• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2010年06月21日 イイね!

株式会社カーグラフィック!?

株式会社カーグラフィック!?本屋を覗くと、自動車雑誌のコーナーに新しいCG(カーグラフィック)誌が平積みされていた。結構唐突に二玄社の手を離れ、悪くすると次の号は書店に並ばないかもしれないなーなどと無責任にも思っていたので、ちゃんと発行されていて一安心である。
毎月1日発行の雑誌の話を、月も下旬になった今頃になって今更……とは思うけども、しばらく本屋にいっていなかったんだから仕方がない。

 見つけた新しいCGで真っ先に見たのが奥付だ。“新体制”っていうが母体はどうなってんのよ?と言うことが一番の疑問点だったからだ。
 そこを見て、一瞬「あれ?元の体制で発行した最後の号かな、これは?」と思ってしまったのは相も変わらず『二玄社』の文字が記されていたから。

 しかし積み上げられている部数が多すぎる。パラリパラリとページをめくり、下野康史のコラムが掲載されていないことを確認し、さらに編集長の巻頭言に「今号から新体制」などというフレーズがあるのを見つけて、ようやくヤレヤレ新刊だと得心した。

 そこで改めて奥付に戻ると、二玄社は発売元で、発行元は……株式会社カーグラフィック?!なんだそりゃ。もう一度ページを繰って編集長の巻頭言を読む。それでようやく納得した。CGの組織を二玄社は切り捨て(分社化ではない。資本関係はないと明言されている)、種々の権利関係も含むCG誌の資産を新会社が、恐らく一切合財相続したのだ。これまでのロゴを継続使用していたり、二玄社で既刊のムックの広告が引き続き掲載されていることからの推測だけれども。
 引き続き二玄社が『発売元』なのは、書店コードの取得など流通面での便宜に関わる事情なのだろう、多分。

 CGがこれまでに蓄積してきた資料や記事が死蔵されたり散逸することになったら、産業方面からはともかくとして文化方面からは日本の自動車業界にとって大きな損失になったと思われるわけで、とにもかくにもその財産が相続されてよかった。

しかし、この新会社、いつまで持つんだろうなぁ……
Posted at 2010/06/21 12:47:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 芸能・文化 | 日記
2010年06月20日 イイね!

ジャガーというより……

ジャガーというより……ビール祭りでにぎわう六本木ヒルズの片隅で、新体制になったジャガーのニュー・モデル、XJの展示会をやっていた。海外メディアが公表した公式写真を見た折には「え~?!これがジャガー??」と思ったものである。ひとことで言って、写真を見た時点でノー・サンキュー。完全に興味の埒外。せいぜいあっても「ヒドいもの見たさ」の悪趣味な興味だけだ。

 ところが、二玄社が手を引いて次号からどーなっちゃうんだろうと心配なCG誌で、下野康史が降板前最後のコラムに新型XJの現物を見ての感想を書いていて、これがまた(ことスタイリングに限れば)手放しの大絶賛なのだ。僕は下野氏の感覚には共感する部分が多々あるので「下野康史がここまで褒め称えるクルマとはどんな按配なのであろうか」と俄然興味がわいてきたのだった。

 下野氏はコラムで、ジャガーの看板をかけたまんまでドラスティックな路線転換をやってのけた英断も含めて新型XJを絶賛していたわけであるが、僕の正直な感想は「ジャガーって名前じゃなければねー」。写真を見たときにも思ったんだけれども、これはジャガーというよりは昔の(それも相当昔の)ローバーだ。

 ただ「ジャガーかくあるべし」みたいな思い入れとか先入観なしに見れば、これはこれで立派に高級車であることは間違いない。



一体どう操作したらいいのか一見さんにはサッパリな変速装置のようにやりすぎじゃないの?と思うような部分はあるし、



ヘッドライト・アセンブリーの輪郭がどことなくBMWを髣髴とさせるものだったりとか、まぁそういう部分はあるけども、全体としては好感した。
 特に気に入ったのは、歴代のジャガーで僕が嫌いだった「ボディの造形に対してアンバランスに大きすぎるホイール」が、上手くボディとバランスしていたことだ。でもこれ、やっぱり「ジャガー」じゃあないよなあ……。

 それはそれとして、大英帝国ブランドのジャガーが、かつて英国の植民地だったインドの資本に支えられた会社だというのは歴史の皮肉と言うべきかもしれない。

例によってフォトギャラリーに少々。
Posted at 2010/06/21 02:06:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 海外の車 | 日記
2010年06月11日 イイね!

菅直人の所信表明

菅直人の所信表明手短に。

 市民活動家上がりといっても、どっかの残りカス政党の壊れたレコード的教条主義党首とは随分違う。かつて社民連時代、まだ残りカスだけにはなっていなかった社会党の若手議員たちとつるんで「シリウス」なんて勉強会(実質、党中党みたいなもんだったが)を立ち上げたリアリストの面目躍如といった趣だ。

 まぁ言うてはナンだが、8ヵ月前に首班指名を受けたのが、坊ちゃん育ちの夢想家、ロマンチスト(理想主義者とは似て非なる)ではなくこのイライラ男であったならば良かったのにな、と思わされた。胸に友愛の理想を抱くのは結構、だが事を為すにおいてはシビアなリアリストとして振舞ってもらわなければ、成ることも成らないのである。

 まして、政治家の身でありながら自己完結的に思いを語るだけ語って、それを理解してもらえなかったなど……それは傲慢というものだ。政治家は言葉を生業とするもの、発する言葉によってミスリードを生じさせちゃあマズいのである。(個人的には、鳩山前総理の種々の発言の「変転」には、周囲の「解釈」が当人の発語の趣旨を正しく受け止めていなかったことに起因するものも少なからずあると思っている)

 余談。政治記者をやってる友人から、就任後の総理ぶら下がり取材の記者とのやり取りの一端を教えてもらって思った。「イラ菅って、ちょっと橋龍に似てる」。
 頭がキレて優秀のは結構なのだが、質問者が彼の発言の意図を汲まない(または意図から外れたり曲解したり揚げ足取りをしようとした)事を聞くと、その瞬間に忍耐袋の緒が切れてしまうらしいところが。短気な宰相ってのも……大丈夫なのかなあ。
Posted at 2010/06/13 02:47:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふと思ったこと | 日記

プロフィール

「生存確認(苦笑) http://cvw.jp/b/9433/43557811/
何シテル?   12/20 11:49
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.