• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MATURIKAのブログ一覧

2018年07月08日 イイね!

利己的と利他的

利己的と利他的さて昨日は久々にうっかりをやらかしてしてしまった。


恥を忍んでどんなしょーもない事をやらかしてしまったかを書くと、バイクで移動中にタンデムシート部に荷掛けベルトでスポーツバッグを括って走行していたのだが、たまたま内容量も少なくかなりゴムベルトの張力に頼る事の出来ない状態となっていた為、走行風で落下させてしまったのだ。


幸い1km程走った所で気付いた為、すぐさまUターンし回収に行ったのだが既にどなたかの好意によって轢かれない様、路肩の草むらに避けてくれてあったのだ。


これは有り難いと思い更にUターンにして本線に合流、回収に向かうも前方の信号は赤になってしまいその上、若干渋滞気味ときたものである。
逸る気持ちと裏腹に進まない車の流れを待つ事およそ5分、対向車線側から目測したポイントに遂に到着したがそこにバッグは既に無く…。





落胆したまま一旦帰宅したものの一縷の望みにかけ、改めて最寄りの交番を調べ電話をしたところ落とし物で預かっているとの事。



早速その日の夜に交番へ引き取りに伺うと全て無事な状態で帰って来たのだ。
実際にはさほど(腕時計くらいしか)金目の物が入っている訳では無かったのだが、裏を返せば他人様にとっては取るに足らないものを、わざわざ自分の時間と手間を割いてまで届けてくれた訳である。




更に別件で本日の出来事だが、バイクに乗ろうとして装備を付けている際、グローブを落としてしまいその際通りかかった外国人がすぐさま拾い上げて手渡してくれたのだ。



歳往くほどに、様々な物事を経験してゆく内に、自分の中の認識としてどちらかと言えば人間は本来利己的な生き物だと言う思いが強くなっていた様に思う。
あいりていに言えば人を信じられなくなっていた訳だが、存外そんな事は無く本来、利他的な生き物なのでは?と思い直す出来事であった。


もちろん思想や宗教、価値観、環境その他諸々でコミュニケーション不全や不能になってしまう事は多々あるのだろうし、善人もいれば悪人もいるのが常であるし、綺麗事ばかりで語れない世の中ではあるものの、世の中まだまだ捨てたモンじゃ無いな。



と感じる出来事であった為、自身の諸々を棚上げして書き散らかした次第である。
Posted at 2018/07/08 23:17:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月30日 イイね!

みんカラ:週末モニタープレゼント!【キイロビンゴールド】

Q1. キイロビンについて「使ったことがある・使ったことがない・知らなかった」
回答:使ったことがある

Q2. 今回の使用目的は?「汚れ取り・撥水剤の前処理・決めていない」
回答:汚れ取り・撥水剤の前処理

この記事は みんカラ:週末モニタープレゼント!【キイロビンゴールド】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/06/30 18:33:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年06月29日 イイね!

1000 %

1000 %契約してしまった…。



死へのカウントダウンの開始かな…?



でも後悔はしていない。



現在酩酊状態でこれを書いているが、契約を決めたのはシラフの時なので!!



さあどうなる私のバイクライフ。
Posted at 2018/06/29 21:23:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月26日 イイね!

続ワンオフマフラー

続ワンオフマフラーさて、梅雨明けも間近で良い時期となってきた為、そろそろヴェロッサのマフラーを造り直したい時期と言う事で…



久々にマフラー職人さんを訪ねて次回作の相談を。


今回も私が好き勝手に無理難題を言ってしまったものの、どうにかこうにか良さそうな落としどころを見つけ、あとは部材は集めればGO!!出来る形となった。



ざっくりした今回の仕様はメインパイプ89.1φ(以後全て外径)でFパイプからフルに造り直しとゲート戻し配管50.8φの追加。
途中サブタイコは2個設けオーバル型の物とタル型の物として、リアピース部で60.5φで分岐して砲弾型からデュアル出し。


以上の様な形である。(タイトル画像が一応イメージ画像。)



ルックスは自分の琴線にビンビン触れる最高のモノとなると思うが、一抹の不安があるとすれば、音量、音質がどの程度になるかであろうか。



前作ではHKSスーパーターボマフラーJZX100用を使用した為、音質、音量ともにある程度読めたので当初、今回も同社製第二世代GT-R用スーパーターボマフラー使用の予定だったものの、たまたま中古が出回っていなかった為、全く使用実績の無い他社製タイコを使う事となり、これがある意味大博打で、戦々恐々である。(今の所、柿本とロッソ モデロを使用予定である)



折角の1JZである事から、エンジンが元々持っている高音をスポイルしない音質になって欲しいと願い、せめてもの抵抗としてリアピース部を細めに絞って分岐させた訳だが…。



プライベート用なので、パイプ径や各部長さ、レイアウト等を流量流速、周波数計算を考慮した設計なんて全くしていない為、どう転ぶやら…。



更には足回りの仕様変更と整備も控えており、まだまだ手間が掛かりそう(楽しめそう?)である。


車道楽は金が掛かるのぉ~!!

そんな具合でしょーもない事この上ない。


Posted at 2018/06/26 21:54:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月22日 イイね!

手綱を握る

手綱を握る月日の過行く速度とは早いもので、今年も既に折り返しである。



私はと言うと今年30歳を迎え、10余年前には遥か彼方の及びもつかない所にいる大人に思えた30代も、こんなものか。と感じている次第である。


と言うのは、些か語弊があるだろうか。


もう少し心象を正確に表すのであれば、もっと内面、パーソナリティーが成熟し10代20代の自分とは全く異質の物へと変容を遂げるのだと朧気に思っていたものが、実は全くそんな事は無かった。


と言う事にある種の呆気なさを感じている。とでも言ったら良いのだろうか。



確かに、これまで様々な経験をしてきた事で社会性と言う皮を被り、「大人」を演じられる様になってきた感はあるが、未だに自身の根幹にはあの頃の無知で傲慢で愚かな少年が深く根付いているのを感じているのだから。


大人の定義は一つでは無いし、大人になれない事が絶対悪と言う訳でもないし、ここでそれを論ずる気もないのだが。



さてここまで厨二臭く、随分長い前置きをしてきたが…(本当に長いな、しょーもない。)



そんなピーターパンシンドロームに罹ってしまった、アダルトチルドレンの私は再びバイクに跨る人生を選んだ訳である。



元はと言えば、親の反対を押し切り一発試験で普通二輪免許を取って、案の定すぐにバイクで大事故を起こしてしまい、散らしかけた命であるが、あれから10余年の月日が流れ(勝手に)随分長い余生になったと感じている所で、今回は通勤目的で再びバイク(スクーター)に乗り出して、やはり血が騒ぎ、ずぶずぶと深みへ嵌っていっている事は自覚しているものの、敢えてその流れに逆らわず乗っかっている次第である。


次はもう無いと思っているが、注意をはらった上で事が起きてしまえばそれも止む無しと考えている。
人事を尽くして天命を待つ。とは些か仰々しいだろうか。



しかしそうまでして、何故バイクになるのであろうか?

バイクに乗って風に包まれている時、バイクと一体になれている感覚があると同時に多幸感にも包まれる。

あの感覚を得たいから再び乗るのだろうか?



客観的に見てデメリットの方が多いバイクに乗るなんて愚か者以外の何物でも無いのだが、愚か者にしか味わえない感覚と、見ることの出来ない景色がある訳で、それは何とも筆舌に尽くし難い。


だから再びバイクに乗るのだ。


と今は結論付けておこう。


今後、歳を重ねていく過程で価値観や向き合い方も変わっていくだろうが、気持ちと体力、そして財力が続く限りは乗り続けたいと思っている今日この頃である。
Posted at 2018/06/22 23:14:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「利己的と利他的 http://cvw.jp/b/888275/41701202/
何シテル?   07/08 23:17
偽物であるが故に本質を追い求めてやまない求道者です。(゜Д゜) 儘ならない。 只の人生ドリフターです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

どんな車でも、どんなタイヤでも、意外と走れる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 12:18:27
スズキ・ジムニーJB23/オーディオ取り付け・いきなり完成篇!CS.ARROWS  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/08 21:54:39

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴェロッサ トヨタ ヴェロッサ
代り映えしない日常に彩りを。 エモーショナル セダン(笑)、Verossa GCG ...
カワサキ ZX-14R カワサキ ZX-14R
バイク熱が約5年振りに再燃し、そろそろ面白味のあるバイクに乗りたいと思っていたところで、 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ジムニーとでしか出会えない景色がある。 平成28年9月末納車です。 車体は過走行( ...
カワサキ KLX250 カワサキ KLX250
Gマジェスティからの入れ換えで購入です。 上記に対し明確に負けているのは積載性と防風性位 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.