りたりしている姿には動きにキレがあって、カッコ良かったもんなぁ。
 マックィーンのフォード・マスタングGT390と悪者のダッジ・チャージャーR/Tが繰り広げるカーチェイスシーンが超有名な映画だけど、そっちよりも僕はマックィーンの身体の動きひとつひとつ、そして、そのマックィーンにフィットした出で立ちが魅力的だった。
 自分と同じことを考えているマックィーンファンがいてくれたことがうれしかった。それで、もうこれを買えば色調に惑わされることはなくなるわけだし……。
 こういうイベントに来た時は、気持ちが引っ掛かったモノは縁起物なんだから、どんどん買っちゃおう!



 えっ!? ハハハハハハッ、フフフフフフッ。
 さすがは、ユーモアの国、イギリスでした。ファンがどうがんばっても“完コピ”できないものが、このタートルネックには備わっていたのでした。


Posted at 2011/07/18 00:16:45 | コメント(16) | トラックバック(1) | フォード | クルマ
2011年07月14日 イイね!

グッドウッドに集結したジャガー群からマイフェイバリット10台を



 Eタイプ誕生50周年を祝った今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードには、とても多くのジャガーが集結していました。コースを走ったものに限らず、特に魅力的だった10台を紹介します。



















10


Posted at 2011/07/14 12:43:58 | コメント(25) | トラックバック(1) | ジャガー | 日記
2011年07月12日 イイね!

貴族の屋敷に出現した巨大ジャガーEタイプの正体は?





 今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、ジャガーEタイプ誕生50周年を祝うものでした。
 南イングランドのグッドウッドにある広大なマーチ卿の屋敷で行われるイベント会場には、巨大なEタイプのオブジェがキツリツしていました。全長28メートルものオブジェはジェリー・ジュダによるもので、鉄パイプで作られており、重さ175トン(Eタイプ135台分!)。Eタイプの特徴をうまく捕まえてありますね。
 イベントには、1961年のジュネーブ自動車ショーに発表されたEタイプそのものから、さまざまなバリーエーション、レーシングモデル、悲劇的なXJ13やWECとル・マンを制したXJR9LM、XJR12などEタイプの系譜に連なるモデルが大挙して集結した。それらは、ジャガー社のヘリテイジコレクションやコレクターなどから持ち込まれた。
 ちなみに、巨大なオブジェはインドのタタ製鉄の協力によって作られたものでした。親会社と聞くと、ふた言目には“コストカット”などとしか子会社に命じない野暮な姿を思い浮かべてしまいますが、なるほどジャガーの親会社は粋な計らいをしたものです。




Posted at 2011/07/12 12:16:34 | コメント(14) | トラックバック(0) | ジャガー | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「10年10万kmストーリー 第47回 ポルシェ356B(1963年型)24年48万km http://cvw.jp/b/877318/44232296/
何シテル?   07/31 18:39
金子浩久です。よろしくお願いします。 クルマとその周辺のことを書いています。 詳しい自己紹介は、ホームページをご覧下さい。 http://ww...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

flacニヨル楽曲管理ノススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/25 01:06:29
ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て 
カテゴリ:著書
2012/03/23 17:17:34
 
力説自動車 
カテゴリ:著書
2010/10/31 18:21:31
 

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有してみて初めてわかるポルシェのスゴさがありました。
シトロエン CX シトロエン CX
中古で入手して、よく壊れましたが、考えさせられることが多く、面白かった。“個性的”の極北 ...
プジョー 505 プジョー 505
4気筒のGTi。ハンドリングと乗り心地がとても高いレベルでバランスしていた。山道では、ヘ ...
TVR グリフィス TVR グリフィス
グリフィス500を手に入れた直後に、偶然にもブラックプールの工場を取材する機会を得て、当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.