• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2013年01月06日 イイね!

3代目アテンザに乗ってみた

3代目アテンザに乗ってみた販社に足を運んだついでに、クリーンディーゼルで気を吐くマツダの旗艦、3代目アテンザに乗ってみた。発表前から見ずてんで全国4千数百人が注文し、それに加えて発売1ヶ月で新たに3千近くの受注を得たという注目商品であるだけに、乗せてと言ってすぐにハイどーぞとは行かない。それなりに待たされた。そういえば注文を正式に入れてから納車までも、たしか2ヶ月待ちぐらいだと聞いた気がする。

 ともあれ、乗ったのは添付写真のクルマではなく――というか、写真に撮った白のアテンザはどうもお客さんの所有物っぽい――グレー・メタリックのワゴンだ。原動機は注目の2.2リッターディーゼル。これワゴンがカッコいいんだよな、積載性を犠牲にしても形のほうに振ってるから……という感想はともあれ、寸法はでっかい。なじみのHさんに拠ると「デカいですよ。高さはともかく、長さと幅はMPVと一緒ですから」とのこと。所謂CDセグメントとしちゃ、ほとんど上限のサイズである。CDの上限どころか、パーソナル・カー一般として一番でっかいEセグメントと差がないぞ。

 運転席に座ってみると、先端まで割とフラットに伸びたボンネットのせいで鼻先がどこにあるのか見極めにくいのと、身体周辺が「高く囲われてる」という感じが強い。尤も、前に試乗した人が僕よりだいぶ小柄だったみたいだから(サイドミラーがひどく下を向いてたことからの推測)、これは座面を上げれば解消することだったかもしれない。それよりも、相変わらずマツダだなぁ、と感じずにいられないのがインテリアの樹脂の品質感だ。勿論マツダにしては頑張っているし文句言うほどのもんでもないのだけれど、「見た目」の演出がすごく上手なトヨタやホンダ辺りと比べると、どうも二歩も三歩も追いつけていない感じになる。ま、それを言っちゃうとヨーロッパの有名メーカーでも同じことなんだけど。

 それはともかく一番の注目は排気量2200ccのくせに42.8kgmなんていうとんでもねートルクをひねり出すディーゼル・エンジンなのだが、停止状態からの動き出しでは若干ダルなところがある。恐らくエンジン側じゃなくて変速機のセッティングなんだろうと思うが、手動変速の車でクラッチ繋いでポーンと飛び出すような動き方は(普通のアクセルの踏み方をしている限りは)しない。まあ安全を見ているんだろう。僕の好みで言えば、もっと敏感に反応してくれたほうが気持ちいい。

 そんな文句を心の片隅でブチブチ呟こうが、しかし一旦走り出してしまえば、とてつもねートルクの恩恵には与りっぱなしで、普段乗ってるガソリン車の気分でアクセルをやや強めに踏み込もうものなら、R32スカイラインのGTS-tタイプMがいきなり最初からターボがかかってるような按配でぐいぐいスピードが乗る。そのうえ、ディーゼル・エンジンだってのに5000回転まで回るってんだから。

 80年代90年代の、僕の記憶にあるディーゼル乗用車と比べると、原動機が発する音は、随分と大人しい。あのガラガラゴロゴロいうのを想像していると、拍子抜けだ。アクセルを踏み込んで回転を上げても、回り方も音もSOHCのガソリンエンジンみたいな感じ(音のほうは多少癖があるけれども)で不快じゃあない。ああ、なるほど、こういう仕上がりならば確かに商品力があるな、と納得した。

 試乗車は自動変速だったのだが、3代目アテンザはしぶとく手動変速もラインナップに残している。お邪魔した販社では、まだ1台しか出ていないそうなのだけれど、全国的には月あたり5台(=年間60台)想定でいたところ、すでに900台余のMT車が注文されているそうだ。よくぞこのクラスの国内販売モデルにマニュアル・ミッションを残してくれたとマツダに対して拍手を送りたいのと同時に、国内市場にはこのクラスのモデルで積極的にマニュアル・ミッションを選ぶユーザーがいることに快哉を叫びたい気持ちになった。

 で、アテンザ買うかと言われると。いまの車庫だと入らないんだな、これが。
Posted at 2013/01/06 18:14:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日本の車 | 日記
2010年09月19日 イイね!

ワクワクさせてよ……

ワクワクさせてよ……新型のマーチを見てきた。今じゃ本当に排気量1000ccという車はまずなくなってしまったけれど、カテゴリーの名前として残ってる「リッター・カー」というやつ。各メーカーのラインナップの最底辺で、エントリー・ユーザーの獲得を狙っているとされる商品で、マーチもその一つだ。

 先般、日産がそのカテゴリーのモデルであるマーチを代替わりさせた。国内の工場では生産しないで、タイで製造したものを日本国内に持ち込んで販売することなどが経済ニュースあたりでも話題になった。

 日経BPの記者が名前入りで、あたかもここ最近の急激な円高が原因で生産拠点を海外移転したんだといわんばかりの頓珍漢な記事を書いていて失笑させられたが、自動車メーカー各社(日本に限らず)のタイ進出は、もう10年単位の以前から行われていることだ。ま、読者にミスリードさせて自説がいかにも正しいかのように見せかけたいんだろう。ディスカッションやディベートだと、程度の低い論者がよくやる手口だ。
 ま、そういう阿呆なマスコミは脇において置くとしても利幅の極めて薄いリッター・カーのクラスは、人件費の高い日本国内で製造していたんでは、もはや割に合わないという判断が働いたのは間違いない。その辺、電機メーカーが白物家電の国内生産を遂に諦めた状況とよく似ている気がする。

 それはそれとして新型マーチだ。エントリー・モデルのリッター・カーというのは、それより上の価格帯のモデルと比べると「虚飾」に割けるコストの割合が小さい。お金をかけないと装備できない立派な内装とか見栄えするエクステリアとか高度な走行性能みたいなファクターは、より上位のモデルと違って極小化せざるを得ない。だから“商品性”全体の中に占める「道具としての車」の要素が、一層色濃くなる。

 そんなこんなで自動車メディアに下駄グルマなんて呼ばれたりすることもあるわけだけれど、実用の道具だからといって色気や飾り気があっちゃいけないわけじゃない。そこに行くと今度のマーチは……いくら下駄グルマでありアジア市場で広く売りさばくロー・プライス商品だとしても、こんなにもワクワクしない車なんて、あんまりだ。

 同業他社の同じカテゴリーの車、ヴィッツもフィットもデミオも、それぞれなりに何がしか、ユーザーをワクワクさせる「演出」を持ち合わせている。「新しいものを手に入れる喜び」だとか「世界が一歩広がることへの期待」みたいな、商品を通じてユーザーが感じる幸福感みたいなものをだ。

 然るにマーチは、まるで「機能は揃ってるんだから文句ないだろ」と言わんばかりに仕立てられたカーキ色の人民服である。ヴィッツやフィットやデミオが仮にファッションしまむらで安く売られている普段着だとしても、人民服よりゃはるかにマシである。戦略的アジアン・カーでもあるのだから今度のマーチはこんなもんでいいのだ、と見切ったんじゃないかという感じがしてならない。

 エントリー・ユーザーが初めて自分の車を手に入れるとき、例えそれが口さがない自動車マスコミが「ゲタ」呼ばわりするクラスの車だとしても、その車を手にすることで得られた「クルマのある生活」に、夢が広がったり期待が高まったりと、ワクワクしない筈がない。だってのに日産ときたらなんだってこんな……。
 バブル崩壊後のモデル・チェンジでは各メーカーのクルマが申し合わせでもしたかのように、軒並みこんな「夢のない」按配になったことを覚えているし、いま国内の経済状況が悪いことも承知しているのだけれど、自動車にまでこんな不景気なツラさせることはない。

 ま、もちろん車というのは人と荷物を載せて走らせてこそのモノであるのだから、試乗すらしていない僕の感想は、全然「マーチという自動車の感想」にはなっていない。 だけども、だ。商品というのは消費者の購入意欲をかきたてないと売れないわけで。そして偽りなく僕は「なんかイヤなものを見ちゃったな」と感じてしまったわけで。
 せっかく市場に投入するニュー・モデル、「ワクワクさせてよ」とねだりたくなってしまうのだ。
Posted at 2010/09/27 02:52:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日本の車 | 日記
2010年09月01日 イイね!

しなるマツダ

しなるマツダ自前の写真がないのでとりあえず「大気」コンセプトの写真で茶を濁すが、マツダは9月1日に、次世代のデザイン・テーマを盛り込んだスタイリング・スタディの「靭(しなり)」を発表した。のだが、この字を「しなり」とは読まないよなぁ……。ついでに言うとテーマに冠した「魂動(こどう)」も、語感としては納得だけど、そういう読ませ方はまた随分と“独創的”だなぁ。ま、それはそれとして。

 いつものAutoblogに多数の写真が掲載されていて、みれば最近流行の(?)4ドアの大型クーペの形をしているわけだが、これは別に次期RX-8のスタディと言うわけじゃないはずだ。
 肝要なのは「靭」がどんなカタチをしているかと言うことではなくて、むしろworldcarfansのほうに掲載されているコンセプト・スケッチで、デザイナーが「何をテーマにしているか」だろう。そうすると、これからマツダがやろうとしているのはフェンダーやウエスト・ラインに鋭い稜線を持ってきて、そこに連なるなだらかな面に陰影を落とし込む手法のように見えてくる。

 んでもって、そのテーマ性がはっきり表現されてるのがこの絵(リンク先参照)なんじゃないかなー、なんて思う。で、そのスケッチを見て真っ先に思ったのだが、この手法って現行型アテンザで佐藤洋一チーフ・デザイナーがやったことの、発展形なんじゃなかろうか。スタディで提示されたデザイン・テーマが今後商品化される個別のモデルに、どういった形で具体的に落とし込まれてくるのか興味深く思っている。

 ところで「魂動(こどう)」デザインのモチーフとなっている「生物が見せる一瞬の動きの強さ、美しさや緊張感」とやら。これって、90年代の「響きのデザイン」の頃のマツダ車ボディーの曲面の表現だとか、もっと遡るとサバンナ(RX-7になる前のやつ)でも採用していたことを思い出した。名前をつけるかどうかは別にして、マツダにとっては伝統的なデザイン上のテーマだと言うことなんだろう。

 ところで余談ながら、そのマツダのベテラン・デザイナーの一人がかつて「自然な曲面(曲線)」について言っていたことをふと思い出した。いわく、マツダは曲面を出すにあたって動物の筋肉の動きを参考にした有機的で力感のあるラインを考える。ところが某他社(固有名詞は書かないが、世界的業界最大手の日本メーカー)のデザイナーは水風船を膨らませたときのラインを「自然なライン」という。あんな緊張感のないダランとした線を持ってきて「自然界の曲線」みたいなことを言うのは、デザイナーとしていかがなものか、と。
Posted at 2010/09/15 18:01:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本の車 | 日記
2010年07月28日 イイね!

久しぶりのステルビオ

久しぶりのステルビオJR目黒駅前あたりを走るとき、毎度ちょっと楽しみにしているのがオーテック・ザガートのステルビオに、もしかしたら行き会えるかなーということだ。ひょんなことからこのステルビオの「根城」がJR目黒駅からそれほど遠くないところにあることを知ったのだけれども、そういう“生息状況”ゆえに近辺では時たま走行中のステルビオに出会う。

 ここしばらくは見かけなかったのだけれども、この日は久しぶりにバッタリ遭遇。しかも僕もあちらも赤信号で停止してお見合い状態という、シャッター・チャンスとしても中々好適な条件になった。
 93年式のユーノス500を今もって普段使いしている僕が言うのもナンだけど、物持ちが良いなあというか大事にして乗ってるんだなあと、ちょっと感じ入ってしまった。
Posted at 2010/08/18 20:33:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本の車 | 日記
2010年04月09日 イイね!

ほったらかしの埋め合わせ:4月9日 横浜の日産本社ギャラリー見物

ほったらかしの埋め合わせ:4月9日 横浜の日産本社ギャラリー見物すっかり放りっぱなしにしてしまっていたのを遅ればせながら埋め合わせようと思う。
4月9日はシフト上の休日だった。遠くに出かけるほどの気力も欲求もないけれど、家でごろごろ転がっているのもツマランと思い、ふらりと横浜にある日産グローバル本社のギャラリーを見物に行った。
日産の本社が銀座から移転して以来、初めての訪問だ。

 近年、東急が横浜の旧みなとみらい地区まで乗り入れたので、電車で行くのがマァ楽と言えば楽なのかもしれないが、そこは僕のこと。自宅から電車の駅まで歩くのが億劫で、結局車で出かけることにした。ただ、銀座にあったときもそうなのだけれども、日産ギャラリーには物見遊山の客のためには駐車場を用意していない。

 所在地が横浜の繁華街である以上、民営の時間貸し駐車場も安くないだろうなぁ……などと思いつつ、地図を眺めると都合のいい商業施設が近傍にあることが分った。帰りに何か、それなりの値段のものを買えば駐車料金はタダ同然だな、と皮算用した。

 ともあれ「グローバル本社」のギャラリーである。
車を停めた商業施設の駐車場からトコトコ歩いて向かうと、入り口の前は車寄せになっていて、そこになぜだか三菱のi-MiEV(アイ・ミーブ)が停まっていた。なんでだろうと首をひねったが、そこには給電スタンドが一台すえつけられていたのだった。なるほど、このビルは実験的インフラ整備に一枚噛んでいると言う訳か。



 と、ちょっと感心したりしたのだが、ギャラリーに足を踏み入れた途端「……なにやってんだ、日産」という気分にさせられた。他メーカーの車のために充電場所を供給するのは結構だが、肝心の自分の御店の商材をきちんと宣伝しないで何とするか。
 この秋から市場に投入すると言う電気自動車のリーフが、その現物が展示されていないのだ。あるのは高校の文化祭あたりでほぼ無人の教室にぽつねんと置かれた「研究成果の展示」みたいなパネルと模型だけ。



 まったく……。僕としてはリーフなんぞに興味があるわけでは全然ないのだけれど、モノを作って売る企業の宣伝戦略として、これはあまりにもお粗末なんじゃないだろうか。せめて、動力系はなくてもインテリアとアクセサリー類だけは機能するようにした原寸大モックアップなりを置いて、専門の宣伝要員を置いて商品と技術と取り組みとをアピールするのが普通なんじゃなかろうか。やる気、あるのかよホントに。「エコ・カー分野にも頑張ります」ってふりだけしてるんじゃないのか?と言いたくなってしまう。

 ま、それはそれとして。
流石グローバル本社を名乗るだけのことはあると変に感心したのが、定番の初代シルビアなんかだけではなく、日本には導入してない北米専売のセントラだのローグなんぞも展示してあること。
 展示スペースは流石に広く、初見となるスカイライン・クロスオーバーも屋外展示スペースに飾られていた。しかしどんな客層が買うこと想定してるんだろ?トヨタのハリアーとは商品カテゴリが違う感じだし。

 ……というようなことをつらつら考えながら見物を終えて、帰る前に買い物をしておかないと駐車場代金がかかってしまうんだよな、なにを買おうかな、などと考えながらギャラリーを後にした。
例によって例のごとくフォトギャラリーに少々画像など掲載した。
Posted at 2010/05/27 12:26:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本の車 | 日記

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.