• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぷりぷりんのブログ一覧

2016年01月27日 イイね!

パジェロミニ 車検の準備

二代目パジェロミニの車検が近づいてきました。

昨年末に父がぶつけているし、新車登録から7年になりますので、
そろそろアチコチ不具合や交換部品が出てきてもおかしくない。

ホビオの時みたいに、同じ満7年の車検で請求額が28万円なんていきなり言われるのも嫌なので、
車検の見積もりという名目で1日三菱ディーラーに車を預けました。

夕方、連絡が入り引き取りに。



で、結果は・・・・


特に問題があるところはありません  とのこと。

昨年ぶつけたところも問題は無さそうなので、このまま乗ってくださいと言われました。

とにかく二代目も20年位は乗るつもりなので、交換しなきゃいけないところはどんどん交換するつもり。さらに防錆処理にはお金をケチらない。

で、今回は防錆処理約2万円を含めて、総支払額は10万くらいとのことでした。

「きれいに乗ってますね♪」って褒めてもらった(笑)

そりゃそうだ、前回の車検から2年間で雨に濡れたのは5回くらい、洗車で濡らしたのが5回くらい。
水たまりには入らないし、ダートはもってのほか(笑)
それで2年間やってきたんだから、汚れているとは言わせないよ。

ま、こんな乗り方しなくてもパジェロミニなら軽く20年位持ちこたえるとは思うけど・・・。
初代は年中青空駐車の雨ざらしで19年持ちましたから(笑)





それにしても パジェロミニらしからぬ使い方だ
Posted at 2016/01/27 23:25:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 二代目パジェロミニ | クルマ
2016年01月25日 イイね!

野辺山の思い出


前回のブログの冒頭、「意外と降らないかもしれない」と書きました。

見事的中!!!

少し積もったものの大雪とは程遠い状態です。

雪国では10㎝やそこらの雪は降ったウチには入りません。

そして、明日の朝の超低温が底で、その後はどんどん暖かくなるようです。

ちなみに明日の朝の菅平高原と野辺山高原の予想最低気温は

氷点下26℃だそうです。

冷凍庫の中より寒い気温ってどんなだろう・・・体験したくない(苦笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、野辺山といえば・・・

学生時代、長野から清水に帰省するときは今と違って野辺山越えでした。

コルディアを駆って深夜のドライブ。片道240キロくらいでしょうか???
何往復したか忘れるくらいよく走りました。


あるとき野辺山の直線道路を走っていたときの事です。(30年以上前の事ですよ)

ふと、「コルディアってどれくらいスピードが出るんだろう???」と思っちゃいまして(^_^;)

最終的にどのくらいのスピードに達したかはご想像にお任せしますが、
MAXに達したときに緩やかなカーブがありまして・・・
(真夜中なんで対向車はなかったけど、ハイビームにしてもそんなに遠くまで見通せなかった)

あの時は焦った(゜o゜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一つ、野辺山といえば・・・

やはり、満天の星空でしょうね

空気が澄んで水蒸気の少ない晩秋に空を眺めれば、それはそれは素晴らしい星空が拝めます。

国立天文台の野辺山観測所があったりして、星空がきれいな事は国も認めています。

直ぐ近くには宇宙飛行士油井亀美也さんが生まれ育った川上村もあります。

油井さんは小学生の頃、この星空を見て宇宙飛行士になりたいと思ったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相方さんをコルディアの助手席に乗せて、実家の両親に会いに行った時も野辺山越え。

その時、峠道はガチガチに凍っていて、大渋滞でノロノロ運転なのに、ブレーキを踏むとタイヤがロックして、「ツーッ」と滑っていく・・・。
あんな怖いアイスバーンは後にも先にも経験したことがなかった。



今は高速があるから松本廻りで山梨県に行くけど、たまには下道を野辺山越えで行くのもイイかもね。




もちろん安全運転第一で(笑)

Posted at 2016/01/25 21:21:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年01月23日 イイね!

国際化

明日から大雪の予報は出ているものの、
どの程度降るかは未知数。
等圧線の形から推測すると、長野県北部は意外と降らないかも・・・

今日は朝から曇り空。
気温もそれほど下がらず、天気もまずまずだったので、久しぶりにコギを洗う事にしました。

いつもだとこの時期コギを散歩に連れて行くと汚れることを覚悟しなければならないのですが、
どうせ洗うのであればちょっとくらい汚れても気になりません。

ということで午前9時30分頃、飯山駅方面にお散歩に出かけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


飯山駅は開業前の1日乗降客数の予想が1300人。

実際フタを開けてみると・・・1日500人。

ま、これは開業当初1ヶ月くらいの話だったので、問題はその後なんですが・・・。

北陸新幹線は当初はガラガラで結構空いてるなんて情報や画像がネットに溢れ、こんなんでイイの???って心配したものですが、昨年秋以降たて続けに乗る機会があり、その時の感想を一言で言わせてもらえば、
「結構混んでる!!!」
時間帯にもよりますが私が利用した夕方はなかなかの混みよう。
しかし、だからと言って「飯山駅」を利用する人が増えたか?といえばそれほどでもありませんでした。

路面が濡れていない日は毎晩のようにコギと飯山駅方面にお散歩に出かけますが、駅前の駐車場も満車にはならないし、飯山駅と野沢温泉を結ぶ「野沢温泉ライナー」と呼ばれる路線バスもガラガラ。特に秋はこのバスに乗っている人を見たことが無く、まさに「空気を運んでいる」状態でした。

ところが、今年は記録的少雪。
北陸方面のスキー場はどこもオープンできない状態。
この状態が「幸い」したのか、長野県のスキー場にはそこそこお客さんが訪れているようです。

で、話は戻って飯山駅なんですが、10日ほど前の新聞に 混雑する飯山駅 の写真が掲載されていました。
それは野沢行きのバスを待つ観光客の長い行列。

あんなにガラガラ状態だったのがウソのように今は結構混んでいます。

しかも、この人たち・・・なんと半数以上が外見で明らかに分かる外国人。

もし中国や韓国の人がいたら更に外国人の比率は高くなります。

そして、この人達は皆 北陸新幹線利用者なのです。

いや~、もうビックリですね。

飯山駅がまるでどこかの外国の駅みたいな状態になっています。
(写真が無いのが残念)

JRからは最近の飯山駅利用者数が公表されていませんので、何とも言えませんが、
目標としていた人数に近い線いってると思いますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コギを連れて家を出て、飯山駅斑尾口から構内に入り(構内にいる間は抱っこします)、
千曲川口から駅の外に出ると沢山の外人さん達・・・
そこまで来たらコギを下ろして再びお散歩

「コーギー」              「コーギー」

     「コーギー」

              「コーギー」

あっちこっちの外人さんから声が掛かります(笑)

「コーギー」は世界共通語なんですよ(^_^)/
(当たり前か・・・(^_^;))

そして、声を掛けてくれる人たちの顔は 皆 笑顔。

ウチのコギは恥ずかしがり屋で、ただオドオドするだけで一言もしゃべりません。

でも、なんか嬉しい。

今まで長野県北部は外国人とは無縁の場所だったのですが、急速に国際化が進んでいるんだと実感したお散歩でした。




お散歩が終わり、洗ってあげたら疲れたみたいです。


いつもより、ちょっとフサフサしています。
Posted at 2016/01/23 12:37:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | コーギー | 日記
2016年01月20日 イイね!

雪が少ない

今年の冬は異常。

年が明けても雪は積もらないし、15日過ぎてもまだ積雪がないなんて・・・。

一昨日、東京方面は雪が積もって大混乱しましたが、

豪雪地 飯山は全く積もらず・・・。

ま、カミ雪ですので、こちらは大したことないのですが・・・。

それでも、カミ雪が降った後は必ず西高東低の冬型の気圧配置になりますから、
普通なら大雪になります。

だけど、今年は降らない。


昨日の夜から、長野県北部には大雪警報が出ていましたが・・・、

降らない。



実は、長野県北部で大雪になるためにはいくつかの条件がありまして、

それが揃わなかったからだと思われます。


1.等圧線がきれいな「縦縞」にならなかった
これが大きいかな?
通常、気圧が高い方から低い方に風が吹きます。
吹く方向は等圧線から概ね30°の角度です。
完全な縦縞になると、風は北北西または北西から吹きますので大雪になります。
ところが、今回の等圧線はかなり斜めなんです。
こうなると風は西から吹きます。
長野県北部の場合、西からの風で大雪になるのは白馬方面です。
もっと言うと、白馬で雪が降ってしまうと、飯山方面には雪雲が来ませんので降りません。
それどころか、いくつかの山を乗り越えて吹いてくる風はもはや冷たくありません。

2.上空に寒気が無い
これも大雪には欠かせない条件です。
しかし、今回はどうも上空に寒気が入ってきていません。
それどころか暖かい空気がある可能性が高いです。
その証拠に、今日の飯山は雷が鳴り響き、雹が降っています。
これは上空に暖かい空気がある証拠です。

というわけで全然大雪になりません。


今日の午前中、長野市に行きました。
その帰り道の画像です。


長野市豊野町蟹沢




中野市豊津






中野市と飯山市の境  正面は古牧橋



飯山市蓮



飯山市静間



飯山市街地


長野市の方が雪が多いです。

飯山市は除雪ができているので、交通機関がマヒすることはまずありません。






ちなみに、昨シーズンの大雪(一晩の積雪です)






例年ですと、これくらいの大雪は4~5回あるのが普通なんですけど、

今年は一回もありません。




このままでは、雪まつり(2月13・14日)の頃は深刻な雪不足に陥るかも(>_<)








Posted at 2016/01/20 15:12:35 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年01月16日 イイね!

バスの事故に思う その2

一夜明けて軽井沢バス転落事故について新たな情報が入ってきました。

今回の事故では14名もの方の命が失われましたが、数メートル下の路肩に転落する事故で、これほどまでに死傷者が出てしまったことは残念でなりません。

ここまで大事故になってしまった要因の一つにシートベルト非着用があると思います。

昨年バス旅行をしたとき、バスガイドさんからはシートベルトの着用についてしつこいくらいに注意を受けました。
最初の乗り込み時はもちろんの事、トイレ休憩の都度アナウンスがありましたので、1泊2日の旅行でトータル10回くらい言われたと思います。



昨年の旅行で初めて知ったのですが、

いまどきのバスのシートベルトって、全席が車と同じ3点式なんですよね。

これを付けているかそうでないかでは、もしもの時の被害にかなりの差が出るんじゃないですかね。


また、幹事をやっていて事前に行程表を手に入れており、ルート・停車場所・休憩時間を事細かにガイドさんと連絡を取りながら旅行を進められたことも良かったと思うし、
運転手さんは名字から「ひょっとして飯山市出身ですか?」なんて話もできて(先祖は飯山の方だったようです)、そんなことからも運転手さんともコミュニケーションが取れて良かったのではないかと思いました。
私は運転手さんの左後方に座っていて、その運転の様子をいつでも見ていられる場所に陣取っていました(笑)


バスもタクシーも電車も飛行機も自分の命を預けている訳ですから、
ちょっとした工夫で自分の命を守る努力を怠ってはいけないものだと今回の事故で痛感しました。
Posted at 2016/01/16 21:12:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他の車 | クルマ

プロフィール

「大町市 往復 http://cvw.jp/b/910923/41596291/
何シテル?   06/12 17:51
ぷりぷりんです。よろしくお願いします。「ぷりん」は初代コーギーの名前。現在飼っている二代目は「もなか」です。 昭和57年コルディア発売の年に免許取得。翌年コル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ホンダ(純正) N-BOX用アームレスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/01 20:25:33

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV 三菱 アウトランダーPHEV
2017年6月18日契約 2017年7月8日納車 走行距離36167㌔ 3年落ちの中古車 ...
ホンダ バモスホビオ ホビ夫 (ホンダ バモスホビオ)
遊びに仕事に大活躍のホビ夫です
三菱 パジェロミニ 二代目 (三菱 パジェロミニ)
初代パジェロミニの廃車を想定して二代目を4か月かけて探しました。
三菱 コルディア 二代目 (三菱 コルディア)
昭和58年1月に購入し昭和60年秋に手放した1600GSRターボが忘れられず、ついに29 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる