• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

幸助のブログ一覧

2011年12月29日 イイね!

間に合はず

間に合はず 頑張つた、精一杯頑張つたのでありますが、仮組みから音出しする迄には至りませんでした。
後は配線の端子加工して、一旦繋いで様子見るだけでありましたのに。

 嗚呼、御客さんイパーイでありますよ。
・・・来年にしませんか!?(笑



 敗因は色々と要因が重なつて仕舞つた為でありまして、
 第一に、元々の捻子穴を利用して取り付けると、ツイーターが斜めの位置に成つて仕舞ふので、穴開けし直さなければいけないと云ふ事。
 第二に、其の穴開けをするにも場所が狭く、リヤ硝子が邪魔で手動ドリルが使へず、仕方が無いのでピンバイスでチマチマと穴開けをし、棒鑢で穴を広げると云ふ難儀な作業に成つて仕舞つた事。
 第三に、今年の傾向なのか、例年以上に年末進行で思ひの外忙しかつたと云ふ事。
以上の三点であります。

 まあ其以外にも納得行つてゐない部分が在りまして、捻子を止めるクリップの様な物が内張りの厚みを考慮してゐる広がり方でありましたので、其を鉄板の厚さに合ふ様にもう少し折り曲げ様としましたら、一枚破壊して仕舞ひました。
でありますので、残り七枚は慎重に成り過ぎて仕舞ひ思つた程曲げられ無かつたので、捻子を固く締め付けられ無かつたのが不満であります。

 して、其に対する対策として、MDF板を内側、所謂トランク側に付く様に加工致しまして、其処に木捻子で鉄板を挟み込み、しつかりと固定する様にする事に致しませう。

 何と無くなのでありますが、共振を抑へる方向では無く、敢へて箱鳴りさせる方向にしようかなあと思つてゐるのであります。
ほら、鳴る楽器つてさう云ふ意味ぢやありませんか。

 まあ、駄目でありましたら鉛テープとか貼り付ける方向に致します。


 画像は、天然素材が良いと云ふ事でありますので、埃予防も兼ねて、此が丁度良い幅かなあと思ひ置いてみ度、使ひ古しの○であります。
幅、奥行き共に丁度良い感じでありますね。

 あ、勿論洗濯済みのでありますよ。


 さて、矢張り平型端子は金滅金の物を使ひ度いなあと思ひますので、明日買ひに・・・無理かなあ。
矢張り一寸今年は皆年末なのだなあと云ふ感じでありますので。
でありますので、一寸東京への御上りさんも出来さうに無くて申し訳御座いません。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。




 一寸音悪いのが残念であります。
 ЛЮБЭ "По высокой траве"
Posted at 2011/12/30 02:05:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | おぢい | 日記
2011年12月28日 イイね!

JBL

JBL 本日届きました。
 と云ふ事で、珍しく車関係のネタが出来ましたので、まるでみんカラの様な日記に成るのであります。

 嗚呼、此処みんカラでありましたつけ。
何かもう、基本的に車全く関係無い事ばかり書いてゐますので、別に此処でブログ遣らなく共良いのではないかと云ふ感じも致しますが、普通の、、、ええ、間違ひ無く極普通の日記を書くにはほとんど目立たないと云ふ場所でありますので、ひつそりと遣り度い拙には好都合な場所なのであります。
 而もとても使ひ勝手の良い作りに成つてゐますしね。


 で、結局車全く関係無い枕は扨措いて、明日仕事の合間にとつとと取り付けて仕舞はうかと思つてゐるのであります。
取り敢へず、夕飯後に音漏れ防止用にするスポンジ護謨も切り出し終はりましたから、後は車体側の捻子穴拡大するのと、接続端子の加工をするだけの状態迄は仕上げた積もりであります。

 でも、いざと成つたらもう少し加工必要に成る可能性も有りますから、以外と時間掛かるのかも知れませんね。


 併しまあ、箱が結構わやだつたのが意外と云ふか嗚呼、矢張りと云ひますか、まあ、並行輸入品だから仕方が無いでありますね。
と云ふか箱なんてずつと使ふ物ぢや無いからどうでも良いと云へばどうでも構はないのでありますが。

 其で、此つて何時頃の品なのでせうかね。
ネット上では詳しい事を書いて居らず、まあ、でも別に取り敢へず音が成れば構はないのでありますが、取り敢へずJBLと云ふ名前が入手出来ましたので善しと致します。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2011/12/29 02:44:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | 今の日記 | 日記
2011年12月22日 イイね!

往生際

 斯う云ふ事つて余り書くべきでは無いのだらうけれども、何と無く、何と無くの予感がずつとしてゐるので、何と無く書いて置き度いと感じたものでありますから。


 何かどうにも御迎へがそろそろ近い様な気がして成らないのでありますよ、何と無くなのでありますが。
其に対する不安感、と同時に安らぎにも似た清々しさを感じてゐたりしまして。

 単に弱気に成つてゐるだけと云ふ解釈も出来ませうが、其でも311後暫くの間の共、又違ふのでありますよね。
もう覚悟を決めないといけないと云ふ感覚が、無意識に湧いて来てゐるものでありますから。

 でもねえ、もう外的要因で逝くのは真つ平御免なのでありますよ。
あの痛みと苦しみ、真つ暗闇に墜ちて行く感覚はもう味はい度く無いのでありますよ。
今生こそは安らかに、眠る様に、所謂大往生をするのが願ひでありましたのに。

 でありますのに、何か叶ひさうにも無ささうで不安なのであります。


 思ひ出せば、秋霜の艦橋で逝つた(記憶と記録の違ひは若干有りますが)時、真つ暗闇に墜ちて行つたと思つたら、気付いた時には暖かい光に包まれてゐたのであります。
さうして、嗚呼、初めは泣かないと駄目なんだつたつけと思ひ、産声を上げたのが今の生の始まりでありました。

 去年だつたか今年に両親から聞いたのは、御前は生まれた時、最初は呼吸してゐなかつたと云ふ事であります。
少し頬を叩い度りしたら呼吸し出して、其の後少ししてからやつと産声上げたのだ、と云ふ事であります。

 と云ふ事は、若しかすると仮死状態、又は死産だつた処に乗り移つたと云ふ事なのでせうか。
だとしましたら、無理矢理現世に生きて居ると云ふ事にも成りさうであります。
何しろ前の記憶を可也持つた儘なのでありますから。

 さう考へますと、此処数年で過去への想ひの清算が進んだと云ふのも何と無く納得して仕舞ひましてね、拙の周りに何人も同じ方面の魂が集つて来るのもどう云ふ意味なのかと考へて仕舞ひまして。

 嗚呼、駄目だな、どうにも先細りしてゐる話題だ。

 うん、多分周りに集いし魂は、御迎へぢや無くて拙の支へに成る為に来て居るんだ、さう考へ様。


 併し人間、全て自分の思ひ通りに出来るのだつたらずつと生きてゐるのも無意味でありますし、ぢやあ何の為に現世に生きてゐるのかを考へるべきだと思ふ。
かと云つて魂だけの存在に成つたら楽なのかと云ふと、又違ふと思ふ。
今度は時間の概念が無いだけに、業を背負つた儘なら、其の業にずつと苦しめられるのでありますから。
多分其の業はね、自分で気付く迄、さうして其の業が取れる迄何十年も何百年も続くのでありますよ。
若しくは、生在る者で対話の出来る者に諭されるとかしないと、廻りは取れないのだと思ふの。

 だから、他人と自分を比較してばかりでは無く、其に付随して他人に妬みや僻みを持たず、自分をしつかり受け止めて自分自身を自分が認めて、其の上で誠の心で全ての者、物に接しないといけないと思ふのでありますよ。

 其処から先が、本当に神のみぞ知るつて領域なのかなあ、と。


 と書いたら、何か晴れやかな気分に一寸は成れました。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2011/12/23 02:15:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 先の日記 | 日記
2011年12月21日 イイね!

同期の桜 海兵七十一期三部作

同期の桜 海兵七十一期三部作 本日届きました。
当然とつとと自分の処だけは読みました。
嗚呼、海兵の時と候補生の頃の写真は残つてゐたのでありますね。
出来ればもつと、尉官の頃の写真とかも見度いのでありますが、其は絶対叶はない夢だよなあ・・・。

・・・・・。

・・・・・・・。


 併し続の方を読みまして、肝心の家族の事をほとんど覚えてゐない事に反省しきりであります。
まあでも其を云つて仕舞ふと、本日読み終はつた続々の方での開戦の時の事、講堂でだつたのね。
嗚呼、、、と云ふか、何の時と混同してゐるのかなあ、良く考へれば二種だもの季節は夏だらうて。
十二月つて冬でありますし。

 まあいいや。
否、良く無いのかな。
まあいいや。

 やつぱり駄目だよなあ、特に九人兄弟つて処さらりと忘れてゐるのは、やつぱり。


 でもまあ、一寸良かつたのは、此の本の所有者が七十一期の生存期友だつたらうと云ふ感じである事。
何人かの部分が折られてゐる処を見ると、きつと仲が良かつた期友だつたのだらう。

 うん、でも是で一寸は前に進めさうだなあ、拙。
何も残つてゐないのでは無く、斯うした形で生きた証が残つてゐると云ふ事は、物凄く恵まれてゐると思ふから。
而も斯う、寡黙から何かがハジケてネット上で必死に足掻いて何かを残さうとしてゐますし。


 併しゴキブリの糞の後が酷いなあ。
綺麗に出来るのなら後で掃除しないと。


 嗚呼、写真を見てみ度いと云ふ人が居たら、コメントで"写真希望"とでも書いて戴ければ、其の内プロフィールの写真替へるかも知れません。

 書いて呉れなく共替へるかも知れませんが。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。




 併し巻末に入試問題が在つたのでありますが・・・今ぢやサパーリ解け無いよ。
特に数学。
てか数学はアレだ、イルミナティが仕掛けた罠だ、きつと(笑
Posted at 2011/12/22 02:25:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | 古い日記 | 日記
2011年12月17日 イイね!

重ねる

 本日、今の身体で四十一才に成りました。

 と云ふか結婚もせず、でも一応子育てだけは七年間致しましたが、何か自分と話の合ふ人なんてさう簡単には見付からないだらうと云ふ諦めは一桁年齢の頃から悟つてゐましたので、一人でずつと生きてゐく覚悟は出来てゐるのでありますが、でも何処かに拙と同じ様に宇宙の理と云ふか世界観が合つ度り、戦前の大和撫子の様な御方、居ないものでありますかね。

 無理か。


 と云ふかどうだつたのだらう、初陣前に契り結んだ人でも居たのだらうか。
手つ取り早く鹿児島に電話して訊くのが一番なのでありますが、其は遣つちや駄目だらう。
て云ふか、若し契りを結んだ人が居て、未だ健在で、斯う云ふ話に成つて、訳云つて信じて貰へたとしたら、貴方肝心の事をすつかり忘れてゐるとは何事かと大変だらうなあ。

 無いか。


 と云ふか、齢四十一とは云つても、精神年齢は其処に廿三足した位で考へて貰つた方が此方としては有難いのでありますが、見た目が違ふから難しいでありますしなあ。
而も、もつと云へば更に廿六加へて呉れると依り一層実際の精神年齢に即してゐる部分も有るのでありますが。
だから、難しいけれど四十一才の部分依り六十四才の部分の方が多いし、実は九十才の部分も多くを占めてゐますし、通算で考へれば覚えてゐるだけで約二百才なのでありますが。

 無茶か。


 さう云へば今日、何用かで親戚のをばさんが来たのでありますが、拙を何故かじろじろ見てゐたらしい。
何だらう、痩せたから不思議に思つたのか、其れ共、ポマード付けて撫で付けた原敬の様な大正風の髪型が理解出来無かつたのだらうか。

 さう、拙は決して流行を恰好を追つ度りはしないのであります。
何故なら読んで字の如く、流れて行つて仕舞ふ物でありますから、其処には本当の自分なんて居やしないよ、と思ふからであります。
だから揉み上げは年寄りの様に物凄く短くしてゐるし、五厘のバリカン入れて真つ直ぐ刈上げしてゐるし、ポマード付けてほぼ真ん中できつちり分けて撫で付けてゐる訳でありますし。

 て、嗚呼、其は昔の流行か。否、違ふな。
さう云ふ時節に囚はれ無い不変的な紳士としての身成を・・・まあいいや。
其処が拙の居場所なのでありますから。


 本日斎藤和義さんの新譜が届きました
初回限定の二枚組アルバムの方であります。
 彼の事を知つたのはテロの後、何時も覗いてゐるブログに貼つて有つたからであります。
で、此のアルバムには当然其の肝心の曲がおまけの方に入つてゐるだらうと思つたのでありますが、入つてゐませんでした。
 まあ当然と云へば当然でせうけれど、さらりと入つてゐれば形として残つたと云ふ事で良かつたのになあと思つた次第であります。
然し肝心の曲は入つて無く共、オオカミ中年と云ふ曲はよくぞ遣つたと云ふ程の内容でありました。

 併しまあ、斯う云ふ部分で流行に乗つてゐるではないかと云はれて仕舞へば其迄でありますが、流行と云ふ言葉で風化させてはいけない事態だから、と云ふ意識も有つた訳でありますよ。


 長文に成つて仕舞ひましたな。




 と云ふ事で、本日も拙の日記を読んで下さり有難う御座いました。
Posted at 2011/12/18 02:26:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 今の日記 | 日記

プロフィール

「OS上げ度らログイン出來無く成るつて何の冗談だ。
でありますので再インストオル中orz」
何シテル?   07/20 21:44
七生報國の誓ひ通り戻つて來ましたが紆餘曲折在り、今は自分に正直に生きてゐます。 日記は自分に取つての有觸た日常を書いて居ります。 何か聯絡等御坐いますれ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

GSI HOME PAGE - 国土地理院 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/08 21:47:55
 
今昔マップ on the web 
カテゴリ:御役立ち
2014/05/06 00:19:21
 
国立公文書館アジア歴史資料センター 
カテゴリ:御役立ち
2011/11/24 02:23:23
 

愛車一覧

三菱 ミニキャブトラック 三菱 ミニキャブトラック
或る意味自動車趣味の終着點、侘寂の極致であります。
その他 自転車 皇帝さん (その他 自転車)
丸石 エンペラー ツーリングコンダクター 2013年型、所謂ランドナーであります。 距 ...
その他 自転車 折車 (その他 自転車)
何處でも行きます。
その他 その他 SAI (その他 その他)
終の車の予定であります。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.