• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2006年02月28日 イイね!

10万キロへの秒読み

10万キロへの秒読み基本的には屋根なし2号車と半々の使い方をしているユーノス500だけれども、先週の終わりあたりからちょっと仕事のストレス発散目的で、そういう使い方により相応しい2号車ばかりに乗ってしまっていた。なので、きょうは5日ぶりのユーノス500だ。

 ついでにこの日記も、車の話を書くのは5日ぶりくらいだ。まったく――ホントなら車のことばっかりお気楽に考えてたいのに……。

 ともあれ運転席に座って累計の距離計を見ると、もうあと150キロ弱で大台に達するところまで数字が伸びている。通勤だけにしか使わないと仮定すると、あと2週間弱…いや、交互に乗っているから1ヶ月弱だろうか。どちらにしても、この年度のうちに10万キロに到達する。

 いま500の話を書くと、ちょっと感傷的な傾向になるのは、やはりごく最近にむしゅ氏と和尚さんが相次いでこの車とサヨナラし、kahan氏の500もいよいよ来週には次なるオーナーの手にわたるというタイミングだということも理由だろう。

 それはそれとして5日ぶりにこっちに乗ると「くつろぐなぁ~」と感じる一方で「……鈍いな」との印象も、もはや誤魔化しようがない。
 もとより4発エンジンの2リッター軽快車と比べること自体がマチガイなのだけれども、6本あるシリンダー1本あたりの燃焼室容積では1300ccの4発車と変わらないユーノス500は、やはり出足がよくない(その代わり上まで気持ちよく伸びる)。
 それに、今となってはハッキリ容量不足のブレーキは、意識して早めに減速しないと間に合わなくなる。ただまあ、これはもう一台併有してしまっているための感想なんだろうとは自己分析している。

 ただ僕は、この緩くて鈍い感じも悪くないと思っている。俊敏に軽快に駆け回りたい時には、もう一台のほうを連れ出せばいいのだから。

 先日むしゅ氏には、500に乗っているときともう一台を運転しているときとで僕の顔付きが違うと指摘されてしまった(多分、そうなのだと思う)が、ハッキリと「運転自体が目的です」って車が来たおかげで、500のほうではゴリゴリ運転しなくなった。全然じゃあないけど、比較的。
 何しろ、もう一台と比べれば明らかに無理できないのだから。やっぱり無理するのは、無理すること自体が楽しい車じゃないと。

 こうしてみると、新車で購入してから15年、10万キロの手前になって僕のユーノス500は、ようやくメーカーの企画意図通りに使われるようになったのかもしれない。
Posted at 2006/02/28 13:56:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | ユーノス500関係 | 日記
2006年02月27日 イイね!

雪の2月26日

雪の2月26日今年2006年の2月26日、東京の空は雨模様だった。
風邪気味なのか体調が少しおかしく、ひがなトロトロと眠いので外出は控え、徒然に「70年前の東京は雪だったのだなあ」などと考えをめぐらせた。

 今から70年前。1936年の2月26日、雪景色の東京では昭和維新の旗印のもと「皇道派」の青年将校らが決起、齋藤実内相、高橋是清蔵相ほか8名を殺害するクーデターを起こした。世に言う二・二六事件だ。
 日本が軍国主義化を強めていく中でのマイル・ストーンのように語られるこの事件だけれども、僕はそういう教科書的な定義とは少し違った受け止めをしている。それは「なぜ」に力点を置きたいからだ。

 原因を述べる際に、右にしろ左にしろイデオロギー的な色彩を除去することは困難なのだろうけれども、発生に至るまでの政治力学をあえて度外視すれば、ひとことで言って「当時の日本がうまくいっていなかった」ことに尽きるだろう。

 農村の疲弊、政党政治の腐敗、軍上層部の腐敗、などなど社会矛盾の拡大が原動力であった由、用語集などには記されている。
 平たく今風に言えば都市部と地方の格差、政業の癒着、官僚のやりたい放題のことであり、言い回しさえ変えてしまえば「なーんだ、今の時代状況とまるっきり同じじゃん」ということになる。

 「格差は悪いことではない」という考え方は、だから危ないのだ。一握りの成功者が、平均から飛びぬけた果実を手にすること(つまり上方偏差)の肯定と同じ地平で「格差」を語ってはいけない。「格差」には下方偏差が含まれるからだ。
 巧いことできなかった奴は損な役回りに甘んじて当然、だとする。その時点はそれでいいかもしれない。だが、それが累積したら?その結果、成功者とそれ以外の格差は一方的に拡大するしかないのだとしたら?
 「小さな政府」「自己責任」論は、この格差の補正を最初から放棄しているのだから、アダム・スミスの神の見えざる手の帰結同様に栄えているところはさらに栄え、落ち目のところは零落するより他なくなる。

 「資本主義の原理は弱肉強食なのだから当たり前」「そうでなければ国際競争力はつかない」と、竹中平蔵氏やその賛同者は口々に言うだろう。
 だが「経済のスリム化は人心のスラム化」とも言う。昔ながらの表現では「恒産なくして恒心なし」だ。働き口がない、稼ぎがない、などなどは社会不安と直結する。治安の悪化と直結する。
 下手すれば生活費欲しさの置き引き・引ったくり・かっぱらいが常態化することだってありうる。こっちで支出を渋った結果、あっちでコストの増大を招くことになりかねないわけだ。そんな社会が「豊かで文化的」なのだろうか。我が日本と胸を張って誇れる国の姿なのだろうか。

 「格差が悪い」というのは、成功者を嫉むとか能力ある人の足を引っ張るというような話では、まったくない。全然別の事柄だ。
こんな粗雑な詭弁を弄する輩が進めようとする「改革」など、危なっかしくてとてもじゃないが乗れたものではない。

 70年前のむかし「上手くいってない日本」を立て直そうとした人たちはクーデターに打って出た。彼らにその後の青写真があったとはいわない。クーデターを肯定するつもりもない。
 だが、おかしいことをおかしいと感じ、徒党を組んで行動に移したという一点についてだけは、ある意味僕は今の時代よりも健全だったと評価しうるのではないかと思っている。

 今日は2月27日。70年前、東京は戒厳令下にあった。
Posted at 2006/02/27 18:06:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | ふと思ったこと | 日記
2006年02月25日 イイね!

レクサスの見られないDVD

レクサスの見られないDVD25日の土曜日は休日出勤。
事前の申請をしていないので時間外にカウントされないが、まぁ前の週にちょっとばかりのんびりし過ぎた自分が悪いので、これはやむをえないところだ。

 で、仕事しに会社に行くのにどうかとは思ったのだけれども、年末からこっちディーラーで貰った宣材のDVDを2枚持っていくことにした。気分転換用だ。

 会社のPC端末はネットにつながるから、今こうしているように「気分転換」を電脳世界遊弋で過ごすこともできる。けれどもインターネットという奴は、下手をすると仕事の時間よりも気分転換の時間のほうが長くなりかねない。
 商品宣伝用のDVDくらいが、長さ的にも丁度いいだろうと考えたわけだ。

 まずはアルファ・ロメオ159のDVD。総尺6分半程度。
モーター・ショウの会場で見たときよりもディーラーの店頭で見たときのほうが、そしてディーラーの展示車を見たときよりも走っている姿を映像で見たほうが、数段よく見える。欲しいとまでは思わないけど。

 ついでレクサスISのDVD。
PCのドライブにセットしてみたら…「地域コードが合ってません」のエラー・メッセージが出て再生できない。
 コードを2に切り替えてくださいと、親切にガイダンスまで自動表示されたので、日本国内向けなのになんでじゃと思いながら指示に従った。

 このとき初めて知ったのだけれども、最近のDVD再生機は回数限定(会社の端末では6回)でリージョン・コード(地域コード)の切り替えができるようになっているのだ。ちょっと前までは完全にNGだったのだから随分とユーザー・フレンドリーになったものだ。

 が。またもエラー。「管理者権限でアクセスしてください」と来たもんだ。そりゃま、そうか。でも僕は、日替わりで変更される管理者権限のパスワードを知らされていない。知っているのは管理者のIDだけ。
 いや、所管部署に問い合わせれば、その日のパスワードを教えてもらえないこともないのだけれども、今日は土曜日。会社はお休みの日。所管部署も当然人がいないわけで、どうしようもないのだった。仕方ないのでお仕事に没頭しましたよ。

 帰り道、目黒通りと山手通りの交差点手前で真っ黒なランボルギーニ・カウンタックに遭遇。元スーパーカー少年は胸を高鳴らせて(笑)持ち合わせたデジカメのシャッターを切ったのだが、いかんせん、ダラダラ微速前進を続けるような状態では、ブレまくってまともに写ってなどいないのだった。
Posted at 2006/02/28 17:04:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 身の回りの出来事 | 日記
2006年02月24日 イイね!

辞めるとか辞めるのやめたとか……

辞めるとか辞めるのやめたとか…… 僕が少年期を過ごした西宮あたりの言い回しに『嬉しがり』というものがある。略して『嬉し』。動詞では『嬉しがる』。悪口だ。
 いわく説明が難しいのだが、敢えて言うと『TPOを弁えず、周囲からは顰蹙を買っているのにひとりでいい気になってはしゃぎ回ってる馬鹿者』と表現すれば近いだろうか。
 ここ数日の民主党の永田代議士をはじめ前原代表や野田国対委員長を見ていて思うのは「お前ら『嬉しがり』やろ」だ。

 僕は、永田代議士が嬉々として予算委員会に持ち出した「怪文書」はそもそも、ポスト小泉を巡る自民党内の人事構想(抗争?)に関連して作成された『党内向けの飛び道具』だと推測している。

 既に「我が弟です!」でミソをつけてる武部幹事長の次のポストについて、周辺に悪い心象を蔓延させることでさらに足を引っ張りたいと考える勢力、または武部幹事長自身が応援する次期総裁候補にネガティブなイメージを付与したいと考えるグループが作ったのだと思っている。

 所詮「怪文書」だから、最初から事実性の裏づけなんかは必要ない。「もしかしたら、そういうことがあったかもなー」「こう言うウワサが流されるような人物はちょっとなぁ」「武部さんに付いてったら一緒に泥かぶることになるかもなあ…」、そんな心象形成だけできれば目的を達成したことになる。
 もしくは人事交渉の場で「君ィ、こんな文書が出回ってるんだけどね?困るんだよ。やはり君には重要ポストは任せられないねェ」みたいな使い方をする。
 あの「怪文書」は、本来はそういう使途で作成されたのだろうと想像している。

 だから永田代議士が予算委質問に持ち出したとき、武部氏本人はこのメールの存在を知らなかったし、他方で武部氏以外の自民党内の有力議員は「とっくにこんなメールは持っている」状況だったのではないだろうか。
 ところが折角作った怪文書だけれども、案外できばえが悪くて自民党内ではすぐに「怪文書」としての効果がなくなっちゃった。そこで二次利用とばかりに真贋を見破る目が未熟な永田代議士のところに持ち込んだ……。

 また恒常的に国会取材をしている新聞やテレビの記者は、仲良くしている自民党有力議員の事務所や秘書から「こんな怪文書が出回っててね~(笑)」という具合に、既にその存在を知っていた。
 で、読んで見たはいいけども「コリャ駄ぁ目だ、モノにならん」と判断したので、ほったらかしにした。そんな絵図が浮かぶ。

 永田代議士にネタを持ち込んだのはフリーのジャーナリストだそうだけども、「フリーのジャーナリスト」とひとことで言ってもピンキリだ。
 硬派で真っ当で悪魔のような取材力を持つ人もいれば、黒とか黄とかの色名が冠に付くような人、ただの業界ゴロ、特定勢力の太鼓もちまで様々だ。

 そういう、背後関係の確認からはじめなくちゃならないルートで持ち込まれたネタが「内部告発」だなんて、チャンチャラおかしい。
 今朝のニュースなんかを見ていると、前原代表だけはまだ突っ張り通すような台詞を口にしているが、僕の主観でいえば彼の表情は、粗悪商品と知りながら客に売りつけようとする悪徳セールスマンの顔だ。
 薄笑いの顔からは、誠実さや真剣さのかけらも見つけることが出来ない。

 「小泉政権を側面支援するには、こんな方法もあったんだなぁ」などと皮肉っぽく思うけども、それじゃあ困るわけで、とにかく一日も早く民主党はこの醜聞の始末をつけて、本来国会で論じられるべき政治問題に取り組んでもらいたいと願う。

 現時点で一番の軟着陸コースは1.永田代議士が議員辞職する。2.野田国対委員長も国対委員長職を下りる。3.前原代表は「然るべき時期に然るべき責任を取る」と表明して過労のために入院、後事は「代表代行」を置いて任せる……ではないかと、僕は思うんだけど。

 この3人が無責任にも恋々として地位にとどまっていたら、与党(の失政)を追及するにも追及できない。国政の場というのは、『嬉しがり』がパフォーマンスするための舞台じゃあないのだ。
Posted at 2006/02/24 12:36:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 事件・事故 | 日記
2006年02月23日 イイね!

やっぱりスジが悪かった

やっぱりスジが悪かった先日も記した「ホリエもんマネーが自民党幹部スジに流れたメール」が眉唾物だと言う話の続き。

 昨日の党首討論でも、永田代議士の尻馬に乗った前原・民主党代表は、事前に大見得切ったくせにショボショボの「言いがかり」めいた屁理屈を申し訳程度に触れることしかできなかった。

 みっともねえなあと思っていたら、今朝になって、この怪文書を国会のオモテの場に持ち出しちゃった張本人が親しい議員に泣きながら責任とって辞任すると電話したなんてニュースが流れた。呆れ果てて開いた口が塞がらん。
 しかも、議員辞職の会見を午前11時から始めるつもりだったがコトが執行部の責任に関わるところまで大きくなってるためすぐに認めるわけにも行かず、予定をキャンセルさせたのだとか。あーらららら、お恥ずかしいったらありゃしない。

 報道によると、永田代議士が衆院予算委であの質問を行うと言うことは、民主党の中でも前原代表と野田国対委員長しか知らなかった由。党の予算委の理事にも知らされてなかったと言うんだから、なんだそりゃ、だ。党の組織が組織として機能してない。
 隣でニュースを見ていた上司は「子供の学級会だな」と笑い飛ばしたが、まったく同感。ホント、政治のレベルも地に落ちたもんだ。

 なんだか僕も怪文書を作ってみたくなってきたぞ。
「今回の騒動は民主党つぶしを狙った、官邸サイドと前原のできレース」とか。
 いわゆる4点セットで窮地に立たされた小泉内閣に、今国会で民主党が引導を渡すのを阻止するために、民主党がわざと大失態を演じると言う密約が交わされていたとかってのがいいかもしれない。

 何しろ前原の政策目標は、そもそも小泉・竹中ラインよりももっと極端な「アメリカ型競争経済」を日本に持ち込むことだ。民主党が政権政党にならなくても、政治目標を達成するには現政権がやりたい放題やってくれたほうが都合がいい。

 そこで、総理秘書官なんかと赤坂かどっかの料亭で密会して4点セットで追及する説得力が根こそぎ無くなるような大失態をわざと民主党が演じるって密約が交わされましたってスジガキはどうだろう。
 党の機関をちゃんと通すと、政治経験の豊富な議員から待ったをかけられて困るから、党首と国対委員長と、代表質問をやる永田代議士の3人だけでネタを共有、最終的に袋叩きに会う予定の可哀想な永田クンには官邸機密費から慰労金として3000万円が渡るようにしますとか。おーおー、いかにもありそうだ(笑)。

 まあ、永田町界隈ではきっと、こんな感じの与太話はとっくに語られてるんだろうと想像するけども、この手の怪文書系の噂話ってのは怪文書として使うから意味があるんであって、そんなもんを真に受けて国政の表舞台に持ち出すなんてことが、そもそも大間違いなのだろう。

 この醜態の帰結がどうなるにしても、BSE、ライブドア、耐震強度偽装問題、防衛施設庁談合の4点セットは通常、時の政権に(場合によっては致命傷となるほどの)大きなインパクトを与えるほどのレベルの政治問題なんだから、こんな与太話で有耶無耶にされたらたまんねぇなーと、外野で僕は思うのだった。
Posted at 2006/02/23 12:39:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 事件・事故 | 日記

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.