• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かむっのブログ一覧

2017年11月27日 イイね!

戯画のERG「リプキス」のプレイが終了。そして今度は「フルキス」をスタートさせました。

戯画のERG「リプキス」のプレイが終了。そして今度は「フルキス」をスタートさせました。 
こんにちっぱい!
 
 
 
 
今回のお気に入りのPCゲーム(ERGとも言う)キャラは、ERGブランドの戯画から2017年3月24日に発売された「フルキス」のヒロインの一人、穂崎 純恋ちゃんです♪
 
 
 
 
 
 
 
さて、ここからが本題です。
 
 
今月の23日からプレイしていたERG「リプキス」(ブランド:戯画、発売日:2016年3月25日)をプレイしていましたが、本日の午後6時頃にヒロイン4人の攻略を無事に終了しました♪
 
 
 
で・・・
今回も「リプキス」の次にプレイするERGを何にするのかで、かなり悩みました・・・。
 
というのも、ここのところず~~っと戯画のキス・シリーズばかりを駆け足でプレイしてきて、ちょっとばかり飽きが・・・・(汗笑。
 
未プレイのERGは、戯画だとキス・シリーズ以外にも多数ある事や、他のブランドにも積みERGが多数ある事から、いろいろと悩んでしまいました・・・。
 
 
が・・・・
 
来年3月に、またキス・シリーズの新作が出てしまう事・・・・

 
そして積みERGと化しているキス・シリーズのタイトルはあと1本だけということから、初志貫徹してこのままキス・シリーズをプレイすることになりました(苦笑。
 
 
 
ということで、戯画から今年(2017年)3月24日に発売されたキス・シリーズ6作目『フルキス』をインストールしました♪
 
 

 

 
 
 
ということで本日の午後10時半ごろから、この「リプキス」のインストールをスタートっ♪
 
 



 
 
戯画のERGは、2016年のタイトルからWin10での動作にも公式対応となってており、今回も問題なくインストールを終えて起動させることができました♪
 

 
 
 
今週から、仕事の雑誌編集が締め切りに入るので、今回はプレイを終えるのに時間がかかりそうな悪寒がしています・・・・(汗。
 
 
 
そういえば今回のTOP絵に使った穂崎 純恋ちゃんですが、中の人はキス・シリーズ皆勤賞の声優・あじ秋刀魚さんです。
 

 
今回は前作とは違って後輩キャラ・・・・
どういった声の演技をしてくれるのか、ちょっと楽しみですね♪
 

 
 
 
Posted at 2017/11/27 00:30:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | エロゲ・ギャルゲー関係 | 日記
2017年11月26日 イイね!

戯画 キス・シリーズの原点『ホチキス』のプレイ終了   【ゲーム感想・ネタばれ注意!】

戯画 キス・シリーズの原点『ホチキス』のプレイ終了   【ゲーム感想・ネタばれ注意!】  
こんにちっぱい!
 
 
 
 
今回のお気に入りのPCゲーム(ERGとも言う)キャラは、ERGブランドの戯画から2012年 2月 24日に発売された「ホチキス」のヒロインの一人、御影しずくちゃんです♪
 
 
ちなみにこの「ホチキス」ですが、かむっさんは一昨日(23日)にプレイを終了して、今はキス・シリーズ5作目の「リプキス」をプレイ中です♪
 
 
 
 
 
ということで、今回のブログはプレイをし終えたばかりの「ホチキス」の感想です。
 
 
 
この「ホチキス」は、戯画の製品の中で現在まで続いている〝キス・シリーズ〟の第1作目にあたる記念すべきタイトルです。
 

 

 
 
発売されたのは今から5年以上も前になる2012年 2月 24日ですので、最近の戯画のERGに比べると、インターフェイス系が一昔前のシステムになっています。
 
原画は、marui氏とみことあけみ氏。
シナリオは、原人氏と木場貴志氏がそれぞれ担当していました。
 
 
 
現在を舞台にした学年部活物のシナリオとなっています。
 
主人公が、学園の屋上で非公認部活「互助研」と出会い、この「互助研」が売り上げ不振と後継者難から消滅しようとしているのを救うために動き回るのですが・・・・各ヒロインのシナリオのどれからも、この「互助研」という学園非公認の部活の面白さや魅力が伝わってこなかった・・・・(汗。
 
主人公らが「互助研」の商品として開発(過去のヒット商品の再販)するのも、〝縁結びのホチキス〟だけだったのも、プレイをしていて「互助研」の必要性が伝わってこなかった要員の一つだったように思います。
 
どうせなら、〝縁結びのホチキス〟以外にもヒロインルート別に複数の商品を「互助研」が生み出して、学生らの生活をサポートする描写とかが欲しかったですね。
 
それがあれば、学年生活における「互助研」の重要性に重みが増して、主人公らが「互助研」の存続に奔走する姿にも、より深く共感できたように思います。
 
 
そういった意味では、少々シナリオに厚みがなかったのが残念です。
 
 
 
ただ、シナリオに物足りなさは感じましたが、登場するヒロインたちの性格がかなりよく、絵も当時のレベルで考えればかなり良い方の部類に入るため、総合力で判断した場合は個人的にはまぁまぁ良かった作品だったと思います。
 
 
 
 
それでは、自分が攻略した順番にヒロインルートの感想を書いていきます。
 
 
 
■住吉奈々 (すみよし なな、CV:雪都さお梨)
 

 

 
小さな子供の頃からの幼馴染で、家族ぐるみでの付き合いがあったため、主人公にとっては妹のような存在の女の子です。
 
ただ奈々ちゃん自身は、主人公に子供(妹)扱いされることを嫌っており、もともとが感情をあまり表に出さない(起伏が少ない)性格の為に、常に不機嫌でツンツンしているような印象を周囲に与える娘っ子でもあります。
(主人公の事は〝犬〟扱いだしね・・・・(汗笑))
 
 
この奈々ルートは、奈々ちゃんが主人公に対する恋心を自覚し、主人公もいままで妹としてしか見ていなかった女の子を異性として気にしだすところから始まる、ある意味幼馴染モノの王道展開となります。
 
ただこの王道展開があまりにもベタすぎて、人によっては〝テンプレ〟と思われても仕方がない部分があるかもしれません。
 


 
 
個人的には、奈々ちゃんのような無口系・不機嫌・ツンデレキャラは大好物に分類されるため、それなりに楽しめたお話しだったと思います。
 

 
 
 
■芦川 ゆきの (あしかわ ゆきの、CV:小倉結衣)
 

 

 
 
本作品のメインヒロインです。
そして、学園モノのERGではかならずヒロイン枠に一人いる、学園のマドンナ的存在の人気者でもあります。
 
学園男子らの憧れの的であるゆきのさんが主人公と付き合うようになるのは、「互助研」のかつてのヒット商品である〝縁結びのホチキス〟を復活させるための偽装恋人として・・・。
 
偽装恋人モノの定番である、偽のデートを重ねるうちに本当に恋に落ちる・・・という様式美ともいえるストーリーが展開されます。
 
しかしながら残念だったのは、設定にあった前の学園時代からゆきのさんは主人公の事を知っていて、少なくとも好感を持っていたことが、シナリオの中で伏線として全く生かされていなかったこと。
 
ただ後半で展開された、ゆきのさんの受験と成績低迷が原因で偽装恋人を解消した後の、ゆきのさんの不安定な精神状態の描写は結構よかったと思いました。
 



 
 
最後は本当の恋人同士の関係として結ばれ、ゆきのさんの成績も回復して受験もうまくいくのですが、ベタな展開を楽しめる要素はそれなりにあったと思います。
 

 
 
 
■春日野 三咲 (はるひの みさき、CV:あじ秋刀魚)
 

 

 
主人公のクラスメイト。
口よりも先に手(もしくは足)が出てしまう乱暴な性格の為、男子から女扱いされないことが不満らしいのですが・・・
 
いやいやいや・・・・・
これだけ可愛い外見していれば、多少乱暴者だったとしても、クラスの男子は女の子扱いするだろ!(苦笑)
(イロイロ黒い噂のある怖い系のスケバンなら話は変わりますが・・・・)
 
 
女の子らしいモノや出来事に憧れていただけに、主人公と付き合うようになった後の行動は、バカップル一直線・・・(wwww。
 



 
学園恋愛モノとしてのシナリオの完成度は、もしかしたらこの三咲ちゃんルートが一番良かったかもしれません。
 
ちなみに、三咲ちゃんの声を演じていたあじ秋刀魚さんは、この後のキス・シリーズすべてにヒロイン枠の声で参加されている、皆勤賞声優さんでもあります(苦笑)。
 

 
 
 
■御影 しずく (みかげ しずく、CV:倉田まりや)
 

 

 
奈々ちゃんの親友でクラスメイト。
人見知りが激しく、最初は主人公の事も怖がって怯えており、主人公に向かって防犯ブザーを鳴らすほど・・・(wwww
 
あがり症で、人前でしゃべるのが苦手なしずくちゃんは、そんな自分を変えるために放送部入っていますが、なかなか人前でじょうずに話せるようになりません。
そして、どんなときにも物怖じせずに堂々と話すことができる主人公にやがて憧れを抱くようになります。
 
で・・・・
とある時に、一緒に転んだ事故が原因でキスをしてしまい、ギクシャクした関係に・・・。
 
そこから関係を修復して、恋人としてお付き合いをするようになり、しずくちゃんのあがり症を治す手伝いをしていきます。
そして最後には、あがり症を克服したしずくちゃんが放送部の看板DJにまで成長します。
 



 
残念だったのは、放送で失敗を繰り返すしずくちゃんを厳しく叱責していた放送部の青樹部長が、本当はしずくちゃんを鍛えるためにあえて厳しくしていた理由の伏線があまり活かされていなかったことでしょうか・・・。
(青樹部長の妹は、かつていぢめの標的になって田舎に引っ越してしまっているのですが、その妹さんの事を最後まで気にかけていたのが前の学園で妹さんのクラスメイトだったしずくちゃんでした)
 
 

 
 
 
 
 
 
最近のキス・シリーズの作品と比べてしまうと、若干シナリオの詰めに甘さを感じた作品ではありましたが、この「ホチキス」いう作品への一定の評価が、その後のキス・シリーズの制作に繋がったことは確かだと思います。
 
 
ちなみに、自分が最初にプレイしたキス・シリーズは、2作目の「キスベル」(2012年12月14日発売)からでした。
2015年7月にプレイしています
 
 
 

 
 
 
 
 
Posted at 2017/11/26 02:12:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | エロゲ・ギャルゲー関係 | 日記
2017年11月23日 イイね!

リプキス 挿入歌の「Snow Symphony」に痺れましたっ♪

リプキス 挿入歌の「Snow Symphony」に痺れましたっ♪ 
こんにちっぱい!
 
 
 
 
今回のTOP絵はお気に入りのPCゲーム(ERGとも言う)キャラではなくて、今プレイ中のERG「リプキス」(ブランド:戯画、発売日:2016年 3月 25日)と同時発売されたOriginal SoundTrack 「Soft Kiss」のジャケット絵です♪
 
 
 
 
 
 
 
さて、ここからが本題です。
 
 
現在、その「リプキス」をプレイ中で、二人目のヒロインの告白シーンの直後まで読み終えたのですが、この告白シーンの時に毎回流れる挿入歌の『Snow Symphony』(歌:桜川めぐ)が素晴らしすぎて、思わず〝初回限定生産版 プレミアムパック〟の特典と一緒にしておいたOriginal SoundTrackを探し出して、リピート再生を始めちゃいましたっ♪
 
ちなみにOriginal SoundTrack の「Soft Kiss」は2枚組のCDで、音楽の方はDisk1に入っています。
 


 
 
 
この『Snow Symphony』がどんな曲なのか・・・
自分が今攻略中の二人目のヒロイン、双葉 咲希ちゃんの告白シーンのプレイ動画で紹介してみたいとおもいます♪
 

 
 
 
咲希ちゃんは主人公が転校したクラスのクラス委員長で、初期の頃はかなり強烈なツンキャラなんですが・・・・
告白後は、すんご~~いデレキャラに大変身します(汗wwwww。
 
 
 
 
では最後に、『Snow Symphony』のフルコーラス版を貼って今回のブログを閉じたいと思います~~。
 

 
 
 
Posted at 2017/11/23 23:11:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | エロゲ・ギャルゲー関係 | 日記
2017年11月23日 イイね!

戯画のERG「ホチキス」のプレイが終了。そして今度は「リプキス」をスタートさせました。

戯画のERG「ホチキス」のプレイが終了。そして今度は「リプキス」をスタートさせました。 
こんにちっぱい!
 
 
 
 
今回のお気に入りのPCゲーム(ERGとも言う)キャラは、ERGブランドの戯画から2016年 3月 25日発売に発売された「リプキス」のヒロインの一人、五ヶ谷 奏撫ちゃんです♪
 
 
 
 
 
 
 
さて、ここからが本題です。
 
 
今月の13日からプレイしていたERG「ホチキス」(ブランド:戯画、発売日:2012年2月24日)をプレイしていましたが、本日の昼頃にヒロイン4人の攻略を無事に終了しました♪
 
 
 
で・・・
ホチキス」の次にプレイするERGを何にするのかで、かなり悩みました・・・。
 
というのも、戯画のキス・シリーズは2015年 1月 30日に発売に発売された「ハルキス」までプレイを終えていました。
で、その次にリリースされた「シロガネ×スピリッツ!」(2015年 3月 27日発売)は、去年の夏ごろにすでにプレイしていました。
 
 
 
戯画のプロダクトリストの順番で選ぶのであれば・・・・・

 
次は「恋愛フェイズ」(2015年 9月 25日発売)を選ぶところなのですが・・・実はこのERGはかなり前(発売直後くらい)に冒頭部分だけプレイして投げ出してしまった記憶があり・・・・(汗。
 

 

 
 
となると「恋愛フェイズ」の次の作品になるのですが・・・・

 
甘えかたは彼女なりに。」(2016年 2月 26日発売)はヒロイン枠に貧乳キャラがいないんですよね~~(マテwww
 

 

 
ただ、この「甘えかたは彼女なりに。」のOPソングはかなり好きなのですがね・・・(苦笑。
 
 
 
いろいろ考えて悩んだ末、とりあえずはキス・シリーズを消化してしまうことに決め、「ハルキス」の次に出たキス・シリーズ5作目の「リプキス」をインストールすることにしました♪
 

 

 
 
 
キス・シリーズ以外の戯画作品の未プレイタイトルは、キス・シリーズが消化し終えてからプレイをするかどうかを考えたいと思います。
 
 
 
 
ということで本日の午後1時半ごろから、この「リプキス」のインストールをスタートっ♪
 



 
 
戯画のERGは2016年のタイトルからは、Win10での動作にも公式で対応しており、問題なくインストールを終えて起動させることができました♪
 

 
 
 
そしてスタートと同時に表示された、幼い頃の主人公と幼女のキスシーン・・・(汗www

 
 
どうやら今回の主人公は、万年新婚カップル状態の両親を見て育った影響で、幼い頃は〝キスは挨拶の時に普通にするもの〟と勘違いしていたようで、子供時代に幼馴染の美少女らとキスをしまくっていた、うらやまけしからん青年(ぇwww。
 
そして両親の転勤による引っ越しで幼馴染ら長年離れて生活し、再度の引っ越しで元の地に戻ってきてかつての幼馴染の少女らと再会し、恋心を育てていく物語のようです。
 
なので、この「リプキス」の作品コピーが『ファーストキスを、もう一度――』なのですね。
 
 
 
とりあえず今は、メインヒロインの五ヶ谷 奏撫ちゃんルートを途中まで進めました。

 
 
この先のプレイは、今週の土曜日にアップ予定のラノベの校正をして、完成させてからでしょうかね・・・・(汗。
 
 
 
Posted at 2017/11/23 20:06:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | エロゲ・ギャルゲー関係 | 日記
2017年11月21日 イイね!

みんカラ:呉工業モニターキャンペーン 【モニター応募】

Q1. 現在、市販のコーティング剤をお使いですか?
回答:CCウォーター

Q2. 愛車の年式、メーカー、車種、ボディカラーを教えてください。
回答:2000年式 スバル、レガシィツーリングワゴン、ホワイト


この記事は みんカラ:呉工業モニターキャンペーン について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/11/21 20:18:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「年末の情報交換のために、アキバのアトレ1改札で問屋の営業さんと待ち合わせ中(苦笑。」
何シテル?   12/13 16:39
二十歳のときに購入した初代ハイラックス4WDシングルキャブから○十○年。4DW系を中心に乗り継いできました。 独身時には、初代ベイブリッジ族の一員としてトラッ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

車種、趣味が合う合わないにかかわらず、楽しくお付き合いができる方であれば、基本的にOKです。
 
自分が過去に乗っていた車種に現在乗っておられる方などともお話ししたいです。
144 人のお友達がいます
creative311creative311 * ビバーチェビバーチェ *
のぶPのぶP * ken13ken13 *
高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん * BラビットBラビット *

ファン

191 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2010年6月にラシーンが事故で昇天。ラシーンを気に入っていたためもう一度乗りたかったの ...
ホンダ CB125T ホンダ CB125T
2011年7月11日に、新しく家族の一員に加わりました。   2010年末に息子のために ...
ホンダ ベンリィ CD50 ホンダ ベンリィ CD50
来年(2011年)春から子供がちょっと遠くの高校に通うことになりそうなので、通学用の原付 ...
輸入車その他 その他 バイク用ガレージ 製作資材・備品関連 (輸入車その他 その他)
現在DIYにて建築中のバイク用ガレージの製作に使用した資材や、完成後に設置した機材などを ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.