• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

金子浩久のブログ一覧

2015年05月30日 イイね!

ランエボⅦGT-Aとの森の生活





 日本有数の避暑地として知られる長野県軽井沢町は東京から150kmほど離れているのにもかかわらず、実は東京のように便利な暮らしが送れるところなのである。
 上信越自動車道が伸びて軽井沢インターチェンジが設けられ、長野(現在は北陸と呼ばれる)新幹線が開通して交通の便が飛躍的に向上し、別荘族の他に通年で軽井沢に定住する人たちが増えた。速い新幹線ならば90分足らずで東京駅まで行けてしまうのである。
 大型スーパーマーケットには地元群馬や長野の新鮮なものが並ぶのは当然のこと、輸入食材や惣菜類なども都内のデパ地下並みに充実している。
 複数の巨大なホームセンターやレンタルビデオショップは昔から営業しているし、駅前にはアウトレットまである。都内のほとんどのところよりも買い物で困ることはないのではないか。量だけでなく質も充実しているところが軽井沢らしい。(続きはこちらから)
Posted at 2015/05/30 11:17:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | 三菱 | クルマ
2015年05月28日 イイね!

早急に“クラシックカー部門”の設立を〈後編です〉






(画像はイメージです)

 今週も、日本の自動車メーカーにクラシックカー部門の設立について書かせていただきます。第2弾として、具体的なプランを提言させて下さい。
 コメントの中には、批判的なものや疑問を投げ掛けるものもありました。
「例に挙げられているのは、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカー、ドイツ車としてもメルセデス・ベンツやBMW、ポルシェなど。すべて高級車ではないか。ほとんど一般大衆車しか造っていない日本車メーカーにはそんなことはできない。混同している」
 その通りです。
 中には、専門的なコメントもありました。
「古いクルマの部品や修理のための治具などは課税対象にされるから、出荷数がそれに見合わなければ税金の方が高くなってしまう。メーカーはその負担に耐えられないから、古いクルマを修復するようなサービスなんてメーカーは行おうとしないだろう」
 なるほど。たしかに、その通りでしょう。
 つまり、日本の自動車メーカーがクラシックカー部門を設立しても、“ソロバンに合わない”ということです。
 それは間違っていません。
 しかし、僕が設立を提言したいのは、“だから、あえて設立する意味と意義がある”と考えるからです。(続きはこちら
Posted at 2015/05/28 09:48:20 | コメント(15) | トラックバック(0) | 手入れと修理 | 日記
2015年05月21日 イイね!

日本の自動車メーカーは早急に”クラシックカー部門”の設立を








(画像はイメージです)

 先月、イタリアのランボルギーニは、自社内に一般ユーザー向けクラシックカー修理、復元の専門部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」を設立した。
 ランボルギーニにしてはちょっと遅すぎるぐらいだ。なぜならば、ライバルのフェラーリはすでに2006年に同様の「クラシケ・フェラーリ」をかつての自社の鋳造部品工場跡地に設立しているからだ。
 自社で製造後ある程度の年月が経過しているクルマの修理や復元を行う事業は、イタリア勢よりはむしろドイツ勢の方が先に展開していた。(続きはこちら
Posted at 2015/05/21 22:29:09 | コメント(30) | トラックバック(0) | 手入れと修理 | クルマ
2015年05月14日 イイね!

『クラウン60周年記念展』に見る日本人の“夢”




 トヨタ博物館では、現在、「クラウン60周年記念展」が開催されている。
 1955年に発売された初代から数えて、現行型まで60年14代のクラウンを記念する展覧会だ。

 クラウンは、最も歴史が古い国産乗用車だ。トラックや軍用車などは戦前から造られていたが、オーナードライバー用の乗用車としては日本初になるという。(続きを読む
Posted at 2015/05/14 11:10:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | トヨタ | クルマ
2015年05月09日 イイね!

上海モーターショーで世界初公開されたマクラーレン540C





 先ごろ開催された『オート上海2015』(上海モーターショー)にて、マクラーレン『540C』が世界初公開された。マクラーレンは、その前の週に行なわれていた『ニューヨークオートショー』でも『570S』というクルマを発表している。『540C』と『570S』は対を為す形で、マクラーレンの新しい「スポーツ」シリーズを形成する。(続きを読む
Posted at 2015/05/09 14:59:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | マクラーレン | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「10年10万kmストーリー 第47回 ポルシェ356B(1963年型)24年48万km http://cvw.jp/b/877318/44232296/
何シテル?   07/31 18:39
金子浩久です。よろしくお願いします。 クルマとその周辺のことを書いています。 詳しい自己紹介は、ホームページをご覧下さい。 http://ww...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

flacニヨル楽曲管理ノススメ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/25 01:06:29
ユーラシア横断1万5000キロ 練馬ナンバーで目指した西の果て 
カテゴリ:著書
2012/03/23 17:17:34
 
力説自動車 
カテゴリ:著書
2010/10/31 18:21:31
 

愛車一覧

ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
所有してみて初めてわかるポルシェのスゴさがありました。
シトロエン CX シトロエン CX
中古で入手して、よく壊れましたが、考えさせられることが多く、面白かった。“個性的”の極北 ...
プジョー 505 プジョー 505
4気筒のGTi。ハンドリングと乗り心地がとても高いレベルでバランスしていた。山道では、ヘ ...
TVR グリフィス TVR グリフィス
グリフィス500を手に入れた直後に、偶然にもブラックプールの工場を取材する機会を得て、当 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.