• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Una~ぎ~いぬのブログ一覧

2014年07月20日 イイね!

啓示に耳を傾け、防御アイテムを装着

啓示に耳を傾け、防御アイテムを装着何年も迷っていたドライブレコーダーを付けました。
いろいろな事が起こって、これは何かの啓示ではないかと考えて、決心しました。

装着までに、面倒な事が起こりましたが、それはパーツレビューをご覧ください。


きっかけは、先々週の朝のことです。

自宅の近くに、4歳くらいの男の子のいる家があります。
毎朝、出勤するときに、ママとその子が保育園に行くのか、親子並んで歩いているのを見かけます。

そのおうち、道路ギリギリに建っていて、玄関は建物から引っ込んだ形に作られています。
道路は幅が4mと狭く、家の目の前まで行かないと、玄関のドアが見えない構造です。

いつも徐行して通過するのですが、その日は玄関のたたきに人影が見えました。
もう、ここでブレーキ踏みました。

人影は男の子で、こっちを見ながら、道路に出てきました、当然、車を認識しています。
けれど、まったく迷いなく道路の真ん中まで歩き、避けるそぶりはありません。

その子の4mほど手前で36は停車。

すぐにママが気付き、あわててその子の手を取って玄関側に引き寄せ、こちらに頭を下げています。
そんなに恐縮しなくて、大丈夫なんだけど・・。

以前から、道路を歩いてる親子に車で近づくと、ママがその子の体を過剰に引き寄せていたので、ちょっと気になっていたんです。
勝手な判断ですが、(直接聞くわけにもいかないので)何らかの発達障害があるのかもと思いました。



最近は大人が後ろから押せるハンドルが着いた三輪車に男の子を乗せて歩いてます。
三輪車のサドルにまたがっていると、子供は急に走り出したり、急に方向を変えたりできないのですよね。


その男の子だけじゃなく、もう夏休みに入ったので、子供には気をつけなくちゃいけませんね。


この男の子の事はきっかけに過ぎず、ドライブレコーダー装着を決心させたのは、身近にいる高齢者たちです。

80歳を超えた年寄りの行動や言動を見ていて、危機感を覚えました。

あくまで、私の身近にいる年寄りたちのことで、すべての高齢者がそうだと言ってるわけではありませんので、そこを踏まえてお読みくださいませ。



どの人も認知症の症状は無く、普通に生活をして、会話も普通にできます、ちゃんと言葉のキャッチボールができる人です。
腰が痛いとか、膝が痛いとか、背中が曲がってるとか、身体はあちこち痛んでいるところがありますが、頭はしっかりしてると言われてる人たちです。

ですが、生活に関わるとても大切なことを、キチンと話をして理解をして、本人が判ったと返事をして納得したにもかかわらず、2か月たったら、すべて忘れてしまいました。

忘れるたび、懇切丁寧に説明して、納得したとうなずいても、また忘れます。

一言でいえば、状況の変化に対応できないってことですが、実際には、それどころじゃありません。
周囲は振り回され、被害甚大です。

「だから、この間、言ったよね」と確認をすると、不機嫌になります。
ある時は、まったく聞く耳を持たず、理解しようともしなくなります。



もう一人は、自分の思い込みが、現実だと思ってしまいます。
「私は医者から、肉を食べてはダメだと言われてるのよ」

主治医による食事制限はなく、何を食べても大丈夫と言われています。
「いったい、いつ、どのお医者さんに、そういわれたの?」と聞くと、「よく覚えていない」と言い不機嫌になります。

覚えていないのは当たり前です、そんな事実は無いのですから。

90歳近くになり、さまざまな介護の手を借りているので、お小遣いが少なくなっています。
しかし、お買い物が大好きで、デパートに出かけては、カードで買い物をしてしまいます。

カードを取り上げることも検討しなければなりません・・・きっと激怒すると思います。
自分のお金は自分で管理できるとプライドを持っているのです。

自分に置き換えてみて、突然、家族から、お金の管理ができないからと、クレジットカードを取り上げられたら、そりゃ、怒りますよね・・・。

けれど、現実には、お金の管理ができない状態なのです。。。。
こんな状況でも、認知症の検査をすると、年相応の物忘れと言われます。




そしてもう一人は、一人暮らしで、週に2回デイサービスに通い、週に二日ヘルパーが来て、娘が毎週土曜に会いに来ています。

ある日、地区の民生委員に電話をして「転んで、一歩も歩けなくなったのに、誰も何もしてくれない!!」と、涙ながらに切々と訴えました。

びっくりした民生委員は、地区の包括支援センターに電話をして、大騒ぎになったそうです。
転んで足が痛くなったようですが、歩行に支障があるわけではないのです。

ケアマネ―ジャーが事情を説明して、事態は沈静化いたしました。

お出かけするときに、お化粧するヘルパーを寄こしてくれとか、無理難題に手を焼いているケアマネージャーです。
しかし、その方はケアマネージャーが嫌いです。
だって、自分の注文を聞いてくれないから。




彼女たちは、家族や親族から嘘つき呼ばわりですが、嘘つきではないんです。

覚えていられなかったり、思い込みが現実にすり替わったりしてるだけ。
本人は嘘をついてるなんて思ってません。

周囲が理解をして、それなりの対処の仕方を、覚えるしかありません。



そう!これがまさに、ドライブレコーダーを付けた理由なんです!

一見しっかりしたお年寄りと感じる彼女たちの、身近にいる人しか知らない症状。
こんな人たちを相手に、万が一、事故を起こし、裁判沙汰にでもなったら・・・。

子供やお年寄り、社会的弱者が交通事故の被害者になっている現実。
事故を起こせば、車を運転する方に責任がありますが、現実に起こったこと以上に責任を負わされないための自衛手段です。

事故から何日も経過して、あの年寄りたちが、起こったことを正しく話ができるとは思いません。
これから高齢者ドライバーが増えていくことを考えると、さらにドライブレコーダーの必要性を感じました。

備えあれば憂いなし、出来る手立ては、打っておかないと、後悔先に立たたずです。

そして、自分も高齢になって行くので、安全運転を深~~く心に刻み込みました。
Posted at 2014/07/20 18:38:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車のこと | 日記
2014年05月26日 イイね!

幸福の王子からのいただきもの

幸福の王子からのいただきものお天気が良かった土曜日に幸福の王子から頂き物をしてきました。

「幸福の王子」ってお話知ってますか?
オスカーワイルドの短編小説で、小さい頃絵本を持っていました。

私が持っていたのは、子供向だったので題名は「しあわせの王子」だった。

ヨーロッパのある街にたつ王子の像は目にはサファイア、剣の柄にルビー、全身を金箔で覆われていました。
王子はツバメに自分の宝石や金箔を、世の中の不幸な人のところに運んでもらうというお話。

そんなお話を思い起こした、この日。



ツバメのSさんは、わざわざ休暇をとってきてくださいました。
ありがとございます。

そうそう、ツバメって鳥類で最速なんですよね。




早朝からひとっ走りしてきたと、ツバメの餌(笑)が顔面にベタベタ着いてます。



そして、王子様(LOVE♪)
いろいろなものが純正に戻りつつあります。物語のようにボロボロにはなってませんよ。

このたび、お声がけを頂き、いろいろ移植させてもらいました。
ありがとうございます!



中には代々受け継がれてきた一品もあります。



モノトーンのエンジンルームが美しくなりました。

角度によって色が変わるそれは美しい塗装、ずっと見ていたい・・・。



近々、ディーラに部品交換しに行く予定ですが、ボンネット開けたら、きっと驚くだろうな~。
と、一人、うひひと笑っております。

皆さん、本当にありがとうございます!!
受け継がれたパーツと一緒に、大事に大事に乗っていきます!



そうそう、ツバメのSさんからはレモンも頂いちゃった。
早速「塩レモン」を作りました。



Posted at 2014/05/26 16:21:20 | コメント(9) | トラックバック(0) | 車のこと | 日記
2013年04月01日 イイね!

外泊した36と千葉の花見

外泊した36と千葉の花見花冷えの日が続いています。
この週末、久しぶりに千葉に行きましたが、36クンはDにお泊りでした。

タイヤが限界を迎えてて、走ってても、ちょっと心配で、心もとない日々が続いてました。

つい安さに負けて、ネット通販でタイヤ買いましたぁ。
通販だから、どうなんだろうと心配してましたが、フロント2月上旬、リア3月上旬製造。

今まで履いてたのと同じ YOKOHAMA ADVAN Sport です。
残念なのは、新しいV105のサイズが出揃うまで待てずV103です。

近所で何度か世話になってるタイヤ屋さんのホームページに、「持ち込みOK、お任せください」って文言があるので、電話してみたら、結構つれない感じでした。

「週末はピットがいっぱいだから、平日におねがいしますよ~」・・・だって。

あ~、もう面倒くさい!!
土曜にディーラーの6ヶ月点検を予定していたので、そこに持ち込しました。

クーペな36にはタイヤ4本積めないので、主人のレガシィが出動です。
白雪姫の機動力には、世話になってばかりです。

営業担当にタイヤ組み換えして欲しい~と、頼むと、驚きの展開になりました。


ギリギリ19インチの交換ができる機械はあるけど、ホイールに傷をつけてしまうと大変だから外部のタイヤ屋で作業するというんです。

「19インチ履いてる車って、少ないんですよ」・・と担当クンは平謝り。
もちろん、36の販売店です。
「19インチ履いてる36なんて、売れないんでしょ?」って聞いたら、苦笑い。
年に数台だけなんだそうですよ。

作業に夕方までかかるというので、36はDでお泊りして、レガシィで千葉に行くとこにしました。

さすがにDだけあって、組換え費用が予想より高くなりましたが、それでも有名安売りショップより合計で「1ゆきっつぁん」ほど安く仕上がりました。



この週末は、あいにくの天気でしたが、そのお蔭で、桜は満開の状態で待っててくれました。

今回も家の片付けで、夏用の寝具と両親の趣味の物を処分。
レガシィのカーゴルームは、ゴミ袋でいっぱい・・・やっぱりレガシィでよかった。



霧雨の降る中、お墓参りをして、近くのイタリアンでランチを頂きました。
地元で人気のお店で、店内は満席。



もちもち生パスタの牛肉のラグーと小柱のイカをチョイス。


窓越しに花見をしながらいただきました。



近くの桜で有名な湖は、車両進入禁止になっていたので、見物はあきらめて、のんびりレインボーブリッジを通って帰ってきました。



圏央道がすべて開通すれば、都心を通らずに行けるようになりますが、さて、生きてる間につながるのかな?
外環が京葉道路に接続する方が、早そうですね。(予定は平成27年だそうですが・・・)

薄暗くなって到着したディーラーでは、きれいに洗車してもらった36が待っていました。
Posted at 2013/04/01 00:54:16 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車のこと | 日記
2012年09月30日 イイね!

白雪姫がやって来た

白雪姫がやって来た本日、我が家の新しい相棒がやってまいりました。

これからの10年の人生設計も踏まえ、現在の車の利用状況などを考慮し、主人がさんざん迷いに迷い、紆余曲折ありまして、この子が我が家にやってまいりました。




レガシィ、白いお嬢さんです。

ワタクシ、一押しのGTスペックBは、タイヤサイズが18インチで、前車のお気に入りのホイールが流用できないので、却下されました。



んで、2000GT Siクルーズリミテッド。
な~んだか、いっぱい、いろいろなものがついてますが。
取説読まないと、だめだ~~・・・。



深夜、長男がバイトから帰宅して、白雪姫を見て、テンションあがりまくり。
新しいおもちゃを買ってもらった小学生の時と変わらんねー。

祝い酒を飲んで寝ていた主人をたたき起こして、二人でひとっ走りしに行きました。

白雪姫も、たたき起こされたわけで、こういう家なんで、これから、よろしくね。

14夜の月、明日の夜は嵐。



Posted at 2012/09/30 03:41:02 | コメント(12) | トラックバック(0) | 車のこと | 日記
2012年09月27日 イイね!

たくさんの愛をこめて ありがとう

たくさんの愛をこめて ありがとうとうとう、来るべき時が来てしまいました。

我が家の一員になって9年、車齢15年のレガシィが引退します。

前のレガシィが不慮の事故で廃車となって、代わりにやってきたこの子。
この子が家に来た時に、スバルの営業担当の○井君が言ったセリフ、思い出します。

「ターボですよ!ビルシュタインですよ!260馬力ですよ!
お子さんが18歳で免許取っても、最初から『こんな車』乗らせちゃだめですよ!」
 
・・・・・すいません、乗らせてしまいました。




11月の車検を通して、あと2年乗る予定でしたが、パワステが壊れたのをきっかけに、整備費用を計算すると、あまりに高額。
オーナーである主人が買い替えを視野に入れて、市場調査を始めました。

どーも、その話が出たころに、そろそろ終わりだっていうんで、長男は山に出かけて、攻め込んでたそうで・・・お~~い!。



そうそう、夏休み中に、次男が免許を取りました。
運転の練習をかねて、長男と二人で千葉までドライブに行き、私の両親の墓参りをして、墓前に報告したんだって。

初心者にパワステのない車で車庫入れは、辛かろう・・・(私や主人は、パワステのない車で免許取りましたけどね)

これで、レガシィは家族全員が運転した、初の車になりました。
ごめんよ○井君!



次に来る子が、ほぼ決まった2週間前から、張りつめていた物が切れたように異常が出始めました。
ブレーキディスクが逝きかけて異音、下っ腹からも異音がして、どうもシャフトっぽい。

どうか、あとほんの少しだけ、頑張ってくれ。



この子が来てからの9年、本当にいろいろありました。

私の運転で両親を乗せたとき、父がポツリと「お前、運転、うまいなぁ」って言いました。
母は私の運転が弟の運転に似てると、「姉弟って、こんなところも似るのね」と笑ってました。

年をとっても、親に褒められるって、なんかうれしいもんですね。
親に褒められたのは、これが最後だったと思います。


母が入院する病院へ向かう途中、主治医からの電話で、延命治療を断ったのは、この子の中でした。

一人暮らしになった父の家から帰るとき、バックミラーに映ったレガシィを見送る父の姿は、今でも忘れられません。

そんな、いろいろな出来事、ずっとこのレガシィが横にいました。

どんなに心が揺れていても、レガシィはいつも変わらず、ステアリングを握ると、その安定した走りに、揺れた心は自然と落ち着いていきました。

がっちりと四本の足で、地面をつかんで走ってる、あの感じ。
関東地方の雪なんて、ノーマルタイヤだって、へっちゃら♪

首都高5号の連続するカーブだろうが、外環から関越に入る大泉のカーブも鼻歌交じりだったよね。
そして、どっからでも加速する、あの高揚感。

本当に運転することを楽しめた車でした。



ごめんね、予定より早く別れが来てしまったこと。
たくさんのありがとうを、送ります。



ありがとう レガシィ 大好きだよ。
Posted at 2012/09/27 23:38:04 | コメント(15) | トラックバック(0) | 車のこと | 日記

プロフィール

Una~ぎ~いぬです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

伊勢熊野お参りツアー 伊雑宮と石神さん(涙の一回目) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/24 08:09:27

お友達

いつでも、どこでも、どなたでも、
お友達募集中です♪
72 人のお友達がいます
ゆ~たZC32Sゆ~たZC32S * NISMOキッドNISMOキッド
♪都市のカリーナED_TWINCAM16♪都市のカリーナED_TWINCAM16 ひろやん31ひろやん31
ミハエル・シューマサシミハエル・シューマサシ シュールシュール

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインクーペ 日産 スカイラインクーペ
突然思い立ち、久しぶりに自分の車を買いました 車種選定から、全て自分の意思で決めました ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
主人所有の車 ブライトンが廃車になり、どうしても同じ年式の車が欲しいというので、探し出し ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
11年乗ったカリーナEDをドナドナして、新車で購入 次男の幼稚園のお迎えから始まり、家族 ...
トヨタ カリーナED トヨタ カリーナED
主人が結婚前から乗っていた車 家族が増える事を想定して、4ドアだったので、シルビアを手 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.