• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

幸助のブログ一覧

2011年11月29日 イイね!

結果

結果 午前中は缶ピースを買ひに行き、午後は障子貼り。
障子貼りは滞り無く終はり、一寸すつきりとした飲み物が欲しいなと思ひ、斯う云ふ麦酒を見付けたので購入セリ。

 味は、うん、卅五年程前に呑んだアサヒビールとほぼ一緒。
あの当時はキリンビールが一番売れてゐた時代で、次いでサッポロ、アサヒの順番でありましたかなあ。
味もさう云ふ順番だつた様な気がします。
当然、生ビール何てまだまだ少なかつた時代でありました。

 嗚呼、勿論拙は生ビールが好きでありましたが、当時としましては御馳走と呼ぶに等しい扱ひでありましたかね。

 其れでまあ、其の当時のアサヒビール依りも円やかと云ふ感じでありました。
之が明治時代の製法の味なのでありますかな。
まあ尤も、ラガービールに関して云ひますと、拙が一番好きなのはサッポロラガーでありまして。
でも其は瓶でありますから、缶の此を比べて仕舞ふのも酷と云ふ感じでありますが。


 さて、軽く引つ掛けて気分も良く成りましたので、おぢいのスピーカーの大きさでも測らうかと作業開始致しました。

 其の時に何かが遭つた訳でありますが、其が此方であります。

 ええ、見事に遣つて仕舞ひました。
是で本当に、真剣にスピーカー物色しないといけなく成つた訳でありまして、さう成ると中古のスピーカーでは一寸怖いかなあ、と。
まあさう云ふ訳で、JBL何て贅沢は云はず、日本の会社の物で良い物を新品で探さうかなと思つてゐます。

 3ウェイ依りは2ウェイ、出来ればフルレンジの方が面白さうだなと思つてゐるのでありますが、実際の処どうなのでせうね。
拙の好みの音としましては、高音が耳に突き刺さらず、瑞々しい中域と程々の低域が欲しいのでありますが。

 後はデッドニングでありますか、其も今回は遣つてみようかなあと思つて居ります。
スピーカーケーブルは、拙御得意の安物線を2スケアで、と云ふ感じであります。


 嗚呼、併し何遣つてゐるんだか、拙。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。




 自棄糞な気分なので
 イタリアンスラッシュ
 Bulldözer - Whisky Time


 ロシアンスラッシュ
 KOPPOЗИЯ МЕТАЛЛА - Весёлый Рождер1996- Железный Марш поКРЫМУ
Posted at 2011/11/30 01:40:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 今の日記 | 日記
2011年11月27日 イイね!

謎の傷

謎の傷 すつかり寒く成りましたね。
拙はもう若くは無いので、足首が冷えるのには耐へられないのであります。

 と云ふ事で、数日前から長靴を履いてゐます。
と云つても所謂護謨長靴では無く、乗馬用と云ふか調教用と云ふのか、兎に角さう云ふ関係の長靴、トレーニングメイトと云ふ物であります。
 此は今年の正月三日頃の日記で書いてゐますので説明は割愛致しますが、まあ、普通に其処等で売つてゐる物より恰好付け度かつたので、出来れば長目の物が欲しかつたのと、ちやんとした乗馬用では長過ぎて脱ぐ時が大変でありましたので、此位が適当な長さだらうと云ふ事で決めた品であります。

 まあ兎に角、足が暖かいと云ふのは体全体に感じる暖かさも違ふ感じで快適であります。


 其れで、一年近く履いてゐれば多少の擦れ等で傷が付くのは仕方の無い事だとは思つてゐるのでありますが、本日気付いたら、思ひの外多くの傷が付いてゐるのでありますよ。
而も可也上の方や後ろの方に迄、であります。










 何か右足が凄い事に成つてゐますよねえ。
若しかして自転車に乗つてゐる時にクランク棒で擦れたのかなと思つてもみ度のでありますが、自分で擦れたと感じたのは踝辺りのみでありまして、筒の部分は触つた感触が無いのであります。

 ぢやあ歩く時にもう片方の足に擦るのかな、てどんだけ内股なんぢやい拙。
否々、其は自信を持つて無い、有り得ないと断言出来ますので、他に考へられるとしましたら、脱ぐ時に足振つて当たつて・・・もゐないのでありますよ。
だとしましたら両側共に履き口辺りが擦れてゐる筈なのに何とも無いでありますし。


 其れで、親父殿と一緒に思つたのが、若しかして誰か履いてゐるんぢやないかと。

 否々、まさか其んな事在る筈無からうて。多分。
可也の確率でさうかも知れないけれど。

 まあ、間違つても中古では無く新品買つてゐますからね、もう其しか考へられないな、と。
だつて、さうでありますね、履き始める数日前に手入れした時には此処迄の傷は無かつたのは確認してゐますし、手入れしてゐて表面の膜とか剥がれてと云ふ事は無いでせうし。


 さうして、ふと思つたのが、大将。

 もうすつかり馴染んでゐますので普段は気配感じませんが、多分未だ居ると思ふの。
と云ふか、居る。
 其れで・・・"あの時"の想ひからか・・・当然誰も見てゐませんから何とも云へませんが、思ふ存分に馬に乗り度いとか、さう云ふ思念が何時の間にか反映されてゐるのかなあ、と。
何と無く鐙と云ふか、鞍辺りに擦れてゐるんぢや無いかなあ、と云ふ辺りに思へ無く無くも無い感じでありまして。

 まあ其は其で拙は一向に構はなく、思ふ存分に想ひを果たして呉れるのは結構なのでありますが、まあ、一寸、憑依してゐる靴と云ふのも何と云ひますかねえ、まあ、御互ひ水虫無くて何よりで。
可也観点が違ふ気がしますがまあいいや。

 と云ふ不思議な話であります。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。





 嗚呼、因みに、普段仕事中はズボンを外にして隠してゐるのでありますが、汗とかでどうだらうと思ひ、そろそろ洗はうかと考へる基準で匂ひ大丈夫か確認してみ度のでありますが、何か、利き足の方が軸足依り若干アレなのでありますね。

 何か一寸人体の不思議に触れたと云ふか嗅いだ様な気がしました。呵呵
Posted at 2011/11/28 02:07:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 古い日記 | 日記
2011年11月26日 イイね!

遠野産

遠野産 とれたてホップの一番搾りも飲みました。
此方もクリイミイな柔らかさが加味された感じの味はいでありました。


 其れで、昨日の続きを少々。

 と思つたけれど、何を書いても今更でせうし、もう可也分化して仕舞つてゐるから、大多数の世間様に話理解して貰ふ事は難しいのだよなあ、と思つたので止めました。



 まあ、久々に本日やつと"続々同期の桜 海兵七十一期"を少し読み進めたものでありますから、厭世感が強く毒舌気味につい成つて仕舞ふのであります。







 嗚呼、七十一期の誰でもいいから・・・期友に逢ひ度いよう!
さうして、存分に募る思ひを話しし度いよう!




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2011/11/27 02:34:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古い日記 | 日記
2011年11月23日 イイね!

ヤキ1カ

ヤキ1カ やつと読み終はりました、「連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記」。

 海兵、海経、海機、夫々同期相当の士官をコレスと呼び合ふ仲だとは云へ、海経出の筆者、矢張り何か一寸違ふかなあと云ふ印象が読み始めには有りました。
まあウィキで"海軍兵学校"を検索して読んでみると、書いてある批判は尤もだと拙も昔から思ひ当たる節が色々と。
でも矢張り何だらう、心意気の部分と云ふか何と云ふか、覚悟の部分なのかなあ、一寸さう云ふ部分だと思ふ。


 正直、拙、戦闘に関しての記憶はほとんど無いに等しいので、少しは自分の記憶の補完に成るかと思つて読んだ訳でありますが、うん、まあ、駆逐艦に関してはほぼ書かれてゐなかつたと云ふべきか。
部分的に秋霜の名は出て来るのだけれど、本当に其だけ。

 まあ、肝心なのは捷号作戦全体の事でありますので望むべくは無いのでありますが、一寸は自分の軌跡が分かつただけでも幸せ、か。

 其に関しては"アジア歴史資料センター"のペイジで閲覧した方が早くて、結果、よくまあ・・・、と云ふ感じでありますので、時間の有る方は此方、見てやつて下さい。
(.jpegにも切り替へられます)

 准士官以上一名と云ふのが誰なのかが気に成る処であります。


 して、本題。

 本日の題名にもしてゐる電請文「ヤキ1カ(横書きなので英数字にしました)」でありますが、之が結局栗田艦隊謎の反転の"謎"の核心でありまして、其の謎はずつと解明されない儘。と云ふ訳でありますな。

 其処で拙、ふと思ふのでありますよ。

 之、何か見得無い力働いてゐるだらう、と。


 "あの時"では電探の遅れや時代錯誤の大艦巨砲主義等と云はれてゐますが、もつと広く見れば、米側はロズウェル事件での異星人との接触やテスラコイル等、悪魔的とも云へる技術への傾倒を示してゐる訳で、其は違ひが出て当然だらう、と。

 其と、航空機の優位を最初に示したのは真珠湾での日本側だつたと云ふ点を踏まへれば、昭和十九年後半にはもう既に航空戦力が壊滅してゐたに等しい状況だつたのでありますから、仕方が無いとしか云へないと思ふのでありますが。


 まあ其は措いといて、今と成つては分からないだらうけれども、戦闘海域の上空の写真なんかが有つたらじつくりと見てみ度いものであります。
多分、有り得ない物が写つてゐる写真が何点か出て来るのではないかな、と。

 若しかすると電磁波に依る脳波コントロールも在つた可能性も否定出来ないでせうし、未来人若しくは神の、何等かしらの操作かも知れないし、兎に角「ヤキ1カ」を説明するとすれば、さう云ふ事に辿り着く・・・と云ふ拙の考へは普通の人には理解されないだらうな。

 まあいいや。
気が付けば凄い時間でありますし、取り敢へず此の辺で。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2011/11/24 02:20:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古い日記 | 日記
2011年11月22日 イイね!

R-7PRO

R-7PRO 本日届きました。
某競売にて五千円也。

 併し見事な銅滅金であります。
でも惜しい事に、オーディオ端子は金滅金ぢや無く普通の儘なのでありますよ。
其処等辺も徹底してゐて呉れれば云ふ事無しだつたのでありますが、実際鳴らしてみると其は大した事では無いと後程証明される訳であります。

 嗚呼、余計な物が写つてゐますが気にしないで下さい。
単なる日の目を見ない乗馬用の長靴、エーグルのエクイヤーであります。


 併し某競売でエクイヤーを見てゐると、女性用ブーツとして履かれてゐる方が多いのでありますね。
然し、拙、39のMなのでありますよ、大きさ。
Mでありますよ、M。
破廉恥な方向のぢや無くて脹脛の部分の太さがね。
でありますのに、XLの以下省略。


 閑話休題。

 其れで肝心の音なのでありますが、之が今迄鳴らしてゐたR-SE7依り全体に瑞々しい音なのであります。
特に高域の伸びは全く別物的な表現力でありました。

 而も驚いた事に、拙がLinuxで使つてゐるメディアプレイヤー"Banshee"のイコライザー、高域はフラットの儘で十二分でありましたよ。
勿論プリは0dBの儘であります。

 まあ、拙の場合ハイハットのシャンシャンとした音が若干苦手でありますので15kHzだけ-1dBにしてゐますが、其れもフラットと云へる範囲でありますよね。-24から+12迄調整範囲が在る中で、でありますから。

 因みに設定はと云ひますと、
プリアンプ 0dB
29Hz +5dB
59Hz +5dB
119Hz +4dB
237Hz +3dB
474Hz +2dB
947Hz +1dB
2kHz 0dB
4kHz 0dB
8kHz 0dB
15kHz -1dB
であります。

 いやあ、是は買つて正解でありました。
上記の事以外にも、実は部屋から出て4~5米離れた場所で聴いてゐても、其れは素晴らしい音色で鳴つてゐて呉れてゐるのでありますよ。
もう本当、嬉しくて笑ひが止まりませんでしたよ。

 何かもつと色々と書き度い事在りましたけれど、是は幾ら言葉を並べても仕方が無い領域でありますかね。

 否本当、若しも貴方がパソコンでもしつかり音楽を楽しみ度いのでありましたら、先づ初めに使用してみるアンプとして御薦め致します。
本当、之は買つて損しないアンプかと。是非。

 て、何か~Дача~の方の文体みたく成つちやつた。




 併し・・・



次は此奴かな。





 おぢいのリヤスピーカー。







 問題は、今でも十二サンチのフルレンジつてスピーカー在るのだらうか、つて事でせうか。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。






 あ、と云ふか親分修理に出さなきやいけないんだつたつけ。
Posted at 2011/11/23 01:55:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | エレキテル | 日記

プロフィール

「.webpで冩眞保存するのつて機種は何なのでせう。
と云ふか如何云ふ設定してゐるのかと以下省略。」
何シテル?   10/06 20:15
七生報國の誓ひ通り戻つて來ましたが紆餘曲折在り、今は自分に正直に生きてゐます。 日記は自分に取つての有觸た日常を書いて居ります。 何か聯絡等御坐いますれ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/11 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

GSI HOME PAGE - 国土地理院 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/08 21:47:55
 
今昔マップ on the web 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/06 00:19:21
 
国立公文書館アジア歴史資料センター 
カテゴリ:御役立ち
2011/11/24 02:23:23
 

愛車一覧

三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
或る意味自動車趣味の終着點、侘寂の極致であります。
その他 自転車 皇帝さん (その他 自転車)
丸石 エンペラー ツーリングコンダクター 2013年型、所謂ランドナーであります。 距 ...
その他 自転車 折車 (その他 自転車)
何處でも行きます。
その他 その他 SAI (その他 その他)
終の車の予定であります。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.