• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2006年11月20日

休むに似た考え

休むに似た考え 麻雀でも将棋でも、下手な打ち手がどれほど長考しても良いアイディアは生まれない。休んで(時間を無為に費やして)いるのと変わりがない。昨今、永田町界隈で一部の有力政治家が公然、口にしだした「日本の核武装」云々を耳にして真っ先に思い浮かんだ諺がそれだった。

 考えてみたところで、議論してみたところで、できないことはできないのである。まず、こういうことを言い出す政治家の知識の中には、日本がIAEA(国際原子力機関)の査察対象国であるという事実は入っているのか。元IAEA広報部長の吉田康彦氏に拠ると、日本には8人の査察官が常駐しているそうだ。
 そして、そもそも論を持ち出すと、IAEAは第2次大戦後に、『危険な全体主義国家』であった日本とドイツが核武装することを阻止することを最大の目的に組織された経緯がある、と言う。ましてや日本は(ドイツもだが)、国際連盟(=連合国)にとっては今もって「旧敵国」なのだ。

 さらに言えば、核武装をするとなれば必然的に核拡散防止条約(NPT)から脱退しなければならなくなる。「自国で核兵器を開発するので、もうIAEAの査察は受けない。NPTからも脱退する」……どっかで聞いた台詞ではないか?
 そういうことを言って、実際にそれを始めたところが、いま国際社会からどう言う扱いを受けているか、そんなことにすら思いが至らないのだろうか。「議論を封殺する」とかしないとか気色ばんでる大臣閣下もいらっしゃるが、論ずるに値せざることだとか論ずるべきではないことに掣肘を加えることを『封殺』などとは言わない。不見識も甚だしい発言である。

 でもまあ、一国の外務大臣ともあろう人物が、そこまで不見識であろう筈もないので、きっと発言の先には別の狙いが潜んでいるんだろうと見当をつけてみると――ああ、なるほど。おぼろげながら落としどころが想像できて来た。

 彼らだって、まさか本当に日本が独自に予算を組んで国際社会との軋轢も起こさずに核開発ができるなんて考えてなんかいやしない。ちょっと損得勘定すれば、やらないほうが遥かに得であることも分かっているだろう。
 だから、彼ら「非核見直し議論」提唱者が目論んでいるのは、非核三原則の内の『持ち込ませず』の撤廃だ。そうすれば、アメリカの核の傘から出ることなく、殆んど実質的なリスクを負うこともなく、日本を実質的な核武装ゾーンとすることができる。

 今だって、合理的に考えれば日本に寄港したり日本を母港にしている米空母が核兵器を持ち込んでいないなどありえないのであるけれど、そこには国家間の信義だとかメンツだとか体面という、泥を塗ったり潰したりすることのしがたい存在があるために、日本にいる間、米軍は形式的に核装備を行使できない。そのくびきから解き放つ。

 いきなり「非核三原則の『持ち込ませず』は止めます」なんて提案したって凄まじいハレーションが起こって実現できっこないだろうから、ハナから可能性のない極端な提案を吹っかけておいて、ズルズル値切られたようなふりをして、最終的には初めっから狙っていた落としどころで了解を取り付ける……。そんなシナリオを考えているような気がする。

 ま、これは所詮想像に過ぎないのだけれども、多分そんなに見当違いではないと思う。そして想像を元にこういうことを言うのも詮無いのだが、今の自民党政治家のお歴々は、本当に日本の国をアメリカに対して大安売りすることばっかりしでかしてくれるよなぁと嘆きたくなってしまう。
ブログ一覧 | 事件・事故 | 日記
Posted at 2006/11/20 14:51:50

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

寒い朝でしたよー
真夜中の銀狼さん

「ナマ」である事がそんなにいいのか?
セラフィム2501さん

同じ鴨なのに
ライトバン59さん

早速、キャンプ地の下見に…😉
S4アンクルさん

たまに車を乗らなくったって😊👆
☆ぼんちゃん☆さん

塩は身体に必要
一日千秋さん

この記事へのコメント

2006/11/22 23:00:25
記事を拝見して、本棚からH11年に東海村で発生した、JCO事故報告書を取り出して、パラパラとめくっていると、目当てのところを見つけました。
事故発生20日後に、IAEA本部に報告に出向いた、科技庁局長、核燃料機構幹部らに向けて問われた質問の中に、「今回の工程は核兵器廃棄ウランを処理するプロセスではないのか?」という、日本が核兵器関連処理に手を出しているのではないか?という、IAEA(そして国際社会)の疑いの目を実感するフレーズがありました。
これに関連することとして、旧動燃が核燃料の処理過程で散逸、管理漏れしている核燃料物質の量が十数キログラム以上におよび、複数の核兵器を作れるほどに達していると警告を受けたのは十数年前の事であったと記憶していますが、そんな事も繋がっているのかと納得。私は非核三原則と兵器禁輸は日本にとっての武器なんだと思っていましたが、それを稚拙な取引道具にしてしまう、政治家に改めて失望してしまう次第です。
コメントへの返答
2006/11/24 10:39:59
面白い(と言っては不謹慎かもしれませんが)もので、多分僕も含めて平均的な日本人の感性からすれば当時のIAEAの『懸念』は、「一体こいつらはナニを心配してるんだ?的外れにもほどがあるじゃないか」って具合だと思います。
であれば、報道なんかでも事故そのものについては伝えてきたとしても、こういう国際的リアクションに関してはセンサーが働かなかったのかも知れないですね。

旧動燃の管理漏れ核物質についても、当時新聞記事あたりで目にした覚えはあるのですが、やはり論調は管理の甘さ杜撰さを指摘するようなものばかりで、そのことが諸外国からどのような疑念を持って見られているのかについては恐らくついぞ触れられていなかったはずです。

まあ、清廉潔白なのは自明のことだであり疑義を差し挟まれること自体が謂れのない杞憂であると思っておれば、それもむべなるかな、ですが。

武器禁輸にしろ非核三原則にしろ、こと軍事に関わる国際的緊張に日本はコミットしませんぜと言うスタンスを(憲法と言う制約を足がかりに)取り続けてきたことがこの国の「ウリ」の一つだと思うんですけどねぇ……。
商品にたとえて言えば日本ブランドの独自性と言うか。
 老舗商店でもそうですが、自分のお店(たな)の特色を放り出して、世情におもねるようになったらオシマイじゃないかと思うんですが、どんなもんなんですかね。
2006/11/23 10:28:35
ふむ、なるほど、それであまりアメリカ政府筋は反応していないんでしょうかね。
でも今の政治状況みてると、非核三原則も武器禁輸出も守らなきゃいけない、なんて誰も考えてないように見えますね…。
なんでも朝令暮改だし、そんな数十年も前に決めた約束など重要じゃない、など。

しかし、考えると、今の自民の政治家の姿勢は非常に解りやすいですね。
自分達に対する具体的な出資者である、アメリカ、大資本に向いた政治を心がけていらっしゃる(苦笑)
本当は国民が選挙で意思表示しないといけないんですが、選挙の公約と実行フェーズとでやってる事があまりにかけはなれてるし(^^;)、マスコミも体制側に組み込まれちゃっているので、中々状況が変わりません。
コメントへの返答
2006/11/24 10:49:25
まあ、飽くまで僕の想像に過ぎない話なんですけどね。でも政治家がよく使う用語「落としどころ」ってモノを考慮に入れると、こんな感じなんじゃないのかなぁと。

いつぞや後藤田さんが物故したときに書いたことをふと振り返りながら思ったのですが、有力、とか大物、とか言われる実質的に影響力のある政治家の世代が入れ替わった末に、伝来の資産を片端から売り飛ばして目先の現金に変えているような感じがしてなりません。
 そうして売りに出されてしまったものの中には、矜持だとか節度だとか気高さだとか、そういうものが根こそぎ含まれているような……。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.