• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

パパンダのブログ一覧

2016年03月03日 イイね!

ジェームズ ボンドが使った車 2010年代

ジェームズ ボンドが使った車 2010年代








2010年代のボンドカー


2016年型 アストンマーチンDB10

映画は「Spectre」

映画自体がその初期の原作からだいぶ外れてしまったので製作者はいくつかの点を試金石としてとどめる必要があった。 それがジェームズ ボンド自身と彼の車としてのアストンマーチンだった。

1963年型 DB5の姿を踏襲せずにその本質を生かすためにアストン マーチンはその古典的な姿を再度蒸留し直した。

巷間ではこのV8 VantageはV8 4.7Lのエンジンから420馬力を生み出し、 時速60マイルまで4.7秒で達し、最高速度は190マイルとされている。  このスピードは映画で悪人に追いつくにはありがたい。

最新のボンドのための古典的で新しいアストンである。



Posted at 2016/03/03 07:08:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 劇用車 | 日記
2016年03月02日 イイね!

ジェームズ ボンドが使った車 2000年代

ジェームズ ボンドが使った車 2000年代







ボンドカーも21世紀に入った。

車は2002年型 アストン マーチン Vanquish (征服)である。

映画では「Die another day」に登場した。

ボンドにはビアーズ ブロズナンが扮し、それまでのショーン コネリーやロジャー ムーアの扮するボンドの時代の終わりが告げられた。

車は新しい世紀の夜明けに相応しくアルミとカーボンファイバーを多用したV12エンジンが作り出す460馬力のパワーと6速MTの完全に今の車であった。

この車がアストン マーチンのニューポートのPagnell工場での最後のモデルになりその工場の終わりでもあった。

ちょうど9・11のようにある時代の終わりで別のものの始まりであった。


Posted at 2016/03/02 07:24:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 劇用車 | 日記
2016年03月01日 イイね!

ジェームズ ボンドが使った車 1990年代

ジェームズ ボンドが使った車 1990年代







ボンドカーの続きで1990年代です。

1999年型 BMWZ8

映画「The World is Not Enough」で使われた。


BMWがZ07のコンセプトカーに基づいて東京オートショーで発表された507に触発された。
東京オートショーでの成功で世界中の人々はミュンヘンからの400馬力の二人乗りのリトラクタブルなコンバーティブルというBMWのコンバーティブルの王道の車を歓迎し、通年の快適なドライブを楽しんだ。

このBMWは一瞬にしてクラシックになり、その後50年間のパーツ供給が約束された。


だが映画での役割はZ8の生産と同じで当時のドットコムブームのように短く過ぎてしまった。



Posted at 2016/03/01 07:08:56 | コメント(5) | トラックバック(0) | 劇用車 | 日記
2016年02月29日 イイね!

ジェームズ ボンドが使った車 1980年代

ジェームズ ボンドが使った車 1980年代







さらに続きます。

1980年代のボンドカーです。

1985 アストンマーチン V8 ヴァンテージ ボランテ

映画「Living Daylights」で使われています。

アストンマーチンは1980年代.まで資金的な危機にあったものの30年かけた経験から1985年にV8 5.3L 370馬力の力強い車を世に出した。 

この車は当時は現代的ではなかったが007映画で使われたことにより世の中の注意を引き歓迎された。


ちょうど80年代のように、それは新しいパッケージに収まったどこか古いものであった。
Posted at 2016/02/29 07:07:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 劇用車 | 日記
2016年02月28日 イイね!

ジェームズ ボンドが使った車 1970年代

ジェームズ ボンドが使った車 1970年代








昨日の続きで1970年代です。


車は1976年型  Lotus Espirit

「私を愛したスパイ」で使われています。


くさび形のスーパーカーの時代に、このくさび形のクーペ〈Italdesignのジョルジェットジュジアーロによりデザインされた〉は、たくさんの同様に形づくられたスポーツカーの先駆者であった。


2.0L ツインカム4気筒が座席の後ろ、後ろ車軸の前に設置されたミッドシップエンジン車だったために不慣れな映画のスタントドライバーたちは苦労したそうである。

奇妙に、セクシーである。
Posted at 2016/02/28 06:56:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | 劇用車 | 日記

プロフィール

「昨日、先日提出した確定申告の通りの額で税の還付の振込案内のハガキが所轄の税務署から来ていました。
何もやましい事もなく決められた通りの申告でしたがそのまま認められて還付の案内が届くと何故かホッとします。(^。^)」
何シテル?   03/23 05:53
パパンダです。 初めて米国の地を踏んだのが37年前。 以後帰国と再渡米を繰り返しつつ、滞米歴が延べ20年を超えていましたが、2012年に赴任を終えて帰国しまし...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Eタイプ慣らし運転の旅 その3 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/03/15 15:00:34
幌スクリーン部交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/15 16:17:08
ダットさんのエキマニに巻き巻き 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/14 09:04:53

愛車一覧

北米日産 ダットサン ロードスター ダットさん (北米日産 ダットサン ロードスター)
1987年に米国で見つけて即購入。 LAから車で4時間のフレズノという街でした。 仕事で ...
トヨタ プロナード トヨタ プロナード
日本の留守宅においてあった足車です。 前列がベンチシートになっていてセダンで6人乗りは当 ...
ジャガー Eタイプ 赤ナマズ君 (ジャガー Eタイプ)
オークションで思わず入札。 落札できてしまいました。 これから大変そうです。 買ってか ...
その他 自転車 その他 自転車
電動アシスト自転車です。 2017年5月26日の発売日の一週間前に予約し、発売の翌日に納 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.