• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぱむっちょのブログ一覧

2018年07月20日 イイね!

高ボッチ山~雲海の美ヶ原で撮ってきた♪

高ボッチ山~雲海の美ヶ原で撮ってきた♪

約1か月振りの独りフォトツーです♪

今回のメインは信州・美ヶ原で雲海と愛車を撮ることです 
実はとある方のブログを拝見してここを知り、自分でも撮ってみたくなりました!!

ちょうど日本列島は異常な猛暑が始まったころ 
そこは標高2,00M近く、さすがに涼しい\(^o^)/

雲海となれば現地入りは早い 
撮影ポイントは前日に決めておかないとね

今回の撮影地は
1日目 松本市から近い高ボッチ高原と雲海の下見に美ヶ原(思い出の丘)
2日目 美ヶ原からビーナスライン通って八島が原湿原、車山肩、陣馬形山

初めての高ボッチ高原へ
ルートは二通りあり、どっちも結構なカーブと上りのコース、樹林帯をひたすら進み辛い
最後に高原がパッと現れる感じ



山頂へアッタック開始! はジョーク、実は駐車場から5分です^^;



すぐ下に諏訪湖、左の方には赤岳を主峰とする八ヶ岳連峰~



富士山も遠くに見えてます♪
運よく見えると嬉しくなっちゃいますわ。
しばらく眺めて休憩タイム。



では今日のもう一つの予定、美ヶ原までドライブ!
松本側から美鈴湖経由のルートです。ここもタイトコーナーが続きキツイ
目指すは思い出の丘、ここも駐車場から頂上まで5,6分ぐらい。
涼しい~~車載の気温は23°!



もう夕方に近いので誰もいません



翌日のためにこの先を終点まで進んでみます



白ボディに黒ソフトトップがお気に入りなんですヨ



美ヶ原スカイラインは環境保護によりビーナスラインと繋がる予定が無くなったんだって!



見通しの良いコーナーは走ってて気持ちよい
ここも気温は23°ぐらい!



放牧されてたー、シーエルケーと一緒にヽ(゚∀゚)ノ



鞍部のようなとこに停め、小高い位置から望遠狙いです



アンテナが見えるのは王ケ頭方面、望遠で引き寄せてみた



スケールのデカさが素晴らしい、道はガラガラ! 走ってよし! 撮ってよし!


思い通りの構図で存分に撮った(^ω^)

雲も多くなってきて、ここでのロケハンは終了


夕食の前に麓にある美人の湯へ向かっているところ、まずは美鈴湖を目指して下ります



さっぱりしてからテキトーな夕食です。

あしたの朝は3時出発と早い

なので道の駅で仮眠
アイマスクを持ってきたが一日目ではそう寝れるものじゃない

予定通りに3時出発、気合いを入れて山道を進めば眠気もすっ飛ぶ

あと1kのところで突然にガスってきた、前が見えない(汗

4時すぎ思い出の丘へ到着~、辺りはまだ真っ暗
かなりガスっててヤバそう

カメラと三脚を準備、頂上へ登って暫く待つが・・・状況変わらず

北アルプスに映えるモルゲンロートは拝めないだろう

標高2,000メートル近いとフリースを着てても寒い、おそらく10°くらいか



すっかり陽は昇り、ガスが切れるのを待つところ



晴れた一瞬を突いて撮ってみたよ



待つ間、野鳥を撮って時間つぶしです^^
カメラ構えようとするだけで逃げられる



お~~、突然にやってきました
雲海に浮かぶ北アルプスだー



一番の目的は車景、さっそく移動です
撮影スポットは前日に調べてあります!



広角に交換、正面、斜め前からと斜面を登ったりと忙しい(笑



美ヶ原自然保護センター前まで行き戻ってきたところ
この辺りは北アルプスは見えないし、前日に撮ってあるのでスルーとした



ズームアップ!
素晴らしい山景だ
雲海に浮かぶ槍ヶ岳、左へ北穂高岳と続く
重なるように手前の雪のない山々は常念岳、蝶ケ岳のはず



ここ数年は山歩きがなく寂しいですがこれでも十分だね



単焦点広角レンズに交換、安いレンズなのに綺麗に写ってくれます
買って半年ですが出番が多いです



200mm望遠で! 400mmを置いてきたのが残念



さてと・・
撮影には満足したので思い出の丘駐車場で昼食とします  
カップ麺、パンの残りとコーヒー  
お腹ペコペコでしたので写真ありません(笑


次の予定はビーナスラインを駆り~



こんな景色を眺めながら、オープン走行が最高に気持ちよい



着いたのは八島ケ原湿原



ニッコウキスゲが咲き誇り、点在する池を取り入れて構図を考えてみる 
暑いのでささっと撮って脱出です



車山肩方面へ向かおうと・・・
しか~し、前方に信じがたい渋滞だぁ(慌 
後ろに付かれる前にUターン



しょうがないので茅野市方面へ下ることにしました 
雲の中には八ヶ岳が隠れてます



ナビに任せ何処をどう走ったのか下道で向かったのは南信州・高遠です 
やっぱ、蕎麦を食べないとね



築100年の古民家で頂くのはコシのある太めの二八蕎麦、玉ねぎとトマトの冷製和風味、お酢の物、漬物がついていた 
お店の方の料理への拘りを感じ、リーズナブルな1,000円とは満足でした 
こっち方面へ来た折にはまた食べたいな^o^



モクモクと夏の雲に思わず止めた(撮影のためにわざわざ車の向きまで変えた(笑))



今回、最後の目的地は陣馬形山です 
伊那谷を見下ろせ素晴らしい眺望を期待しましたが、無料のキャンプ場があるためかメチャ混みでした 



険しい山道を走ってきたが15分程で下山 
また空いてるときを狙って行けたらいいな
しかし混んでました。隣のテントまで2,3メートルとは・・



高ボッチ山頂、思い出の丘山頂、陣馬形山頂はどれもクルマで行ける山頂なんです 

あっという間の二日間でしたね~

思い出の丘では雲海で車景

名の通り、よい思い出となったよ~♪



おしまい^o^




検索用:スーパーカー ポルシェ フェラーリ ランボルギーニ 
 ベンツ BMW アウディ アルファロメオ ロータス カウンタック マセラティ オープンカー カブリオレ スパイダー 
 旧車 サーキットの狼 流し撮り



Posted at 2018/07/20 18:34:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月15日 イイね!

【絶景】 長野県・下栗の里へ

【絶景】 長野県・下栗の里へ先週土曜日の独りフォトツーです。 

翌日曜日は雨模様確実でしたので急に思い立って、それも午後から出掛けてきました。(実際はくもり一時雨) 

行き先は長野県・下栗の里です。日本のチロルといわれるそうです。 
3000m級の高峰が連なる1000m程の斜面に小さな集落 

特設された見晴らし台からはカーブの連続した道路と民家、耕地が美しい。絶景だ。 
こんな斜面に人が生活され、ただびっくりでしたΣ(゚Д゚) 

着いたのが17:30頃でしたので斜面は日陰となってしまい、撮る時間は午前中の方が良く無計画を反省(;´Д`)  
リベンジを図りたいところですが・・ここまでの道のりは結構大変だ(個人的にね) 

では今回のルートは 
中央道・飯田IC ~ 南アルプスエコーラインしらびそ峠 ~ 下栗の里 です。 

まずは中央道を降り、南アルプスエコーラインから経由地のしらびそ峠を目指します。雑な停め方だね(;´∀`)



道幅は狭くヘアピンカーブの連続、高度がグングン上がります。そんな道路が結構長く辛い(汗 
メルセデス3.5リットルエンジンは重い車体を軽く押し上げ頼もしいのだが・・・ 
そんな山道を15kmぐらい走ったかな、しらびそ峠に到着♪ 
標高は1833メートル!




忙しかった運転から開放され、固まった背筋を伸ばしー、南アルプスだぁ~♪ 
やっぱり来てよかったなぁ



雲は多めだけどスカッとする眺め~^^



こんどは背景は同じでも、シーエルケーの向きを変えてと~



また変えて~、これでおわりね(笑



さてと、


お目当ての下栗の里まであと少しだー=3=3



下栗地区目指しスタートして暫く、、木々の並びが美しいスポットが出現 
この時期ですがさすがに17時を過ぎれば陽も傾くのでそのコントラストを意識してみた



広角レンズを使えば近場の木も取り込めて頼もしい



しばし道なりに~


タイトコーナーあり、アップダウンあり~


お~、やっと今日の目的地、天空の里、「下栗の里」遊歩道入口へ到着 
駐車場はここから下へ5分ほど歩いた場所になります



入って直ぐ登山道みたいです。ガレてませんのでスニーカーでも大丈夫、すれ違いは譲り合いで^^




15分くらいで特設見晴らし台へ




お~~!

これか~(驚



すごい~この景色ーー

標高1000メートル前後

ここが下栗の里です!





切り取っては眺め~を繰り返し





すでに18時を過ぎ 
足元が暗くなってきて、もうだれも居らず 
足早に戻ります 



駐車場までの道端で



駐車場へ着いたら測ったように良いタイミング♪




その前に 
今回、山を眺めながらエスプレッソコーヒーを味わいたく 
テーブル、コンロなどを持ち込んでみたよ



10年以上使ってなかったマクラーレン・ガダバウトチェアー 
体をスッポリと包み、安定する、デザインも飽きません



砂糖を少量入れ 
熱いうちにグイッと 
旨い! 

・・・ 

至福のひと時やね

デミタスカップは写真映えを考え、陶器を用意したが・・ 
アウトドアにはやっぱり透明ガラスだね



ところで山の赤焼けですが 
ちょいと残念でした 
西側に雲が多かったと思います(ここからは確認できません)




これで予定終了!





真っ暗になる前に脱出しないと
まだ続く峠道が大変なので(汗




殆ど、だ~れも走ってないR152を急ぎますーー



吸い込まれてます(笑
かなりヒンヤリ~



ナビによると自宅まで高速と下道の時間差は1H弱、
距離の短い売木、香嵐渓経由でペース良く走ってきましたと∠( ゚д゚)/




独りフォトツー
これが結構、写欲は満たされる


では この辺で


おっしまい^^





◆撮影機材
Canon EOS 6D

EF24mm F2.8 IS USM
EF50mm F1.2 USM
EF70-200mm F2.8 USM





検索用:スーパーカー ポルシェ フェラーリ ランボルギーニ 
 ベンツ BMW アウディ アルファロメオ ロータス カウンタック オープンカー カブリオレ スパイダー 
 旧車 サーキットの狼 流し撮り


Posted at 2018/06/15 18:05:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月08日 イイね!

第6回ノリタケの森 クラシックカー・フェスティバルへ

第6回ノリタケの森 クラシックカー・フェスティバルへ梅雨入り前の日曜日、ノリタケの森で開かれたクラシックカー・フェスティバルへ出掛けてきました。
ここは名古屋駅からほど近くの所にあり、世界的に有名なノリタケカンパニーの隣にあります。

敷地内は街中だというのに木々がいっぱいで、なんといっても趣のある赤レンガ建物、芝生がクラシックカーとベストマッチングです。
このような条件ですから写欲も最高!
ドイツ、イギリス、イタリア、日本車など、この日は500コマほど撮影させていただき、丸みを帯びた美しいクラシックカー撮りを堪能いたしました。

10時過ぎに入場、既に大勢の自動車マニア、小さなお子さん連れのファミリーで賑わっていました~

若い人の自動車離れが叫ばれる昨今ですが、オーナーさんの中には子供さんを運転席に座らせたりと、喜ぶ姿が微笑ましかったです。大きくなったら、クルマ好きになってるのかな(^3^)

どの車もピカピカに磨き上げられコンディションは素晴らしく良いので、撮る側としても自己満足とはいえ慎重な構図決めとなりますね♪

では 全車ではありませんがご覧ください^^


1.駅前高層ビルをバックに北口から入場したところです。



2.ポルシェ 356A 1968 ドイツ



3.



4.



5.ポルシェ 356PreA 1953 ドイツ



6.ポルシェ 911 カレラ ドイツ



7.メルセデス・ベンツ 220SE-C 1960 ドイツ



8.



9.メルセデス・ベンツ 220S 1958 ドイツ

前週にトヨタ博物館開催のクラシックカー・フェスティバルに展示のものと同じ個体です。

10.



11.



12.メルセデスベンツ 230SL ドイツ



13.



14.



15.メルセデスベンツ 230SL 1965 ドイツ



16.



17.



18.クラシックカーではないアストンマーチン



19.パンサー J72 1976 イギリス



20.



21.



22.



23.アルファロメオ GT1300GTジュニア 1970 イタリア



24.ルノー R8 1964 フランス



25.アルファロメオ GT1300ジュニア 1968 イタリア



26.

煉瓦の建物と緑に赤いボディは映えます。

27.トライアンフ イタリア 1962 イタリア

フロントフェンダー先端からリアまでの直線的なデザイン、ルーフからCピラーと曲面リアウィンドウの美しさにウットリ…


28.



29.トライアンフ TR-4A 1966 イギリス



30.トライアンフ TR-3A 1960 イギリス



31.

滑らかな美しさに溜息。

32.



33.



34.



35.



36.ジャガーEタイプ 1964 イギリス



37.



38.



39.ジャガーEタイプ 1969 イギリス



40.メッサーシュミット KR200 1960 ドイツ



41.BMW イセッタ ブライトン 1962 イギリス



42.



43.トライアンフ TR-4 1965 イギリス



44.



45.モーガン Plus8 1990 イギリス



46.



47.



48.日野ルノー カロッツェリア ワタナベ 1962 日本



49.ホンダ S800クーペ 1966 日本



50.



51.



52.



53.




これからも自動車歴史上の名車として、またオーナーのみならず自動車ファンの宝物として後世に引き継がれていくことと思います~^^

年1回のこのフェスティバル

煉瓦の建物と芝生を絡めれば、どの角度からも絵になります。

また来年もあれば行きたいですね。

撮ったあとの現像もこれまた愉しい。


では この辺で


おしまい~





◆撮影機材
Canon EOS 6D

EF24mm F2.8 IS USM
EF50mm F1.2 USM
EF70-200mm F2.8 USM





検索用:スーパーカー ポルシェ フェラーリ ランボルギーニ 
 ベンツ BMW アウディ アルファロメオ ロータス カウンタック オープンカー カブリオレ スパイダー 
 モーガン トヨタ2000GT 旧車 サーキットの狼 流し撮り



Posted at 2018/06/08 18:14:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月01日 イイね!

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルへ

トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルへ

日曜日に第29回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルが開催されたので出掛けました。

さすがトヨタ博物館主催だけあって、広大なモリコロパーク芝生エリアで150台程の展示です。
展示に先立ち公道パレードも行われ、143台ものクラシックカーが走り抜けました。


ということは・・・それだけの流し撮りが撮れる^^

展示エリアでは殆どの車を撮りましたが、
これだけの台数をすべて載せることは大変ですので、自分好みとか、自分にとって懐かしい車をセレクトしました~

では~ 昭和の元気なクルマたちを懐かしんでください♪

30分前に会場へ着くと、ハンパない数のクラシックカーだ
トヨペット、ナンバープレートの”愛5”にはビックリ、大変貴重ですね。
alt


朝ドラに気づいた方も多いのでは
alt


さっそくですが

初めはスタートゲートを出たところでカメラを構えてみたが、人が多く諦め。

モリコロパーク北駐車場から出るところの流し撮り会場へ移動です^^
人は少なくグッド!
すぐ横で報道陣のカメラも。翌日のNHK総合でやってましたね~
alt


走ってるのが驚きです。それもピッカピカ!
alt


BMWイセッタ カワイイ~と聞こえてきそう
alt


グロリアかな、^^;
alt


S600
alt


フェアレディ
alt



これはシルビア1600
alt



alt


コルベットスティングレー
alt


コスモスポーツ
alt


117クーペ
alt


フェアレディ LH
alt


ベンツ280SL
alt


てんとう虫~
alt


珍しいレザートップセリカ、フロントグリルデザインからGTではなく、STか
この辺りから時代的に自分とドンピシャだ
alt


18R-G搭載のマークⅡGSS
alt


スカイランHT GT-R
alt


今になって初めて見たZ432R、FRPボンネットに鉄チンホイールは標準
若い人には鉄チンはピンとこないかも
alt


ディノ246GTS
alt


TE27レビン
alt


セリカGT
alt


セリカGT
alt



ムスタング・マッハ1、ボンネットがやたらと長ーーい!
alt


サンサンマル・セドリック
alt


トヨタマークⅡHT、実際は4ドアセダンが多かった
alt


スカイライン・ジャパン 排気ガス規制、オイルショックの影響で、この頃はハイパワー車が少ない
alt


ファイアーバード・トランザム V8が「ドロロー」と吠える
alt


ソアラ2.8GT
alt


スカイラインRSターボ(前期型)、後期型は三本グリルから鉄仮面グリルへ
alt


三菱・デボネア、このデザインは長く続いた
alt



パレード走行から芝生展示エリアへ戻ってきたところです。
alt


チョコレート色の塗装は表面の劣化具合からオリジナルか
alt


セリカリフトバックGT
alt


フルタイム4WD アウディクワトロ
alt



通称ヨタハチ
alt


画像修正が残念・・・尾〇遺産が良かった^^
alt


メルセデスが気になります
alt


いすゞベレットGTR、エンジンヘッドカバーは初めて見た、なぜか新鮮
alt


ライトウェイトなオープン2シーターは気になる存在
alt



メルセデス・ベンツ220S
alt


そのレザーシートには幾重もの補修跡。時代を生きてきた証だね
alt


Z432RのS20エンジン、エアークリーナーはファンネルに交換
alt


ハコスカのS20エンジン
alt


BMW M6 当時、この6シリーズは世界一美しいクーペだ
alt


まだまだ、沢山展示されていましたがとても載せきれません~


ただただ昔の記憶が蘇り、昭和のクルマも味があっていいなぁ~と


そりゃ、走行性能、衝突を含めた安全性能など今とは比べれないけど


アナログチックで職人気質なクルマ造りとでもいうか


ボデイサイズも今と比べたら小さめで良いと思うのだが


たた懐かしいだけなのか。。。



ところで、トヨタ2000GTは一台もいなかったですね・・



では この辺で



おしまい~





◆撮影機材
Canon EOS 6D

EF24mm F2.8 IS USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F2.8 USM








検索用:スーパーカー ポルシェ フェラーリ ランボルギーニ 
 ベンツ BMW アウディ アルファロメオ ロータス カウンタック オープンカー カブリオレ スパイダー 
 旧車 サーキットの狼 流し撮り もみじ






Posted at 2018/06/01 06:44:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月26日 イイね!

天空の茶畑、翌週は山中湖~朝霧高原~大渕笹場へ出掛けた☆彡

天空の茶畑、翌週は山中湖~朝霧高原~大渕笹場へ出掛けた☆彡

毎週のように撮影に出掛けちゃっています。まずはマチュピチュのような天空の茶畑と称される岐阜県・揖斐郡にある春日上ヶ流地区です。

駐車場から徒歩で15分位の絶景ポイントへ上がれば山間一面に茶畑が広がり、ミニチュアのような世界が見渡せます♪



初めての撮影地ですが麓の道路から道しるべに従い進むと、地元の方がとても親切に手招きで駐車場へ案内して下さいました。
天空の遊歩道入り口では地図までいただき、有り難かったですね~


こんな高所にお社が建てられており、ここに駐車させていただきました。
日の当たらない木々の中はとても神々しく、強いご神気を感じます。
alt



alt



まずはびっしりと茶畑が広がり、ここを過ぎると樹林帯へ入っていきます。



マイナスイオン浴びながら~^^ 足元に注意して進むと、最後に急登がありますが軽い疲労感が心地良い。
絶景ポイントに着いたー!
しばし景色を眺めてから、撮影開始です♪
alt



折角登りましたがあまり時間がありませんので10分程で下ることに。



車景となると、どこも道幅に余裕は無く、このように限られた場所のみです。
alt






実は別件でこちら方面のとあるギャラリーへ出掛け、天気もまあまあ、そのついでなのでした。
また機会を作って行ってみたいです。


帰りに安八の鰻老舗店へ寄っておしまい






◆次は富士山とシエルケーが続きます~


目茶苦茶天気の良かった月曜日です。

富士山を絡めて~山中湖~精進湖~朝霧高原~田貫湖~大渕笹場へ出掛けました。

前日に箱根ツーリングへ往時のみ参加させていただき、その後に寄ったのでした。



山中湖を眼下に富士山が思いっきり見渡せる峠です。
とにかく素晴らしい眺めの一言!
alt


遠くには中央アルプスでしょうか、方向的にそうだと思いますが。
道路端の空きスペースは車2台分程、平日ですので空いていてラッキーづくめでした。
alt


今度は車の向きを変えて~レンズも換え~の、忙しいです(・∀・)ノ
alt


徐々に下ります、何処で停めても画になる素晴らしいロケーション。
alt


車は殆ど来ず、撮りホーダイです(嬉
alt


トイレのある駐車場へ到着、駐車位置は車景には良いポジションだ。ここからも素晴らしい眺め、天気の良い休日には満杯確実です。
alt


まさに絶景、来てよかった♪
alt


かなり予定時間をオーバーでしたが次へ向かいます。


フルオープンで湖畔をのんびり走行で至福のドライブ


ずっとハンドルを握っていたい気分


見晴らし駐車場へ
はしゃぐグループ、自撮りの人、アツアツの人などみんな楽しそうだ~
alt


快晴の富士山と愛車 
当然ですが東側は雪解けは遅く、富士山らしい姿だ
alt


絵に描いたような風景は子供のころ見た、銭湯のタイル絵を思い出す(笑
alt



次の目的地は精進湖

ここで大失態をやらかした

ナビの行き先選択を間違えた。スマホのヤ〇ーナビに行き先を登録してあったのですが別を選んでしまい、初めての道路でもあり気がついた時には18kmも過ぎてしまい愕然とした~
大きなロスですが戻ることに・・・トホホ


右足に頑張ってもらい精進湖のほとりへ、ちょっと力抜けてますわ(笑
alt


この景色を眺めていれば間違えたストレスも何処へやらです^^
alt


水面近くまで寄れますので、デッコボコの中、なんとか到達
alt


バックをボカし、主体はシーエルケーで。
alt



夕方には帰宅したいので、かなりハースケ状態です(汗



田貫湖へ向かう途中にある朝霧高原付近です。
休憩がてら撮ったようなものです。
alt


今度は富士山と放牧で癒し狙い(笑
牛はカメラを向けても全く気にしないようです。
alt


シーエルケーも牛と一緒に撮ってやらないと^^v
alt


走ること15分くらいでしょうか、田貫湖です。ここは逆さ富士とダイヤモンド富士で多くのカメラマン(最近は女子多いけど)が訪れますね。今回は下見を兼ねてますが、次回のダイヤモンドは8月、行けるかどうか。。。
alt


西側は雪がかなり無くなっています、やっぱり雪は欲しいよね!
alt


この辺りは芝生いっぱいで、人は寝っ転がったり、絵を描いたりで居心地のよいエリアでした。
alt

ここで白糸の滝へ予定していましたが時間切れ、アウト~・・・

三脚も用意、滝を超スローシャッターで撮りたかったなぁ(涙

富士が見える茶畑の大渕笹場へ

段々状に美しく葉っぱが色づいてます。

午後2時を過ぎ、雲も出てきました、終了は近い。
alt


対向車が無いことを祈り、サクサクッと撮ります。

小屋に目がいってしまいますが・・・良い雰囲気になったと思っています。
alt


ナビの失敗もありましたが大体は予定通りで写活は終了!


素晴らしい天気に恵まれ、満足感に浸りながら家路へ~


新東名を走ると近く感じるね~♪



おしまい~




◆撮影機材
Canon EOS 6D

EF24mm F2.8 IS USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF70-200mm F2.8 USM







検索用:スーパーカー ポルシェ フェラーリ ランボルギーニ 
 ベンツ BMW アウディ アルファロメオ ロータス カウンタック オープンカー カブリオレ スパイダー 
 旧車 サーキットの狼 流し撮り もみじ

Posted at 2018/05/26 17:25:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今度は望遠ズームで動物園! http://cvw.jp/b/966650/40415820/
何シテル?   09/16 17:26
撮影機材はキャノンを使用してます。メインは6D、走行写真など動体には7D、スナップ写真にはM3です。 RAWモードで撮影、現像ソフトで仕上げて満足してます~。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

梅雨晴れBlue・Red・Yellow2日目(雲海とレンゲツツジの美ヶ原) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/13 17:51:15

お友達

オープンカー乗り&写真撮影がお好きな方、ご自身もブログ発信されている方、よろしくお願いします。コメント等も無く、いきなりの友達申請はお受けしません。
99 人のお友達がいます
桜空桜空 * かがっちかがっち *
ハリガヤハリガヤ * 真夜中の銀狼真夜中の銀狼 *
ワッキー☆牛田組ワッキー☆牛田組 * イッチー ニーサンイッチー ニーサン

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ありがとう、そしてさようなら!
アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ
カスタムされたスタイルが気に入り、衝動的に購入しました。3か月間程、乗りましたが前方見通 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.