• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MaybeWinのブログ一覧

2014年02月01日 イイね!

Fスタビリンク交換

2週間半前、妻と次男が待つ病院に行く為に久しぶりにアコードワゴンに乗った時に左足回りからギシギシと異音が出ているのに気付きました。

高速道路を走行中は道路脇の壁(遮音壁?)に反射されて結構な音で車体の振動に合わせて“ギシギシ・・・”と。

「これは車高調のロアシートかアッパーマウントとバネの引っ掛かりで出てるのかな?」と思って帰宅後すぐにストラットを外し、アッパーマウントを外し、ゴムを入れ替え、捻じれを取って、シリコングリースまで吹いてみましたがやはり未だ完全にはギシギシが収まりません。8割方収まった感じです。

子供達の事で車弄っている余裕が無かったので、その時はしばらく放置していたのですが、数日経ってもう一度タイヤを外して足回り全体をジックリ確認すると、なんとスタビリンクの一部(カップ状の部分)が破損してスタビとロアアームとの結合が切れ掛かっていました。
カップが中途半端に外れた状態だったので、完全に離して走ってみるとギシギシ音が消えました。
(でもそんなので、外れた方の足回りからギシギシと音がする??)

まあどっちにしても直した方が良さそうなので、ヤフオクを物色しました。

CMアコードワゴンではスタビリンクのみの出品物は見当たらず、仕方ないのでCL7~9のセダンで検索すると一点だけCL7ユーロR用を発見!

「ユーロR用だもん、おそらくデフォルトの車高も低めだろうから、スタビリンクも短いのかも・・・これに決めた!」という事で、落札額2千円以内、送料込でも3千円以内で入手しました。

さて、物が届いてしばらく放置していましたが、一昨日の夜中にいつものように深夜作業で修理しました。

破損しているのに気付いた日に左右両方のリンクの取り外しがナット外しだけで簡単にできるかを確認したら、全てのボルト&ナットが錆で固着中でした(^^;)

という事で4か所全てをグラインダーで切断して外しました。
夜中の0時過ぎにオレンジの火の粉をたくさん出しながら作業する私っていったい・・・(^^;)

とても狭い場所にある部品を直径10cm以上の切断用歯のついた普通のグラインダーで切るのはかなり面倒でした。おかげで0時半から始めて作業終了は2時頃・・・(TT)


さて、取り外したCM3用スタビリンクとCL7ユーロR用のスタビリンクを並べてみると・・・



あれ・・・・ユーロR用の方が長いんですけど・・・
慌てて探して決めたので調査不足でした(><)
ユーロRだから短いなんて言えないし、何よりもスタビライザーそのものも違う可能性が高いですし。
いつものようにブランドに負けた私・・・

まあ長くても付いていないよりはマシと思ってとりあえず装着しました(^^;)
まあ今は雪と凍結路面なので大きなロールを発生させるような走りをする機会は無いのでいずれCM3用か他の短い物に交換します。





破損していた左側のスタビライザー結合部分はこんな感じに破損していました。



リアのリンクを交換した時にも感じましたが、スタビリンクって結構モロい構造なのかもしれないですね。

半月ほど前に総走行距離194,000㎞に達した我がCM3君。



これから先、徐々に劣化、破損する箇所が出てくると思いますが、一つずつ坦々と交換しながら乗り続けていきます。





2時過ぎにアコードワゴンの作業が終わった後、立て続けにステップワゴン君のフロントのトー調整を始めて、ちょっと気合入り過ぎて2時間近くもやったおバカな私でした。片道約10kmの試走だけで5回程・・・。
全ての作業終了して家に入ったのは朝の4時過ぎ・・・。
うちの奥さんは悠馬を授乳しているところでした(^^;)
Posted at 2014/02/01 15:22:48 | コメント(7) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2013年11月14日 イイね!

ドア交換

前々回の記事で少しお話しましたが、
先々週末にちょっとした不注意で助手席側のサイドステップとフロントドアを損傷させてしまいました。
車を動かし始めた際に早くハンドルを切り過ぎて高さ20cmくらいの花壇の角に引っ掛けてしまい、その角で思い切り斜め前側方からサイドステップとドア下部を押した形となり、サイドステップは前半分が外れて落ちかかり、フロントドアは下部のプレスラインから下を前後方向に20cmほど思い切り歪に凹ませてしまいました(TT)
これまで板金が必要なボディの損傷は与えたことが無かっただけに当初は大きなショックを受けていたのですが、いつもの事ながら嫌な事は早く忘れてしまいたい私の性格上、どうせ受けた試練は楽しんでみようという事で、生まれて初めてのパテ盛り補修をすることにしました。
やるなら早くと思ったのですが、なんとその日の夜から翌日に掛けて雨が降った為、結局開始したのは受傷翌日の夜、雨が上がってからになりました。
深夜2時過ぎくらいまで掛けて何度もパテ盛りと乾燥、研磨、再パテ盛り、乾燥、研磨を延べ約5時間くらい繰り返しました。
既に寒くなってきていたので乾燥を早める為にセラミックヒーターを家の中から持ってきて使いました。







いつものように夜中にバカみたいに(笑)頑張った甲斐あって、朝起きて最終研磨をしたらパテ補修完了というところまでいったのですが、塗装をしようと思ってもその日のお昼前から我が家では法事が予定されていた為、休日として残されたたった一日のしかも法事の時間以外の日中3~4時間で塗装まで終わらせねばなりませんでした。

しかし、塗装もほぼ初心者と言って良い私ですから、事前に勉強した上で始めたけれどもその場に応じた臨機応変な対応は難しく、“上手く補修部分の色合いをボカす為には出来るだけ広い範囲で塗った方が良い”という情報に振り回されているうちに気付いてみればどんどん塗装範囲が広がって、フロントドアの7割以上を塗ってしまう超おバカな事態に・・・・。
ちょっと離れて見たらそこそこ目立たないくらいになったように見えた事もあって、時間に追われた私はそんな状態でウレタンクリアまで塗ってしまいました(><)
(人間、大事な事をする際、時間に追われるような状況は出来るだけ避けなければならないと痛感)

という事で、結果的には何だか中途半端で良く見れば色合いの違いがはっきり分かっちゃうような状態になってしまい・・・・

残念ながら、うちの奥さんにもみんカラの皆さんにも
「すごいっしょ~!」「えらいっしょ~!!」「さすがでしょう!!」と言える結果にはなりませんでした(TT)








なんだか失敗で少し落ち込んだ状態でデザミス色のドアを探してみたら、なんとヤフオクで一つだけ出てるじゃないですか!!
でも、この出品者は私が以前にボンネットとフェンダーに関して北海道までの送料を質問したら無回答のままのお店でした。
ですので不安あったものの、今回ばなりは藁をもすがる想いで助手席側フロントドアの商品ページで前回と同じく「北海道のどこそこまでの送料はいくらになりますでしょうか?」と質問してみました。
商品ページには“送料無料、ただし北海道・沖縄はお問い合わせください」とはっきり書いてあるので、それに従って質問したのに翌日まで回答は来ず、不安になってウォッチリストに入れておいたリストから商品ページを確認しようとしたらリストから消えていました。(TT)

さて、生まれつきのストーカー体質を持った私はなんと、この業者さんが同じ商品を自動車中古パーツ検索仲介サイトのrecoパーツにも情報を出しているのを知っていたので(^^;)、そこを探してみるとなんとヤフオクから出品が取り消された商品がそのまま載っていました。
普通、この段階でどんなに欲しくてもこの業者さんと取引をしようとは思わないと思うのですが、なんせ“藁をもすがる想い”の私ですから色々な不安や不満をどっかに吹っ飛ばしてこれを購入してしまいました。
今月は金欠の私に快く「買いな」と2万円を出してくれたうちの奥さんに大感謝です。(来月必ず返すからね)

さてさて、こういう状況でしたからブツが手元に届くまではヒヤヒヤものだったのですが、さすがに仲介取りまとめ業者が入っていたのでちゃんと一昨日の昼に我が家に届きました。(届いちゃえばこっちのもんです)





物が揃えばサッサとやっちゃわないと気が済まないので、その日の夜10時過ぎから早速、生まれて初めてのドア交換作業開始です。

さて、ここからはちょっとした整備手帳風に・・・(^^;)


まずはドアミラーを外す為にも内装パネル(正式にはドア・ライニング?)を外します。
いつだったか忘れましたが、以前にアクチュエーター交換した際にもご紹介しましたが、もう一度やり方を書きます。

①ドアミラー内側のカバーを下部左右を均等に引っ張って外す


②ドアノブの奥のカバーを外してボルト2本を外す


③ウィンドウスイッチのカバーを前方の隙間から内張剥しなどを使って持ち上げて、割らないように慎重に外す(特に後ろ側の細い部分が割れないように十分な注意が必要!)


④ウィンドウスイッチ用の配線を外す(青色コネクタ)


⑤その後ろにある持ち手用の凹み(?)に敷いてあるゴムシートを剥してボルト1本を外す


⑥ハンドル部分の銀色のパネルを取って(割らないように慎重に)、上下のボルト2本を外す


⑦以上終わったら、ライニングを下の方から手前方向に引っ張って剥していく

⑧剥し終わったら、ライニング全体を少し上に持ち上げて上部の引っ掛かりを外して手前に引く

⑨内側ノブに接続されるワイヤーを2か所の留め箇所から外す



⑩最後に下部に繋がっているカーテシライトの電球配線を外してライニングを完全に取り外します。



次にドアミラーの取り外しです。

ライニングを外す際、一番最初に外したカバーの内側に3つの同じ径のナットがありますので、これを全て取り外します。
配線が一つドアに繋がっていますので、これも外します。


外からドアミラーを上下、前後均等に外していきます。
この際、ゴム製(?)のインナーも一緒に外れます。




では続いて、ドアの取り外しです。

まずはボディからドアへの配線を取り外します。
グローブボックスを手前に倒すと左前に見えるコネクタ2つを外します。




更にこの配線がボディ側に入る部分のグロメットを外しておきます。



ドアとボディの切り離しに入ります。
ドアは画像にあるように上下2か所のヒンジとストッパーの3か所でボディに接続されています。








まずは真ん中のストッパーのボディ側ボルトを外します。

ボルトが外れたら、外れたストッパーをドア内部に押し込んでおくと外した後にどこかにぶつけて損傷したりするのを防止できるかもしれません。押し込む際はかなり力が必要なのでボディ側の末端とボディの間に緩衝材(ボロ布など)を挟み込んでドアを少しずつ締めていくとあまり無理をせずに可能です。

続いて上下2つのヒンジを固定しているドア側のボルト2本ずつを徐々に緩めて外します。ボルトを抜き取るのは下側ヒンジのボルトからが良いと思います。

ここで最大の注意点ですが、このボルト4本を全て抜き去るとドアが完全にフリーになります。という事は、支えていないとドアが倒れてしまうのです。
ですので、二人で作業出来る場合は一方がボルトを外す役、もう一方はドアが落ちないように支える役になります。私のように一人で作業する場合はなんとかドアが自分のコントロール出来ない方向に動かないように固定する必要があります。
私は写真のように自分とは逆側のドア外側は義妹のゼストから外した夏タイヤの山を、下側はドア傷つけ防止のボロ布を受け部分に挟んだ油圧ジャッキで支えました。


支える準備が整ったら、ゆっくりとヒンジの4本のボルトを一旦全て緩めて最後は下側のヒンジボルトから順番に抜き取っていきます。
ドアが自分の方向にも倒れないように慎重に・・・


取り外し完了!








さて今度は新しいドアを取り付けですが、取り外しと全く逆順でOKです。



ヒンジとストッパーのボディへの固定およびドアからボディ内への配線引き込みとグロメットの確実な嵌め込みが終わったら試しにドアを締めてみます。

取り付け後の状態ですが、
それまで使っていたドアで馴染んだボディなので、フロントフェンダーおよびリアドアとの位置関係にズレが出ている可能性があります。(チリが合わない)

今回はフロントフェンダー側はドアが上方で4mmほど下方で3mm内側に入った状態で、リアドア側は2mmほど外側に出た状態でした。
よってフェンダー側は先程固定した4本ボルトを再度緩めて微調整をしました。しかしボディ側のボルトも調整しないと完全には出来ないようで、上下ともに2~3mmは内側に入ったままになってしまいました。
リアドア側はドアのロック部分、ストライカーを奥に少しずらす事でほぼツライチに出来ました。
このストライカー、ネットで得た事前情報通り、かなり固く締まっていたのでインパクトドライバーを使って緩めました。ブレーキローターの固着ボルトを外そうと準備していた道具が初めて役に立ちました。

このチリ合わせがドア交換などボディパーツで一番面倒な作業のようです。


という事で一旦、内装(ライニング)も取り付けて夜中の作業は完了しました。





ここで0時半頃(気温マイナス2~3℃?)
正味2時間ちょっとの作業でした。
作業中、ボディにどんどんと霜が降りて来てました(^^;)

翌朝は社休日だったので、もう一度内装を外してスピーカーの移植をして全てのドア交換作業を完了させました。







スピーカーバッフルボードを外す為に横倒しにした旧ドアを見てる次女・・・


「なにこれ~~~~~~」って感じです(^^)



この日は午後から風邪気味で鼻水垂れまくりの三女、その他長男、長女、次女を引き連れて家族全員で耳鼻科に行ってきました。
季節の変わり目で寒さや暖房による乾燥など体調を崩しやすいので、しっかり風邪予防をしなくちゃいけませんね。



以上、CM型アコードワゴンの助手席側フロントドア交換作業記録でした(^^)

*追記・・・CL7,8,9も一緒でした(^^;)
       そういえば事前に予習した教科書はセダンのサービスマニュアルでした(笑)
Posted at 2013/11/14 17:44:50 | コメント(6) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2013年09月23日 イイね!

思い切って穴開けた(笑)

なんだか慌ただしく過ごしているうちに夏は終わり、
朝晩は寒ささえ感じるようになってきたここ北海道・・・・。

景色も鮮やかな緑色から秋を思わせる黄金色が見られるようになってきました。



“空高く、馬肥ゆる秋”とは良く言ったもので、
確かにここ2週間ほどで空は高く淡く抜けてきている感じです。
浮かぶ雲も夏の大きい積乱雲から、薄く広がった雲たちへ・・・。
仕事帰りに見る夕焼けも鮮やかな色合いを見せてくれるようになってきました。






さて先週末、
6~7年前まで本当にお世話になったかつての家庭教師先のお母様から電話があり、私が帯広に居た時に譲ったワンコを連れて来て見せて下さるというご連絡を頂きました。
帯広にはかれこれ8年程住んでいたのですが、当時一人暮らしの寂しさから実家で飼っていたのと同じバーニーズマウンテンドッグの子犬を手に入れて共に暮らし始めました。
その当時、家庭教師に行かせて頂いていたご近所のお宅にも、生徒の楽しみになるかと思ってそのワンコを連れて行っていたのですが、思った以上に生徒とお父様、お母様に懐いて私以上に可愛がって下さるようになり、私と一緒に生活するよりも満たされた人生(犬生)が送れるかなと思って1歳過ぎ頃に完全にお譲りする事になりました。
その子が今年で11歳になったとの事で、バーニーズの寿命が大体12年程度しかない事もあり、未だに私の事を覚えてくれているらしいその子“ルーク”と私を再会させて下さる事を提案頂きました。

2002年のまだ私の下に来て間もない小さい子犬だった頃のルーク・・・



そんなルークが昨日(日曜日)に会いに来てくれました。

当然、大人になって体重30kgを越えるバーニーズらしい風格になっているルーク。
実際に数年ぶりに会ってみるとやはり顔に白髪が増え、動きもゆったりとなってきていました。
写真を撮ろうかと思いましたが、私自身の寂しさが募るかもしれないと思い、本当に申し訳ないのですが心の中に記憶として留めるだけにしました。
都合がつけば、そして都合が合えばまた1年、2年の間に会えるかもしれませんが、もう二度と会えないかもしれません。

同じバーニーズという犬種が実家にも居ましたが、体も大きい存在ゆえ弱った時、そして居なくなった時の喪失感は想像以上に大きいものでした。
実家に居た子は“エスパー”と言う名でお公家さんの眉毛のような目の上の毛色だったので通称“まゆ”もしくは“まろ”
彼が居たから今の私がいます。獣医師になろうと思ったのも彼が家に来たから。母親を一人残して九州から北海道に渡って来れたのも彼が守ってくれるだろうと信じたから。
そして何よりも彼が実家にやってきて私が北海道にやってこなければ、うちの奥さんと出会う事も無かったでしょうし、4人の我が子(来年には5人)の父親になる事もありませんでした。
私の人生で最初に飼った犬“エスパー”は人生で忘れる事の無い存在です。
短い限られた一生、でもそれなりに長い10年ほどを心を通じ合って一緒に過ごすからこそ、犬は共に暮らす人間に大きな影響を与える力も大きいのかなと思います。

ルークとの出会いと生活は短かったですが、彼のおかげで今回のように、そしてこれまでも、家庭教師として通っていた私にずっと良くして下さる有難いご家庭に恵まれたとも言えるかもしれません。(決してルークが居たからだけでは無いですが)

久しぶりに会ったルークにとっても私にとってもかけがえの無い一時を過ごせたと信じています。






さて、タイトルにありますように、思い切って穴を開けちゃいました。

この手の事はしないつもりでいたのですが、かなり擦り傷も増えてきましたし、いずれ交換しなければならないので、まあ試しに遊んでみるかなという軽い気持ちであるDIYを・・・(^^;)



ここに2か所、「思い切って」穴を開け・・・・



買ってきたパーツを差し込み・・・



配線の向きを一応考えてみたりして・・・



コーキングして色つきアルミテープで傷口を覆ってしまって・・・



夕方になったら・・・







完全に夜になったら・・・






まあまあ思ってた感じにはなりましたが、いつものように大雑把な思いつき仕事なので仕上がりは適当です(笑)
一応、短い期間で壊れたら嫌なので高いけどホームセンターで売ってる“エーモン”のLED(白)を使いました。
片側2個ずつ、計4個。
でもちょっと明るさが足りない気もするので、もう一個ずつ増やしても良いかなと思ったり・・・。

な~んて遊び弄りはこれくらいにして、来月はブレーキローター、パッド、ローターの奥のダストカバー?を交換しなくちゃいけません。最低限リアをやってしまわないとそろそろヤバそうです。
来週までには軽トラに載せっぱなしのK24Aもエンジンスタンドに載せ替えないと・・・。
既に10月になろうかというのに、暖かいうちにやろう(やらねば)と思ってた事がほとんど出来ていません(><)
Posted at 2013/09/23 12:09:32 | コメント(10) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2013年08月20日 イイね!

純正品追加

久しぶりにアコードワゴンCM3ネタです。

先月、ヤフオクを何気なく見ていたら面白そうな純正品を見つけました。

ワゴンのパーツでは無くセダン(CL7)のパーツなので興味はあったものの、最初はスルー。

しかし先月初めに見つけた時に660円という超低価格の開始価格だったのが、2週間ちょっと経ったら未だ誰にも落札されていないどころか価格が550円まで下がっていました。

「これはちょっと冒険しても良いかな?」という気分になったので、ネット上のCL7のエンジンルーム内写真をたくさん確認。

その結果、なんだか使えそうな予感(^^)

ダメ元で550円の入札をしたら、それまで誰も落札しなかった不人気商品という事で数日後のオークション終了時に無事に(?)落札出来ました。


商品の到着は先月下旬だったのですが、今更ながら装着写真と感想をご報告します。

まずは下の写真を見て何が追加(交換)されたかお分かりになりますでしょうか??
純正品なので色合いも形状も超地味なので、難しいかも・・・(^^;)



ヒントはカーブなどでの安定感が増すかもしれないパーツ?(^^;)

エンジンの後ろ側??

ストラット上部を繋いでる??




ということで、アコードCL7(セダン)用純正フロントタワーバーでした。

ヤフオクで見つけた550円の品。





ワゴンというかうちのCM3、24Eはストラット上部とバルクヘッド側を左右別々に繋ぐ短い物は付いていたのですが、CL7ユーロRというとスポーツ仕様のグレードですし、それに純正で付いてる物を使用すれば「我が家のオンボロCM3君でも走りが変わるかも?」と思ってホントに冒険して入手しました。

装着する際、ワイヤー、エアコンパイプを固定する部分などが一致しなかった為、問題無いと思われる部分はタワーバーの所定の位置に固定せず、無難な箇所で別に固定したりしましたが、それ以外ではさすがに純正品だけあってまるで最初から付いていたかのような自然な仕上がりになりました(^^)

さて、装着後の感想ですが・・・・

やはりまるっきり走りが変りました(^^)
うちの奥さんも分かるくらいに安定感が上がりました。
特にカーブと高速道での安定感が抜群です!
車高調も今はクスコの全長式に替えてリアのダンパーが減衰調整できるようになっているのと相まって、車高を落とす前の購入当初のような安定感に思えます。
先月、タペットクリアランスを再調整して吹け上がりが全く変わってこれまでで一番気持ち良いエンジン状態になっているので、現在のCM3君は購入後一番気持ち良い状態に仕上がっています。
6千回転まで一気に吹け上がって加速し、高速道では速度が増すほどに安定する感覚はホントに毎日気持ち良いです(^^)


CL7ユーロR用の純正タワーバー・・・・なかなかのお薦め品でした。
Posted at 2013/08/20 12:45:19 | コメント(9) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記
2013年05月07日 イイね!

一応、スワップ?完了

今年の大型連休は5月4、5日と2日続きのお休みだったので、
ついでに6日も有給休暇を頂いて3連休にしました。

残念ながら気温が低く、曇り空が続いて外で遊んだりするにはちょっと厳しい条件だったので、子供たちとは桜が咲き始めた頃にでも外遊びに連れて行こうと思います。

*予定では6日月曜日が晴れる予報との事だったので、近場の温泉にあるアスレチックに遊びに行こうと思ってたんですが、予報が大きく変わり一日中雨になってしまいました。



月曜に遊びに行くつもりで急遽、金曜日から先延ばしにしていたエンジン載せ替えを実施しました。
アコードワゴンにオデッセイのエンジンを載せるので、同じK24A型エンジンですが一応、俗に言うスワッピングという事で良いんですよね?

金曜に大急ぎで作った準備物一覧と工程表・・・









マニュアルを見ずに作ったのですが、年末にやった経験がまだ少しは生きているらしく(笑)、前回の事を思い出しながらとりあえず最後まで流れを書き連ねる事が出来ました。

書きながら、あのマイナスの世界の寒い夜空での寂しい独り作業を思い出しました(^^;)



さて、今回の目標はこの工程表で概算した約7~8時間の延べ作業時間でした。
まずは金曜の夜、会社から帰って子供たちを寝かせてから道具の準備から開始です。

22時半頃から23時過ぎまでに工具を揃え、ジャッキやクレーンの作動確認、車の下に挟み込むタイヤを数本持ってくるなど下準備を行い、いざ作業開始・・・・

前回と同じく、とにかく時間を掛けたく無かったので、写真は撮り忘れてしまいました(><)

ハーネス、ホース類の取り外しなどほぼ工程表通りに進め、深夜(早朝?)3時前にはエンジンを地面に置いた古タイヤの上に載せて一旦終了!

一度家に入ってうちの奥さんに「ねえねえ、エンジン降ろしたよ、見に来ない?」と言いましたが、眠そうだったので結局そのまま私も一緒に寝ちゃいました。

翌朝、ちょっと油断して9時くらいに起きだして、長男にもエンジンを降ろしたのを見せてやろうと思って外に引っ張り出しました。

薄曇りで少し暖かい午前中だったので、長男~次女の3人が外に出てきて遊び始める中、次なる補機類移植を始めました。






降ろしたエンジンをもう一度クレーンで吊り上げ、軽トラの上に載せて作業開始です。

前日まで使った走行距離179,000km越えのエンジン・・・











ホース類を外した際に漏れたクーラントなどで思いっきり汚れちゃいましたが、とにかく頑張ってくれました。音が大きくガサツになってきてたのを除けば、走りに関しては絶好調なエンジンだったと思いますが、大きく不具合が出る前に取り外してオーバーホールの素材にします。



エンジンが一時的に無くなったCM3君・・・・












よくエンジン載せ替えの時に皆さんがやってるというこんなこともやって遊んでみました(^^;)



まあ自動車のエンジンルームに入った事のある子供って少ないと思うので、貴重な経験になったかと・・・(笑)

*ちゃんと安全は確認していますので、ご心配なく・・・



で、補機類を順次移植していったのですが、予定していた物以外が2点ほど増えました。

まずはエキゾーストパイプですが、じっくりとCM3用、RB2用を比較するとフロントパイプとの接続位置が若干異なりました。フロントパイプのジャバラ部分の融通性で接続できない事も無いと思いますが、念のために移植しました。

あと、ミッションに残したATトルクコンバーターと接続するドライブプレートを以前、クランクプーリーを外す際の支点にしようとして歪めてしまっていました。なんとか目視では歪みが無いくらいに修正しておいたのですが、回転を大きなパワーで伝える重要な部分なので、これも交換する事に。




移植中も早く進めたくて写真を撮れていませんが、無事に3時間ほどで終了。

クレーンにぶら下げるチェーンをRB2用エンジンに付け替えて再度吊り上げ開始。






着物を剥されてしまったような丸裸のCM3君のエンジンが少し寂しくその横で佇んでました・・・



と、軽トラに載せて補機類移植、クレーンで吊り下げまでに約3時間。
昨夜から既に延べ6時間経過・・・
時間も15時過ぎてきて、目標達成が少し怪しくなってきました。

ちょっと家の中で子供たちと遊んでオヤツを食べて休憩し、1時間後くらいに作業再開。

肝心の搭載中ですが、一人で作業して位置合わせに必死なので写真はまったくありません(^^;)
今回も前回と同じく、まずはミッションとの嵌合に手間取りこれに約30分くらい、さらにミッションとエンジンの結合が終わり、前、後ろ、右サイドとエンジンマウントを順次固定していくのに手間取ってこれまた30分くらいかかってしまいました。

少し暗くなってきて本格的に慌てながらラジエーター、吸気系、ハーネス、ホース類、その他諸々を装着してなんとか完成!!

前回の載せ替えチャレンジで問題となったクランクプーリー直径の違いによるVベルト不一致は事前にCL7用クランクプーリーに交換し、CL7用ベルトを準備しておいたおかげで無事に嵌って規定値内に収める事に成功!






夕ご飯を食べ終わっていつものように子供たちを寝かせていつものように22時頃からクーラント、エンジンオイルの補給をし、最後の関門のエンジン始動・・・・


キュッキュッキュッキュブオ~~~~ン!


ということで、無事に何のストレスも無く普通にエンジンが掛かりました(^^)
これでRB2オデッセイエンジンは補機類を入れ替えればCM型アコードワゴンに載せ替え可能な事が証明されました。

思ってたよりも少し音が大きかった(タペット音?)ですが、前日まで使ってたエンジンよりは静かな回転音・・・

暖まってくるとカタカタ音もほとんど消え、確実に静かになってます。

「では、さっそく試乗!」

とはいかず、まずはクーラントのエア抜きを完了させます。
念入りにやったので、これだけで30分以上。
やっと0時前に家の裏の道路を2~3km往復して確認しました。

その結果・・・・

なんだか加速感が良さげ・・・

良い気持ちになって家で待ってたうちの奥さんを乗せて10kmほど先のセブンイレブンまで夜中の買い出しに出発!

8割くらい高速道路だったので色々と確認すると、これまた良い感じ(^^)

駐車中の振動も大幅改善。
特にACオフの時は振動を全く感じません。

やって良かったエンジン載せ替え。

これが今回の75,000㎞ほど使った中古じゃなくてリビルトエンジンだったらどれくらい効果があるのかとても興味があります。
その好奇心を起爆剤にこれから1~2年かけて降ろしたエンジンのオーバーホールをやって勉強したいと思います。
それと並行してエンジンルームや車体底部などの錆対策もやってボディがダメにならないようにしなくては。。。

再始動までの延べ作業時間は目標としてた7時間程度を少し上回って10時間ちょっと掛かってしまいましたが、ほぼ24時間で再始動出来たのはまあまあと思って良いですよね?


素人のエンジン載せ替えとしては大成功!と言いたいところですが、中古エンジンを載せた為に思ってたよりも音は古臭さを醸し出していましたので、翌日曜日の朝、バルブクリアランスの調整をしました。



初めて剥いだヘッドの裏は思ったよりもキレイ。







とりあえずインテークは0.22mmに



エキゾーストは0.26mmに合わせました。



が、ちょっと狭すぎたのか、調整前よりも吹け上がりがほんの少し気持ち良くなくなったかも・・・
じっくり調整して良いポイントを探そうと思います。



<今回の載せ替えデータ>

載せ替え前エンジン:CM3用 179,025㎞
載せ替え後エンジン:RB2用 約75,000㎞

移植補機類(エンジン直接接続のみ):インマニ&スロットル、エキゾーストパイプ&遮熱板、オルタネータ、ACコンプレッサー、アイドラプーリー、ベルトテンショナー、ドライブプレート、クランクプーリー(CL7用)、EGRバルブASSY、ウォーターパッセージ(ウォーターポンプ・サーモ含む)、スターターモーター 

エンジン&ミッションマウント未交換



これからしばらくはジックリと状態を確認しながら使っていこうと思います。




おまけに・・・昨日は届いたばかりの15.6インチフリップダウンモニターをエルグランド君に装着しました。これで子供たちもまた大画面でアニメを観ながら移動できます。

Posted at 2013/05/07 18:02:51 | コメント(22) | トラックバック(0) | アコードワゴン | 日記

プロフィール

「震度6・・・! http://cvw.jp/b/950065/41962615/
何シテル?   09/19 02:37
北海道在住のMaybeWinです。自動車と馬、写真、そしてママと子供達が大好きな6児のパパです(^^)どうぞ、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

バンシュウノタビ ~ナショナルスタヂアム イチョウナミキ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/30 11:52:31
一日防除でした・・・(^^; 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/17 08:00:46
絶景かな絶景かな… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/18 15:27:28

愛車一覧

ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
平成22年12月に125,000km越の車輌を購入しました。 所有中のエルグランドの燃費 ...
メルセデス・ベンツ Vクラス メルセデス・ベンツ Vクラス
入手年月日2017年2月1日 入手価格ヤフオク約9万円(リサイクル料込)。 215000 ...
日産 セレナ 日産 セレナ
家族車で2回目のC25セレナです。 やはりこの型のセレナに戻ってきました。 小さい子がシ ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
2013年12月に約85,000㎞走行の中古車で購入。 ヤフオクにて17万円で落札。 機 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.