• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年09月03日

リアタイヤはみ出し対策



複数のモディを同時進行で抱えながら前進できないフォンタナです(笑)

でもようやく足回りの方は前進できる状況になって来ました♪

社外品の147、156兼用サスペンションの問題点については以前書いたとおりですが、改善策として最もコストをかけずに簡単にできる方法として、キャンバー調整ボルトを考えました。

しかしながら市販されている2種類の調整ボルトは、147のブラケット取付け方法では装着ができないことが解りあえなく断念!(>_<)

残るは長穴加工になりますが、問題は何らかのボルトを固定する処置をとらなければ、路面からのショックでキャンバーが狂ってしまう恐れのあることです。

調べていると、スイフトの専用サスを作っているショップが、キャンバー調整用に、このようなボルト穴のアタッチメントを作成しているのを見つけました。



これは素晴らしいアイデアだと思って同じことを出来ないか業者を捜してみることにしました。

阪神間で競技用の車両を制作しているショップを、片っ端からピックアップしてみると、意外にも自宅から車で5分の場所にドリフトマシンを作っているチューニングショップを発見しました。

早速お電話してこちらの状況を説明し相談に乗ってもらうと『そういうアダプターのようなチップを作ることは可能ですけど、パーツをワンオフで削りだすだけでもかなりの費用がかかりますよ』とのこと(ーー;)

何かいい方法ないっすか?と持ちかけると『それならドリ車ではよくやることなのですが、長穴にワッシャを溶接して固定する方法があるので、こちらの方が安くて早くできますよ』

おぉ!それはなんて目から鱗な方法!!

『ドリ車でもズレたのを見たことが無いのでグリップならまず大丈夫かと』

我が意を得たり!

さっそくショップにお邪魔してお願いして来ました♪

大阪空港の南側にあるカーショップ wish さんです。




もうグリグリのドリ車だらけで(笑)

面白いことにこちらのお店は営業時間が15時から24時!
サラリーマンの味方です♪

店の前に深紅のPS13のQsが停まっていて、思わず泣きそうになりました。
PS13もドリの世界で生き残っているんだなぁ〜って(元シルビア乗り)

で、今日引き取ってきたのがコレで〜す。




土日に取付けてタイヤの位置調整して、ワッシャの溶接位置を決めたいと思います。

ちなみに溶接するワッシャは片側だけで十分とのことです。

ワッシャはステンを自分で準備して、溶接込の料金は¥6000です。

上手く調整すればツライチにできるし一石二鳥かも!


ウマクデキレバネ(笑




ブログ一覧 | 日記
Posted at 2014/09/03 21:53:09

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【シェアスタイル】変わった
株式会社シェアスタイルさん

サーキット修行・ちょっと寂しいけど ...
996GT3loverさん

BMWホテルイベント行ってきました
amggtsさん

ロードスター フロントバンパー F ...
倉地塗装さん

コロナウイルス🦠が岐阜にも
真夜中の銀狼さん

最西端を目指して4
ぽぽろん231さん

この記事へのコメント

2014/09/03 22:57:27
私も147に156サスでリアはみ出し悩みで、いろいろ考えていました。非常に参考になるブログありがとうございます!次回更新を楽しみにしております。
コメントへの返答
2014/09/03 23:32:38
156兼用社外品サスは147に我慢を強いてるところが問題ですね(笑)
悩まれている方も多いと思いますので参考にしていただければ幸いです♪
2014/09/03 23:03:16
ウチの子も工場出荷時(多分)から相当な
ハの字(ヤン車?)なので、タイヤが片減り
しそうで心配です。

大変参考になりました<(_ _)>
コメントへの返答
2014/09/03 23:41:41
ネガキャンならパラレルの偏心ワッシャーの調整だけで改善出来るような気もしますが・・・。
147はムリなのですが145は市販のキャンバー調整ボルトが使えます。
確認してませんがGTVも使えるかもですよ。
2014/09/03 23:52:18
何で溶接して貰うかなのですが、ステンのワッシャーを持って行ってもTIG溶接がなければ綺麗に溶け込まないので、その後大変な事になるかもしれないので、普通のSSワッシャーで溶接してもらいシャシーブラックを塗った方が良いと思いますよ〜。
コメントへの返答
2014/09/04 06:44:47
アドバイスありがとうございます!
ショップではハッキリとステンでも大丈夫ですからとおっしゃってました♪
サイトのカスタムギャラリーを見るとステンマフラーやチタンマフラーの制作、クロスバーの制作もされているので溶接技術はお持ちかと。

もしワッシャがズレてもブラケットが破損しない限り、最悪ジンワリとタイヤがポジキャンになるだけかな〜(笑)
2014/09/04 02:09:59
元シルビア乗りさんだったんですか!(*^o^*)
シルビアでドリドリされてたんですか?
ムカーシ、峠やサーキットに通いつめていた時代に習得したいワザでした〜♪
モノに出来ませんでしたが…^^;
コメントへの返答
2014/09/04 06:50:47
PS13のQsに乗っていただけでドリフトやっていたというほどのレベルじゃないですよ(笑)
チョー安全な場所で練習はしてましたけどね。
難しいですよね〜。
wishさんのプログや動画を拝見していると、レディース部門のオールスターで2連覇している女性のマシンもサポートしてらっしゃるようです!
2014/09/04 07:04:45
私の持っていたアラゴスタEだと上側のボルト穴が
元々横長になっていたので二度まで付けられました
やはりずれるのか心配していたと気が有りまして
いつもキャンバー角を測る工具持って走っていました
溶接なら安心できますね

そこのお店の入口見ただけで色んな事出来るお店
だなと感じました
ドリ車改造できる所は腕無いと出来ませんからね
アルファ関連のショップよりよっぽど信頼できると
感じます。
そういう所は意外と工賃も安かったりすると思います
コメントへの返答
2014/09/04 07:48:49
流石に何もストッパーが無いのはズレが心配ですし、偏心カムのキャンバー調整ボルトよりは溶接の方が安心感がありますね♪

いやー工場内は踏み場もないほどパーツが転がっていて、いかにもカスタム屋、チューニングショップと言った感じです。
始めて行った時もR33のエンジンを弄ってました。

ドリは車体をイジメますからね、ドリ車で大丈夫ならグリップは問題ないと思いますよ〜っておっしゃってましたし(笑)

溶接こみで1本3千円はリーズナブルだと思います。


自宅から5分の場所に有るので色々相談出来そうです♪
2014/09/04 08:31:47
ワンオフならこちらもお勧めです。
http://mf-feal.com/
コメントへの返答
2014/09/04 10:38:03
実際工作機械をお持ちなんですね。
図面を引いて直で持って行っても頼れそうですね♪
2014/09/04 15:10:01
同じ様な機能をDIYで行ってました。
310サニーですが。。
長穴に入る様に同じ厚さの鉄板を削って
ボルトと長穴の隙間を埋めてました。
縁石アタックでもずれない強靭な取り付けでした。。
ホイルが割れましたが。。
コメントへの返答
2014/09/04 16:29:45
みんカラでもDIYでやっちゃってる人は結構いますよね。
私も全く同じ発想でスキマをチップで埋めてワッシャーで押さえる作戦でした♪
市販のキャンバー調整ボルトも結構ちゃっちいのでそれでも強度的には十分ですね。
やることが多くなって自分でやる手間と労力を考えてショップの提案に乗っちゃいましたσ(^_^;)
ま、アーク溶接なら強度に何の心配も要らないし外れることもないので保険ですね(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #147 タペットカバーパッキン交換(4回目) https://minkara.carview.co.jp/userid/939476/car/771124/5681322/note.aspx
何シテル?   02/22 09:02
以前は筋金入りのマック・エバンジェリストでしたが、マックもフツーになってきたので、今はひっそり楽しんでます マラソンやバイク(ちゃり)にハマった頃もありま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

リンク・クリップ

樹脂パーツ塗装 その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/05/28 12:47:27
車高調整 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/28 17:22:29
さよなら156 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/19 13:37:47

愛車一覧

ホンダ ジャイロキャノピー ホンダ ジャイロキャノピー
2006年10月から乗っているので足掛け13年になります。ほぼ通勤オンリーで使っています ...
アルファロメオ 147 アルファロメオ 147
ジウジアーロのデザインがステキです♪フロントは中世の騎士の鎧を彷佛させ、まさにヨーロピア ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.