• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コロコロまろんのブログ一覧

2016年09月26日 イイね!

パワーチェック・・・そして茂原試験走行

パワーチェック・・・そして茂原試験走行先日のバルタイ設定で・・・・茂原走行を待てず、とあるコースでパワーチェックしてみました。



どうしても気になっちゃって・・・(^^;;



パワーチェックというと



こんなのとか



(ネットから借用)



こんなのとか



(ネットから借用)



こんなイメージだと思いますが・・












私の場合は・・こんな感じ





加速度計とタコメーターと・・・動画撮影
(ちなみにカメラはステアリングに固定します。)



で、得たデータをいろんな計算式にかけて













で、パワーとトルクを算出。・・・計算が正しいかどうかは・・・あまり気にしないでネ(^^;;



で、このデータを分析すると・・・




思いっきり高回転仕様!



5000rpm位からパワー欲しいんだけど・・・パワーだけ出したいんならこれで良いと思うんだけど・・・これじゃタイムが出ない・・・





で、急遽バルタイ変更・・・もう少し下からパワーが出るように・・・





で、茂原走行・・・以前の仕様より低回転からトルクが乗ってくる


パワー感はかなり良い感じになってきました。





エンジンいじりはこれ位にして・・・走りのクオリティを上げていかなきゃ。



次は日光サーキット・・頑張るゾ〜!

Posted at 2016/09/26 20:45:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月19日 イイね!

買っちゃいました~!

買っちゃいました~!どうしても欲しくて・・買っちゃいました。






プレート式トルクレンチ!!



仕組みは凄くシンプルで・・かなりアナログですが・・



なんだかんだ言って使い勝手が一番良いかと・・



ア○トロ○ロダクツでセール価格になるのを待って・・1800円(^^)(消費税別ですが・・)





これからフル活用いたします(^o^)
Posted at 2016/09/19 20:39:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月17日 イイね!

難しい・・・バルタイ

難しい・・・バルタイ先日セッティングしたバルタイで・・・ちょっとだけ試してみました。


バルタイを変えるって・・・奥が深すぎる・・・・




前回のセッティングは

in 115 ex 110


それをinを3°進めて in 112 ex110としたのですが・・・


激変!




個人的にはinを進めたので、高回転域がどうなちゃうのか不安だったのですが・・・良い意味で期待を裏切ってくれました。



ちなみに115-110の特性は

〜2000rpm 弱スロットルの時は軽いハンチングが出て・・・キビシイ

2000〜4000rpm ノーマル同等のトルク感・・・若干ばらつきあり

4000〜6000rpm 回転上昇に伴いパワー感上昇

6000rpm〜急激に加速感減少。高回転域は惰性で回っている状況



で、112-110に変更すると


〜2000rpm ゆっくり走るのが辛い・・・ハンチング+ばらつき

2000〜3800rpm 気持ちトルクダウン・・オーバラップを大きくした影響か?
・・本当はもう少しトルクアップするかと思っていたのですが・・・


3800〜6000rpm いきなり喰いついた感じでトルクが乗ってくる。ばらつきのあるエンジン音がパァ〜って感じに変わり、トルク感が回転上昇にリンクする。但しMAXトルクは以前より若干劣る。

6000rpm〜 以前のようなトルクダウンは無く、7000rpmオーバーまでパワー上昇が続く。
加速度的には7000rpm+αがMAXか?最大加速度は以前よりかなり上



という感じです。



in側を進めたのでMAXトルクが低回転側に振れるかと思ったら・・・どちらかと言えば逆の方向に。



う〜ん、難しい・・・けど、偶然の産物でかなりパワーは上がっています。どちらかというと町乗りは難しくなりましたか・・かなりパワーアップ!やった〜!



ノーマルのインマニではこれ位のバルタイの方が良さそう。ベストまであともうちょっと・・かな?


もう少し下からトルク出るとタイムアップにつながりそうですが・・・茂原走ってみて判断します。



バルタイって・・・ほんのちょっといじっただけでエンジンのキャラクターがガラッと変わるので・・



難しいけど・・・面白い!



・・・次くらいでバルタイ決めたいなぁ〜





Posted at 2016/09/17 22:55:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月12日 イイね!

ROMイレーサー制作・・・そして再度バルタイ調整

ROMイレーサー制作・・・そして再度バルタイ調整いろいろ点火と燃調のマップを試してみて・・・あっという間に5つの空ROMを使い切ることに・・・


1個600円もするROMなので・・使い捨てというわけにもいかず・・・


かといってROMイレーサーは15000円位するし・・・




コンピューター関係に強い友人に聞くと


「ROMイレーサー?そんな懐かしいものまだ使う人いるんだ?」



・・・・ここにいますけど・・・



「買うと高いから作れば?」




・・・・まったく私と同じ発想だった。それじゃ材料を物色・・・と







4Wのブラックライト(目的はランプじゃなくて器具なのですが)と4Wの紫外線殺菌灯を購入。





ブラックライトには用は無いので、ランプカバーとブラックライトのランプを撤去







で、その器具に紫外線殺菌灯をセット






それから金属製の空箱と、段ボール等で部品を制作






空箱にこれらとROMをセット








目隠しの段ボールをセットしてランプのスイッチON!






蓋をして約20分




これで消去完了・・・のはず。

ROMのブランクチェックをしてみる






ばっちり消去されました。 約1500円でROMイレーサーができました。

これでバンバンいろいろなマップを試せるゾ。




ということで様々なマップを焼いて試走してみることに。




6000rpmまではかなり良いフィーリング。加速度計の数値も満足いくものに。

燃料は若干薄いパターンの方が良いみたい。



しかし・・・それ以上がイマイチ。シングルスロットルだとこうなってしまうのか?



吸気量が足りない?トルクのカーブが一気に下がっていく感じ。



とすれば・・・あえて吸気側のカムを進ませてみるのも良いかも?





ということで、2度目のカムカバー御開帳


吸気側のデフォルトは115°




今回は3°進めて112°に





オーバーラップは42°となり、ちゃんとアイドリングするか不安でしたが・・・全く問題なし。

超低回転域は若干トルクダウンした感じはあるが、乗りにくい感じも無い。



6000rpm以上はなかなか試せないので・・・次回サーキットで試してみます。



で、時間があったので・・・ROMチェンジャーとスイッチの居場所を確定しました。

チェンジャー本体はECU近くにセット





スイッチはシフトレバーの右側にセットしました。




ん?A/F計が無くなっている?


・・・残念ながらA/F計はご臨終になりました。

中古品はダメですね。
Posted at 2016/09/12 15:49:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ
2016年09月05日 イイね!

ルンルンで試乗??

ルンルンで試乗??
バルタイを変更して・・・すぐに試乗といきたいところですが・・・カムカバーを戻す時にちょっとだけ液体ガスケットを使いますので、それがある程度硬化するまでは放置しなければなりません。


おあずけ〜!

なので・・翌朝まで放置することに。



本来であれば、クランク角センサーが付くEXカムをいじったので点火時期を調整しなければいけないのですが・・・遅らせた方向なので乗る分には良いだろうと(素人判断)走らせてみました。

本来であればアイドリング時10度進角なのですが・・・その時は・・たぶん5度進角くらい??

ある意味点火時期を探る一つの方法でもあるので・・・ちょっと時間がなかったというのはナイショ



その時の感想が・・


う~ん、あれあれ??お~!!

と、3段階にくっきり分かれる乗りにくいキャラクターに


まずは~1500rpm

点火時期がおもいっきり遅いせいか・・・プラグかぶっちゃったかのようなヨタヨタ状態。

全くパワーが無く、「おいおい、大丈夫か?」と言いたくなる状態。


で、1500rpm~4000rpm

これも点火時期が遅いことが原因か、通常よりパワーダウン。でもまぁ走行に問題が無いレベル


それから4000rpm~

突然ブーストがかかったターボ車のごとく、ぬおおおぉっとトルクが乗ってくる。回転の上がり方も速い。

やっぱりこのカムのセッティングだと4000rpm以上でないと本領発揮しないことを実感。


で、更に実験。あまり良くないことですが・・・アイドリング時で12度まで進角してみると・・・

~1500rpm・・超改善。とっても乗りやすくなりました。

1500rpm~4000rpm・・・まぁまぁ改善。バルタイ変更前と同じ感じ。

4000rpm・・・回転の上がり方が鈍化。ノッキングはしていないようだが、進角しすぎという感じ。


で、正規の値に近い9度に合わせてみると

~1500rpm・・ちょっとダメダメになっています。バルタイ変更によりトルクが落ちたか。

1500rpm~4000rpm・・・やはりトルクがやや落ちた感じ。

4000rpm・・・良いフィーリング復活。


ということで、今のROMでは低回転域で点火時期遅すぎ、高回転域ではやや早めという感じということが発覚。


またまたパソコンを取り出して・・・点火時期マップのみ修正。




大したデータではないのですが・・恥ずかしいので数字はボカシ入れました(^o^;)



で、新たなROMを焼いてマシンに装着!いっちょ走ってみますか。



何と良い感じで全領域でパワフル。さすがに低回転域はキビシイが(4速40kmとかは加速がキビシイ)実用域のトルクと高回転域の吹け上がりが両立して・・ムフフです。



かなりトルク感が出ているような気がするので・・・早くサーキットで試したいなぁ。

Posted at 2016/09/05 20:28:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「@M元_yt さん、タイジョブタイジョブ。サーキットは逃げないね。チャンスあるよ😁」
何シテル?   11/30 20:46
コロコロまろんです。 ロードスターでタイムアタックに燃えていましたが・・・いきなりスイフトスポーツに乗り換え・・・いろいろ事情がありまして・・・ 出...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

     123
4 5678910
11 1213141516 17
18 192021222324
25 2627282930 

リンク・クリップ

ワークスベルSRD+ステアリング交換 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/08 21:10:44
ステアリングスイッチプレート自作 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/14 12:39:43

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ きいろ2号 (スズキ スイフトスポーツ)
家族でも使える遊び車として購入。 もうロードスターのようにはタイムアタックできないと思 ...
マツダ ユーノスロードスター きいろ号 (マツダ ユーノスロードスター)
この車で走るのが唯一の楽しみでした。 暫く吸排気系のみのチューンで走っておりましたが・・ ...
マツダ MPV マツダ MPV
この車は一切改造しないことを前提に購入許可されました。 今まで所有していた車がどれも乗り ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.