• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

dai象のブログ一覧

2018年09月16日 イイね!

ニトヌプリ・チセヌプリ・沼めぐり

ニトヌプリ・チセヌプリ・沼めぐり秋の3連休。予定では3日間を利用して知床の羅臼岳に行く予定でしたが、ワタシの廻りも地震の影響により近場にしようということになり、ニセコ連峰で1泊2日に変更になりました。


でも、土曜の朝は函館5時出発です。









が・・・。
森町石倉付近で事故があり、渋滞にハマる・・・。

あとからニュースも見ましたが、この事故で3人も亡くなられたそうで・・・合掌。

で、この事故渋滞で1時間半も遅れました・・・(-_-;)
この間に、同乗者2名が現場を走って確認しに行く・・・。

これが、いろいろな方面で後を引きます・・・。


とりあえず、スタート地点の五色温泉に到着。



入山届出帳のところからの階段を登って30分ほど行くとはじめの山、ニトヌプリが見えてくる。



ニトヌプリ(1080m)山頂。

遅れていたためここで昼食。

遅れてるので先を急ぎます。ニトヌプリの下りる途中から、チセヌプリの登山口が見える。一旦ニセコパノラマラインを渡ります。


チセヌプリ山頂手前。スゴイ景色♪手前の山からニトヌプリ、イワオヌプリ、ニセコアンヌプリ、マッカリヌプリ(後方羊蹄山)。


チセヌプリ(1134m)山頂。ヤマガール(?)も昼食中。



ここからが長かった(-_-;)
チセヌプリを下りたところで3時間。某資料によると行程的には6時間40分。残り3時間40分、沼巡りですが、下手すると18時に五色温泉に戻る予定になる・・・。でもこのコース、ぐるっと回るコースですが、今更また二つの山を越えるのはシンドイ。どうもほかの二人は事故現場で走ったせいで体力の消耗やらなんやらで若干バテ気味。などなど考え、結局このままこのコースを廻ることに。

まずは長沼。よく見たら人工湖・・・。でもチセヌプリがキレイに見えます。


この先は神仙沼。


この辺は湿原になってます・・・。日が暮れかけてきた・・・(;´Д`)


観光客をしり目に大谷地を目指す。


そして大沼。向こうはイワオヌプリ。

ここから1時間ちょっとでゴール。暗くなる前に~!

あ~日が暮れる~~!


あと30分!


やっとゴールが見えた~~!スタートしてから7時間40分。あ~きつかったぁ!


下山後、五色温泉そばにあるニセコ野営場でキャンプ。先にテントを立ててから温泉へ。

もう真っ暗・・・。


疲れもピーク、就寝もはやく、翌朝(9/16)・・・。

今日はまったりして、あとは帰るだけ・・・。


ですが、ここには寄ります。ニセコ高橋牧場アイス工房。


昼飯は、八雲にあるそば屋「屋久茂」。


このそば屋さんのそばにある、梅村庭園。こんなところ知りませんでした。イイ庭でした~



と、ちょい観光もして15時前に帰宅。

1時間半押しはそのまま縮まることはなかったですが、いいトレッキングコースでした。キャンプ場も静か(朝方高校生の合宿?がうるさかったけど)だったし、今度はこのキャンプ場を拠点にアンヌプリ、イワオヌプリへ行こうと帰りの車内で一致しました。

明日は洗車ですかね~。
Posted at 2018/09/16 18:15:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | そこに山があるから | 日記
2018年08月05日 イイね!

部活・沢登り~アバレ沢・美瑛岳

部活・沢登り~アバレ沢・美瑛岳先月頭、長雨の影響で中止となった沢登り・山登り。今月場所を変えての山行となりました。


その場所が美瑛岳。5月に十勝岳行っての、再度十勝岳連峰です。

今月直前にコレチの車検でまだ入庫中だし、この暑さじゃやっぱりこっちですね~。車中泊できるし♪今回はまた富良野方面に来るということで、ふと思い出したご当地入場券を買い求めながら美瑛・白銀温泉まで向かいました。ご当地入場券買い求めの旅はまた別途upします。


今回は沢山行で・・・。




まずは、この雄大な十勝岳連峰!真ん中の高いのが十勝岳。その左のピークが美瑛岳。十勝岳連峰で2番目に高いそうで・・・。


まずは白銀温泉にある野営場に集合。青い池の渋滞に巻き込まれながら、なんとか野営場へ。



キレイな野営場でしたね~。このワイン3本が翌日効いたぁ~(;´Д`)


朝4時起床。5時過ぎに沢登り開始。



どんどん登っていきます。自分は初めてなので、崖っぽいところでドボンしないかドキドキしながら高度を稼ぎます。



途中、美瑛岳の頂上が見えます。


ちょいと危険なところも(-_-;)
こういうところは先輩方が先に登り、ロープを身体に付けたハーネスにくくり、安全策をとりながら登ります。かなりの緊張です(;^_^A


そんな小滝を抜けて暫く行くと、もっと大きな滝「勝瑛の滝」が目の前に・・・!

沢登りはこの滝の左の崖を登り、ハイマツと笹の藪漕ぎをして終了。藪漕ぎでかなり体力消耗・・・(´;ω;`)

そこで、登山靴に履き替え、普通の登山開始。
自分としては、初めての沢登りでの緊張と、藪漕ぎで無駄に体力を消耗したおかげで、かなりバテ気味での山登り・・・(;´Д`)


あぁ~十勝岳が見えるぅ~。2ヶ月ちょい前に登った時は真っ白だったのに・・・。

爆裂火口の崖っぷちが見え始めるともうすぐ頂上。


沢から2時間と少しで、美瑛岳頂上(2052m)。

ここまでかなりしんどかったぁ・・・。

あとは下るのみ。でも油断は禁物。



美瑛富士避難小屋まで来ると、登山口まで2時間程度。

下山したのは午後4時・・・。今日はかなりの山行。10時間以上歩いたか。3万歩いってたね・・・。

最後は近くの保養センターでしっかり温まって帰りましょう♪
(ちなみにここは建物はデカいけどお風呂が小さかった・・・)

で、この日のうちに函館まで帰るのでした・・・。

Posted at 2018/08/07 22:34:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | そこに山があるから | 日記
2018年06月12日 イイね!

大回送ついでの軽い山登り・その2

大回送ついでの軽い山登り・その2昨日の続編。

前日に引き続き、大回送の2日目には3座を目指すべく、なるべく簡単に登れる山を選定して行きました。まずは栃木県の那須岳。那須高原は有名ですね。ここ那須岳はロープウェイで9合目付近まで行けますが、運転が8:30からですが、着くのが早かった(;^_^A





那須岳ロープウェイ。


降りたらサクサク登ります。


ヤマは深そうですね~。



那須・茶臼岳頂上(1915m)。


後から気が付きましたが、那須岳の最高峰はここから2時間ちょっと北にある、三本槍岳で茶臼岳より2m高いだけだそう。ま、良しとしましょう。茶臼岳ならロープウェイ駅から往復1時間程度で行ける山です。


時間がないので次に行きます。


次は福島県・安達太良山。

ここはゴンドラで8合目付近まで行きます。ちょっと風で揺れました。


木道から始まります。


高山植物も。


1時間程度で、頂上が見えてきます。あのモッコリしてるのが遠くから見えた乳首部分です。


もっと近づくと・・・。


あのモッコリ部分を登るには、最後の鎖場が出てきます。大したことは無いですが・・・。


ここを登り切れば安達太良山・山頂(1700m)。


ここもヤマは深そうですね・・・。

この安達太良山を降りゴンドラ乗り場まで来ると、人がいっぱい・・・。よく見るとゴンドラ動いてない?強風の影響で一旦停止中だとか・・・。

でも10分ほどで運転再開。先を急ぎたいんですが~~。


はいっ次!次は宮城県と山形県の県境・蔵王を目指します。
安達太良山ゴンドラ降りて、クルマで動き出したのは14:30頃・・・。間に合うか・・・?



なんとか間に合う感じでしたが、それでももう17時前・・・。


結果、蔵王はほぼ雲の中、有名な「お釜」も全く見えず、売店も店じまいで、バッジも買えず。てことで、駐車場から5分で着く刈田岳にある刈田嶺神社だけお参りして、下山・・・。



結果、2座しか廻れませんでしたが、もう少し天気が良くて、もっと計画だてればもう少し廻れたかもしれませんね・・・。

やっぱり山はある程度計画して登りましょう♪



Posted at 2018/06/12 22:23:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | そこに山があるから | 日記
2018年06月11日 イイね!

大回送ついでの軽い山登り・その1

大回送ついでの軽い山登り・その1さて、木曜夜から日曜まで約72時間掛けて、レガシィの自走回送をしてきたワケですが、最近のワタシの趣味・趣向で「山登り」がありまして、折角本州に行くなら軽く登れる百名山に登りましょう・・・ということで、いくつか登ってきました。それのまとめです。








まずは「その1」ということで、引取り場所が茨城県牛久市。近くに筑波山がありますね~。てことでひとまず筑波山に行きます。

ピークが2つありますが、西側(写真左)が男体山、東側が女体山で、こちらの方が高いです。

麓の筑波山神社の手前でクルマを降り(500円取られます)、神社の境内の横手にケーブルカーの駅がありますので、これに乗ります。


ケーブルカー、乗るのは初めてですね~。



ケーブルカーの見どころ、一つ目。降りてくる車両とのすれ違い。


もうひとつ。ケーブルカーではなかなか見られない?トンネル。


ケーブルカー山頂駅。標高も高くないので、地元の遠足コースらしいです。小学生・中学生がいっぱい・・・。


で、最初は男体山へ。山頂駅から約10分で頂上へ。このゴツゴツした登山道。男らしい・・・。


神社(筑波山神社の分詞)があり人もいるので御朱印を貰い、さっと下りて、女体山へ。

女体山ってなんか・・・( *´艸`)それより、こちらの登山道は文字通り(?)なだらかです。

約15分で頂上。こちらも社殿があり御朱印も貰えます。


筑波山山頂。877m。低いですが新幹線からもわかる山体。



さて、先を急ぐのでケーブルカーで降ります。小学生の遠足と一緒になった・・・(-_-;)




もうひとつ、行ってみようということで、頑張って群馬県の赤城山を目指しました。

しかしながら、8合目?付近にある大沼まで行きましたが、既にここで17時近く。

ガイドブックによると赤城山最高峰の黒檜山(上写真の奥)まではこの先の登山口から1時間半かかるらしい・・・。単純に登って下りてくるだけで、3時間近く。行けば20時だし・・・。

入口からこんなゴツゴツしてる・・・。はい、終了~。


てことで、赤城山は断念。

6/8は百名山1座で終了です。翌日も各県で頑張ってみました。ではその2へ・・・。



Posted at 2018/06/11 22:34:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | そこに山があるから | 日記
2018年05月27日 イイね!

本格的山行始まり~十勝岳

本格的山行始まり~十勝岳今年の本格的山行が始まりました。今回は部活動ですが、自分としても初めての春山登山になります。春山と言っても、かなり雪がありましたが・・・(;´Д`)

で、今年の始まりは富良野岳~十勝岳縦走予定になります。


まぁ函館から行くと片道7時間程度かかりますので、疲れた状態で当日帰ってくるのは大変ですが、メンバーの色々な都合上、土曜に行って、日曜登山からそのまま帰函します・・・。







で、登山からの話と行きたいところですが、行きの高速で事件発生!

有珠PAで、クルマから降りたところ左後輪がかなり潰れているのを発見!ここのPAはスタンドもあるので空気圧タンクを借りて入れてみるも全然入らない・・・。まさかよ~と思ってタイヤを見たら、ビスみたいのが刺さってる~~!急遽スタンドでパンク修理することに・・・(-_-;)
高速走行ですから、早めに気づいて良かったですわ・・・。


そんな事件もありながら、無事に富良野まで到着。名物オムカレーを頂きます。

ホワイトのルーは、まぁ・・・もういいかな。

今回の集合場所は吹上温泉白銀荘。初めて泊まりましたが、厨房も自由に使えて食器や鍋やフライパンもつ使える、自炊が出来るところです。到着後と下山後に温泉も入りました♪


さて、前日の酒盛りはソコソコにし、翌朝3時起床。準備しもう一つの十勝岳温泉から登山スタートです。


登り始めから雪渓というよりガチガチの雪原・・・。ほぼ始めからアイゼン装着で登ります。
始めからモヤってるんで、頂上もあまり期待できないのかなぁ・・・と不安がよぎる・・・。

ですが、1400m位まで行くと雲が晴れて朝日が差し込む・・・。おぉっ!富良野岳が目の前にっ!


なんて壮観な景色でしょう・・・!!

ですがこの時先部隊とはぐれミスコース。本来なら富良野岳を目指すところ、分岐が分からず自分含む4名が別コースで直に上富良野岳へ登ってしまう・・・。

そして、上富良野岳。1893m。

ここで4名はここから尾根沿いで行っても片道2~3時間かかる富良野岳はあきらめ、先に十勝岳を目指すことに。

でも景色は最高~♪遠くに旭岳も見える!


尾根伝いに行くと、上ホロカメットク山(1920m)。


もう少し進んで、上ホロ避難小屋へ。写真の右側にある四角いのがそれ。

この避難小屋ではぐれたメンバー(どっちが?)と合流を考えていましたが、まだ1時間以上かかるので、また更に進むことに。

グランド火口。硫黄がスゴイ勢いで噴出してます。生きてる火山の証ですね。


目指す十勝岳はもうすぐです(写ってるのは自分です)。


やっと頂上♪十勝岳です。十勝岳連峰最高峰2077m。今年も2000m越え。



こんな景色、雲海を目の前にカップ麺を頂きます♪

あとは下山するだけ。でも1ヶ月ちょい前の右足踝のキズが痛くなってきた・・・(x_x)


13時過ぎ下山、白銀荘の温泉に入ってチーム函館は約7時間で帰函。

5月末ってことだったので、ちょいとナメてましたが、備えあれば憂いなし・・・ってことで、十勝岳頂上までアイゼン付けてたし、買ってよかった~まだあれもあった方が~なんて思いました。まぁ北海道の2000m級だとほぼ冬ってことですね!

あぁ、疲れた・・・(;´Д`)

Posted at 2018/05/27 23:13:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | そこに山があるから | 日記

プロフィール

「出張、出発前に… http://cvw.jp/b/891451/42097617/
何シテル?   10/23 07:37
dai象です。 ランチアデルタコレツィオーネに乗ってます。 2オーナー目で既に10年目、13万キロに突入。 この間、いろいろ事件がありまして・・・。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

0541 MEETING参加してきました(о´∀`о) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/09 01:54:31
こちらにございまする。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/06 21:08:59
雨の合間の・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/08 22:30:54

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ランチア デルタ ランチア デルタ
デルタHFインテグラーレ・コレツィオーネ 最終型の日本限定Varです。 この固体は250 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
日本車に戻るならスバル、それも水平対向6気筒で!かなりの時間探して見つけた1台。6MTだ ...
フィアット パンダ フィアット パンダ
デルタを所有した時から、セカンドカーが欲しかったんですが、デルタ所有11年目にしてちょっ ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
新車で買ったレガシィB4。 後ろがかなり気に入っていて、試乗したのが運のツキ。 スポーツ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.