• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

森川オサムのブログ一覧

2018年08月11日 イイね!

チンクで恥ずかしい出来事

一昨日、ウチのチンクのエアコンの効きの話を書きました。

そして昨日午後に走り出したら、外気温度計が!


alt


39℃を示していました。でもこの時の実際の気温は33℃くらいだったと思います。クルマの外気温度計は、センサーがアンダーボンネットの先端あたりにあることが多いようで、炎天下に停めてあると暑い空気が滞留してかなり高い数字を示すことが多いですね。走り始めると外気が入ってくるので、実際に近くなります。でも昨日のチンクは15分くらい走ってもまだ39℃でした。

もちろんダイアル駆使して、エアコンを弱いながらも最良の状態にして凌ぎました。


ところで、先月暑いなかチンクをいちどディーラーの工場に持ち込みました。


alt


行ってみたら、以前は1Fがフィアット(とアルファ)で2Fが世界一広いアバルトのショウルームになっていたのがリニューアルされてしまってました。

上の画像でもわかりますが、立派なアルファの独立したトーテムが。で、ショウルームは1Fがアルファ専用になり、2Fはフィアットとアバルト共用に。FCAジャパンがアルファにチカラを入れ始めたのがわかります。セダンのジュリアが出て、SUVステルヴィオが出てラインナップになりましたから。しかもフィアットより利潤が大きいでしょうからね。


で、そのときステルヴィオをよく見てたら、フュエルフィラーにごく小さなエクボを発見。


alt


軽井沢での試乗会の時には気がつきませんでした。フィラーを開くには「ここ押して」のようです。他のモデルでは見たことないエクボでした。


話をチンクに戻すと、工場へ行ったのは「ウィンドウォッシャーがまた出ない。」と家人から報告を受けたため。

以前にトラブルがあったウィンドウォッシャー。「あーまただな。」と、いちおうウォッシャー液が入ってるのを確かめて工場へ運んだわけです。


alt


すぐに診てくれました。

すると、「ウォッシャー液入れたら出ましたよ。」だって。あれれっ? そんなバカな。

で、わかりました。私がチェックしたウォッシャー液はヘッドライトウォッシャー用でした! 以前のトラブルがあったので、もう気がそちらへいってたんですね、きっと。あーお恥ずかしい。


恥ずかしいので、ひとつだけ言い訳しときましょう!

チンクのウォッシャー液タンクってこんななんです。


alt


私が間違えてチェックした、右に飛び出してる注入口(赤矢印)はヘッドライトウォッシャー液用。で、ウィンドウォッシャー液用注入口は左の下に隠れているやつ(緑矢印)なんでした。これ、うっかり赤のほう見ちゃいません?

はい、ごめんなさい。私が悪かったです。


てなわけで、ウチのチンクは猛暑の下、トラブルも無く(?)元気に働いています。

まもなく11,000km。いちばん最近の給油時の燃費は9.4km/ℓです。


Posted at 2018/08/11 14:58:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 500 | クルマ
2018年08月09日 イイね!

チンクのエアコン

そのオートモビル・カウンシルで幕張までの往復に使ったのはウチの娘用の Abarth 500。


猛暑日の炎天下の駐車場に停めておかなくてはならないので、娘が使っているサンシェイドを、ウィンドシールドの内側に立てておきました。


alt


よく見ずらいのですが、STAR WARS のなにかの宇宙船の操縦席の柄です。ルークやチューバッカーや誰それが並んで座っています。娘が自分で買ってきた唯一のクルマ用品です。


チンクのエアコンは、はっきり言って効き目弱し。弱いというか、高くなった室温を一気に下げるときの、業界用語で言うところの”プルダウン・スピード”が遅いです。オンしてから、時間がかかりますが、室温が下がってしまえば、あとはなんとかいけるレベル。ちなみにウチのチンクはM/Tなので、エアコンはオートではなくマニュアル。しょっちゅうダイアルを回して、ファンスピード変えたり、室内循環にしたり、吹き出し口変えたりしながら、なんとか我慢できる室温に調整続けながら走ってます。


メーカーにいたときに経験したのは、クルマを開発するときにはまず性能の目標値が設定されること。そのなかにはもちろん走ることに関してのものをはじめいろいろ数多くあるのですが、エアコンの性能項目もいくつか含まれていて、そのなかにプルダウン・スピードなるものがありました。いわく「何℃から何℃まで下げるのに何分」というものでした。(実際は華氏Fで書かれてましたけど) で、これがクルマによって変えられています。一言で言ってしまえば、高級車の場合は短く、安いクルマは長い。最初から差をつけているんです。開発時点で。もちろん、この性能によってエアコンのコストが違うからです。同じモデルでもグレードによって差をつけている場合もあったと記憶しています。

なので、簡単に冷えそうな小さなクルマがダメだったりするんですね。製造コストには厳しい世界ですから。


いずれにしても猛暑はキライです。でも8月末くらいまで、もうしょっと我慢ですね。


Posted at 2018/08/09 13:54:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | 500 | クルマ
2018年02月12日 イイね!

ABARTH 500が10000

ウチのチンク、昨年8月に車検終了のあと、暫くニュースがありませんでした。トラブルも無く働いていたということです。


久しぶりのニュースは、今日のことです。


昨晩、20mほど動かしたときにふと気がつきました。メーターが9並びでした。そして今日、渋谷へ向かう娘の運転で家を出発し、大通りへ出たところで、みごと(?)10,000kmになりました。


alt


新車でウチにきてから3年と6か月で、ようやく10,000kmです。遅い。

もっと走らせなきゃ。


娘が降りてからは私が家まで回送。

タイアが少し減ってきたせいか、初めから悪い乗り心地がさらにちょっと悪くなってきたかな、という感じです。どうも角が目立ってきたというか。

タイア交換の際には、少し柔らかいのを選んでみようと思います。

Posted at 2018/02/12 17:25:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 500 | クルマ
2017年08月06日 イイね!

ABARTH 500 車検終わり

6月の最後にバッテリーが突然死したウチのチンク。
すぐバッテリーは交換しましたが、1週間後には車検の1か月前に入ったので、早めに入庫させました。

3年間でオドメーターは8,300km。
総燃費は9.82km/ℓ。

修理箇所はドライバーシートの、リクライニングではなく後席への乗り込み時にシートバックを前へ倒すのができなくなっていたこと。シートバック横にあるレバーを引いても反応せず、ガシャガシャやっていたらレバー自体も破損してしまっていたのです。

で、1週間弱で車検完了し、引き取りに行って帰ってきたら・・・
全ドアロックしてある状態で、リモコンでアンロックしたら、ドアは問題無いんですが、リアゲートがアンロックしません。何回やってもダメ。リモコンにあるリアゲートのスウィッチを押してみたら、これで開きました。
で、開いたのはいいけど、こんどはなかなか閉まらず。ドッシーンと何回か強く閉めたら、ようやく閉まりました。

連絡したら、たぶんリアゲートにスウィッチ不良とのことで、パーツを取り寄せてもらいました。そして数日後工場にUターン。



この作業は30分ほどで終わりましたが、ウチから工場まで往復で2時間近くかかります。

まあ3年間で、バッテリー以外は動かなくなるトラブルは無かったので、イタリアものとしては良しの部類でしょうか。
Posted at 2017/08/06 14:34:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 500 | クルマ
2017年06月30日 イイね!

バッテリーの突然死にご注意

今週の月曜日に、西新宿の高層ビルであった発表会にABARTH 500で行きました。

地下駐車場に1時間ちょい停めて、さて帰ろうとキイを回しても(そう、チンクはいまだにスターターボタンではありません)、ウンともスンとも言いません。例のスターターのリレイのカチッも言いません。

しかたがないのでJAFを呼び(10分で到着!)、ジャンプスタートしてもらいました。
でも、ちょっとしてからいちど止めてみたら、やはりウンともスンとも。アイドリングしていても、ちょっとしたはずみでエンストしちゃいます。エンジンが回っているときは、電圧が上がっているので、これはバッテリーが逝っちゃいましたね。それも完全に。

で、とりあえずジャンプスタートしてもらって、絶対にエンストさせないようにしながら家まで帰りました。マニュアルで良かった!

横浜にあるディーラーに連絡したら、すぐに新品バッテリーを家まで持ってきてくれて、交換してくれました。迅速!



新車から2年と11か月。バッテリーがへたってきた予兆は全く無く、突然のご臨終でした。予兆が無くても2年を過ぎたら交換が正解かもです。

突然死にご注意を。
Posted at 2017/07/01 00:11:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 500 | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「昨日ジュネーヴが今日東京で! http://cvw.jp/b/951168/39425567/
何シテル?   03/08 16:33
学生時代からラリーやレースのモータースポーツにはまり、WRCモンテカルロラリーには1976年から97年までの間に7回遠征しました。 慶應義塾大学工学部卒業...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

森川オサムHP ”Sur le sommet du Col de Turini” 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/21 15:23:34
 

ファン

178 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバースポーツ ランドローバー レンジローバースポーツ
以前に乗っていたレンジローバーの気持ち良さが忘れられず、戻ってきました。現行はあまりにも ...
ポルシェ 993 カレラ ポルシェ 993 カレラ
3台目の911。快調に働いています。
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
プジョー206のあとがま。ワンぐるまとしても活躍。
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMWの広報もやっていたのに、所有するのは初めて。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.