• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金子浩久のブログ一覧

2012年06月29日 イイね!

売ります、ランチア・デルタ





オーストリア・クラーゲンフルト駅前に程度の良いランチア・デルタが売りに出ていました。
値段は、1万1500ユーロ。グレードや年式などは直接電話にて確かめて下さい。
Posted at 2012/06/29 16:40:07 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ
2012年06月22日 イイね!

新型ボクスターの発表会でビックリ!?






 メディア向け新車発表会を行ったことのなかったポルシェ・ジャパンが新型ボクスターの発表会を行うというので、会場の東京ミッドタウンまでさきほど招ばれてきました。
 会が始まると花柄模様の超ミニ浴衣を着た女性8名がステージに登場し、いきなりのダンス!
「韓流?」
「カレラカップにレースクィーンなんて、いたっけ?」
 モデルガールズという名前の即席感もあってからなのか、会場のオヤジたちを中心に詮索がガヤガヤとうるさいことうるさいこと。オスカープロモーションいち押しの『モデルガールズ』という新しいガールズユニットだそうです。
 肝腎のボクスターがアンヴェイルされた後も、「彼女たちはアンヴェイルされちゃわないのかなぁ!? へへへへへへ」。
 下品なオヤジたち(もちろん僕も含め)ばかりで、スミマセンでした〜。
 3月に南仏サントロペで行われたメディア試乗会の画像は、こちらです。
Posted at 2012/06/22 19:33:11 | コメント(18) | トラックバック(0) | イベント報告 | クルマ
2012年06月18日 イイね!

ボルボの蒲郡オフ会に行ってきました







 みんカラ友達のTD-05さんのお招きで愛知県のラグーナ蒲郡で行われたボルボのオフ会「ボルボ・フレンドシップ コミュニケーション2012 イン ラグーナ」に行ってきました。
 とてもコンディションの良い5台のP1800をはじめ、240や940/960シリーズ、たくさんの850やV70などから最新型まで100台近くのボルボが全国から集まっていました。
 世話人の跳ね鹿さんをはじめ、参加者のみなさんの中にはいつも「イイね!」やコメントをやり取りさせていただいている方たちが多く、「はじめまして」と口では言うものの初めてじゃない気がするのがオフ会の醍醐味なのでしょう。
 参加費の2000円にはラグーナ蒲郡の500円分商品券と記念ステッカーが含まれ、ほぼ空クジなしの福引きも行われました。
 P1800と240とV70と最新のV60とでは一見すると脈絡のないように見える。だが、それらが一同に介したところを眺めると、それぞれの時代における“ボルボらしさ”が表現され、貫かれている。
 ボルボらしさというものは時代によって変容していくのだということがわかったのは、みん友のみんなと会って話ができたことに次ぐ大きな収穫だった。みなさんお疲れさまでした。また、お会いしましょう!
Posted at 2012/06/18 00:04:27 | コメント(8) | トラックバック(0) | イベント報告 | 日記
2012年06月16日 イイね!

清水和夫さんの会員制有料映像サイトに出演しました



 みんカラスペシャルブロガーであり自動車ジャーナリストの清水和夫さんが主宰している会員制有料映像サイトStartYourEnginesにゲスト出演してきました。
 拙著『ユーラシア横断1万5000キロ』の動画を見ながら対談しています。

リンク先は無料のダイジェスト版ですので、どなたでも視聴可能です!
Posted at 2012/06/16 00:02:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | イベント報告 | 日記
2012年06月09日 イイね!

映画『ドライヴ』を観てきました




 ようやく映画『ドライヴ』を観に行くことができました。
 主演はライアン・ゴスリング。監督は、ニコラス・ウィンディング・レフン。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。プログラムに書いてある内容紹介は、以下の通りです。

「昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手の“ドライバー”。その天才的なドライビングテクニックゆえに、危険な裏社会の抗争に巻き込まれていく孤独な男。(中略)静謐さとバイオレンス、計算し尽くされた映像美と本能に訴えかけるサウンドが美しく融合し、ここに激しく心揺さぶる新たな愛の物語が誕生した」

 おおむねこの紹介の通りの作品です。長回しのショットが多く、隅々にまで監督の美意識が透徹されている。抑制された演技と削りに削った演出。現代のフィルムノワールそのもの。ロスアンジェルスの裏町の、西日の長い感じがよく描写されている点が強く印象に残りました。まだ公開されているところもあるので、ぜひ、劇場でご覧になってみて下さい。
 
Posted at 2012/06/09 19:39:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「ギャランGTO GS-Rに43年8万9000km http://cvw.jp/b/877318/42979766/
何シテル?   06/21 10:13
金子浩久です。よろしくお願いします。 クルマとその周辺のことを書いています。 詳しい自己紹介は、ホームページをご覧下さい。 http://ww...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

flacニヨル楽曲管理ノススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/25 01:06:29
ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て 
カテゴリ:著書
2012/03/23 17:17:34
 
力説自動車 
カテゴリ:著書
2010/10/31 18:21:31
 

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有してみて初めてわかるポルシェのスゴさがありました。
TVR グリフィス TVR グリフィス
グリフィス500を手に入れた直後に、偶然にもブラックプールの工場を取材する機会を得て、当 ...
プジョー 505 プジョー 505
4気筒のGTi。ハンドリングと乗り心地がとても高いレベルでバランスしていた。山道では、ヘ ...
シトロエン CX シトロエン CX
中古で入手して、よく壊れましたが、考えさせられることが多く、面白かった。“個性的”の極北 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.